滝番晟 さん プロフィール

  •  
滝番晟さん: 滝番晟のロードショーひとりごと
ハンドル名滝番晟 さん
ブログタイトル滝番晟のロードショーひとりごと
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/takibansei0805ld/
サイト紹介文映画作品(ブルーレイ、DVDなど)の 感想や、吹替の独断評価を作りこみたくて 新設しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/11/04 22:51

滝番晟 さんのブログ記事

  • 吹替ロードショー109:男たちの挽歌 シリーズ
  • マーク「・・・このまま・・埋もれたくない!「・・・3年間も待っていたんだぞ!「奴等を見返してやりたい!!「失ったものを取り返したいんだっ!!!第109回は香港映画にカンフー、コメディに続くもう一つの”支流”を作った男ジョン・ウー監督(Ⅲのみツイ・ハーク監督)が放つ、香港バイオレンスアクションの傑作男たちの挽歌 初期シリーズ3部作です。ストーリー男たちの挽歌Ⅰホーとマークは固い友情で結ばれた大手香港マフィ [続きを読む]
  • 吹替ロードショー108:我が道を往く
  • ”虹の村”に続く道 それが我が道、往く手には”青い鳥の丘”我が道を往く、バスケットに希望を詰めてさぁ、旅立とう。日曜の朝のように、こころ晴れやかに角を曲がれば標識”夢追い人の往く道”幸せはすぐそこ、我が道を往く、やがて浮かぶ微笑みとともに君も往こう”我が道”を・・・第108回は煩悩払いも兼ねて(?)ヒューマンドラマの名作我が道を往くそしてその姉妹作、聖メリーの鐘です。ストーリー我が道を往くニューヨーク [続きを読む]
  • 吹替声優列伝48:横尾まり
  • 第48回は、横尾まり(1952-)です。少し艶っぽい声質でTVアニメ”ミスター味っ子”の主人公味吉陽一のママ 法子役をはじめ”誰かのママ”役が圧倒的に多い声優さんです。主な担当キャラ(味吉法子以外)戦闘メカ ザブングル:エルチ・カーゴ聖戦士ダンバイン:ミュージィ・ポーおそ松くん:ママ、一松ドラえもん(大山版):スネ夫のママ(2代目)ぼのぼの:シマリスくんのお母さん魔法陣グルグル:ナレータータイムボカンシリー [続きを読む]
  • 吹替声優列伝47:亀井芳子
  • 第47回は、亀井芳子(1967-)です。アニメ界での少年担当第一人者が野沢雅子さんなら、亀井さんは吹替え界の少年担当第一人者といえるでしょう。やはり野沢さんと同じベクトルで”元気”を持て余した男児や、主人公の少年時代を担当されることが多いです。キャラ担当ヤマトタケル:ヤマトタケル飛べ!イサミ:月影トシ賢治のトランク:山猫、ナレーション洋画吹替少年役をざっと、思いつくままあげても”アダムス・ファミリー”パ [続きを読む]
  • 【闇深】吹替え収録をやり直すべき、3つの作品
  • どうも、滝番晟です。今回は、ガッカリキャスティングのため、吹替えファンのはずの滝が字幕版での鑑賞をオススメせざるを得ない”吹替え収録をやり直すべき”3作品をピックアップしてみたいと思います。まぁ、なんていうかほぼタレント吹替えが原因なんですがね・・・1 あなたに降る夢ニコラス・ケイジ演じるチャーリーは街でも人気の”スーパーお人好し男”ブリジッド・フォンダ演じる”ツイてない女”イボンヌのチップ代に悪妻 [続きを読む]
  • 吹替ロードショー105:お熱いのがお好き
  • 私は あなたに愛されたいのあなただけ、他の誰でもないあなたに私は あなたに愛されたいのたったひとり あなただけに私は あなたにキスされたいのあなただけ、他の誰でもないあなたに 私は あなたにキスされたいのたったひとり あなただけに・・・第105回は”映画ファン 永遠の恋人”マリリン・モンロー、コメディアンにして名俳優トニー・カーティス、ジャック・レモン主演のラブ・コメの古典にして名作お熱いのがお好きです。 [続きを読む]
  • 吹替声優列伝46:久米明
  • 第46回は、久米明(1924-)です。知性と温かみを併せ持つ中村正さんと並ぶヒーリングボイスの持ち主。主な担当キャラクラッシャージョウ:ダン(ジョウの父)ドラえもん のび太の結婚前夜:しずかの父ドラ映画の中でも傑作と呼ばれる本作における、最愛の娘しずかとの旅立ちの前夜に語るセリフは、久米さんにしか発しえないこころに深く染み入る”珠玉の言霊”といえるでしょう。「満ち足りた日々の想い出こそ、君からの最高の贈り [続きを読む]
