ウーピーまちゅ さん プロフィール

  •  
ウーピーまちゅさん: 和のカウンセラー協会
ハンドル名ウーピーまちゅ さん
ブログタイトル和のカウンセラー協会
ブログURLhttp://wakonc.org
サイト紹介文和のカウンセラー協会 和魂ワーク、和魂リーディング、価値リンク&リングの認定講座を開催しています。
自由文和のカウンセラー協会では、和魂ワーク、和魂リーディング、価値リンク&リングの認定講座を開催しています。
和魂(一霊四魂)を元に魂の特徴を紐解きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/11/04 21:36

ウーピーまちゅ さんのブログ記事

  • 桝田良一のコントロールドラマ
  • 桝田良一のコントロールドラマを考えてみました。聖なる予言のコントロールドラマも御覧ください。桝田良一の生まれてから、家族の中で作られたコントロールドラマの順番は、傍観者>被害者 かなと思います。尋問者と脅迫者は、限りなく0に近いです。10段階で現してみると傍観者9、被害者1って感じ。次に私自身が物ごころついて、父を将来にわたって面倒をみないといけないと思ってから結婚するまで(社会に出て多くを私は [続きを読む]
  • 聖なる予言のコントロールドラマ
  • 聖なる予言に書かれている「脅迫者、尋問者、傍観者、被害者」の関係をコントロールドラマと呼んだりします。私のコントロールドラマの定義です。小さい時に家族との関係において、身に付けた関係性の作り方を学んだ。それらすべてをコントロールドラマと呼びます。また、学校や会社に入って体験して身に付けた行為も含みます。コントロールドラマは、相手をコントロールしようとする想いを持ちます。潜在意識の奥底に隠れている場 [続きを読む]
  • 3月21日発売の週刊女性にハートグラム紙カードが付きます
  •  2017年3月21日発売の週刊女性(2017年4月4日号)にハートグラムが袋とじ企画で紹介されます。 私は、この3月21日は大阪府柏原市の宮脇書店でのハートグラムお茶会を開催するので、10冊注文済みです。 【大阪柏原市・昼1 お茶会】ハートグラムお茶会は、13時〜開催 【大阪柏原市・昼2 お茶会】ハートグラムお茶会は、15時〜開催 どちらも基本的に内容は一緒ですので、ぜひ、ご参加もお待ちしております。 実際の週刊女 [続きを読む]
  • ハートグラムカードVer.2(飛行機・船タイプ)の購入ができます
  •  リザーブストックにて、ハートグラムカードの購入ができるようにさせていただきました。 購入できるのは、ハートグラムカード現行バージョンの2となっております。2の性格区分は、犬タイプ、天使タイプ、飛行機タイプ、船タイプ、裁判官タイプとなっております。 Ver.3タイプがご希望の方は、待ちください。ただし、いつ発売になるかは、お約束できかねます。 ハートグラムカードは、営業ツールとして活用ができます。 25 [続きを読む]
  • 9月7日かわさきFMラジオ出演します
  •  もう、本日18時〜の話なんですが、かわさきFMの藤田サトシさんの番組「藤田サトシのビジネス婚活塾」に出演いたします。 話す内容は、 1.私が藤田サトシさんに出会ったきっかけ 2.藤田サトシ考案のハートグラムに出会ったきっかけ 3.代理店になって販売していくと決めたきっかけ 4.和魂との違いとか と言った感じになりそうです。9月7日(水)18時〜かわさきイブニングカフェ「藤田サトシのビジネス婚活塾」に藤田サ [続きを読む]
  • 営業ツールとしてのハートグラムカード
  •  婚活カウンセラーであり、営業カウンセラーでもある藤田サトシさんのハートグラムを使い始めています。【ハートグラムの効用】 営業マンのための契約率アップツールに! 恋人募集中の人のための口説きツールに! 夫婦円満実現のための性格不一致調整に! 適切な人事移動と新入社員選定ツールに! 就活生&転職希望者のための天職発見に! 経営コンサルと人材派遣業の適性診断に!  クライアントの能力を引き出すコーチに [続きを読む]
  • 「斎」は、「いつく」「いつき」「つつしむ」「いむ」「とき」と読みます。 いつく:その場所に居つく。と私は判断をしました。ただ、人間が居つくのではなく、神様の魂としての「悔いる」が居つくこと。悔いるとは、チームや家族の中での役割を認識することと考えます。 いつき:居つくその行為かな? つつしむ:敬意を表し、畏まる いむ:忌む→艮に通じる概念 とき:僧の食事 精進料理 法事などの参会者に出す食事 もの [続きを読む]
  • 「斎」は、「いつく」「いつき」「つつしむ」「いむ」「とき」と読みます。 いつく:その場所に居つく。と私は判断をしました。ただ、人間が居つくのではなく、神様の魂としての「悔いる」が居つくこと。悔いるとは、チームや家族の中での役割を認識することと考えます。 いつき:居つくその行為かな? つつしむ:敬意を表し、畏まる いむ:忌む→艮に通じる概念 とき:僧の食事 精進料理 法事などの参会者に出す食事 もの [続きを読む]
  • 恥じる
  • 恥じる:はじる1)自らの魂の声に気づくこと。心の耳で聞くことが恥じることであり、内観と言う表現を使っています。2)お天道様に恥じること。=恥じない行為をしていく。恥じない行為とは、盗みとか人殺しとか、祝詞に書いてある8つの天津罪と14個の国津罪に準ずる行為。3)恥を意識して取る行動を「奮」と言う。良きリーダーとして、自分を律することが、恥じること。そして、チームや家族の役割を担って行動することを悔いると言 [続きを読む]
