今なにしてる さん プロフィール

  •  
今なにしてるさん: 今なにしてる
ハンドル名今なにしてる さん
ブログタイトル今なにしてる
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tomys800
サイト紹介文カメラ・時計修理などについてご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/11/03 10:37

今なにしてる さんのブログ記事

  • 何度も書いているのにZuiko 20mmの巻
  • ご常連さんの女性PEN使いさんが、新緑の季節になって、撮影に出掛けようとオークションでズイコー20mm f3.5を入手されたそうです。(イヤな予感)観察するとレンズに水滴と曇りがあります。ですから、20mmは自分の目で確かめて購入しないといけませんよ。と何度もお書きしているのですが・・もう遅い。なぜ水滴?が着くのでしょうね。すでにガラスも曇っています。いつもお書きしているように、3段ロケット式の組立なので、湿気が [続きを読む]
  • うっ、動かない〜PEN-Fの巻
  • なんか夏みたいに暑いですね。体がついて行きません。久しぶりのPEN-F #2186XXですけどね。最近PENファンさんの皆さんは頑張りが足りないですよぉ。この個体は、まったく巻き上げレバーが作動しなくなったとのこと。応急処置でもまった反応がありませんので分解をして原因を探っていくしかありませんね。全反射ミラーは、汎用ミラーから切り出したものに交換されています。分かって見れば、ボトムプレートを外した時点で見えていた [続きを読む]
  • こっちもだリコーマチック35の巻
  • 一緒に来ているリコーマチック35ですけどね。イーベイで未使用とのふれ込みで入手されたそうですが、トップカバーのファインダー部が少し凹んでいるとのご指摘でしたが、確かにあまり正確なプレスではありませんが、上から応力が掛かったようにも見えません。ファインダー窓が持ち上がっている?ちょっと修正をしてみましたけどね。未使用としても未分解ではないのでは? トップカバー(裏蓋付き)を分離するためには両側面のスト [続きを読む]
  • FOCA matic のメンテナンスの巻
  • 大阪住吉のご常連さんはいつも食玩のヒコーキを入れてくださいます。ありがとうございます。艦上攻撃機の「流星」ですね。大戦後期に開発された雷撃、降下爆撃なんでもできる逆ガル翼と誉発動機を装備した機体ですが、ミッドウェー、珊瑚海海戦で、すでに優秀な搭乗員の殆ど搭載すべき母艦の喪失で、最後は陸上からの特攻機として出撃した機体でした。エフトイズの食玩は近くのイオンにも置いてあって、この流星も手に取って買おう [続きを読む]
  • 小作業の続きです
  • すみません、しばらく家内での作業で時間を取られますのでUPが少なくなると思います。笹原ペンさんからのセイコーLMですが、ヨタヨタと作動はしているのですが、事前の測定でデータが出ない状態。それでは、オーバーホールをして行きます。まず、問題は、56系の持病である「揺動レバー」が完全に不良で、日車、曜車とも早送りが出来ません。最近は中古の良品部品のオークション相場も上がってしまい7千円とかになっています。あり [続きを読む]
  • 小作業をしていました。
  • 近くのご常連さんからレチナIbのシャッターが稀に開かないとのことです。絞り羽根の油が回ったようです。画像は油を清掃した後ですが・・シャッター羽根も清掃しました。裏側から見ると、絞り羽根とシャッター羽根が接近していることが分かります。距離計の無い廉価版なのでレンズはクセナーf2.8が付いていますね。それにしても状態が素晴らしい個体です。とても私と同世代とは思えません。次。PEN-FTですが、 [続きを読む]
  • SEIKO シルバーウェーブを動かすの巻
  • 腕時計が続きますが、笹原ペンさんからたくさん来ていますので1つやっておきます。セイコー・シルバーウェーブ8221-5000と8221Aを搭載したクォーツ時計です。放置された個体で新しい電池を入れても動きませんが発信回路は生きていますので、駆動回路の固着が原因と判断して分解注油をして行きます。あまり画像を撮っていません。無事8221Aは作動を始めました。クォーツの場合は秒針の取付が難しい。インデックスにピタッと重ならな [続きを読む]
  • SEIKO サードダイバーをレストアするの巻
  • 連休中で、お出掛けになっていらっしゃる方も多いと思いますので、まったりとUPしておきます。大阪のご常連さんからの頂き物です。セイコーのサードダイバー6306-7001です。ご友人のカヌーのインストラクターさんが使用されていた時計とのことです。本来の使い方といいますか、ケースは傷だらけで不動状態。まさしく役目を終えた時計という感じですが、もったいないので、オリジナルには拘らず復活させようとの算段をしています。 [続きを読む]
