bukki さん プロフィール

  •  
bukkiさん: ホラー好きのフライマン
ハンドル名bukki さん
ブログタイトルホラー好きのフライマン
ブログURLhttp://fanblogs.jp/bukki/
サイト紹介文フライ、ルアーによるトラウト釣行と、実話ホラー、古史古伝、歴史に隠された闇を独自の視点で発信
自由文札幌近郊河川でのフライ釣りレポートを中心に、自分の目で見たものや、知人から聞いた怖いを発信。全てオリジナルの実話を収録。ノンフィクションホラー本や、北海道各地の隠された歴史も随時更新
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/11/01 08:59

bukki さんのブログ記事

  • 白老河川の上流を新規開拓
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> 尺近い岩魚が連続ヒット 今年の海でのトラウト釣行が終了したのに伴い、6月から
    渓流フィッシングに切り替えた。これまで訪ねた先は、余市川水系や尻別川水系、長流川上流、
    豊平川水系と小樽内川、それに白老地区の各河川など。約2ヶ月間に釣行した河川や湖は20箇所を
    越えた。 しかし、今年は新規に開拓した河川はまだな [続きを読む]
  • 目に余るブログ情報の悪用
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> 今後は固有名詞を記載しない方向に ブログ「ホラー好きのフライマン」の釣行記
    は、釣りのポイント場面を克明に文字に転換して、読まれる方をその場にいるような感覚にする
    ことを目指してきた。いわゆる、リアル感を重視してきたことからだ。 そもそも、なぜ現実感
    を前面に押し出しているのかというと、ネットを通して手 [続きを読む]
  • 飛生川の小滝から上流を遡行
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> 毛敷生川も含め、猛暑の中で釣行 札幌は、7月3日以降14日までの10日間、連
    日夏日となったという。これは、7月としては20年ぶりの記録で、15日も更新する可能性が
    高い。 その記録の途中の13日に、白老の飛生川と毛敷生川に釣行した。後で分かったことだ
    が、当日の札幌の気温は今年最高の33度、白老も26 [続きを読む]
  • 「オショロコマの棲息する渓流の惨劇」から3年
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> 大雨の後、ようやく魚影が回復  2014年9月の大雨で道央圏の多くの渓流が氾
    濫、上流の砂防ダムや堰堤の決壊も相次いだ。そして今も、大雨からすでに3年が経つのという
    のに、荒れたままの景観が残されている。その河川改修工事や堰堤の新設工事が現在も進められ
    ている。 「ここに棲息していた魚たちはどうなってい [続きを読む]
  • 休日明けの尻別川本流は激渋
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> 濁りの残る登延頃川でも撃沈  今年に入って、祝日の後や月曜日の休日が増えた
    。これが釣行にあたっての大きな問題となっている。 回復力のある海岸への釣行ならばそれほ
    ど影響はないが、止水域や河川への釣行はリスクが伴う。なぜなのかは、敢えて書かなくても分
    かっていただけると思う。 なので、日曜・祝日明けの渓 [続きを読む]
  • 白井川のアメマス、余市川上流のオショロコマ
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto">今年初の余市川水系でフライ釣行 6月27日に、今年初の余市川上流と支流の白井川水
    系に釣行した。白井川には昨年、3本の川が三又状態となる最上流に2度ほど釣行した。そのときは
    、台風や長雨の影響もあり釣果に恵まれず、2度目の釣行では新たに青井川に入渓して、なんとか
    釣果を得た。 今年は、それを意識して昨年と比べて [続きを読む]
  • 2017初夏「豊平川支流の虹鱒」
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> 新たな砂防ダム建設の影響を懸念 19日に続いて20日も半日の休み。この時間内で釣
    行できるのは、札幌市内のダム湖か数箇所の渓流しかない。当たりはずれの大きいさっぽろ湖は
    次回に回すことにして、向かった先は豊平川の某支流。  この渓流は、毎年この時期に訪れて
