吹玉トシロー さん プロフィール

  •  
吹玉トシローさん: 思考記述
ハンドル名吹玉トシロー さん
ブログタイトル思考記述
ブログURLhttp://shikoukijutu.blog.fc2.com/
サイト紹介文Web漫画家です。ニコニコ動画に漫画を投稿しています。漫画に関する事などを記事にします。
自由文ニコニコ動画のニコニコ静画に漫画やイラストを投稿しています。ただで見れます。漫画は会員のみですが、会員費は無料。『いい塩梅の風変わりな紳士』という漫画です。ブログでは詩などを書いています。常に全力投球フルスイングです。ぜひご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/11/04 09:30

吹玉トシロー さんのブログ記事

  • 漫然と書く
  • 蛍光灯を買った。今月ピンチにこの出費は痛い。外が明るい内に蛍光灯を交換しようと思ったけれど、電気量販店まで買いに行って、交換しようと思った頃には外は薄暗くなっていた。踏み台がないので、ためてある漫画雑誌を積んで踏み台代わりに蛍光灯を交換する。自転車の前かごに買った蛍光灯を入れていたので、走る振動で壊れていないか気掛かりになる。まあ、壊れていれば適当にクレームをつけて新しいのと交換してもらえばいい。 [続きを読む]
  • 地獄の底からこんにちは
  • ある男の遺書を掲載する。僕はこの男を直接は知らないが、偶然この手記を見つけ、その内容からこの前書きを含め掲載せずにはいられなかった。僕のインターネットライフには様々な情報が入り込んでくるが、この種の男はそう珍しいものでもない。現代社会なら、どこにでも居そうな極普通の、本人が語る通りの取るに足らない男だ。ただ実は、僕は彼が今も生きている事を知っている。この手記をネット上に残し、関心を買いたかったのだ [続きを読む]
  • 短歌8
  • 君までも知ったと言うか我が素顔去ろうと我は傷つきはせぬ好きだった稀有な理解者思われど得ること出来ぬ歯痒さ虚し苦渋にも君こそきっと良妻と将来見たる夢叶わんを夢の中ダンサーの君忘れたる顔思い出し思い焦がれん我からの被害拡散免れん忠告届きもう逢えぬのか忘れぬを前だけ向いて巡行の物語には君現れん頭良く美貌をも持ちサブカルを好きな君には需要ありあり悩むるを微笑ましいと思う我君大空を羽ばたきたもう例の件全く感 [続きを読む]
  • 短歌7
  • 恋人が人目はばかり狂わしく脳髄削がれと暗雲消えぬちはやぶる去らないでくれ恋人よせめて最後にややこが欲しい我が子まで去ると言うなら潔くこれも定めと諦めらんや悪しきかな孤立させんと闇サイト復讐せんは至福得こそと尋常に僕の心は君想い君も僕をと思い慰め微笑んだ君の柔和な顔立ちに僕と繋がり愛情求む君きっと心の中は僕達のややこが欲しいそれが嬉しい歌い人君から僕に送るのは弱きあの日の励ましだった創作で僕を活躍さ [続きを読む]
  • aikoへの手紙
  • aikoさんこんにちは!お元気ですか?前回のライブから大分日が経ったので、このライブまでどう過ごされていたのか気がかりです。といっても、高々半年ほどですけどね(笑)。ファンとしてはそこは気を使わせて下さいよ(笑)。ボクは元気です。上々です。 さて、前回のライブで『長靴』を歌って下さってありがとうございました。何度泣いたかわかりません(涙)(笑)。今回のライブでも期待させていただきます(笑)。aikoさんは [続きを読む]
  • 短歌6
  • 返事来ず理由をSiriに問うたとて彼女の心計り知れぬを千早振る闇サイトには人を裂く見えぬ力に恐れ戦く君の業忍者にも似た鮮やかさ仕事はかどり君は輝く逢えぬ時引き裂いたのは魔術なりやっと連絡取れども逢えぬ良く分かる不安なれどもあれともう関わる事はあってはならぬ君の性僕の理想と思われり長所短所も全てを愛す見てるかい見ているのなら今すぐにソフトを閉じて僕だけを見て君が好き君もきっと僕が好きだから君は焦らさずに [続きを読む]
  • 天晴れ