  • スクールタイム+スピードタイマーの巻
  • 大阪のご常連さんはカメラや腕時計の入手はオークションではなく、古いお店を回って見つけて来るというポリシー。この腕時計は田舎の小さな時計屋さんのショーケースにあったデッドストックのようです。ご主人は「売りたくない」とのことだったようですが、「そこを何とか」が楽しいようです。すでにオイルはカラカラですのでオーバーホールをしますが、キャリバーはCal 5002Cとなっていて、1970年ぐらいの製造ですね。当時の児童 [続きを読む]
  • 今秋のペンスケッチ展用PEN-FTを仕上げるの巻
  • MazKenさんから今秋に開催されるペンスケッチ展にご参加される方用のPEN-FTのご依頼がありましたので作ります。30万台の個体をチョイスしました。まずはダイカスト本体を洗浄して組み立てて行きます。電池室とスプールを組んで巻き上げレバーを取り付けます。消耗の少ない30万台の個体なのでシャッターユニットは特に問題はありません。洗浄をしてきれいです。しかし、ブレーキナットが緩んでいました。これが故障の原 [続きを読む]
  • Zuiko 20mm+25mm+40mmの巻
  • その前に。日曜日は良いお天気でしたので、FS1を磨いて町内一周をやっていたんですね。すると、突然エンジン停止。あ〜また抱き付いちゃったかなぁ? もう、リングのストックが無いのに・・すぐに戻ってシリンダーを開けて見ます。それほど大きなダメージはありませんが、排気ポート側に薄く縦すじがありますね。果たして「抱き付き」だったのか、予備タンになっただけなのか? しかし、ボアアップをしたエンジン(特に2サイクル)は [続きを読む]
  • SEIKO プレスマチックの針が・・の巻
  • 昨日の日曜日は関東地方は気温が上がって良いお天気になりました。それではと冬眠していたFS1の古いガソリンを抜きました。新しいガソリンを入れて走り出そうと思います。でも、今日は体を動かしたい気分ですので、ルマン号を磨いて昭和記念公園の立川口まで走りました。ソメイヨシノは終わっていましたが、枝垂桜は満開で、沢山の行楽客がお弁当を広げていましたよ。フィギア模型で有名なコトブキヤの新しい店舗が出来たと聞 [続きを読む]
  • PEN-Fメディカルを改造するの巻
  • 久しぶりに、ご常連の北海道のINOBOOさんです。まぁ、だいぶ前から来ていたんだけどね。やる気が出なくて・・PEN-FTベースのメディカルです。シリアル№は#1446XXですけど、1971-6月製造でFTで言うと37万台付近に相当する後期型になりますね。メディカル機は、そのまま通常の撮影には使用できないので、あまりいじられている個体は少ないのですが、この個体は分解を受けていますね。基本的には露出計のないFV仕様ですがフレネル [続きを読む]
  • リコーオートハーフのカウンターは・・の巻
  • リコー、オートハーフのフィルムカウンターが復帰しない。駒数ギヤを進めるレバーにガタが多く、作動の確実性も怪しいところ・・駒数ギヤの歯に当たるレバー(爪)の微調整を何度も繰り返して、やっと満足の出来るポイントを見つけました。裏蓋をゆっくり開けた状態でカウンターが確実に復帰するか・・指標の赤塗料が何故か劣化をしていましたので、再塗装をして取り付けます。こんな感じね。あれれ、レンズを通して見え [続きを読む]
  • SEIKO ELNIXがまた来ました
  • 都内の桜は満開だそうで花見客が大勢繰り出しているようですね。都内より少し郊外の地元では、気温のせいか少し開花のタイミングが遅いようです。ウォーキングの時に見る桜は、やっと本格的な春が来たと実感します。で、九州のご常連さんから、また電磁テンプのELNIXが来ました。カットガラスの風防がお気に入りになられたようで、今回も社外(ヨシダ)の風防が付いてきました。ケースは一見悪くなさそうに見えますが、特にラク部分 [続きを読む]
  • 岡谷光学Lord ⅣB(ブラック)が来ました
  • 久しぶりに岡谷光学のロードⅣBが来ましたが、発売は1955年とのことで、この時代に距離計連動、セルフコッキング、レバー巻上げに当時としては明るいF2.8ハイコールレンズと時代の先端を行っていたカメラですね。しかもブラックモデル。ファンが多いのも納得ですね。問題は距離レバーがプラプラになっています。シャッターは一応切れる状態ですが、巻上げがスムーズでない感じです。底カバーを開けて見ると・・あれっ? ネジが1本 [続きを読む]
  • SEIKO 56GSブルー文字盤の巻
