ぷしゅねこ さん プロフィール

  •  
ぷしゅねこさん: 虹ぷしゅ
ハンドル名ぷしゅねこ さん
ブログタイトル虹ぷしゅ
ブログURLhttp://ameblo.jp/nijipsych/
サイト紹介文誰もが適当に酔い乍ら生きている社会からはぐれて、生き辛さにヒリヒリと歩いている友に。
自由文人間には、2割の「支配者」と8割の「虚無」とごく僅かな「光」の3つの種が存在するそうです。虚無を素のまま究極まで生き切った人はお釈迦さまです。本来虚無にはどんな執着も煩いも存在しません。でも、私たちが感じている生き辛さは身近な支配者らによって吹き込まれた偽りの快感から引き起こされています。支配者の支配から解放されるために「心に聴く」を一緒にしていきましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供440回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2014/11/03 22:40

ぷしゅねこ さんのブログ記事

  • いいじゃないか 転んだって‥
  • 私には少なくとも1リットルの涙が必要でした健康なことがそれだけですごく幸せなこととか病気になったからって失うばっかりじゃありませんでしたこの身体の私が私だって障害っていう重荷を背負っている私が今の私なんだって胸を張って生きていこうと思いましただから養護学校に行くことは自分で決めましたみんなとは生きる場所は違うけどこれからは自分で選んだ道の中に一歩一歩、光をみつけたいからそう笑って言えるようになるま [続きを読む]
  • われわれは、すでにこの世において次のような幸福を知らなければならない
  • われわれは、すでにこの世において次のような幸福を知らなければならない、すなわち、どんな事情のもとでも、また、誰でもみな、手に入れることのできる幸福がそれであり、そして、われわれの状況がほかの点でどのようであろうとも、つねに喜びをもってこころを満たしてくれるような幸福である。このような満ち足りた、もはなにものにも揺るがされることのない境地は、実際に存在する。* &nbs [続きを読む]
  • ? [メルマガ選] たとい悩みの中を歩いても
  • あなたにすべてのよきことが雪崩のように起きます。 たといわたしが悩みの中を歩いても、あなたはわたしを生かし、御手を伸ばしてわが敵の怒りを防ぎ、あなたの右の手はわたしを救われます。        詩編138:7/口語訳 文語訳 新約聖書 詩篇付 (岩波文庫) Amazon  ゜・*:.。. .。.:*・゜ †:.。.:゜:.。.:†:.。.:゜:. [続きを読む]
  • 仏さま
  • 大正十年生まれの奈良県の方の話八十八歳の義父は、米寿のお祝いをしてからしばらくして、トイレに行く途中に時々廊下を汚すようになり、その内だんだん回数がひどくなり、足もとがおぼつかなくなったため、ポータブルトイレを買って寝室におきました。最初の間はそれでよかったのですが、だんだん一人では出来な [続きを読む]
  • 言えないままのごめんなさい  
  • 私の母は耳が悪く、補聴器をかけている。生まれつきというわけではなく、また、まったく聞こえないというわけでもない。中途難聴者だ。普段の会話は相手の口の動きを見ることと、何度も聞き返すことの繰り返しで成り立っている。 父は、ときどき面倒くさそうにぼそぼそ話す。父の低い声は聞き取りやすいようではあるが、つぶやくような小さな声は聞こえないらしい。二、三度聞き返し、いやな顔をされると母はにっこり微笑んで [続きを読む]
  • 【恵】どんなに醜く汚れていても
  • どんなに醜く、汚れ、不潔であっても、私の愛はいつも美しいと感ずるのである。★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★.★:★∴:.**.:★∴:★.★シャローム ♪このメールを読んでくださっているあなたに主の平安がありますように★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★−イエズス−「実の母は、どんなにその子どもが醜くとも、醜いとは考えない。母の心にとって、その子は常 [続きを読む]
  • [メルマガ選]●名言セラピー【命の使い方】
