シエスタ さん プロフィール

  •  
シエスタさん: シエスタの庭
ハンドル名シエスタ さん
ブログタイトルシエスタの庭
ブログURLhttp://ameblo.jp/grace1225/
サイト紹介文明日海りお様、朝夏まなと様メインに宝塚LOVE。基本は全組観劇。珠城りょう君、縣千君にも注目。
自由文初恋ジェンヌは涼風真世様。長い中抜けを経た出戻り。明日海りお様、朝夏まなと様が続々トップ就任で破産の足音が迫る…(切実)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2014/11/03 15:14

シエスタ さんのブログ記事

  • さよなら、みりおん(これから宙組『王妃の館』ライブ中継)
  • 2017年4月30日。ついに訪れた実咲凜音ラストデイ。 朝夏まなとが、可愛くて実力派の嫁・みりおんを見送る日。 今日はまぁ様が最後に、みりおんを抱きしめてなでなでする…に希望予想1票? …との私の予想メールを読んだ、遠征中の朝夏愛人会メンバーズ曰く、 「まぁ様にはそんな余裕ないと思う」 えっ?でもさ、でもさ?今日の入り、端から端まで多数のファンからお手紙を受取後、最初の端まで戻って「 [続きを読む]
  • 朝夏まなと『A-Motion』ライブ中継決定
  • いつからだろう…?こんなに毎日めまぐるしくニュースが更新されるようになったのは…。 いや、本当に。以前、こんなに頻繁にニュース更新されてましたっけ?小川友次理事長の方針でしょうか? 宝塚の舞台作品ライブビューイングの普及は、小川理事長の肝いりでしょうね。インタビューでも語ってらしたし…。 スカピン千秋楽は、予想の範疇でした。でも、でもね。 朝夏まなとコンサート『A-Motion』をライブ [続きを読む]
  • 真風の巴里祭ポスター&花組新公メインキャスト発表
  • ここ最近、雪組に偏ってますが、生観劇レポを優先して書いてます。 記憶に頼ってるので、鮮度が命。どんどん忘却の彼方へ流されていきそうなので…。 下級生は特に、映像に残らない確率が高いので、リアルタイムで観た記憶だけが頼り。 ショーについても触れたいのですが、その前に。 ★ゆりか 公式サイトに、宙組・真風涼帆『巴里祭』ポスター公開。 白が基調で爽やか。大阪と東京で表情や角 [続きを読む]
  • 縣清七のココにときめく(雪組『幕末太陽傳』)
  • 本日は雪組さん、初日の幕が開いてから最初の休演日。 ほっと一息つけてると良いのですが。咲ちゃん(彩風咲奈)も病み上がり、無理しないで。 新人公演組は、朝からフル稼働でお稽古でしょうけれど。「時間が足りない〜〜」という声が聴こえてきそう…。 週末からGWに入り、1日2公演が毎日続く事になります。ほぼ休みなし、むしろ超過勤務状態で、新人公演本番を迎えるんですね。 ……限界に挑戦…?&nbs [続きを読む]
  • 縣千が演じた清七役を振り返る(雪組『幕末太陽傳』)
  • 彩風咲奈の舞台復帰により、雪組生が晴れて勢ぞろいで臨む『幕末太陽傳/Dramatic S』 初日から代役だったので、 そちらが本役として刷り込まれた感もなきにしもあらず。 …と言ってても、時と共に上書きされていくのかな。それはそれで、ちょっと淋しいかも。 彩風咲奈、永久輝せあ、縣千、日和春磨。それぞれ本役に戻り、新たな味わいを魅せてくれるでしょう。 永久輝さんと縣くんは、新人公演で主演と二番 [続きを読む]
  • 彩風咲奈、本日より舞台復帰(雪組・幕末太陽傳)
  • 彩風咲奈、本日より舞台復帰。おめでとうございます。 スタートダッシュは禁物。無理しないでね、咲ちゃん。 4月21日(金)初日から24日(月)まで、6回限りの代演。そのうち、2回観ることが叶いました。 徳三郎ひとこ(永久輝せあ)、清七ちさと(縣千)、日和玄平(日和春磨) 彼らが代役だなんて、観た人は誰も思わないでしょう。 ひとこちゃんの頑張りは素晴らしかったと思います。台詞や動きが入 [続きを読む]