  • 吹替声優列伝45:露口茂
  • 第45回は、露口茂(1932-)です。頭脳派刑事、弁護士など敵味方の立場を問わず、知的キャラを歴任。刑事ドラマの金字塔”太陽にほえろ!”の山さんこと山村刑事役であまりに有名です。少し野沢那智さんに似た声質を持ち味としており、声優としても十分な存在感を発揮。ジブリアニメ”耳をすませば”のにおいては、クライマックスにて気品あふれるバロン(フンベルト・フォン・ジッキンゲン)役を好演し、ジブリ作品屈指の名キャラ [続きを読む]
  • 吹替声優列伝44:夏木マリ
  • 第44回は、夏木マリ(1952-)です。独特の妖絶オーラを持ち顔出し女優の時は、その彫の深い顔立ちを活かしたどこか浮世離れした女性役、声優の時は、変幻自在の地の底から響くかのような声質で本職声優顔負けのテクニックを披露、なんといっても宮崎駿監督のアニメ”千と千尋の神隠し”湯婆婆(銭婆)役であまりに有名です。主なキャラ担当(湯婆婆以外)アニメ風を見た少年:モニカアタゴオルは猫の森:ピレアドラマ里見八 [続きを読む]
  • 吹替声優列伝43:京田尚子
  • 第43回は、京田尚子(1935-)です。アニメ、吹替えを問わずおばあさんといえば、この人の出番です。かつては海外アニメ”ポパイ”におけるオリーブ役などのヒロインを務めていたことでも有名です。主なキャラ担当(オリーブ以外)風の谷のナウシカ:大ババめぞん一刻:裕作の祖母それいけ!アンパンマン:おむすびまん(数少ない男性役)幽☆遊☆白書:幻海クレヨンしんちゃん:かすかべ書店店長妖怪ウォッチ:ナレーションおばあ [続きを読む]
  • 吹替声優列伝42:所ジョージ
  • 第42回は、所ジョージ(1955-)です。肩の力の抜けた独特の”ゆるさ”が持ち味。歌に司会にCMにとマルチに活躍しているのは周知のとおり、そして誰もが羨む(?)”趣味の達人”黒澤明監督の遺作”まあだだよ”の甘木役など俳優としても若いころから活躍しており、特に”私は貝になりたい”の主人公清水豊松役は、普段の”ゆるさ”を封印した異色作(所さんにとって)としても有名です。洋画吹替所さんの”ゆるさ”とキャラが見事 [続きを読む]
  • 吹替声優列伝41:穂積隆信
  • 第41回は、穂積隆信(1931-)です。自身の壮絶な家庭模様を記した”積木くずし”で日本中に衝撃を与えたことはあまりに有名です。俳優は元より、多数の洋画吹替えでも活躍、スイッチが入るや発動する常人より1オクターブ高い声質は常軌を逸したキャラを演じるにピッタリ(?)主なキャラ担当ドラマ男はつらいよ:さくらの夫 博の兄特徴的な声質ながら、意外とアニメでの起用が少ないようです。洋画吹替古くはイーライ・ウォラック [続きを読む]
  • 吹替ロードショー104:クール・ランニング
  • もう、雨はすっかり上がった僕の行く手を遮るものは何もない立ちはだかっていた暗雲は消え失せたこれから天気がよくなるよ輝く今日がやってくるこれから天気がよくなるよ輝く今日がやってくる・・・(・・・It's gonna be a brightbright sunshin' day.It's gonna be a brightbright sunshin' day.)第104回はクール・ランニング です。ストーリー1987年の常夏の国ジャマイカ。オリンピックメダリストを父に持ち、自らもオリンピッ [続きを読む]
  • 吹替ロードショー103:ミザリー
  • アニー「天井画で有名なところ何だっけ?ポール「システィナチャペル(礼拝堂)・・・アニー「そう・・・あれとミザリーの子ども、神々しいといえるのはこの2つだけだわ!・・・第103回はスタンド・バイ・ミーをはじめとするモダン・ホラーの巨匠、スティーヴン・キング原作サイコスリラーの傑作ミザリーです。ストーリーロマンス小説ミザリー シリーズで売れっ子作家となったポールはミザリー最終作に続く新作を書き上げた後、自 [続きを読む]
  • 吹替ロードショー102:ドランクモンキー 酔拳
