ミー&ヒナ さん プロフィール

  •  
ミー&ヒナさん: 仲良し夫婦DE生き物ブログ
ハンドル名ミー&ヒナ さん
ブログタイトル仲良し夫婦DE生き物ブログ
ブログURLhttp://mehina.exblog.jp/
サイト紹介文出会った生き物や自然を中心としたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/11/04 23:21

ミー&ヒナ さんのブログ記事

  • 徳島方面遠征 クロツバメシジミの春 Byヒナ
  • スギタニルリシジミを撮った後はクロツバメシジミの生息地へ。現地に着いてすぐひらひらと飛ぶ数頭のクロツを発見。今年も健在でした。この後天気が悪くなり、小雨が落ちてくるとクロツはさっぱり姿を消してしまいました。やはり天気が悪いと活動が鈍るようです。幸いすぐ晴れ間が戻り、再び姿を見せてくれました。天気予報では下り坂だったので、この晴れ間をラストチャンスと思って撮ることに。... [続きを読む]
  • 徳島方面遠征 スギタニルリシジミの吸水 Byヒナ
  • 3月の寒さの影響が残っていないか一抹の不安を抱きながら、昨日は徳島方面へ遠征してきました。まずはいつものスギタニルリシジミ。河原へ降りてみると見覚えのある人影が。そよかぜ写真館のzephyr1さんです!3年前にも同じ場所で出会ったのですが、久しぶりの再開で喜びもひとしお。この後すぐ別れましたが後で再びご一緒することに。河原には結構な数のスギタニの集団が居ました。... [続きを読む]
  • ルリタテハの吸蜜 Byヒナ
  • 昨日はニッポンヒゲナガハナバチを再度探しましたが姿は無し。プリムラヴィアリーが終わり掛かっていたので仕方がありません。また来年ですね。今回もう一つのターゲットはアオバセセリでした。少し早いかもしれませんが、そろそろ出てくる頃。昨年は結局地元で見ることが出来なかったので、今年は何とかと思っています。以前アオバをよく見かけたナツグミの木で張ることにしましたが、結局来訪は無し。... [続きを読む]
  • 山桜とホソミオツネントンボ Byヒナ
  • 先週末に撮った写真の最後はホソミオツネントンボ。オスは春バージョンですっかり青くなり交尾、産卵するペアもちらほら。山桜は散り始めていましたが背景ならまだ見られる感じ。ということで桜をバックに入れられる場所でホソミオツネンを探して、一緒に撮ることに。初めての試みでしたが、かなり楽しめました。今日は産卵ペアが多く居たので再び撮ってきました。ツーペア。思い切り寄って。明... [続きを読む]
  • プリムラヴィアリーと春のハナバチ Byヒナ
  • 2つ前の記事の続きです。プリムラヴィアリーで待っていたのはニッポンヒゲナガハナバチでしたが、残念ながら姿を見ることは出来ず。代わりという訳ではありませんが、ケブカハナバチが吸蜜に現れました。ケブカハナバチとニッポンヒゲナガハナバチは同時期に現れるので、居てもおかしくないはずです。他にハナバチが好みそうな花は近くに見当たらないので、偶々出会わなかったのかもしれません。とい... [続きを読む]
  • 祝再開 Byヒナ
  • 私の師匠、ピーミィさんのブログが再開されたので祝再開の記事です。ピーミィさんのNaturing Thailandとカオヤイさんのタイの自然と風景2 で紹介される熱帯の蝶に魅せられ、いつしか私もタイへ探蝶旅行に出掛けるようになりました。最後に行ったのは2年前で、ピーミィさん、カオヤイさん、蝶の研究家のIさんたちと夢のような3日間を過ごしました。このときの一番の思い出はハルカゼ... [続きを読む]
  • プリムラヴィアリーとアカタテハ Byヒナ
  • 週間天気予報では週末は両日雨で肩を落としていましたが、日曜は持ち直しました。ということでいつものフィールドへ。晴れ間が見え撮影日和となりましたが、なんとも暑い!Tシャツ1枚で撮影できる位と感じましたが、帰ってきて確認すると最高気温はなんと27℃。高知はいつも春から夏への移り変わりが唐突なんですよね。一番の狙いは旬のツマキチョウでしたが、居たものの一向に止まる気配なしでチャン... [続きを読む]