  • 雪組『幕末太陽傳』代役トリオに拍手!(永久輝、縣、日和)
  • 本日4月23日(日)雪組「幕末太陽傳」観てきました。 早霧せいな・咲妃みゆトップコンビはじめ、多くの雪組生の退団公演。ちぎちゃんのハマリ役がまた一つ誕生しました。なんと魅力的なキャラクターであることか。 早霧せいなと小柳奈穂子のタッグ。これもまた、ゴールデンコンビと呼べそうです。 さて、今回は初日から、3番手・彩風咲奈(93期・研11)が休演。彩風の代役を、永久輝せあ(97期・研7)永久輝の代 [続きを読む]
  • 雪組『幕末太陽傳』休演者とピンチヒッター達にエール
  • 本日4月21日(金)は雪組『幕末太陽傳』初日。早霧せいな&咲妃みゆコンビはじめ、多くの雪組生が本公演を最後に宝塚から飛び立ちます。 同じ釜の飯を食ってきた仲間を見送り、その後の雪組を支えていく彩風咲奈(93期)初日から休演となりました。 復帰時期は未定との事で、心配です…。復帰が見込める…と読み取れるのが、不幸中の救いでしょうか。 長丁場の公演です。無理して押し切らず、まず休養と治療に専念 [続きを読む]
  • ときめきの第二ボタン(妄想たまちゃぴ)
  • 春爛漫、入学・入社シーズンですが、敢えて卒業ネタで久々に妄想 してみました。 珠城りょう 「ちゃぴ! お待たせ」 愛希れいか 「!(ぱぁぁぁっ…) たまさ…ま…(蒼ざめ)」 珠城 「…ちゃぴ?」 愛希 「……あ、はい…」 珠城 「どうかした?」 愛希 「…え?」 珠城 「なんか元気ないね」 愛希 「いえ…いえ、なんでも」 珠城 「それなら、いいけど」 愛希「…はい [続きを読む]
  • 宙組『神々の土地』先行画像 & 月組『All for One』ポスター
  • 朝夏まなと主演『神々の土地』先行画像が出ましたね! まぁ様〜〜〜!!すてきすてきすてきー!!! 素敵すぎます、まぁ様…!!好き……!!やめないで……!! 雪がかかった軍服。肩にマント、腰にサーベル。まさに極寒の大陸を駆ける、帝国軍人。 『はいからさんが通る』のサーシャ(伊集院忍)やん?(←違います)たま嫁ちゃん、教えてくれて、ありがたまき! …という訳で、珠城りょう君の『All fo [続きを読む]
  • Fashionista 柚香光 & はいからさん妄想キャスト(花組・秋の陣)
  • 柚香光、英国発ファッション・ブランドのビジュアル・モデルに起用。さすが宝塚が誇るビジュアル・モンスター。詳細は、こちらでどうぞ。 ONWARD樫山 公式サイトhttp://www.onward-hd.co.jp/release/docs/20170414_2.pdf れいちゃんは今秋、大阪と東京で『はいからさんが通る』主演。 伊集院忍少尉役ですよね、きっと。少尉は、ロシアの血が混ざった美形設定。れいちゃんのエキゾティックなビジュアルには合うかも [続きを読む]
  • 『仮面のロマネスク』アドリブ in 札幌(花組全国ツアー)
  • 花組全国ツアー『仮面のロマネスク』を振り返り、思い出しメモです。今日は、主にアドリブについて。 1)ヴァルモン子爵(明日海りお)& ダンスニー男爵(柚香光) 公園で、奥手なダンスニーをけしかけるヴァルモン。2016秋全ツでは、梅田以外の各地でご当地ネタを振ってました。 「いったい何をしてるんだ? △△へは行ってないの?」「☆☆は食べてないの?」 …というように。静岡では特に、地元な [続きを読む]
  • タオルハンカチ王子は大忙し(花組全ツ客席降り)
  • 花組全国ツアーが閉幕して3日目。スカイステージでは本日、千秋楽の模様が流れたとか。 テレビ画面の写メを、友人が送ってくれました。Hさん、ありがとうございます? あの真紅の衣装を見るだけで、血がたぎりますね〜!『EXCITER 2017』は『宝塚幻想曲』に並ぶかも。 明日海りおオリジナル・ショーとしては、『宝塚幻想曲』が圧巻だと思います。 『EXCITER 2017』は再演ではあるものの、忘れがたいショー作 [続きを読む]
