My Audio Life (趣味のオーディオ) さん プロフィール

  •  
My Audio Life (趣味のオーディオ)さん: My Audio Life (趣味のオーディオ)
ハンドル名My Audio Life (趣味のオーディオ) さん
ブログタイトルMy Audio Life (趣味のオーディオ)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kontakun_2010
サイト紹介文真空管オーディオを中心に、私のオーディオチューンアップについて書いています。最近はPCオーディオにも取
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/11/01 10:17

My Audio Life (趣味のオーディオ) さんのブログ記事

  • REVOX製CDP B226のメンテナンス。
  • REVOX(ルボックス)製のCDプレーヤーB226のメンテナンスを行いました。前の記事にも書きましたが、手を加える事で高音質化がはかれるのではと思い少し弄ってみました。WebからダウンロードしたB226のサービス・マニュアルとICのデータシートを頼りに行いました。独製だけあって、使用されている部品は欧州系が多いです。サービス・マニュアルに従って、基板を取り出しました。比較的容易でした。弄った箇所は以下です。1.デジタ [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。〜2016年振り返り〜
  • 明けましておめでとうございます。昨年もこのブログに沢山の訪問を頂きありがとうございます。ブログを初めてから累計で140万アクセスになろうとしています。不定期な更新にも拘らず、この様に沢山のアクセスを頂く事になろうとは思いませんでした。ありがとうございます。まさに「継続は力なり」ですね。今後もオーディオに関して幅広く投稿して行こうと思いますので、よろしくお願いします。さて、昨年2016年の振り返りです。1 [続きを読む]
  • デジタル音源再生機器の波形比較(CDP/DVDP/DAC)
  • 前回の記事に書きましたが、久々に使用したDENON製DVDプレーヤー+DAC(ES9018)の音が意外にも良いので、実際に波形を調べてみました。ついでに、廉価版のBDプレーヤーやPC+USB経由DAC(ES9018)の波形とも比較してみました。まず、それぞれの再生機器のSPDIF信号(Coaxial Digital出力)の信号を比較しました。オシロの信号を.wfmで保存したため、こんな絵になってしまいました。bmpに変換するのに少し苦労しました。最初から.bmpで保 [続きを読む]
  • オーディオラックの製作。
  • オーディオ・ラックを製作しました。製作したといっても、ホームセンターで加工済の部品を買ってきて、組み立てました。簡単だった割には、良い物が出来たと思います。<購入した材料> ・支柱 4本  すでに溝が切ってあります。  こんな便利な物を売ってるとは今まで気が付きませんでした。  ラックを組み立て下さいと言わんばかりです。まぁ、その部品でしょう。 ・メラミン化粧棚板   芯材(桐集成)をMDFで挟み、メラ [続きを読む]
  • 音に定評のあるASC製コンデンサをカップリングコンに使って見る。
  • 安価で音が良いという評判のASC製のポリプロピレン・フィルムコンデンサをDAC出力のカップリングコンデンサに使ってみました。DAC(ES9018 Gustard x10)のAnalog出力は、もともとDC成分が殆ど無いので、オリジナルではカップリングコンデンサが使われていませんが、私は音の味付けのためにカップリングコンデンサを入れています。今迄はダイナミキャップを使っていたのですが、今回、ASC製に交換してみました。私自身、このASC製の [続きを読む]
  • 電源スイッチの交換。
  • 真空管プリアンプの電源スイッチの接点が不安定になり、暫く強制的に直結(ショート)して使用していましたが、やはり不便なので、スイッチを交換する事にしました。交換前がこちら。照光式押ボタン・スイッチです。押す感触が軽くて不安になります。今回選択した電源スイッチのタイプは、接点がしっかりとしているトグル・スイッチとしました。折角ならと少し拘ってみました。今回購入したスイッチは、Carling(カーリング)製15A-1 [続きを読む]
