haru さん プロフィール

  •  
haruさん: haruの徒然なるままにシンイの世界に魅せられて
ハンドル名haru さん
ブログタイトルharuの徒然なるままにシンイの世界に魅せられて
ブログURLhttp://ameblo.jp/haruiro123/
サイト紹介文徒然にシンイ二次創作〜大好きなヨンとウンスのその後の高麗の世界を綴ってます
自由文物語は二人が出会う前から始まり再会しお話が動き出します 現在はオリキャラの息子タンが可愛い盛り?シンイの世界に魅せられてその後の世界を紡ぎます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供538回 / 365日(平均10.3回/週) - 参加 2014/11/04 12:05

haru さんのブログ記事

  • 新緑の吾子 其の八
  • イサはのんびりとした気持ちでチェヨンが構えた定宿の屋敷で朝を迎えていた都から国境までの長い道中人足の中には体調を崩す者もいたが医員団の適切な対応により重篤なことにはならなかったまた途中流行病が蔓延していた地域の治療にも医員団は携わり沈静化に一役かっていた奪う命から生かす命へ医者の修行は奥が深くやり甲斐もあるまだまだ自分は見習いだが天をも操ると国の隅々まで噂されている医仙様の典医寺から来たとわかると [続きを読む]
  • 新緑の吾子 其の七
  • 今日はあの子たちを連れて土手を歩いて山に行って参りますヘジャはユウとハヌルを指差しながら王宮に向かうため輿に乗り込もうとしたウンスに告げたあら そうなの?ウンスは足を止めてヘジャを見たはいミンドゥルレ(たんぽぽ)の根が丁度収穫の頃合いかとそれにトラジ(桔梗)の若芽も盛りでございますトラジを和え物にして夕餉にお出しいたしましょうそれにミンドゥルレは・・・ヘジャが言いかけるとウンスはうれしそうに言い [続きを読む]
  • 新緑の吾子 其の六
  • 大木にもたれて目を閉じていると懐かしさが込み上げて来た丘を駆け上がってくるテマンの気配に目を開けてチェヨンは風を感じた弁当持って来ましたそれからお役人のみなさんが上護軍にご挨拶したいって飯屋で待ってますよは?挨拶だと!くだらぬ待ってる暇があるなら仕事をしろと言っておけでもパク様に上護軍を連れてくるよう言われてるしここの郡守様が宴の席を設けたとかでは?何を考えておるのだそのような暇があれば一刻も早く [続きを読む]
  • 恋慕 対決
  • ぎゃ〜〜ぁ〜〜!屋敷が揺れるようなウンスの悲鳴があがったイムジャ!イムジャ?イムジャ!昨夜から朝にかけ思うままに新妻を愛しみとろとろとまどろんでいたチェヨンは冷水を浴びたみたいに背筋が凍りつき布団からはね起きると鬼剣片手に閨を飛び出した嫌な妄想が広がる元からの刺客かはたまた徳興君の仕掛けかいやウンスを妖魔と罵る王宮に巣食う輩の仕業やも知れぬおのれ!何奴!チェヨンは長い廊下を駆け抜ける目指すはウンス [続きを読む]
  • アメンバー申請について
  • 皆様haruのブログにお立ち寄りくださりありがとうございます現在アメンバー申請受付を再開いたしております申請を頂いた皆様ありがとうございますアメンバー申請についてのご連絡アメンバー様は18歳以上の女性(高校生不可)に限ります①申請希望のメッセージをharuに送る②承認のためのアンケートがharuから届く③ アンケート内容にお答え頂きharuに送信④頂いたそのお返事をharuが確認し承認アメ限はharuのシンイ創作の世界に共感 [続きを読む]
  • 新緑の吾子 其の五
  • はあなんだか疲れたわウンスはため息をついた大丈夫でございますか?旦那様の留守中お腹のお子に何かあったらヘジャはお詫びのしようがございません王宮から下がり湯浴みも夕餉も終えた宵の口奥の間で寛いでいたウンスの肩を揉みほぐしながらヘジャは言ったああいえ身体がしんどいわけじゃないのううん もちろんまだ妊娠初期だもの身体に気をつけながら暮らしているわよはいでもぉ今日は気疲れなのき・づ・か・れ!はあ?ヘ [続きを読む]
  • 新緑の吾子 其の四
  • 国境に沿って造られる予定の頑強な城壁の完成は遥か先まだ基礎工事が行われ始めただけであった東西に伸びる国境の進入口に都から連れて来た職人集団は都から来た人足と地元で雇った人足たちに城壁造りの指導をしながら西の方から普請を開始しある程度目処が立てば隣の州に移っていく手筈それぞれの州の郡守は領地の普請の間 職人や人足たちを警護しまた日常の食事や住居などの世話をして国の事業に貢献するもちろん国 [続きを読む]
  • 新緑の吾子 其の参