  • あなたに平安がありますように「Present」プレゼントはどこにある?──────────────────────────────────名言セラピー- meigen love──────────────────────────────────僕の友人が、あるセミナーの懇親会で出会った男性の話です。その男性は、こんな話をしてくれたそうです。5年前に、首を骨折して全身マヒになる大ケガをしたこと。そこからいろいろな人たち [続きを読む]
  • わたしなりに、毎日を大切に生きてゆくから 
  •               松尾 文恵 難産の末、私を産んでくれたお母さん。めっきり白髪がふえ、年より老けて見えるのは、苦労をかけた私のせいだね。 二十歳で神経症になり、倒れこんでしまいそうな発作に始終おびえ、ひどいときは、近所の外出さえできない私だった。 耐え切れず、 「私は親の犠牲になって、辛い気持ちを体に溜め込んできたんだ!いっそ天涯孤独の方がよかったよ!」 と捨て [続きを読む]
  • 「お前の耳はへんちくりんだけど、…」
  • 今日のお話は、新聞記事や他の方の講演でも、神津カンナさんがいつも講演の中で話されるお話として紹介されています。・・・・・・・・その少年は、生まれつき片方の耳の耳殻がありません。目立たないように、長髪にしていましたが小学校のクラスメイトのなかには容赦なく耳の形をからかう子もいました。でも、少年は気にする様子もみせずに言い返し、反対にやり込めたりしていました。とても明るい子でした。少年の強さが気になっ [続きを読む]
  • 誕生日が来るたびに
  •                 浜田三起子さん 私の誕生日は母の命日です。初産に失敗し、私の命と引き換えに亡くなった母。残された若い父の将来を考えた身内たちによって、私は里子に出されました。 養家には娘が一人いたので、私は無駄飯(むだめし)食いとして何かにつけてはいじめられ、近所からも友達からも白い目で見られ、生んだ親をなんど恨んだことかしれません。 ついに死を覚悟し家出をしたのが二十 [続きを読む]
  • 【恵言葉】苦しみは一種の祭司職
  • *.:★∴:★.★シャローム ♪このメールを読んでくださっているあなたに主の平安がありますように★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 罪とともに生まれた苦しみすら、 神の正義をなだめることができます。 憎しみが人を苦しめるためにつくったものを 神はよいことのために使われます。★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ シモン:「病気になった私 [続きを読む]
  • † いと高き方の隠れ場に住む者は、全能者の陰に宿る。
  • 不安でしかたのない方にぴったりの詩編です。そういう方は、ぜひ、毎日、声に出して読まれてください。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆詩篇91篇いと高き方の隠れ場に住む者は、全能者の陰に宿る。私は主に申し上げよう。 「わが避け所、わがとりで、私の信頼するわが神。」と。主は狩人のわなから、恐ろしい疫病から、 あなたを救い出されるからである。主は、ご自分の羽で、あな [続きを読む]
  • † あなたには生きてもらわなくては困ります。
  • 私の日常での感覚として、個人的なことで言えば、私の一部にあなたがいるのです。開かれていない90%以上のDNAは新たな人と出会うたびにその人によってのみ開かれる部分がその都度、開いていきます。眠っているDNAの部分も存在しないわけではなく、まだ、それに相応する人々と出会っていないために意識に立ち上がっていないだけです。全ての人の部分が私の内にあり、全ての人の内に私によって成っている部分があります。そ [続きを読む]
  • ♪ 光ってるのは傷ついて はがれかけた鱗が揺れるから
  • ああ 小魚たちの群れきらきらと 海の中の国境を越えてゆく諦めという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★.★:★∴:.**.:★∴:★.★このメールを読んでくださっているあなたにこころの平和がありますように今日は、中島みゆき姉御の「ファイト!」です。これまでもなんどか、この曲を掲載しようかと思ったことがあったのですが、ちょっと、どうしようかなぁって [続きを読む]