たけわき さん プロフィール

  •  
たけわきさん: 陸に彩りを添える楓と柊
ハンドル名たけわき さん
ブログタイトル陸に彩りを添える楓と柊
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hitoshitakewaki/
サイト紹介文富山で暮らす。日々の雑感を綴りました。
自由文富山市で暮らしている公務員。
ブログタイトルは、妻や子供たちの名前です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/11/02 17:44

たけわき さんのブログ記事

  • メシウマ
  • http://logmi.jp/234713 脳科学者の中野信子さん。とても分かりやすくてテレビでもよく見ますよね。 理想主義が強い日本では、政治家や芸能人、公務員なんかが粗相を犯すと、全国から非難が集中し、それが加熱してオーバーバッシングされがち。 なかには、自分のことは棚にあげて「他人の不幸はメシよりウマイ」的にストレス発散しているだけの人も。 影を否定し光ばかり追い求める理想主義社会は、窮屈でたまりません [続きを読む]
  • 幸福感
  • 富山マラソンを目の前に控え、昼間、海王丸パークまで30km走ってみました。やっぱり、膝がガクガクになるね…夏に登山いっぱい行ったけど、そもそも使う筋肉違うのか、あまり体力アップしてる感じしないな…なんでやろ? とかつぶやきながら、夜中の台風に備えて待機してます。 足早の台風なので、集中豪雨はないと思うけど、風が強いのか心配。 被害が出ないことを祈るばかり。 立山さま、また富山を守って下さい [続きを読む]
  • 心のゆらぎ
  • いわゆる標準的な家庭で育ったわけではないから、普通の親子というものがどういうものかわからないまま、年を重ねてしまった。 親父の生業だった薬売りという職業は、一家の主が数ヶ月も遠隔地の僻地に住み込み、その地域の人たちを相手に商売をする。自宅を数ヶ月にわたって空けるわけだから、故郷に残された妻やその子達はその間父親の顔を拝めないことになる。 そうした環境で育った子どもが、大きくなって普通の家庭を持 [続きを読む]
  • 夏の終わり
  • 子供たちは学校が始まりました。夏休みが終わった斜陽感と、友達と再会できた喜びが錯綜して、よく分からない気持ちになってると思います。 僕は四季の中で夏が一番好き。我が身を振り返ることもできないほど仕事やプライベートの予定を突っ込みました。子供のようにアンビバレントな気持ちになりながら、最終日に今年の夏を振り返りたいと思います。 家族で登山や芝政プールに行きました。唐松岳の頂上はガスで見えなか [続きを読む]
  • 富士は日本一の山
  • 富士山行ってきました。3776mと群を抜いた高さはもちろん、独立峰ゆえのフォルムの美しさが際立っています。 北アルプスをホームグラウンドとしている僕にとっては、いろんな意味で新たな発見の多い山行でした。・頂上まで幅1〜2mの登山道がジグザグに続いている。途中、点在する山小屋の玄関先を何度も通りぬける。・下山道は幅5〜10mのブルドーザーで慣らされたような道が頂上から五合目まで。・登山道が人工的に完璧に整備さ [続きを読む]
  • 心理学検定 受けてみた
  • 今日は金沢工業大学の会場で心理学検定受けてきました。 昨年、思い立って認定心理士の資格を取って以来、「心理学は世の中の役に立ってるんだろうか」とか「自分は何でそもそも心理学を勉強したのかな」とか、いろんなことを考えるようになってました。 認定心理士の場合、3科目合格すれば1級になれるそうなので、半年ばかり勉強してチャレンジ。受けた感触はvery good だったので、果報は寝て待ちます [続きを読む]
  • 剣岳 早月尾根 日帰り登山
  • 剣岳早月尾根を日帰り12時間登山。 あいにくの小雨でしたが、ガスのなかに浮かび上がる岩稜の雰囲気に風格がありました。 珍しいキレイなお花もたくさん。 早月ルートは一見ぶっきらぼうだけど、登山家に試練と憧れを抱かせる奥深さを感じましたよ〜 [続きを読む]
  • あたごサマータイム♪
  • 恒例の愛宕サマータイム♪??♂? 今年もゲームコーナーは完売御礼!??まいどありがとうございます! 年々、参加者が増えていくな〜今日は1000人くらいか? このわやわや感が嬉しいね?? 今後も、ここ愛宕地区はマンション建設なんかでどんどん人が増えていくはず。 地域のみんなが顔の見える関係をつくれる場づくりは、都市部でよりいっそう大事になる! まだまだ頑張るぞー(^。^) [続きを読む]
  • 心理学を世の中に
  • 血液型で性格の違いを語る「血液型性格関連説」は、初対面の場のアイスブレイキングとして多くの人に語られるけど、科学的な根拠がないことも既に常識になっています。 仮に血液型性格関連説が正しかったら、4タイプの人しかいないわけだから、世の中のトラブルはグッと減るだろうけど、味気ない人間関係でつまらない世の中になってしまいますよね。 心理学的にはむしろ、・ABO別の「型にはまった」人物像に自らを合わせつけ [続きを読む]
  • 親知らずを抜くの巻
  • wisdom tooth. 知恵の歯。英語で言うと何となくカッコいいけど、親知らず(奥歯)のことだよ。イングリッシュもジャパニーズも名称の由来は同じ。10代後半の大人世代になってから生えてくるから。 富山と新潟の間にも親知らずって地名がある。こっちは断崖と波が険しいため、親は子を、子は親を省みることができない程に険しい道だったからとか。 前置きが長くなったけど、今日、親知らずがジンジン痛いので歯医者さんで診 [続きを読む]