  • 東京光音製の高音質ボリュームの接点洗浄。
  • 最近気になっていた音量ボリュームの”ガリ”音。ボリュームを回した時に、所々の位置で発生する。しかもL-chのみ。そこで、禁断のボリュームの接点洗浄に挑戦した。プリアンプで使っているボリュームは、高音質で有名な東京光音電波製の2P-2511Sです。1諭吉/個では買えません。今では受注生産?。高価なため、分解して壊してしまわないかという不安もあり、本当は分解などしたくなかったのですが、思い切って分解してみました。分 [続きを読む]
  • 6C33C-B(FOX-BAT)真空管アンプの+B電源のLRch分離
  • 前回の6C33C-Bアンプの初段の電源の左右分離に続き、出力段の+B電源の左右分離も行ってみました。変更前(オリジナル)の回路がこちら。出力トランス(OPT)に供給するB電源は、左右(Lch、Rch)共通となっていました。これを抵抗と電解コンデンサを使い、左右で簡単に分離してみました。変更後の回路がこちらです。抵抗には定番のDALE製NS-2Bの50Ω 3Wを、電解コンデンサには適当な容量/耐圧の物が無かったのでRUBY GOLD 220uF/350Vを [続きを読む]
  • 素晴らしい歌声 〜Eva Cassidy〜
  • 今まで、ジャズ、ロック、カントリー、ブルースなど散々女性ボーカルを聴いてきたが、こんな素晴らしい歌声の人に出会ったのは初めてです。まあ、一度聴いてみてください。Eva Cassidy - Time After TimeEva Cassidy - Autumn Leaves声の伸びも良く、何よりも魂(ソウル)があります。痺れます。そして、この人が33歳の若さで亡くなったとは残念でなりません。この歌声は、まさに世紀の遺産です。スタンダートナンバーとか他人の歌 [続きを読む]
  • 6C33C-B(FOX-BAT)真空管アンプの小変更 〜されど音質改善効果は大〜
  • オーディオ専科の6C33C-B真空管アンプの小変更を行いました。変更した箇所は、初段12AU7を使ったSRPP回路への電源(プレートへの供給電源)です。オリジナルでは、+B電源から抵抗分割で電圧を作り電解コンで安定化させた電圧をLch、Rch共通で供給してあり、L,Rchのプレート同士がショートする形になっていますが、これをLchとRchを独立させて供給する様に変更しました。変更前と変更後で同じプレート電圧が得られる様に抵抗値を選び [続きを読む]
  • スプラグ製118Pを使ってみた。〜これも良い!〜
  • スプラグの118Pを買っていたことをふと思い出して、CDプレーヤーの出力のカップリング・コンデンサに使ってみました。SPRAGUE ''118P''は、メタライズド コンデンサでメタライズドペーパーとポリエステルフィルムをワックスに浸した構造です。両端子のリード引き出し部分がハーメチックシールドされています。とてもしっかりした作りです。外観から一見すると、オイルコンの様ですが、違います。マジックでバーが入っている方を低 [続きを読む]
  • 電源スイッチの接触不安定。
  • 最近気になっていた真空管プリアンプの電源ランプの不安定。明るくなったり、暗くなったり。ランプ(電球)の寿命、或いは接触不良が原因かと思い、接点を掃除したり、振動を与えてみたが、状況は変わらず。もしや押しボタン電源スイッチの接点そのものの接触不良?と思い、短絡したみたところ、不安定は無くなりました。そしてレコードを再生して音を出してみたら、今迄よりも音がはっきりして力強くなりました。怖いですね、接点は [続きを読む]
  • SHURE V-15 typeⅢ用JICO製レコード針VN-35HE(SAS)/HE/E揃い踏み。
  • 今迄、VN-35HE(SAS)、VN-35HEと使ってきたのですが、今回はVN-35E(楕円針)を購入しました。早速、聴いてみました。(レコード1~2枚は慣らしが必要です。)これは良いです!!!このJICO製のVN-35Eですが、一番、オリジナルのShureに近いのではと思います。(何十年も前の音の記憶だけですが)骨太で力強い音、低音もよく出ます。少し荒っぽいですが元気の良いアメリカンサウンド!ロックやジャズを聴くのには最適かも。音圧レベルも高 [続きを読む]
  • これは優れもの! 〜除電ブラシ〜 レコードの除電にも使える?
