今日のひとネタ さん プロフィール

  •  
今日のひとネタさん: 今日のひとネタ
ハンドル名今日のひとネタ さん
ブログタイトル今日のひとネタ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bongengan
サイト紹介文日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2014/11/01 09:00

今日のひとネタ さんのブログ記事

  • 尾崎亜美コンサート 〜Life Begins at 60〜
  •  昨日、今日と渋谷区文化総合センター大和田さくらホールでの尾崎亜美さんのコンサートに行ってきました。タイトルの通り亜美さんの還暦を祝うコンサートなので、腕利きのミュージシャンと豪華なゲストによる素晴らしいステージでした。 まずバックを努めるメンバーは屋敷豪太(Dr)・小原礼(B)・鈴木茂(G)・是永巧一(G)・Dr kyOn(Key)・Aisa(cho & A.G & Mandolin)。そして22日のゲストが小坂忠・浜崎貴司(from FLYING KIDS)・真 [続きを読む]
  • さて、本日は尾崎亜美様のコンサートですが
  •  今日はコンサートに行くのですが、「尾崎亜美コンサート〜Life Begins at 60〜」です。横文字で書いてますが、要するに亜美様の還暦記念のコンサートなわけで今日と明日の2日の公演となります。 あの元祖天才少女がもう還暦というと感慨深いものがありますが、今回はいろんなゲストも参加してのにぎやかなステージになりそう。 さて、どんな曲を歌うかというとなにしろ浪花のモーツァルト並に作品の多い方ですので(?)、セッ [続きを読む]
  • ねるとんを思い出してみたのですが
  •  Nack5の「松山三四六 NUTS23」を聞いてたら「ねるとん紅鯨団」のオープニングテーマへのリクエストがありました。「ふ〜ん、ねるとんのテーマかぁ」と思ったのですが、さっぱり思い出せず。 そもそも「ねるとん紅鯨団」を調べてみると、1987年10月から1994年12月までフジテレビ系で放送されていたそうです。当時はただの合コンが「ねるとんパーティー」とか言われたくらいで一種の社会現象でもあったわけで、私も当時は見ていた [続きを読む]
  • 暑いので
  •  エアコンのタイマーが切れると目覚めるし、扇風機だけで寝ようとしても暑くて無理と。実質何時間くらい眠れているかというのが問題ですね。ということで、今日はもう寝ます。しばらくこういう日が続くんでしょうね。はぁ…。 [続きを読む]
  • 果たして滑らないかというと
  •  日曜日に島村楽器で見かけたグッズ。ピックの「べとつかない滑り止め」だそうです。成分が何かよくわかりませんが、ついつい買ってしまいました。 さっそく昨日のリハで試して見たのですが、不注意でギターをスタンドから落っことし倒してしまった上に、その衝撃でクリップ式のチューナーがすっ飛んで壊れてしまい、すっかり滑り止めどころではなくなってしまいました。(幸いギターは無事でした) まぁ家で試してみればいいの [続きを読む]
  • 尾崎亜美様のミス・ピーチのCM
  •  「ミス・ピーチ」とはサントリーのフルーツリキュールですが、発売時のCMソングは尾崎亜美さんが担当してました。とはいえ、名義は「桃姫」で曲は「桃源郷からコンニチハ」でした。 この曲は発売が1989年12月なので、このお酒の発売もその頃だったのでしょう。実は尾崎亜美さんは前年の12月に「Dinner's Ready」というアルバムを発売した後、充電期間に入って活動をお休みしてました。それが1年経ってこの曲をラジオで聞いたと [続きを読む]
  • 期せずして島田淳子祭りが
  •  チャンネルNECOでの「俺たちの旅」を見てたら、今回のゲストは浅野真弓さん。名古屋章が盲腸で入院した病院の看護婦として登場し、オメダこと田中健の高校時代の憧れの人だったという設定ですが、夜はクラブのホステスの顔も持っていたのでした。その関係で化粧が濃かったです。 浅野真弓さんというと旧芸名は島田淳子であり、NHK少年ドラマシリーズ「タイムトラベラー」のヒロインで私のアイドルでした。 それで今日はどっか [続きを読む]