  • そろそろお着きになる頃か 典医寺の診療室でチェ侍医は書物から顔を上げウンスの到着を待った養子のイサがオ・アム医員と先発隊と一緒にチェヨンより一足早く国境近くに赴任してから一ヶ月以上が過ぎていた イサと一緒に暮らしている時は何かとつっかかってきたり書堂(ソダン)に行かないと反抗したりまたあれやこれやと養父のチェ侍医をからかうような場面もあったがそれもすべて父親として受け入れ懐いて [続きを読む]
  • 新緑の吾子 其の弐
  • チェヨンとお供のテマンそれに集賢殿の部下パク・インギュは国境の丁度真ん中に位置する蒴州郡守ヨンファの夫でもあるキム・ドクチェの領地に簡素な屋敷を構えそこを逗留場所にしていた 我が屋敷にお越しくださればよいものをこのようなあばら家では医仙様にも申し訳が立ちませぬ キム・ドクチェはしきりに恐縮したがチェヨンはまるきり意に介さないそれよりも気になることはチェヨンたち一行がこちら [続きを読む]
  • 新緑の吾子 其の壱
  • チェ家の中庭にある山桜に今年は珍しいことにまだちらほら花が付いていた葉桜の中に見え隠れする山桜の花 ヨンの留守中をきっとお母様が見守ってくれているのね ネ〜〜 女中頭のヘジャと子守りのオクリョンをお供にタンと一緒の朝の散歩をしながらウンスは呟きタンが可愛らしく返事をした 左様でございますね今年はずいぶん長いこと花が咲いておりますから若様とお腹のお子様の [続きを読む]
  • アメンバーの皆様へ ご連絡です
  • おはようございます 皆様いつもお話におつきあいいただきありがとうございますさてアメンバーの皆様へのご連絡です釜山の思い出のアメ限リンクが飛ばない事態!ごめんなさいやはりリンクがうまく挿入できていませんでしたo(_ _*)oSSL化にともなうリンクを新しく張り直しましたのでこれで飛ぶはず?ご連絡いただいた皆様びっくりした皆様大変ご迷惑をおかけしましたo(_ _*)oほんと心臓に悪い!ごめんなさい 取り急ぎの [続きを読む]
  • 〜민들레 (ミンドゥルレ)に寄せて〜旅の思い出
  • (by haru)大学三年の連休旅行拝借したチャン・ビン先輩の別荘の庭にミンドゥルレがたくさん咲いていたミンドゥルレの花言葉は真心の愛って言うのよその庭で愛しい人が笑って言ったそれならミンドゥルレは俺の花だ今はまだまだ餓鬼だけどウンスに対する真心だけは誰にも負けないから俺は答えるうまくいかずにまぼろしに終わった二人の初めて自信をなくして気持ちが塞いだ俺を抱きしめてくれた愛しい人は微笑んで俺を見ている [続きを読む]
  • 민들레(ミンドゥルレ) 12
  • ちょっとぉもう 無理だって夜勤明けなのによくそれだけ体力が残っているわねあっこら ヨン!今まで口づけを繰り返していたのにまた布団に潜り込んでしまったチェヨンの頭を手を伸ばしてなでながらウンスは言った忙しい医者の二人が揃ってもらった連休休暇もちろん二人とも夜勤明け「ソウルにいたら病院から呼び出されるぞ!」とのワン・ヘ先生の進言で二人はソウルを離れ釜山のチェ家のコンドミニアムにいた大学三年 [続きを読む]
  • 민들레(ミンドゥルレ) 11
  • 海から吹く風が火照った二人のからだにはちょうどよかった薄暗くなった海雲台の砂浜を手を繋いで言葉少なに二人は歩いた明日にはソウルに戻りまた日常が待っているチェ家のコンドミニアムを後にした二人はウネやジェウクが待つチャン・ビン先輩の別荘へ向かっていたがウンスが沈黙に耐えかねたように「ごめん」と切り出したチェヨンは首を振る俺の方こそごめんあんなつもりじゃなかったのに今度はウンスが首を振る大好きな人と結ば [続きを読む]
  • 민들레(ミンドゥルレ) 10
  • 水族館を後にした二人は地下鉄2号線に揺られ30分釜山第二の繁華街西面(ソミョン)にいた 大きな百貨店や免税店やホテルが並び夜遅くまで若者たちで賑わう街チェヨンが小さな頃両親と買い物に訪れた街でもある ゆっくり時間をかけて水族館を見て回ったので昼ごはんが遅くなった二人はチェ家がよく利用していたという老舗参鶏湯の店の前にいた 釜山は港町だけど?ほんとに海鮮じゃなくていいのか?& [続きを読む]
  • 민들레(ミンドゥルレ) 9
  • 海雲台の朝の砂浜を手を繋いでチェヨンと歩いた海の向こうは日本いつかヨンと日本にも行ってみたいなウンスの甘えた声に頬が緩むああいつか行こうウンスと旅がしたいひと気のない朝の海口づけを交わしながらチェヨンの瞳に遠くの船が水平線を横切るように進んでいくのが映った朝ごはん食べたらお出かけだね?ああそう言えばウネたちの出発早かったのねウネたちは今頃どの辺りかしら?ウネと彼氏のジェウクは慶州(キョンジュ)にある [続きを読む]
