shin さん プロフィール

  •  
shinさん: 60才からの海外旅行
ハンドル名shin さん
ブログタイトル60才からの海外旅行
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/shinoka54/
サイト紹介文難病にもめげず海外旅行に行きます。60才のシニア。
自由文4年前に難病にかかりリタイア。2年前から少しましになったので、もともと好きだった海外旅行に行き始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 1日(平均70.0回/週) - 参加 2014/11/06 06:00

shin さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 40年前の記憶をアトランダムにたどる⑧
  • グリンデルワルドからスイスアルプスを乗り継いでツェルマットまで来た。この街に来てびっくりしたのは、なんと環境保護のため車の乗り入れが禁止されている事だった。40年前にである。日本ではまだ工場がたくさんあって、光化学スモッグなんて言葉があった時代だ。A君とツェルマットの駅から街中に歩いていった。街が小さい事もあるが歩いて充分まわれる。馬車が何台か置かれていたのが記憶に残っている。ここのユースに行ったら [続きを読む]
  • 40年前の記憶をアトランダムにたどる⑦
  • 翌日3人でグリンデルワルド駅からユングフラウヨッホ駅まで登山鉄道に乗っていった。ユングフラウヨッホ駅は外に出るまでの通路が氷に覆われていた。外に出たら夏にも関わらず一面の銀世界。なんと貸しスキーがあって簡単なスキー場まである。私は早速スキーとストックそれに靴を借りた。服装は普段着のまま。スキー場は初心者コースの簡単な斜面だったので、前年からスキーを始めた私でも滑る事が出来た。A君とB君がどうしてい [続きを読む]
  • 40年前の記憶をアトランダムにたどる⑥
  • チューリッヒのユースで夕方まで爆睡した。シャワー室に行き久しぶりに体を洗った。すごく背が高く真っ黒な人がいて、一言声を掛け合った。セネガルから来たそうだ。アフリカなのはわかるがどの辺にある国なのか見当もつかなかった。その後ユースのレストランに行ったら、たまたま隣に座った人が日本人で日大の2年生のA君だった。もう一人日本人がやって来て声を掛け合ったら彼は東洋大の2年生B君だった。3人でこれまで行った所 [続きを読む]
  • 40年前の記憶をアトランダムにたどる⑤
  • オランダのアムステルダムからは電車でドイツのハンブルグへ。ここは特に見るべき物もなく続いてデンマークのコペンハーゲンにやってきた。ここには以前に書いた3大ガッカリの人魚の像がある。まあ、でも結構人気で写真を撮っている人は多かった。日帰りでクロンボルクの城に行ける。シェークスピアのハムレットの舞台になった所だったがよく覚えていない。ただ海が近くにあり向こうに見えるのはスウェーデンだと言う事だった。 [続きを読む]
  • 40年前の記憶をアトランダムにたどる④
  • フランス・パリ→イギリス・ロンドンと訪問して、その後ベルギーのブリュッセルまで行き、オランダのアムステルダム行きの電車に乗った。国境はいつ越えたのか分からないくらいだった。パスポートの提示などまったくなかった。かつてオランダ、ベルギー、ルクセンブルグはベネルクス3国を形成していた。この3国はフランス、ドイツと言う大国に囲まれていたから結束していたのかもしれない。オランダのアムステルダムではユースホス [続きを読む]
  • 40年前の記憶をアトランダムにたどる③
  • 40年前、初めて乗った国際列車はパリ発ロンドン行き。詳しく言うと、パリ北駅→フランス北部の街ダンケルク(第二次世界大戦時、ドイツ軍に追い詰められたイギリス軍とフランス軍が奇跡的にイギリスに撤退した街)→フェリーでドーバー海峡を渡る→イギリス南部の街ドーバー→ロンドンビクトリア駅。夜行だった。コンパートメントには、イギリスの貴婦人(イギリスとフランスのハーフ)、チリ人の男、アメリカの女子高生2人、早稲田 [続きを読む]
  • 40年前の記憶をアトランダムにたどる②
  • 最初に着いたパリで早速驚いた事があった。それは、地下鉄の出口で切符の回収がなかった事。扉はあるのだが切符は持って出れる。毎回持って出るので、ある時入ってすぐに駅のゴミ箱に切符を捨てて地下鉄に乗り込んだ。そうしたらそんな時に限って車内で検札が……もう身振り手振りで捨てた事を表現したらわかってもらえた。追加料金も払わずに済んだ。現在もパリの地下鉄は切符の回収はない。次に行ったロンドンの地下鉄で驚いた [続きを読む]
  • 40年前の記憶をアトランダムにたどる①
  • ローマとロンドン編で40年前のことを色々思い出したので、それ以外の記憶もたどってみたい。40年前無謀にもホテルをまったく予約せず、パリ行きの航空券とTCを持って日本を飛び出した。今で言うバックパッカーやなあ。行きはスイス航空南回りの便。今は南回りなんてないよね。何しろ東京→ボンベイ(インド)→ジュネーブ(スイス)→パリ。で25時間。空港からバスでコンコルド広場に着いた。そこから目指したのが、ソルボンヌ大学 [続きを読む]
  • ロンドンの超メジャーな観光地
  • 40年前、大失敗をしてしまった。カメラを持っていったのだが、フィルムがきちんと装着していなくて、到着した時のパリと次に行ったロンドンがまったく写っていなかった。(パリは最後にまた戻ってきたので問題なかったが、ロンドンは気づいた時にいたタワーブリッジ1枚のみ。)と言うわけで、今度はロンドンの観光地をカメラに収めたい。タワーブリッジーこれほど重厚な橋を、かって見たことがない。国会議事堂ービッグベンがあま [続きを読む]
  • ハリーポッターゆかりの地(イギリス・ロンドン)
  • ハリーポッターはテレビで放映したのを3本ほど見たことがある。もちろん私のようなおじさんだと、たいして面白いとは思わないのだが、まあ話のネタに見たようなものだ。そのハリーポッターの撮影があったスタジオがロンドン郊外にあり、そのスタジオツアーが大人気だそうだ。見学はツアーのみの完全予約制。もちろんおじさん一人で参加する気などない。ロンドン市内キングス・クロス駅は、ハリーポッターがスーツケースを持って、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …