hasyan の 旅の散歩道 さん プロフィール

  •  
hasyan の 旅の散歩道さん: hasyan の 旅の散歩道
ハンドル名hasyan の 旅の散歩道 さん
ブログタイトルhasyan の 旅の散歩道
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tabinosanpomiti-kobe
サイト紹介文余暇を通じてドライブなどで見た、行き先々の写真と身近な風景写真・神社、寺院 史跡・花などを旅の散歩
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/11/01 16:10

hasyan の 旅の散歩道 さんのブログ記事

  • 尼崎農業公園の花菖蒲 2017.06.12
  •   所在地    尼崎農業公園    兵庫県尼崎市田能5丁目12 猪名川のほとりにある尼崎農業公園は、四季折々に花が咲き乱れる花と緑の公園です。春は梅、桜、牡丹、初夏には薔薇、花菖蒲、あじさい、夏にはヒマワリ、秋にはコスモスと四季それぞれの季節を代表する花々が栽培され、手入れも行き届いているため美しい花を見ることが出来ます。 花菖蒲園には、肥後系、江戸系を中心に約73種、約25000株のハナショウ [続きを読む]
  • 新緑が綺麗な太陽公園 2017.06.09
  •   所在地    太陽公園    姫路市打越1342-6 知る人ぞ知る謎の「太陽公園」。一歩足を踏み入れるとただならぬ雰囲気が!ドイツのお城に万里の長城、凱旋門やピラミッドなどがある、石の文化・歴史とお城のテーマパークです。まずは「石のエリア」から入ります。 まず出迎えてくれたのがフランスの凱旋門です。結構な大きさですよ。世界の石造彫刻見ながら「秦始皇帝・兵馬俑坑」へ 杭の中に入ると、このように兵馬俑 [続きを読む]
  • ちくさ湿原に咲くクリンソウ 2017.06.05
  •   所在地   ちくさ湿原     兵庫県宍粟市千種町西河内 昨年より少し遅いですが、標高約800メートルにある15ヘクタールほどの「ちくさ湿原」には、全長約2・5キロの遊歩道が設けられ、大小7カ所の群生地に推定約40万株が自生していますので、今年も来ました。 今年も「俳句の小路」から順路を比較的緩やかな林内中級コース歩いていきます。 40万株にも及ぶクリンソウを観賞することができ、期間中は、群生地 [続きを読む]
  • 今が見頃の須磨離宮公園の薔薇 2017.05.23
  •   所在地    神戸須磨離宮公園    神戸市須磨区東須磨1-1 今日は、朝からいい天気、 須磨離宮公園に着いてみると平日というのに沢山の車が駐車場に、先日、新聞に薔薇の見頃が掲載されていたのでその結果かな〜? 緑豊かな広大な敷地、眼前に広がる大阪湾の青い海、四季折々の花々。昭和33年4月、今上天皇(当時、皇太子殿下)のご成婚記念事業として整備が始まり、昭和42年、自然と美しく調和した近代的な欧風庭園 [続きを読む]
  • 第47回 神戸まつりのサンバ 2017.05.21
  •   所在地   神戸まつり    神戸市中央区加納町・京町筋 今日は、メインのパレードを見に、JR三ノ宮駅へ南北の大通りを南側(東遊園地)から北側(神戸国際会館)へ行進し三宮センター街の南側の大通りを東側から西側(大丸。JR元町駅近く)へ行進するパレードですが、私は、サンバストリート「京町筋」へ市内外のサンバチームが京町筋で熱演!を見に行きます。 神戸市民祭協会主催で1971年から始められた市民参加型 [続きを読む]
  • 季節の花が咲く明石海峡公園 2017.05.12
  •   所在地   明石海峡公園     兵庫県淡路市夢舞台8-10 明石海峡大橋を挟んで、兵庫県淡路島と神戸市を舞台に広がる国営明石海峡公園で、淡路地区(淡路島国営明石海峡公園)では、土取り場跡地が花と緑あふれる公園に生まれ変わっています。 淡路島は花盛りで、一年中、季節の花と緑が楽しめ、豊かな自然に囲まれ、色鮮やかな壮観を演出。家族連れやカップル、友人グループが愉快な“花散歩”が出来る明石海峡公園 [続きを読む]
  • 淡路花さじきのポピーが綺麗 2012.05.12
  •  所在地   淡路花さじき    兵庫県淡路市楠本2865-4 「あわじ花さじき」は花の島にふさわしい花の名所として、兵庫県が平成10年4月から設置しています。あわじ花さじきのメイン花壇では、隣接する展望デッキより背景にひろがる花畑とあわせて楽しめます。 淡路島北部丘陵地域の頂上部、標高298〜235mの海に向かってなだらかに広がる高原に一面の花畑が広がります。(面積約15ha)明石海峡・大阪湾を背景に花の大パノ [続きを読む]
  • 相楽園のツツジが見頃に 2017.05.03
  •   所在地   相楽園     神戸市中央区山手通5丁目3-1 相楽園は、元神戸市長 小寺謙吉氏の先代小寺泰次郎氏の本邸に営まれた庭園で、明治18年頃から築造に着手され、明治末期に完成したものです。昭和16年以降神戸市の所有となり、中国の古書『易経』の一節にある「和悦相楽(わしてよろこびあいたのしむ)」からとって「相楽園」と名付けられ、一般に公開されるようになりました。なお、平成18年1月26日に相楽園が国 [続きを読む]
  • 兵庫県公館の一般公開  2017.05.03
  •   所在地    兵庫県公館     神戸市中央区下山手4丁目4-1 兵庫県公館の正面です。公館では、毎週土曜日(年末年始を除く)の午前10時から午後4時まで、迎賓館部門(知事室、貴賓室など)と県政資料館部門を一般開放しています。〈入場無料〉4代目の兵庫県本庁舎として、建設されたのが1902年(明治35年)。わが国の代表的な建築家・山口半六氏が設計したものであり、完成当時、フランス・ルネサンス様式の建造物とし [続きを読む]
  • フルーツフラワーパーク 2017.04.19
  •  所在地   フルーツフラワーパーク     神戸市北区大沢町上大沢2015 神戸フルーツ・フラワーパークは北神戸の豊かな自然の中で中世ヨーロッパのルネッサンス様式の美しい建物や庭園を中心に数多くの施設が点在する「花と果実のテーマパーク」です。    入園料・駐車場は無料です 広い駐車場の端に、港町神戸から六甲山をこえた先に広がる、美しい花々とフルーツが息づくパークが、 「道の駅 神戸フルーツ・フラ [続きを読む]
  • まりん・あわじで明石海峡大橋の下を 2017.04.18
  •   所在地   淡路ジェノバライン   兵庫県明石市本町2丁目10‐1 JR明石駅・山陽明石駅から徒歩約10分の距離で明石港にやがて「まりん・あわじ」減揺装置付高速双胴船が入港してきました。 明石港を後に出港です。総トン数:118トン■航海速力:24ノット(最大速力27ノット)■最大搭載人員:旅客180名(1F室内150名・2Fデッキ30名)、船員3名、         自転車20台、小型バイク(125cc以下)8台■寸法:長さ32.7m [続きを読む]
  • 丹波慧日寺の桜 2017.04.14
  •   所在地   慧日寺     兵庫県丹波市山南町太田127‐1 慧日寺は、篠山川沿いに建つ臨済宗の寺で、永和元年(1375)細川頼之が創建、特峯禅師により開山され、七堂伽藍他山内の塔頭18か寺に及ぶ丹波禅寺の中心として栄えました。秋の紅葉は有名ですが春の桜も綺麗なようでやってきました。 慧日寺の山門を入ると桧皮葺き入母屋造りの本堂と全景が見え、左側の池の周りに綺麗な桜は見頃を迎えています。 現在の仏殿 [続きを読む]
  • 丹波市柏原川の桜並木 2017.04.14
  •   所在地   柏原川    兵庫県丹波市柏原町柏原1018 福知山線、JR柏原駅付近の丹波市柏原町を流れる柏原川沿いは、春はみごとな桜並木になります。 この柏原川の桜は、兵庫県が整備した、瀬戸内海から日本海までを桜でつなぐ『ふるさと桜づつみ回廊』のひとつです。 特急こうのとり 289系が来ました。新大阪〜福知山間などを運転しています。289系はJR西日本発足以降に製造された新形式車両で、多目的室やバリ [続きを読む]
  • 鐘ヶ坂公園の桜  2017.04.14
  •   所在地   鐘ヶ坂公園    兵庫県丹波市柏原町上小倉 鐘ヶ坂公園は、丹波市と篠山市の境にある鐘ヶ坂峠には現在3本のトンネルが掘られ便利になっています。その麓にある公園は明治のトンネルの開通を記念して桜が植栽され、桜の名所となっています。 明治16年ここに隧道を開いた記念に植えた桜が成長して、「丹波吉野」といわれるほどの名所と呼ばれ、安藤広重の「六十余州名所図絵」にも描かれている桜の名所です。 [続きを読む]
  • 鐘ヶ坂隧道(明治トンネル) 2017.04.14
  •   所在地   鐘ヶ坂隧道    兵庫県丹波市柏原町上小倉 鐘ヶ坂公園に車を止めて見ると、小さな立て札には、「明治トンネル」830m先と書かれ遊歩道を頑張って歩いていきます。 しばらくは、桜の咲く道を見ながら歩きます。 これは旧道ですが、兵庫県は篠山市と丹波市の境には3つのトンネルがあります。国道176号線現道にある「新鐘ヶ坂トンネル」旧道にある「鐘ヶ坂トンネル」、そして明治の隧道、「鐘ヶ坂隧道」 [続きを読む]
  • 吉川町の北谷川の桜づつみが見頃 2017.04.14
  •   所在地    北谷川(吉川公民館)   兵庫県三木市吉川町479-2 今日は、桜を見に三木市へ、中国自動車道の吉川ICから県道17号を西に進み県道314号を北上すると「古川公民館」があり、そこに車を止めさせてもらいました。 北谷川堤の両岸に延々と続く桜並木のウォーキングコースになっており、綺麗な桜を見ながらのウォークです。 のどかな田園風景の中、川の両側に続く約4kmの桜並木。遊歩道として整備され、今 [続きを読む]