  • 最近、静電気防止用(除電)ブラシなるものを購入しました。どの程度のものかと思い、今迄掃除に苦労していたコーヒーのグラインダーに使ってみました。私が使っているグラインダーは臼挽きタイプなので挽くときに必ず静電気が発生して、グラインダー本体の周りにコーヒーの粉が沢山纏わりついて、どうしても取れなくて、濡れ布巾などを使ってなんとか取り除いていたのですが、次に使うとまた同じようにコーヒーの粉だらけになって掃 [続きを読む]
  • 音質重視の音楽再生ソフトBug Headの最新版を導入。
  • 久々にPCオーディオの話題です。巷では、「JPLAY」の話題で盛り上がってますが、試用版の通常のPC1台モードではあまり効果がなく、製品版のPC2台のデュアルモードでは、かなり音質が良くなるという感想の記事が多い様です。また、試用版では、数分毎に音が途切れる(ブランクが入る)、製品版は購入が必要と言うことです。私も、常用のfoobar2000のASIOとして、試用版を入れてみましたが、さほど効果、変化は聴き取れませんでした。 [続きを読む]
  • カセットデッキ(ティアックV-5010)の修理、そして見事復活!!
  • 引っ越しで自宅に戻ってから、自宅の部屋の奥で眠っていたカセットデッキを見つけました。アナログブーム(昭和ブーム)に乗り、カセットテープの音も聴いてみたくなり、引っぱり出して電源を入れてみると、モーターと思われる所から異音を発し、テープは回らない。何とかカセットテープが聴いてみたい衝動が止まらないので、修理に挑戦することにしました。ソース系でアナログの修理は、このブログにも修理履歴を載せている2年前の [続きを読む]
  • ロックレコード名盤・オリジナル版 〜(その4) Queen〜
  • 久々のロックレコード名盤・オリジナル版の投稿になります。今回は第4弾として、クイーン(Queen)について、書いてみようと思います。フレディ・マーキュリー生誕70年、オンキョー創業70周年になるらしく、e-onkyoで6/22から「Queen」の5タイトルがハイレゾ配信されています。e-onkyoの説明によると、今回の配信は、マスタリングの帝王と言われるボブ・ラドウィック氏が1/4インチのアナログマスターからリマスターしたらしいです。 [続きを読む]
  • 真空管プリアンプのカソード・パスコンをあれこれ試す
  • 今年も半分が過ぎようとしていますが、実は今年に入ってからずっと、真空管プリアンプのカソード・パスコンを色々と交換して、音質を比較しながら、自分の好みの音を探していました。その経過と比較試聴の結果を以下に記載しますので、少しでも参考になればと思います。但し、これはあくまでも私のアンプに搭載した場合の個人的な感想ですので、ご意見、ご指摘、追加があれば、遠慮なくコメントをお願いします。<経過>カップリ [続きを読む]
  • 引っ越し後、ひとまず音楽が聴ける様になりました。
  • 約2か月振りのブログ更新になります。仕事の都合で転勤になり、神奈川県のマンションから引っ越し、鳥取の自宅に戻ってきました。10年ぶりの自宅での生活になります。定年までは、自宅に帰る事はないだろうと思っていたのですが、運良くして定年を待たずして自宅に戻り住む事が出来ました。家族で赴任していたので、これまで自宅に帰る事は年に1、2回で、その間はずっと空き家していて、ご近所の方にも心配、迷惑をお掛けしました [続きを読む]