  • 客席降りは興奮の坩堝(花組全国ツアー)
  • 花組全国ツアー公演『仮面のロマネスク/EXICITER2017』では、客席降りが何回かありました。 梅田では2階・3階席だったので、ほとんど見えなかった、客席降り&客イジリ。 北海道では4回とも、どこかしらのポイントが見えました。チケット手配してくれた、あきらら嬢のおかげです。ありがとうございます? 友人知人から聞いた話も含め、客席イジリの様子を、わかる範囲でレポしてみます。実際に見聞きした分と、 [続きを読む]
  • 北海道はでっかいどー!(花組全国ツアー・アドリブ)
  • 4月9日(日)花組全国ツアー『仮面のロマネスク/EXCITER2017』マチネのアドリブ。 「北海道は、でっかいどー!」 この台詞は、仮面のロマネスクで、三人組の泉まいら君がどーしても言いたい!と発言。客席は拍手喝采! 「この会場は、でっかいどー!」 こちらは、ショーにて。お掃除してたRIO-BOY君のアドリブ。こちらも客席大喜びでした? 三人組のアドリブでは、白い恋人をヴィクトワー [続きを読む]
  • ここは宝塚?(花組全国ツアー in 札幌)
  • 今朝はビュリホモーニン、快晴の札幌です。 花組全国ツアー『仮面のロマネスク/EXICITER2017』札幌ニトリホールにて観劇しています。4月8日(土)14時、18時公演。9日(日)12時、16時公演。 約3週間前、梅田からスタートした全国ツアーも最終地に到達。ご当地ジェンヌはいませんが、とても盛り上がりました。 ニトリホールは銀橋があるので、大劇場に近い演出になったようです。朝夏まなと(88期/当時研8) [続きを読む]
  • ビュリホモーニン北海道
  • ビュリホモーニン!北海道に上陸しました。 金曜夕刻、新千歳空港に到着するや、空港ショップへ。まず、浮世の義理(職場へのお土産)を送付手配。 続いて、北海道グルメに吸い寄せられました。ラーメン食べて、牛乳のんで、プリン食べて。 新千歳空港、いいですね。特にトイレが素晴らしい。広くて綺麗だし、個室ドアが折り畳みスライド開閉式…と言うのかな?スペースを有効に使えて、杖や車椅子、大荷物を持った [続きを読む]
  • やっぱ、好っきゃねん
  • 本日は水曜、宝塚大劇場は休演日。 花組全国ツアーチームは移動日。明日4月6日(木)は八戸公演。 そして、8日(土)、9日(日)は札幌公演。全国ツアーもいよいよ、大千秋楽を迎えます。 3月18日(土)〜4月9日(日)の三週間ちょい。各地を転々とする事もあり、あっという間の三週間ちょい。大阪・梅田芸術ホールを皮切りに、札幌ニトリホールまで、ざっくり日本縦断。 全国ツアー中は公演日と移動日 [続きを読む]
  • タカラジェンヌと敬語
  • happyさんがご自身のブログ『心は青空』で書いてらした「タカラジェンヌのご挨拶」に関する考察。私もずっと気になっていました。 「観客の前で、身内である専科生に対して、尊敬語を用いるのは何故だろう?」と。 これが内々での会話なら、わかります。ですが、外部の人(観客)の前で、身内(専科生)に触れるなら、 × 「専科の△△さんが、◇◇と仰いました」(尊敬語)○ 「専科の△△が、◇◇と申しました [続きを読む]
  • 咲き誇れ、すみれ達(宝塚音楽学校、合格発表)
  • 3月30日(木)は、宝塚音楽学校の合格発表日。 「松岡修造(小林一三翁の曽孫)の長女・恵さんも合格」とネットニュースで流れてました。有名人の子女も数多く在籍する宝塚ですが、創始者の末裔となると別格ですね。 一挙一動が注目される、文字通り「御曹司」の入学。期待もプレッシャーも半端ないと思いますが、それは容易に想像できること。おそらく、すべて織り込み済で目指した道でしょう。あるいは、父親譲りのメ [続きを読む]