  • 加西フラワーセンターのチューリップが見頃 2017.04.13
  •   所在地   フラワーセンター     兵庫県加西市豊倉町1282‐1 加西市にある、フラワーセンターは、自然の松林に囲まれた園内は中央に満々と水をたたえた亀ノ倉池、南国ムードあふれる大温室や大小様々な花壇や樹木園で構成されています。 ゲートを入ると前方には大温室に通じる道の両サイドには花がいっぱいです。 今の季節は、チューリップの花がいっぱいです。 左側には、風車前花壇があり、チューリップの花 [続きを読む]
  • 春が訪れる有馬富士公園 2017.04.12
  •   所在地   有馬富士公園     兵庫県三田市福島1091‐2 有馬富士公園は、阪神間において広域・多様化するレクリエーション需要に応えるため、平成13年に開園した公園で 入園・駐車場は無料です。 園内には、棚田、鳥の道、林・水辺・草地の各生態園など自然体験や生き物の観察に最適な施設や、日本の伝統的な住まいや暮らしを伝承するかやぶき民家があります。 JR新三田駅から来ると福島大池を左に行くと有馬 [続きを読む]
  • 春まじかの好古園 2017.03.15
  •   所在地   好古園     兵庫県姫路市本町68 姫路城西御屋敷跡庭園「好古園」は、姫路城の隣にあり発掘調査で確認された武家屋敷跡などの遺構を活かして、市制100周年を記念して、平成4年に造営された池泉回遊式の日本庭園です。 姫路城の南西に位置し、城を借景に造られた庭園の面積は約1万坪(3.5ha)。滝や池のある「御屋敷の庭」や本格的数奇屋建築の茶室、双樹庵のある「茶の庭」など9つの庭園群で構成されてい [続きを読む]
  • 姫路城を訪ねて 2017.03.15
  •   所在地    姫路城      姫路市本町68 JR姫路駅より大手前通りを進むと姫路城へ、駅前から見る城は、天を舞う白鷺のように見える姫路城は別名・白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)ともいわれます。 姫路城の内堀にかかる「桜門橋」を渡り、姫路城に入る最初に通る門が「大手門」になります。とても重厚で、歴史が感じられるような雰囲気の門ですが、昭和に入ってから再建されたようです。大手門前に立つ足軽 [続きを読む]
  • 西郷川河口公園の河津桜 2017.03.11
  •   所在地   西郷川河口公園     神戸市灘区摩耶海岸通2丁目 阪神高速摩耶ICの近くで、国道43号線を跨ぐ歩道橋に繋がる高い場所が上手に連なっており、HAT神戸の東の端にある公園で広々とした小高い丘のようになっているのが西郷川河口公園です。 河口近くには、人工の干潟があり、日本1000公園に指定されているそうで公園の中に入ると菜の花が咲いていましたが少し早いかな? 十月桜も綺麗に咲いています。 [続きを読む]
  • ノーティカ が 神戸港に入港 2017.03.11
  •   所在地    ポートターミナル   神戸市中央区新港町4‐5 ノーティカが、今日AM7:00に入港でしたので、朝早い入港のため行くことが出来ず出港時の写真を撮りにポートターミナルへ ノーティカ 3.0277トンが接岸していますが全長181mあります。 送迎デッキには、人影もまばら200m近く歩いて船尾へ、船によって特徴があります。 ノーティカが出港をする写真を撮るため神戸大橋を渡り北公園へ 北公園からは、高 [続きを読む]
  • 沢の鶴資料館 2017.03.11
  •   所在地    沢の鶴資料館     神戸市灘区大石南長丁目29‐1 ここ資料館は、江戸時代末期に建造され170年以上の歳月を経てきたと考えられる大石蔵を、酒造りの文化を広め、後世に伝えることを願って資料館として公開したのが「昔の酒蔵」沢の鶴資料館です。 資料館の庭には、菜の花が咲いています。都賀川の河口付近を中心に古くから自然の良港として、御影石の積み出しや六甲山の小河川を利用した水車で搾った菜 [続きを読む]
  • 灘浜緑地に咲く河津桜 2017.03.11
  •   所在地    灘浜緑地      神戸市灘区灘浜東町 阪神電車大石駅を降りて、側を流れる都賀川は、流域一帯は歴史的には都賀野村と称される里山で、海に近い場所は都賀浜村と称されています。川の中に遊歩道があり暖かい日は多くの人が散歩に〜 都賀川河口には、平成6年に完成した約1.5ヘクタールの緑地公園。港の雰囲気を味わいながら、六甲・摩耶の山並みも眺望でき、今の時期河津桜が見頃になってきています。 灘浜 [続きを読む]