    いるが、入渓場所から200メートルほど上流に構築され [続きを読む]
  • 秘境化しても魚影戻らない紋別川
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> 1年ぶりの釣行で尺越えブラウン 連休2日目の14日の釣行先は、1年ぶりの千
    歳川支流紋別川。正確には、千歳川の支流ではなく、王子製紙第4ダムに流れ出る独立河川。閉
    じられた、水明林道のゲート内だけで完結する川だけに、昔のように気軽に釣行することのでき
    ない、入渓の難しい川だ。 ただ、山菜シーズンのこの時 [続きを読む]
  • 尻別川支流と長流川上流へ釣行
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> 2日間で5箇所の渓流を巡るが・・・ 13、14日が連休。待望の渓流釣りの季節を迎え
    て、この二日間は札幌近郊の渓流に釣行した。とは言っても、河川によっては、雪代や6月に入っ
    てからの長雨の影響もあり、今回は様子見の試験釣行。短いスパーンで、5箇所の渓流を駆け巡っ
    た。 初めに入渓したのは尻別川支流。増水気味の本 [続きを読む]
  • 今年初の小樽内川上流釣行
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> 林道1時間の徒歩で型もの岩魚とやまめ 自分にとってのホームグランドと言える
    渓流を上げるとしたら、小樽内川が最上位に来るかもしれない。それだけこの川には愛着を持っ
    ている。札幌の市街地にこれだけ近い位置にありながら、ネイティブな岩魚ややまめ、そして時
    々虹鱒が力強い反応で迎えてくれる。 それもこれも、さ [続きを読む]
  • 静内川中流とシュンベツ川上流へ
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto">フライはまだ早いのか、いずれもノーヒット 6月6日に渓流のフライ釣行を計画し
    ていたのに、北海道は6月2日から全道で雨模様となり、5日の朝まで雨が残った。この長雨が
    及ぼす濁りと増水で、渓流釣りは難しい状況。止水域についても、5月初旬と変わらぬ低い気温
    で、例えば支笏湖などは冷たい風に打たれて立ちこむとい [続きを読む]
  • 苫東港の投げ釣りでタカノハ
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> ショアトラウトのラスト釣行も惨敗 昨年11月からスタートした、海のトラウトを狙
    うショアトラウト釣行もこの5月末でラスト釣行となった。ショアトラウト対象の今シーズンの釣
    行回数はおよそ25回。内訳は積丹方面が9回、苫小牧日高方面8回、浜益方面7回。釣果が得られた
    のはそのうちの8回で、3回に1回しか魚を手にして [続きを読む]
  • コメントの返信に代えて
  •  ファンブログの投稿システムが変わったことで、コメントの返信ができない状況です。なので、ブログの本体を用いて返信させていただきます。 早急に改善いたしますので、しばらくの間お待ちください。「Aki缶様」「Aki缶修行ブログ」(http://ameblo.jp/akikan20/)をしっかりと読ませていただきました。苫小牧東港や日高方面への釣行でいつも参考にさせていただいております。気になるのはお体のことです。サクラマスシーズンの [続きを読む]
  • 最後まで苦しめられた積丹釣行
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> 小泊海岸で「もじり」は頻発したが・・・   ブログのタイトルどおり、私のブ
    ログのコンテンツは「ホラー」と「フライフィッシング」。それがなぜ、対象をショアトラウト
    釣行にまで広げたのか。それは11月から5月、正確にはショアトラウトのシーズンの終盤と渓流フ
    ライの幕開けが6月で、フライのできない11月から5月に [続きを読む]
  • 今シーズン最後の浜益釣行
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto">  増毛・舎熊まで足を伸ばしたが・・・ 今年の浜益への釣行は、極寒の2月9日
    を皮切りに、今回の5月18日まで実に6回に及ぶ。ショアトラウトを対象とした釣行としては
    、積丹の8回に次ぐ回数だ。もっとも、冬場はアメマスしか釣れないために、行先が限られるこ
    ともある。 そのショアトラウト釣行も終盤を迎えており [続きを読む]
  • 春の千歳川でウェットフライ!