  • 天皇陛下の退位
  • 天皇陛下の退位について取り決めた退位特例法が成立し、皇太子さまが来年度にも新たな天皇陛下に即位されることが決まりました。 今上天皇陛下は、近年、富山で開催された全国海づくり大会や全国植樹祭にも来ておられますが、お年を召されても多忙が続き、御心労が絶えなかったと聞きます。 こうしたなか、国民の多数の支持のもと、現実的な解決策が短期間に合意を迎えました。日本人の火事場の底力と誠 [続きを読む]
  • 今年も文学賞に応募してみる
  • 毎年、この時期は北日本文学賞に応募する作品をうんうん言いながら少しづつ紡ぎあげている頃。昨日、書類に埋もれたハガキを見つけて、あわわと慌てはじめた。 苦しい時期の到来だ。 僕の中で小説はアートの一端。 芸術は井戸の深くに潜り込んで、言葉や音、絵具などを尽くして、違う世界の大切な何かを掘り起こす作業。 最 [続きを読む]
  • イツモ防災
  • 普通の人は、いつも防災のことを考えてるわけではありません。むしろ、大きな災害があって初めて、いろいろ考える。 防災の仕事をしていると、そういう普通の感覚に気づかなくなりがち。 最近感じてる壁について、自戒としての備忘録。http://www.nhk.or.jp/sonae/sp/column/20130416.html [続きを読む]
  • 科学者とあたま
  • -------寺田寅彦の随筆から-------「科学者になるには『あたま』がよくなくてはいけない」これは普通世人の口にする一つの命題である。これはある意味ではほんとうだと思われる。しかし、一方でまた「科学者はあたまが悪くなくてはいけない」という命題も、ある意味ではやはりほんとうである。そうしてこの後のほうの命題は、それを指摘し解説する人が比較的に少数である。 この一見相反する二つの命題は実は一つのものの互いに対 [続きを読む]
  • 防災URL
  • 知っていれば役に立つURLです。 現在の注意報・警報http://www.bousai.pref.toyama.jp/ 気象庁「警報級の可能性」平成29年から開始。大雨洪水など警報の予想を数時間刻みで。http://www.jma.go.jp/jma/kishou/keika/324.html 国土交通省「川の防災情報」雨雲の動きが分かります。http://www.river.go.jp/x/krd0107010.php?lon=138.01519499352227&lat=36.91037221352252&opa=0.4&zoom=8&leg=0&ext=0 河川 [続きを読む]
  • ひとの力をかりること
  • 人の記憶は時とともに風化する。 悩み多き現代人が安定した生活を送るには、嫌なことを忘れることが重要な処方箋。平穏のために備えられた自己防御の心の動きだから、普通に生きていれば誰もが必ずそうなる。だけど。 災害は忘れた頃にやってくる。 人の心を無視して、自然は自らのルールで動いている。 歴史記録に残る太古から続けられて来た惨劇の数々。人々の平穏な日常を一瞬にして崩し去る。特に、日本は地理的に [続きを読む]
  • 青空に樹を植える
  • 天皇・皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、魚津桃山運動公園で第68回全国植樹祭が開催されました。富山湾を一望できる高台にある会場で、総勢7000人あまりが一堂に会します。 毎年実施される両陛下の地方行幸啓だけど、定例化している行幸啓は、全国植樹祭、国民体育大会、全国豊かな海づくり大会のわずか3つ。なぜ、これらだけを特別扱いしておられるのかその意味は? 深い理由がある [続きを読む]
  • とやま清流マラソンはあつい
  • 今日は八尾でフルマラソン。 朝の天気予報を見ると、なんと30℃…それにアスファルトの照り返しとかもあるよね……ま、難しいことは考えないようにしよう。 交通規制の必要のない土手沿いのコースどりで制限時間も7時間と長め。初心者でも安心。ただし、同じところ3回走ることになるので、飽きてくるよね。これつらいわ。 スタートは9時。気温ドンドン上昇中。待ってるだけで汗が流れてくるわ… 塩 [続きを読む]
  • アメニモマケズ
  • 雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ慾ハナク決シテ瞋ラズイツモシヅカニワラッテヰル…… 教科書に出てきた宮澤賢治の世界のなかの偉人。この人物を、現代のプロの文筆家が違う言葉で真似て描こうとしてもなぜか軽薄なものになってしまうとか。絶対に辿り着けない深遠な何かが描かれているそうです。 また、賢治が「こんなすごい人がいたらいいな〜」と空想上の憧れを書いているものと思っ [続きを読む]
  • 夏立ちぬ
  • 立夏を迎えてからというもの、一気に陽射しが強くなってきました。この土日は、ひさひざにゆとりある休日を過ごしました。 土曜日は芝園レッズの入団式。新しく16人ものキッズが入り、一気に大所帯になりました。数年前は他所の学校との連合チームを組まざるを得ない状態だったことを思いだすと、関係の皆さんの喜びがヒシヒシと伝わってきます。大通り沿いの目立つグラウンドでプレーしている大勢の子供たちの歓声が、地域 [続きを読む]
  • 岩手山田の牡蠣
  • 富山南砺から岩手山田へ被災地支援に行っている同志から、三陸牡蠣をいただきました。富山では見ることのないまるまる太ったおお振りの牡蠣とホタテのセットです(^。^) ネットで調べてみると、三陸牡蠣は広島のものよりも濃厚でクリーミーとか。また、特に3〜5月の春ガキは抱卵期を迎える準備のためグリコーゲンを多く含んでいるとも。 一口頬 [続きを読む]