  • タベサナエの羽化その2 Byヒナ
  • 前回の続きです。お腹を抜いたら水平姿勢でお腹や翅を伸ばしていきます。ここからはしばらく時間がかかります。翅が半分くらい伸びた所。翅が完全に伸びた所ですが、まだお腹は伸びきっていないようです。1枚目の写真から18分経過しています。さらに19分後、翅を開く瞬間。開きました。魚眼でも。翌日まで腰痛を持ち越すほどの長丁場でしたが、羽化の一部始終を収められたので充実した1日でした... [続きを読む]
  • タベサナエの羽化その1 Byヒナ
  • エイプリルフールの日に待ちに待った昆虫シーズン開幕。何回か同様の事を書いていますが、撮影生活の中で最遅です。今日は先週から予定していた四万十遠征。天気予報では9時以降晴れ、最高気温は15℃と気温の低さが気掛かりでしたが、先週も延期しているので楽観的に状況を予測し出発。目的はタベサナエとムカシトンボの羽化です。残念ながらムカシは無理だったので、あとはなんとかタベを撮るしかない... [続きを読む]
  • 寒緋桜とメジロ Byヒナ
  • 椿寒桜と入れ替わるように見ごろになったのは寒緋桜。緋寒桜とも呼ぶらしくてややこしいです(^^;)ソメイヨシノと比べると派手な色合いと、一見桜に見えない釣鐘状の花が特徴。可憐さではソメイヨシノや椿寒桜に及びませんが、釣鐘状の花が好きな私にはドストライクです。そして今春はメジロにたくさんモデルになってもらいました。退屈せずに過ごせたのは君たちのお陰です。他の鳥たちも、もっと蜜... [続きを読む]
  • ユキワリイチゲ2017 Byヒナ
  • 今週は四万十遠征を計画していましたが天候不良で断念。今日は小雨模様でしたが、体が鈍るので午後からフィールドへ出陣しました。想像通り蝶の姿はゼロ。雨というのもありますが、気温が12℃と低すぎでした。昆虫写真を撮り始めて9年になりますが、これほど暖かくならないのは未経験です。いきなり出鼻を挫かれましたが、この後の昆虫の出現がどうなるか大変気がかりです。本題です。いつもなら3... [続きを読む]
  • トサコバイモ2017 Byヒナ
  • 先週はとても嬉しいことがありました。気分はハイテンションで撮影もと行きたいところですが、蝶たちの出現は足踏み状態。ならばということで、スプリングエフェメラルの撮影に変更です。今日の記事はトサコバイモ。釣鐘状の花弁が素敵です。マクロで。広角でも。よく見ないと踏んじゃいそうな可憐な姿で、私のベストオブ山野草の一つです〜 [続きを読む]
  • 菜の花とイシガケチョウ Byヒナ
  • 三連休だというのに少し疲れが溜まっていて、今日やっとフィールドへ。さすがにもう春生まれの蝶が舞っていると思いましたが、意外にも姿は無し。今年は少し遅れているみたいです。とはいえ、蝶を撮りたいので菜の花畑で待っていると、イシガケチョウがやってきました。この子は越冬チームですが、それでも久しぶりの花とのコラボ。構図はイマイチですが初物なので良しとしなければ。今週末はもっと色々... [続きを読む]
  • 幸せの青い鳥を探して Byヒナ
  • 東京で初めてルリビタキを見て以来、地元でもなんとか見れないかと探索。明治神宮や新宿御苑で居た場所の様子を頼りに、環境が近い所をあちこち見て回り、幾つかの場所で出会うことが出来ました。といっても東京のように、ここに行けばほぼ会えるというような安定した所はなく、また居た!と思ってもすぐ藪の中に消えてしまったりと、難度はとても高め。それでもこれまで2羽の写真を収めることが出来ました。初... [続きを読む]
  • 椿寒桜に集うメジロ Byヒナ
  • 先週末は椿寒桜が満開でした。見頃時期が長いと言われる椿寒桜ですが、今日は風が吹くと花吹雪が見れるほど。散りゆく姿も絵になるのが桜ですが、やはり少し寂しい気がしました。という訳で、今日の写真は前回記事に続いて椿寒桜に集うメジロ。花とのコラボは美しさが増すのに加えて、近づきやすいのも嬉しいポイントです。花粉症が辛い季節ですが、明日もミーと春の生き物に会ってきます〜 [続きを読む]