  • ソウ「即ち 柔を持って、剛を制す敗北の中に勝利を得る・・・!第102回はドランクモンキー 酔拳です。ストーリー時は清朝末期。武芸の達人の誉れ高いウォン師匠(黄麒英)が運営する拳法道場では地元の若者たちが集い、日々厳しい稽古に励んでいた。ウォンの子フェイフォン(黄飛鴻)も、父の道場に通い武芸を習っているが、持ち前のいい加減さが災いし、町でケンカ騒ぎを起こしてしまい地元のヤクザ者につけ入るスキをあたえてし [続きを読む]
  • 吹替ロードショー101:エイリアン
  • 第101回は職人監督リドリー・スコットのSFホラーの傑作 エイリアンです。ストーリー任務を終え、地球への帰路を航行中の宇宙探査、貨物船ノストロモ号。発信者不明の電波信号をキャッチした船のオペレーション・コンピューター”マザー”は、リプリーら乗組員の困惑をよそに、自動判断で発信源の小惑星へと進路を修正してしまう。探査に降り立った乗組員は謎の宇宙船と、宇宙人と思われる化石を発見する。そして、さらに奥深くの空 [続きを読む]
  • 吹替声優列伝40:堀江美都子
  • 第40回は、堀江美都子(1957-)です。言わずと知れた”アニソン界の女王”として、今なお絶大な人気と影響力を持ち、歌唱曲は数百(!)に上るといわれてます。持前の澄んだ美声と、歌で培った可愛らしいイメージを投影したキャラを担当する声優としても活躍、現在のいわゆる”歌って演技もこなす”アイドル声優の原型ともいえるでしょう。キャラ担当Dr.スランプ アラレちゃん:オボッチャマン愛してナイト:三田村八重子夢戦士ウ [続きを読む]
  • 吹替声優列伝39:沢田敏子
  • 第39回は、沢田敏子(1936-)です。名作シリーズの傑作アルプスの少女 ハイジのナレーション等で、落ち着きと安心感を与える物腰柔らかな声質を確立しました。キャラ担当(ハイジ ナレーション以外)海のトリトン:トリトンの母エースをねらえ!:緑川蘭子(初代)機動戦士ガンダム:アムロの母(TV版)眠れる森の美女:マレフィセント(ブエナ・ビスタ版)シュレック シリーズ:リリアン王妃ナレーションアニメ三銃士お蘭やマレフィ [続きを読む]
  • 吹替声優列伝38:小林修
  • 第38回は、小林修(1934-2011)です。舞台の隅々まで響いたであろう力強い声量と、柔らかめのバリトンボイスで人生経験豊かなリーダー格のキャラや、包容力のある父親役を得意としていました。主なキャラ黄金バット:黄金バット宇宙戦艦ヤマト:ドメル、山南艦長ふしぎな島のフローネ:フローネの父(2代目)わたしのアンネット:アンネットの父機甲界ガリアン:アズベス、ナレーション銀河英雄伝説:オットー・フォン・ブラウンシ [続きを読む]
  • 吹替声優列伝37:雨森雅司
  • 第37回は、雨森雅司(1930-1984)です。一度聴いたら忘れられないちょっと高めのドラ声と、独特の節回しで飄々とした体格豊かなおっさんキャラを多数担当。なんといっても伝説のアニメ”天才バカボン”バカボンのパパ役(第1期、第2期)があまりに有名でしょう。主なキャラ担当(バカボンのパパ以外)リボンの騎士:ジュラルミン大公ムーミン(第1期):ヘムレンさんのらくろ(1970年):ブル連隊長ルパン三世(第1期):百地三太 [続きを読む]
  • 吹替声優列伝36:此島愛子
  • 第36回は、此島愛子(1939-)です。芯のある低めの声質で、気の強い年配女性キャラや王家の母、女性司令など厳格さ漂うキャラを得意としています。主なキャラ担当アニメ怪物くん:怪物王妃オズの魔法使い:グリンダ人魚の森:神無木佐和ナレーションポールのミラクル大作戦ゲームエルシャダイ:エゼキエルエゼキエル役での独特のイントネーションを駆使した演技は、カルト的な人気を獲得し彼女の代表キャラとなりました。「オトートノカタ [続きを読む]
  • 吹替声優列伝35:鈴木弘子
  • 第35回は、鈴木弘子(1944-)です。その落ち着いた声色で1960年代〜70年代アニメの可憐なヒロインキャラを歴任。また、キャリアを重ねてからはアニメ、吹替え問わずメインキャラの母役など物語に見事溶け込む安心感を醸し出しています。主なキャラ担当アニメサイボーグ009(TV版 第1期):003(フランソワーズ・アルヌール)ミクロイドS:アゲハ名犬ジョリィ:ナレーションチンプイ:エリのママルパン三世VS名探偵コナン:サクラ・ [続きを読む]