  • 仕事で偉くなった人から素晴らしい言葉を頂きました。「一生懸命に仕事をすれば知恵が出る」「中途半端に仕事をすれば言い訳が出る」「いい加減に仕事をすれば愚痴が出る」その通りだと思います。 [続きを読む]
  • サラミ万歳
  • 僕はサラミが大好きです。サラミは薄いビニールに包まれていて、それを剥がして食べなければなりませんが、うっかりビニールごと食べてしまいそうになるのがサラミの難点です。そのビニールも剥がしたつもりが、少し残っていたりするんじゃないかと心配になりながら食べなければならない事もあるので厄介です。薄いビニールを丁寧にしっかりと剥がすには、サラミを掴まなければなりませんが、その時、サラミの脂身が手について手が [続きを読む]
  • 能力喪失者へ
  • お前は妬みや恨みや憎しみや不安や恐怖や怠惰や怒りなど、負の感情の虜になり、抜け出さずにいる。常に痛みと苦しみがお前を支配している。お前はいつでも自分の不幸を誰かのせいにする。ただし、自分の不幸を自分のせいにした途端、自暴自棄になり、自滅的、潜在的自滅的傾向のある行動をとる。お前は自分が嫌いだ。皆が自分を嫌っていると思っている。だから、このどうしようもない自分を愛せるのは自分だけと、自尊心の伴わない [続きを読む]
  • uへの詩
  • 自分に似合う服を選ぶものの、緊張して似合わない服を選んでしまいそうだ。「見つかった?」「んん!」君の問いかけに即答して首を振る。ガチガチだ。周りの視線が気になる。僕の緊張には君は気づかないね。僕は緊張するけれど、君は上機嫌でいられるんだね。 この日からずいぶん年を重ねた。 君は泳いで川を渡り、川辺で僕たちは出逢った。あの流れの強い川を渡りきったんだから、温かく迎えようとしたけれど、不均衡な輩に追わ [続きを読む]
  • ゆきりんへの手紙
  • ゆきりんやっほー!こんにちは!お元気ですか?ボクは元気です!ゆきりんなら当然ご存知のはずですが、ボクはゆきりんのことが大好きです。初めての手紙は何を書こうか悩みましたが、夢の話にします。当然ボクは童貞ですが、セックスの夢は良く見ます(AV観すぎ〜!)。ですが、ボクはゆきりんとセックスする夢は見たことがありません。(え!?いきなり下ネタで超ひきます?ちょっと待って下さい!これは下ネタではありません! [続きを読む]
  • 최지우
  • この間、チェ・ジウとデートをした。ファミレスの『ジョイフル』で昼食をとった。彼女は定食、僕はステーキセットを頼んだ。メニューを見て、彼女は価格の安さに驚いた。僕が「『ジョイフル』の価格は価格破壊やー!」と言うと、彼女は満面の笑みで笑ってくれた。彼女は気さくで陽気だから、デートのムードを明るくしてくれた。食事の後、デパートへ買い物に行こうと言う話になったけれど、食事の後の事はよく覚えていない。 [続きを読む]
  • 教えて下さい家に
  • 夕刻の列車。家路につく人達。みんな家に帰るんですね。仕事は大変でしたか?学校は楽しかったですか?電車は込んでますね。押し合いへし合い大変ですね。新聞、雑誌。毎日、毎週、新しい知識を詰め込んだり、心躍らせる様なお話は良いものですね。痴漢にご用心。カッコイイ人が乗っているといいですね。痴漢にご用心。可愛い子が乗っているといいですね。あの子の事を思うと僕は夜も眠れません。嘘です。夜は必ず8時間はぐっすり [続きを読む]
  • Shining Future−シャイニングフューチャー−
  • Shining Future−シャイニングフューチャー−悲しくたって上を向いて。そうすれば、ほら、虹が見えるだろ?一緒に虹を渡ろう。道のりは長く先が見えず、本当にこの道が正しいかなんてわからない。上り坂もあれば下り坂もある。それでも前へ進んでいれば、いつかたどり着くはず。輝かしい未来へ。君と歩んだ日々に無駄なんてなかった。どれも僕の胸に仕舞い込んで大切にしている。浜辺で見つけた貝殻はまだ持っているかい?君の見つ [続きを読む]
  • 神と悪魔の23の秘密
  • 1.一般人の知らない、一部の神秘主義者のみが知る、神が降臨する事実がある。2.神は一人ではなく、複数の人間に降臨する。3.神となる人間のほとんどがユダヤ人である。4.神の選別方法は、人相と手相で、一部の占い師のみが知る。5.神は預言書を書く。6.神の預言書は、多くの人に多大な益をもたらし、人々を助ける。7.神の降臨と同時に、悪魔が降臨する事実がある。8.悪魔の選別法も、神と同じで人相と手相であるが [続きを読む]
  • 僕の答え
  • 君は僕に罪滅ぼしを求めているんだね。謝って済むなら僕はいくらでも謝るけれど、君の求めるものはそんなものじゃないね。君の様な考えの人は多い。でも、僕のした事は、法的に問題はないんだ。問題があるとすれば、あの大きな勢力だ。それを勘違いしてはいけないよ。君が辛く苦しいのは分かる。その起源が僕にあるのは感情論からすれば事実だ。だから僕も罪滅ぼしがしたい。その代わり、君はもっと素直になる必要があるよ。君は自 [続きを読む]
  • 君が嗤う
  • あの子が僕を嗤い、あの子も僕を嗤う。何がそんなにおかしいんだい?実は分かってるよ。君が僕を嗤うほど、僕の脳の神経がピリピリとなって麻痺してしまうんだ。僕に復讐がしたいなら存分にしてくれ。愛しい君を傷つけた僕は罪深い。君に僕を誑かそうなんて悪意はなかった。純粋な『目には目を歯には歯を』の精神に則っていた。僕を嗤ってくれ。盛大に嗤ってくれ。君が嗤って、嗤って、嗤い疲れた時、鋭い刃で僕の腐りきった心をぶ [続きを読む]
  • 思い出し笑いの止め方
  • 日頃の何気ない時に、思わず思い出し笑いをしてしまうのを、止めたいです。なぜかと言うと、「この人は誰かのために笑っているんだね」とは、大抵の人は思わないからです。別に誰かのために思い出し笑いする訳ではありません。思い出した事がおかしくて、つい笑ってしまい、止める事が出来ないだけです。でも、どうせなら、誰かのために笑ってあげるのが一番です。ですから、思い出し笑いをする時は、こうして笑うのは人の役に立つ [続きを読む]
  • 成長は常に幸不幸を孕む
  • 人の成長とは、不幸を減らし、幸せを増やす事にあるのでしょうか。そう望むのが人の心理なのでしょうが、どうも事実は違い様に思います。人の成長とは、幸せの度合いを増やす事にあり、それに伴って同じだけ不幸の度合いも増やす事にあるのではないでしょうか。人は、嬉しく喜ぶ出来事、夢や希望や勇気を得るなど、幸せを感じる事があります。同時に、悲しく辛い出来事、病や災いや死など、不幸を感じる事があります。いくら幸せを [続きを読む]
  • こみっくトレジャー27を終えて
  • 『こみっくトレジャー27』が終了しました。残念ながら、ほとんど売れませんでした。ただ、嬉しい機会でもありました。フェイスブックを見たであろう人が一名いらっしゃいました。ブースの前に来るなり「これ下さい」と、見本で内容を確かめずにいきなりでしたから、間違いないと思います。ただ、てんこ盛りに積まれた本を見て、僕がフェイスブックでフェイスブックを見ましたとおっしゃっていただいた方には500円を100円に [続きを読む]
  • 宣戦布告
  • お前の望む通り戦争に応じてやろう。お前にとって俺はいつまで経っても敵なんだろう。断っておくが、俺はお前と和解したいだなんて思っていない。お前が手を引けばそれでいい。お前は贖罪とは被害者と和解する事とでも思っているのか。だったらそもそも間違っているな。俺はお前とは一切の縁を切りたいんだ。だがお前は俺をおだてては突き放す、攻めの手をやめない。俺をおだてるから、償いでもしようとしてるんだろうと思うが、こ [続きを読む]
  • 改心出来ないか
  • お前は俺の弱みを握ったつもりになっている。それはそうだ。それは何より俺の弱みだ。俺の外に潜む無法地帯から得た弱み。俺の目の届かないところにある弱み。容易く盗み出せる弱み。俺の目の届かないのをいい事に、弱みを盗み出し、その弱みを俺の前にナイフで切り裂き、俺の錯乱を誘う。そして俺を殺そうとした。違うか?嬉しいか?ご満悦か?お前は俺を特別な存在でない、殺される様な存在じゃないなんて言ってのけた。俺が特別 [続きを読む]