  • 警戒が愛らしいメジロ Byヒナ
  • メジロを撮ろうと椿寒桜の元へ向かうと、1羽がしきりに地鳴きしていました。地鳴き自体はよく聞きますが、頻繁に羽をバタバタしている姿を撮ってみると、なんとも愛らしい。頭の毛を逆立てて、羽を広げ鳴いている姿はとても健気でした。ミーはこの写真を見て応援団みたいと言ってました(笑)周りに居たメジロは全く意に介していなかったのが不思議なところです〜 [続きを読む]
  • 枝垂れ梅とジョウビタキ Byヒナ
  • 冬鳥の中で1番見られるのはジョウビタキ。ところが2月に東京出張したとき、地元のバーダーの方がジョウビタキに会えないのを残念がってるのを聞いて、関東の方ではこちらより少ないのかと思いました。確かに私が鳥見に行った場所ではオスに出会いませんでした。ジョウビタキは開けた場所が好きなので、東京はそのような場所が少ないのかもしれません。そんなジョウビタキですが、こちらではカワセミを撮りに行... [続きを読む]
  • 初春の花たち Byヒナ
  • 蝶の姿がちらほら見られるようになりましたが、山野草や樹木の花も鮮やかな色彩が目に映るように。ということで、久しぶりに花を撮ってきました。昨年までは昆虫シーズン開幕まで被写体に飢え、春の花は色々と撮ってきましたが、今シーズンは望遠レンズを買って鳥撮りに精を出したため花はほったらかし。今回旬の花を撮ったのは少しだけですが、それでも春の訪れを感じてテンションが上がりました。まずはス... [続きを読む]
  • クロセセリ 2017初見って早すぎじゃ Byヒナ
  • 今日は啓蟄。暦の上では昆虫シーズン開幕ですね。ということで、昨日今日とフィールドへ出掛けてきました。びっくりしたのは昨日。現地に着くとすぐ、黒い蝶が飛ぶのを目撃。目で追い着地点で目視すると、なんとクロセセリではありませんか!こんなに早く出るものかと驚きながら撮影。春生まれの蝶の初撮影がまさかクロセセリになるとは。暗かったのでフラッシュを炊いて。枯れ葉の上はステージと... [続きを読む]
  • 沖縄の鳥 アカアシシギ Byヒナ
  • 沖縄出張シリーズ最終回はアカアシシギです。アカアシシギは昨年に続いて2回目の出会い。昨年は一度きりの出会いでしたが、今回は現地に着いた時から帰る時までずっと見える場所に。全国的には絶滅危惧Ⅱ種に指定されていますが、この日は最も撮る機会の多い野鳥でした。くちばしの根元と足の朱色が特徴ですね。餌を探して。この子は幼鳥なのか少し小さかったです。くちばしも短いような。珍しく泳... [続きを読む]
  • 沖縄の鳥 イソヒヨドリ Byヒナ
  • 沖縄で初撮り野鳥の最後は意外にもイソヒヨドリ。イソヒヨドリは地元でも見られる野鳥で、私も何度か見ているのですが、撮るのは今回が初めて。そういえば先日はメスを撮ってオスを見たがっていました(^^;)聞きなれない綺麗な声が聞こえてきたので、声の方を向くとイソヒヨのオスが飛んできていました。ちょっと遠いなと思いつつ撮っていると、こちらに飛んできました!ピントがイマイチ来ていませんが、... [続きを読む]
  • 沖縄の鳥 チュウサギ Byヒナ
  • 沖縄の干潟での撮影も終盤、帰りのフライトタイムが近づいてきます。昨年は広い干潟の方でヘラサギを見ましたが、今回はそちらに鳥の気配が少なく、狭い方での撮影が主でした。それでも時折広い方へ偵察に。朝から数えて何度目の偵察になったのか分かりませんが、ハムスターのように行ったり来たりを繰り返し、正午過ぎに4種目の初見の鳥チュウサギに出会いました。外観の特徴はダイサギにそっくりなの... [続きを読む]
  • 沖縄の鳥 ムナグロ Byヒナ
  • 初見の鳥3種目はムナグロ。この子は地元の小学生の男の子に教えてもらいました。ムナグロの名前の由来は、顔から胸にかけて夏羽が黒いことから来ているようですが、冬羽は別種のように色彩が違います。英名の金色のチドリは冬羽を見て付けたのでしょうね。マングローブの中でおとなしくじっとしているので、至近距離で撮れました。小学生の男の子と一緒に撮影。移動したのでマングローブの中という事が... [続きを読む]