  • 민들레(ミンドゥルレ) 8
  • さらさらの砂の上綺麗な浜辺で四人はわいわいとバーベキューを楽しんだ日が暮れて焼く食材も飲むお酒もなくなりかなり酔っ払ったアン・ジェウクを部屋に運び入れてからチェヨンとウンスは仲良く後片付けなんかいいなこう言うのみんなでわーっとさチェ家の跡取り息子にはおよそ似つかわしくないバーベキューの炭の始末をしながらチェヨンは言ったそうねウンスはうっとり頷いたいつかチェヨンと家庭を築いてこんな風にバーベキューを [続きを読む]
  • 민들레(ミンドゥルレ) 7
  • 美味しかったねフェ(お刺身)新鮮でコリコリしていて食べ過ぎでお腹パンパンだわウンスはチェヨンの腕にぶら下がるようにじゃれながら笑った気に入ってもらえてうれしいよ従姉妹の店アン・ジェウクは隣に並んだウンスに笑いかけた先ほどのナイスバディの女店主はアン・ジェウクの従姉妹らしくウネを恋人として紹介したかったみたいでウネもにこやかに話をしていたチェヨンは何気にウンスを見るジェウクの視線をブロックするみたいに [続きを読む]
  • アメンバー申請とAbemaTVシンイ放映開始のお知らせ
  • 連休明けの朝になりました皆様おはようございますさてAbemaTVでシンイ放映のうれしいお知らせですもうすでにご存知の方もいるかと思いますがharuが管理人のグルっぽ「ウリヨン乙女新館」で話題になっておりましたのでシンイの二次を書いている者としてこれは皆様にお知らせしなくては!と思ってブログに書かせていただきましたグルに情報をお寄せ頂いた皆様ありがとうございます放映開始は9日0時45分 わーい! [続きを読む]
  • 민들레(ミンドゥルレ) 6
  • 海岸線を車は走り四人は海雲台(ヘウンデ)に向かった海の色が違うのねほんとに綺麗でびっくりした展望台できゃあきゃあ言いながら眼下を眺めていたウンスはうっとりした顔をして車の中で呟いたほんとに綺麗な景色だったねウネの返しにウンスの返事がなかったチェヨンは口元に指を立て振り返ったウネにしーっとジェスチャーで伝える朝早くからバスに乗りテジョンデで結構歩いたウンスはすっかり疲れてしまったようで安心したように頼 [続きを読む]
  • 민들레(ミンドゥルレ) 5
  • あれが釜山大学ガラス張りの建物わかる?ウネの彼氏アン・ジェウクがちょっと顔を後ろに向けて後部座席のウンスに言ったああわかる わかりました大きな大学ですねウンスの言葉にふっと笑ってジェウクが答えたいやいやソウルの大学の方が大きいだろ?でも僕としてはこの街も大学も気に入ってるんだ海が生活に馴染んでるし魚が好きだしねあらあたしもお魚好きよこの前連れて行ってくれたお刺身の店もすごく美味しかったものオ [続きを読む]
  • 本日お休みをいただきました〜
  • 海でクルーズテジョンデ皆様へ昨日から騙し騙しの肩こり首こりがなかなかよくならず今日のお話の更新はちょっと一休みさせていただきましたお待ちいただいた皆様ごめんなさい明日には復活できますように連休後半も安寧にお過ごしくださいませ〜haru [続きを読む]
  • 민들레(ミンドゥルレ) 4
  • ウネちゃん!こっち こっち!満面の笑みでバスターミナルまで白い車で迎えに来たウネの彼氏アン・ジェウクとウンスには決して見せることない乙女なウネの微笑みにチェヨンとウンスはにやにやと二人を見たなんだかんだと言ってウネたちラブラブじゃない?うふふ少し背伸びしてチェヨンの耳元で囁くウンスの声がくすぐったくてチェヨンは一瞬もじもじっと肩をすくめたウンスやなあに?いやなんでもないチェヨンは少し笑って答 [続きを読む]
  • 민들레(ミンドゥルレ) 3
  • 当日は高速バスターミナルでチェヨンと待ち合わせ釜山行きの高速バスに乗り込むことにしたウンスは前夜からウネとわいわい盛り上がって旅行の準備何を着て行こうか?何を持って行こうか?カバンはどうする?いつもは落ち着いているウネさえ久しぶりに遠恋の彼と再会出来るうれしさを隠せないようだそのくせ照れ隠しなのかウンスをからかうえ〜〜そんなキャラクターの可愛いお子ちゃま下着じゃなくてこっちの勝負下着の方がいいよぉ [続きを読む]
  • 민들레(ミンドゥルレ) 2
  • え?ウネさんたちと旅行?案の定チェヨンは戸惑うような顔を見せた大学へ続く裏の林道は遅咲きの桜の花びらが舞って足元には今が盛りの黄色のミンドゥルレが咲き誇るうんヨンが嫌なら断るわウネの家族が来る辺りはどの道 実家に帰ろうかな?と思ってた時期だしそうなのか?うんだからいいのごめん急に無理言ってウンスはちょこんと頭を下げて謝りチェヨンは逡巡したウンスの実家で過ごすのも捨てがたい魅力があるあの家はまる [続きを読む]