  • カメラファンの方すみません。同じオーナーさんのご依頼なので時計を続けます。またまた、セイコーGS 5626-7041と裏蓋式の後期型です。品の良いブルーの文字盤で針も腐食がありませんので水気の侵入は無い良いコンディションの個体と思います。しかし、かなりラフに使われていて、ケースの傷は多いですから先に研磨をしておきます。当て板を使って平面に研磨をして行くと、中心部分がへこんでいることが分かります。GSでも研磨精度 [続きを読む]
  • 歴戦の勇士PEN-S 2.8の巻
  • セイコー・エルニクスは部品が揃うまでペンディングにします。その間に、以前にもPEN-Sのオーバーホールをご依頼頂いたオーナーさんから、まだPEN-S 2.8 #2680XXが来ています。しかし、外観がかなりよろしくないですね。本体のブラック塗装は殆ど剥離しています。塗りたくなりますね。シャッターリングにも腐食が出ていて汚れも蓄積しています。内部は比較的きれい。シャッターユニットの取付けネジが外された形跡がありますの [続きを読む]
  • SEIKO ELNIX SG を仕上げるの巻
  • 関東地方の三連休の中日は暖かな良い天気になりました。最寄駅の青梅線、東中神駅は駅舎の建替え工事中ですが、新しい駅舎の改札から入れるようになったとのことで、冬の間は乗らなかった自転車に空気を入れて見物に行ってみましたよ。まだ、駅舎の構造物は半分しか出来ていませんけどね。現在は、E233系が入線していますが、昔はかなり最後までぶどう2号色の73系など旧型国電や電気機関車のED16が走っていたのでした。北側に改札 [続きを読む]
  • リコーキャディーのニコイチの巻
  • 九州のご常連さんからリコーキャディーです。2台来ていますが、良いとこ取りで1台仕上げます。発売は1961年で、セレン式の露出計は内蔵していますが、LV値を読み取ってからセットする方式ですね。シャッターはセイコーシャ#000/561でB・1/4〜1/250.レンズは25mmf2.8 3群4枚となっています。ベースとする方はトップカバー角の打痕がありますね。巻き戻しダイヤルは左回転でポップアップします。ファインダーのスリガラスと見える [続きを読む]
  • フジカドライブのメンテナンスの巻
  • すみません。更新が遅れました。別の仕事と病院通いが続いていましてね。中々作業が進みません。歯石を取りに歯科に行ったら虫歯が見つかっちゃってね。しかし、軽症なので20分で治療が終わりました。幾つになっても、歯を削られる音はイヤですね。小心者の私としては、肩に力が入ってしまいます。治療が終わったので、晴れてチョコレートが食べられる♪で、フジカドライブのメンテナンスからやっています。巻上げ時のゼンマイから [続きを読む]
  • CITIZEN スクエア・カスタムは好きですかの巻
  • すみません、ここのところ別の仕事が忙しくて、体調は良いのですが、今日と明日は定期の検査通院が続いて作業が進みません。で、過去に大阪のご常連さんで取り上げたことのあるモデルで、シチズン、スクエア・カスタムというデザインが奇抜な時計がありますが、決して私の好みではないのですが、何故か気になってしまうモデルで、知らない間にジャンクが増えているようです。今回仕上げようと考えている茶色に見える文字盤の方は4- [続きを読む]
  • ユンハンスの置時計の巻
  • 知人の社長さんからドイツ・ユンハンスの置時計のメンテナンスを依頼されたんですね。置時計は良く知りませんが、1960年代製の日の出型ウエストミンスターチャイム置時計のようです。機械を取り出すのに針を外さなくてはなりませんが、普段の腕時計の針と比べると何と巨大なこと。12本の木ネジによって木製ケースに取り付けられていました。何度もメンテナンスをするのに木ネジでネジバカになっちゃうんじゃないの?ピアノと同じ [続きを読む]
  • SEIKO ベルマチック 4006-7012は問題児の巻
  • カメラ作業の裏で進めていた腕時計はセイコー・ベルマチック4006-7012で、ビジネスベルという名前もありますね。単身出張などで目覚まし時計として使うということでしょうね。そもそも、UPの予定は無かったのですが、色々と問題があって作業が長引くとブログのUPが止まってしまうことからUPすることにしました。画像はオーナーさんへの連絡用として撮影したもので、すべての作業を記録していません。まず、困ったのが裏蓋が開かな [続きを読む]
  • 元箱(№違い)のPEN-FT(B)すげぇの巻
  • いやぁ、セイコーGSにてごずってましてね。遅れて来たペンマニアさんが、いよいよPEN-F系に進出して来たようですよ。銀座松屋での「世界の中古カメラ市」で、狙ったPEN-S(B)は惜しくも直前で逃されたようですけど、代わりにGETして来たのがこの個体。#3299XXで、№違いの元箱付きです。久しぶりに素晴らしいコンディションの個体を見ました。あるところにはあるんですね。中古業界恐るべしです。私にとっては、新品時の艶の程度を [続きを読む]