  • 大岡越前対妖怪
  •  CSで「白獅子仮面」をものすごく久しぶりに見ました。何がどうだと言ってやはり時代劇は大変だなぁと。ちょんまげして着物きて刀さして完璧にメイクしてるのに、出てきた途端からかさお化けに殺される役者さんの心情を思うと…。 そして妖怪が狙うのが大岡越前。大岡越前のおかげで悪が滅びるということで、妖怪たちから相当憎まれてます。今回の妖怪は狼男、からかさ、一つ目小僧、その他ですが、大岡越前と妖怪が斬りあうとい [続きを読む]
  • ドラマ「過保護のカホコ」
  •  昨夜が第1回でした。主演は高畑充希、共演が黒木瞳、時任三郎、竹内涼真など。初回見た限りでは結構良かったです。良かったというのは、私は高畑充希を贔屓にしているので。彼女のファンはどういう層なのかわかりませんが、普通にドラマを見ようとしている人があれを許せるかどうかが気になるところです。 とにかく、これは彼女を見るためのドラマではないかと思うのですが、何しろ一癖ある脚本家なので今後の展開はわかりませ [続きを読む]
  • う〜む、見るものがないなぁ>夏ドラマ
  •  夏ドラマのチェックをしたのですが、概要を見るだけで「ケッ!」と思うのがほとんどで、今のところ見る予定があるのは「過保護のカホコ」のみ。これも高畑充希主演ということで見るだけで内容は知りません。この時間帯のドラマはしばらく見てませんが、最近はどうなんでしょう。 まぁ見るドラマが何もなければ、録画してある「あまちゃん」を引っ張り出してみるだけですが。それはそれで楽しいかとも思います。つまんないドラマ [続きを読む]
  • 夏はやっぱりチカブーンね
  •  仕事からの帰り道、車の中で久々にチカブーンを聞きました。暑かったけど夕方は少し風も出て涼しくなり、夕日の中で聞くチカブーンは最高でした。 ちなみに聞いてたのは「Meet the world beat 1991」というライブの音声だけ。当時WOWOWで放送されたこの番組を見てすっかり気に入って「CD買わなきゃ!」と思い、レコード屋に行ったらまだデビュー前だったのでした。まだ一般にはインターネットもなかった時代ですしね。私はパソ [続きを読む]
  • プレミアムドラマ「定年女子」
  •  BSプレミアムで昨夜から始まりました。主演は最近ドラマとは別の方で話題の南果歩。南果歩主演のドラマというと…なんかまったく記憶にないです。予告をちらっと見たら結構彼女がハツラツとした感じで出てて楽しそうだったから見てみました。 初回見た限りでは結構面白いです。ドラマの初回にありがちなわかりやす過ぎる人物紹介や、キャラが極端なことを覗いて今後はそれなりに楽しみです。キャストが結構変わってて、高野志穂 [続きを読む]
  • 次はドラマ版か原作か
  •  若山富三郎版の「子連れ狼」全6作見ました。6作もあると途中でだれたりしますが、これはどれもいいですね。若山富三郎先生があんなに動けるとは知りませんでした。なんと言っても殺陣が迫力あって、どの回も楽しめます。 意外だったのは最後でも柳生烈堂との決着はつかず、なんか続編がありそうな感じだったこと。あんだけ裏柳生が追い詰められれば最後に烈堂を切った方がスッキリした気はしますが。 それにしても第6弾は雪山 [続きを読む]
  • 吉田豪がラジオでミミ萩原の話を
  •  昨日のTBSラジオ「たまむすび」で吉田豪がミミ萩原の話をしてました。吉田豪が誰でミミ萩原が誰か知らないという人はごめんなさい。Wikiででも検索して下さい。 ミミ萩原は70年代にアイドルでデビューし、その後全日本女子プロレス(通称:全女)でプロレスラーとして活躍した人でした。幼かったとはいえ一応アイドル時代を知ってた者としては、「え? なんで?」と思ったのですがなぜプロレスだったかという話も語られました [続きを読む]
  • 伊藤かずえ ヘアープレゼント?