  • 悔いる
  • 悔いる:くいる1)家族やチームの中での役割を意識して行動すること。2)究極は恥につながることを意識する。組織の中での役割でお天道様に恥じないことをするのが、悔いるだから。つまり、「お天道様に悔いること」と言う表現もできそうですね。悔いると言う考えは、恥を知るところから生まれる。個人を律することは、すなわち、恥を持つということになります。 [続きを読む]
  • 罔象女命(ミヅハノメ)
  •  罔象女命(ミヅハノメ)は、『日本書紀』に出てくる神様で、『古事記』では「弥都波能売神(みつはのめのかみ)」と表記される。別名:水波之女命(みずはのめのみこと)、闇御津羽神(くらみつはのかみ)、水速女命(みずはやのめのみこと)−−以下、Wikipediaミヅハノメからの引用−− ミヅハノメは、日本神話に登場する神である。『古事記』では弥都波能売神(みづはのめのかみ)、『日本書紀』では罔象女神(みつはのめの [続きを読む]
  • 白山七社巡りツアー
  •  白山七社めぐりツアーを菊理ヒメツアーと命名して適宜開催しております。 白山七社とは以下の7つです。参考:今日4月16日は白山七社(七宮)を巡る 昨日の金沢観光含む(2012年04月16日) 本宮四社である ・白山比咩神社(三宮跡)白山市三宮町ニ105-1 ・古宮公園(本宮跡)白山市白山町レ67番地1 ・金剱宮 白山市鶴来日詰町巳118-5 ・岩本神社(岩本宮)能美市岩本町ホ27 と中宮三社 ・笥笠中宮神社(中宮)白山市中宮 [続きを読む]
  • 菊理姫(ククリヒメ)
  •  菊理媛神、又は菊理媛命(ククリヒメのカミ、ククリヒメのミコト、キクリヒメのミコト)は、日本の神。加賀の白山や全国の白山神社に祀られる白山比咩神(しらやまひめのかみ)と同一神とされる。 日本神話においては、『古事記』や『日本書紀』本文には登場せず、『日本書紀』の一書に一度だけ出てきます。イザナギとイザナミの夫婦喧嘩の仲裁に入って、仲直りさせたと言う部分です。ただ、何を言ったかは書かれていません。イ [続きを読む]
  • トイレの神様=金勝要神
  •  トイレの神様のことを歌っている人がいることを知りました。植村花菜さんでした。 トイレの神様を金勝要神(きんかつかねのかみ)と言います。トイレの神様=金勝要神のブログも御覧ください。 金勝要神は、国祖国常立命(クニトコタチノミコト)を支えるスサノヲの分霊。別名:禁勝要神であり、菊理姫(ククリヒメ)であり、須世理姫(スセリビメ)とも言われるようです。 「禁勝要大神様は縁結びの御神様、此の大神様をお願 [続きを読む]
  • でこぼこ万歳 歌:植村花菜
  •  トイレの神様の歌を通じで、植村花菜さんを知りました。 和魂カウンセラーの目指す先は、各自の「でこぼこ」を理解し、パズルのピースを合わせるように平かにするってことなんです。 パズルは1つとして同じピースは無いですよね。あったら、面白くない。そして、合わさったとしても絵にはならない。絵になるためには、それぞれピースが独特であればあるほど大きなことができる。と私は考えます。 どうぞ、お聞きください。 [続きを読む]
  • 速佐須良比売
  •  祓戸大神の四柱の4柱め。 速佐須良比売は、速佐須良姫とも書かれる。 速佐須良比咩:玄松子の祭神記に以下の記載があります。−−ここから−−根の国との関連から、根の堅洲国にいる須佐之男命とする説や、大国主神を根の国で迎えた、須佐之男命の娘の須勢理毘売と同じ神であるとする説もある。 さらに、大国主神を根の国へ逃がした大屋毘古命や須勢理比売命を生んだ佐美良比売命のことであるとも連想できる。−−ここまで− [続きを読む]
  • 祓戸大神
  • 祓戸四神とも言います。以下、Wikipediaからの引用−−ここから−− 祓戸大神(はらえどのおおかみ)とは、神道において祓を司どる神である。祓戸(祓所、祓殿)とは祓を行う場所のことで、そこに祀られる神という意味である。 神職が祭祀に先立って唱える祝詞である「祓詞」では「伊邪那岐大神 筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に 禊祓給ひし時に生り坐せる 祓戸大神等」と言っており、祓戸大神とは、日本神話の神産みの段で黄 [続きを読む]
  • 禍津日神
  • 以下、Wikipediaからの引用−−ここから−− 禍津日神(まがつひのかみ、まがついのかみ)は神道の神。 神産みで、黄泉から帰ったイザナギが禊を行って黄泉の穢れを祓ったときに生まれた神で、『古事記』では八十禍津日神(やそまがつひのかみ)と大禍津日神(おほまがつひのかみ)の二神、『日本書紀』第五段第六の一書では八十枉津日神(やそまがつひのかみ)と枉津日神(まがつひのかみ)としている。これらの神は黄泉の穢れ [続きを読む]
  • 直日神・直毘神
  • 大直日と神直日の合わされた神。以下、Wikipediaからの引用−−ここから−− 直毘神(なおびのかみ、なほびのかみ)は神道の神である。穢れを払い、禍(まが)を直す神とされる。 日本神話の神産みにおいて、黄泉から帰ったイザナギが禊を行って黄泉の穢れを祓ったときに、その穢れから禍津日神が生まれた。この禍津日神がもたらす禍を直すために生まれたのが直毘神である。『古事記』では八十禍津日神・大禍津日神が成った後に [続きを読む]