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto">水温低く、ドライはまだ時間が 珍しく、5月13日の土曜日は午後から休み。この僅か
    な時間を、有効に使える釣行先は限られている。最初に頭に浮かんだのは苫小牧東港。 しかし
    ここは、土日に釣人銀座と化す。とても自分のような気の弱いものが、先客を割って場所を取る
    ことなどできようもない。 浜益もしかり。この時期の [続きを読む]
  • どうした、積丹のショアトラウト
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> 黄金週間の後に半島を半周したが・・・  今月初めての釣行先は、8日にショア
    トラウトを求めての積丹の各ポイント廻り。実は、5月初めの休日に浜益に向かった。しかし、途
    中の望来に設けられた風力発電の羽根が勢い良く回る強風状態。海はそれほど波はないものの、
    目的地は風に弱いことで知られる浜益海岸。 これまで [続きを読む]
  • 支笏湖のち尻別川支流、孫支流
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto"> いつも厳しい月曜日の釣行 月曜日の釣行には様々な制約がある。特に人気ポイン
    トならばなおさらだ。 本格的な渓流釣りシーズンを迎えて、厳しい冬を耐えてきたアングラー
    は一斉に活動を開始する。その行先には、同じくこのシーズンを待ちかねたアングラーが集まっ
    てくる。場所によっては釣人銀座と化し、釣人の後ろ姿を [続きを読む]
  • 苫小牧東港のサクラマス狂想曲
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto">餌釣りで30センチ強のサクラマス 3月23日以来、約3週間ぶりに苫小牧東港を訪れた
    。日本海沿岸とは異なり、釣行すれば何かしらのトラウトが釣れるのが、苫小牧東港をはじめと
    した近隣の日高門別や鵡川漁港。それは分かっていたが、釣りの中心となるポイントは当然港内
    。  日本海のような、サーフで荒波に立ち向かうとい [続きを読む]
  • 積丹でトラウト活性化の予兆
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto">アングラーで賑わう古平川河口海岸 連休初日の5日は浜益海岸、2日目の6日は古平川
    河口と美国・小泊海岸への釣行を計画していた。今年に入ってからの東積丹方面の釣行は8回に及
    び、西積丹を含めると10回を越える。ということは、少なくても東積丹に釣行した回数だけ、古平
    と美国を経由した計算となる。 それなのに、いずれ [続きを読む]
  • 浜益でようやくアメマス
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto">今後はサクラマスに期待 気が付けば4月ももう5日。そして久しぶりの連休で、頭
    の中は釣行モードで一杯。この連休は、道央の日本海沿岸の釣行を考えていた。1日目は浜益海
    岸、そして2日目は積丹半島付根の古平川河口と美国の小泊海岸。 浜益への釣行は計画どおり
    に実行できたが、古平川河口と美国・小泊海岸は、あまり [続きを読む]
  • 西積丹のトラウト、反応なし
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto">古宇川河口海岸と珊内の岩場に釣行 釣場を紹介する、とある媒体の情報を見ていた
    ら、西積丹の神恵内漁港の記事が目に留まった。それは、神恵内漁港の内防波堤の端からショア
    トラウトが狙える、という内容のもの。 これまで神恵内には、古宇川河口やその先の龍神崎に
    釣行したことがあった。結果は、いつもアタリ一つない坊 [続きを読む]
  • サクラの岸寄りが進む苫東だが・・・
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto">大型あぶらこと40センチのアメマスが   積丹と浜益海岸に入れ込んでいる内に、「
    苫小牧東港でサクラマスが釣れだした」との、ブログにコメントを寄せていただいている[釣り
    命]さんからの情報。  苫小牧東港には、2月22日以降釣行していないが、他のどの場所より
    もアメマスのヒット率が高いのは分かっていた。そ [続きを読む]
  • 積丹の春はまだ遠し!!
  • トラウトとホッケの岸寄り遅れる 日本海は、サクラマスとアメマスの活性が進む季節を迎える。ただ、島牧から北方面の道央圏は、未だショアトラウトの岸寄りが遅れて、アングラーの低空飛行が続いているようだ。3月18日の約一月ぶりの東積丹釣行によって、それをまざまざと実感した。 今年に入ってからの積丹釣行は、西積丹を含めて4回目。いずれも「今日こそは」と意気込むものの、小さな魚信すらない状況が続いた。 こんな [続きを読む]
  • トドの居座る浜益海岸
  • pan style="font-size:large;"> data-ad-slot="2867931466"-size:large;"> data-ad-format="
    auto">今年3回目の釣行もノーヒット、魚はどこに?   3月6日に続いて再度の浜益海岸釣行
    。今年3回目となる今回は、仕事の関係から現地の滞在時間が3時間ほどと限られている。そうな
    ると、ポイントを絞っての釣りしか選択肢が無く、場所選びを間違えるとかなり厳しい釣行とな
    るのが目に見えている。   向かった先は、いつも [続きを読む]