  •  なんか知らんけどたまたまやってたBS-TBSの「熱烈!昭和見聞録」を見たら、出演は泉麻人、伊藤かずえ、大林素子、山田五郎の4人。伊藤かずえという人は昔ドラマに出てた頃はまったく興味がなかったのですが、近年結構好きになったというタイプ。プロフィール調べてみると私より3歳下らしいのですが、芸能人って年をごまかすのが普通だから多分私より上でしょう(なのか?) しかし、しばらく前はすっごく丸い顔をしてたと記憶 [続きを読む]
  • 三河万歳が結構ツボで
  •  映画の「子連れ狼」を見ていたら三河万歳の芸人が出てて、結構あのリズムは気に入りました。本格的というか伝統芸能というか、本当に地元の人がやってるのは見たことないのですが、前に見たことがあるのはドラマ「風神の門」にて。 あのときは三浦浩一扮する霧隠才蔵と渡辺篤史扮する猿飛佐助が、家康暗殺を目指し駿府城に潜入するため三河万歳の芸人のふりをするという展開でした。あの時のリズムもなかなか良かったです。 で [続きを読む]
  • いまのところハズレ無し>子連れ狼
  •  映画「子連れ狼」は4作目まで見ました。シリーズ物の映画は、何作目かになると「なんじゃ、こりゃ?」という作品があったりするものですが、今のところどれも面白いです。やはり脚本が小池一夫先生だというのが大きくて、よくまぁこんだけ色んなキャラクター出しますなと感心することしきり。 しかし、当時映画館で見た人はこの作品では「ついに拝一刀が死んだ!」と思ったでしょうが、ダイハードな人なんですね。ただし、今の [続きを読む]
  • 映画「後妻業の女」
  •  なんかの映画を見に行ったときに予告編を見て「面白そう!」と思ったのですが、封切りしたのを知らず結局WOWOWで録画しました。主演は大竹しのぶですが、共演に尾野真千子がいるのでこの二人のガチバトルは絶対見ねば!と思った次第。以下ネタバレありですので、まだ知りたくない人はご遠慮下さい。 大竹しのぶは「黒い家」で圧倒的な演技だったし、それが今度は「後妻業」なので徹底した悪者ぶりを期待し [続きを読む]
  • 漢字4文字だったので
  •  CSで「墨東綺譚」を録画したのですが、見ながら「いつになったら葛飾北斎が出てくるの?」と思ったのですが、「墨東綺譚」は永井荷風で明治から昭和にかけて、葛飾北斎は江戸時代の人なので時代が違いますね。 どうやら「北斎漫画」と「墨東綺譚」を間違えたようです。どっちも漢字4文字だったので。漢字4文字の映画というと 飢餓海峡 大菩薩峠 感染列島 動脈列島 日本沈没 帝都物語 首都消失 楢山節考 魔界転生 連 [続きを読む]
  • ドラマ「あなたのことはそれほど」終わりました
  •  なんとなく第一話を見たのですが、それはしょこたんが出るというのでなんか軽いコメディーかと思った次第。初回のストーリーはというと、東出昌大と結婚したばかりの波瑠が学生時代の憧れの人とたまたま再会してあっという間にワッチコンするという展開。不倫関係に至るかどうかで引っ張ると思ってただけに「なんちゅうドラマや。いやらしい!」と思ったものの、4話目くらいからは「ガンバレ東出!」という思いで見てました。  [続きを読む]
  • いい時代になりましたが、渡辺典子はどこ行った?
  •  日テレでTHE MUSIC DAYという音楽番組をやってて、テレビつけたら丁度薬師丸ひろ子が出てきて、さらに原田知世も見られました。私の年代としてはどっちもアイドルなのでこれはなかなかラッキーです。薬師丸ひろ子は珍しく「素敵な恋の忘れ方」でしたが、私はこれを生で聞いたことがあります。 思い起こせば1985年の秋。だったかな…? まぁその頃ですが、映画「野蛮人のように」の完成記念イベント&ミニライブを神戸のワール [続きを読む]
  • アリクイは大丈夫やろか
  •  ヒアリが名古屋でも発見されたとか。アリといえばアリクイですが、アリクイはヒアリを食べても大丈夫なんでしょうか? アリクイはWikipediaによると、「ミミズのような細長い舌を持ち、粘着力のある唾液を付け、餌を舌に粘着させて捕る」のだそうです。おまけに鉤爪も持ってるそうで大変愛くるしい動物です。これを家で飼ってれば、寝てる時にじゃれてきて鼻の穴に細長い舌を差し込んできたり耳の穴に入れてきたりして、それは [続きを読む]
  • やっぱり森鴎外嫌い!
  •  NHKBSプレミアム「フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿」今夜の放送は「ビタミン×戦争×森鴎外」でした。明治時代日本人を悩ませていた「脚気」とビタミンについての話ですが、私なんぞは吉村昭先生の「白い航跡」を読みましたので高木兼寛先生の功績はよく存じ上げております。 それに対して森鴎外は「脚気=感染症」という説を曲げず、実際日清・日露戦争での陸軍では戦闘における死者よりも脚気による死者の方 [続きを読む]
  • 「小さな巨人」終わりました
  •  TBS系で放送されていた「小さな巨人」が終わりました。一応全話見たのですが、ドラマとしては並でした。本庁と所轄の確執とか警察内部の戦いを克明に描くということでしたが、そういうのは盛り上がらんなぁと。警察のドラマでありながら事件解決じゃなく警察内部の問題を云々というと「踊る大捜査線」があったので。勧善懲悪ならスッキリするのですが。 一番の問題は変なキャストですが、和田アキ子を見た時点でガックリ来まし [続きを読む]