花柳 彦純香 さん プロフィール

  •  
花柳 彦純香さん: 今からはじめる日本舞踊 西宮市甲子園教室
ハンドル名花柳 彦純香 さん
ブログタイトル今からはじめる日本舞踊 西宮市甲子園教室
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/hiko-sumika/
サイト紹介文甲子園球場にもららぽーとにも程近い、大人からでもいつからでもはじめられる日本舞踊教室です。
自由文着付けから踊り終わって畳むところまで、丁寧にお教え致します。

甲子園教室 阪神甲子園駅東改札より徒歩7分。
北浜ワークショップ(月1〜2回) FLY sow seeds 京阪本線・地下鉄堺筋線 北浜駅4番出口より徒歩5分。

花柳流 専門部名取(師範)。芦屋市邦舞協会会員。

日舞以外の学びは、アレクサンダー・テクニック(身体の使い方)、メソッド演技、ベルカント唱法、ピアノ、など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 351日(平均2.0回/週) - 参加 2014/11/06 15:37

花柳 彦純香 さんのブログ記事

  • 五感を育てる
  • ゴールデン・ウィークですねいかがお過ごしですか?春の終わりと初夏の空気を満喫してらっしゃるでしょうか。日舞には、季節を織り込んだ作品が多く、一曲の中に四季が全て入っているもの、一つの季節を抜き出しているもの、どちらもあり、それぞれに魅力的です。ご自分が感じとれないものは表現しづらいので、季節によって空気の匂いが違うことをよく味わっておいてくださいましネ日舞が、お年を召してからも楽しめる趣味である… [続きを読む]
  • ピーピング・トム ②
  • さて、戴き物のチケットで伺いましたピーピング・トム「ファーザー」ダンスとしては、どう動いているかわからない動きが多くて、面白かったです。脚で回転をかけて床をゴロゴロする動きや、ブレイクダンスっぽい動きや、鞄が見えない何かに引っ張られてor風に吹き飛ばされて?、それにつられて転げ回るような動き。内容も、夢なのか現実なのか…という感じの、ストーリーもあってなきような、パッチワークな感じが面白かったです。 [続きを読む]
  • ピーピング・トム ①
  • 一ヶ月も前のお話になりますが、お仕事で行けなくなった方にお譲り頂いて、素敵にアヴァンギャルドなダンス公演に行って参りました!ピーピング・トムの「ファーザー」私、ダンス公演で歌ったり台詞があったりするものが苦手だったのですが、(受け入れられるものもあるのですが、動きだけで表現できないのは振付家の怠慢じゃないのー?と思ってしまう。イヤな客だなヲイ(笑))これは声を発する意味があるんだ!と、まずそこに感 [続きを読む]
  • 学生さんが開発に関わった…
  • カップ麺を頂きました。(ふだんは、生徒さんからの頂き物を記事にするのは、なんとなくはしたないような気がして避けておりますが??、これはおめでたい事だから良いかな〜と)生徒さんの息子さんが関わってらっしゃるプロジェクトで、京都の大学生さんたちと企業さんが一緒に商品開発を。日清食品のノンフライ麺「京都 背脂 醤油ラーメン」♪お葱がわんさか入っていて美味しゅうございました??お葱がお好きな方、オススメです [続きを読む]
  • ご見学につきまして
  • お問い合わせ頂きましたので、こちらにも載せさせて頂きます。今のところご見学は、火曜日もしくは木曜日の午前中〜三時頃のみとなります。(月によって変動あり。ご希望に沿えないこともございます。)お稽古自体は上記以外の曜日・時間もしておりますが、お稽古中を他の方に見られることに抵抗のある生徒さんもいらっしゃいますので、ご理解頂けますと幸いです。今まで、見学なしで体験レッスンから始められる生徒さんが多かった [続きを読む]
  • 試運転
  • ちょっと思い立って、少し前からお稽古時間を伸ばしてみています。着替え時間込み60分としていたところを、早めに来て着替えて頂いて、ほぼまるまる60分のお稽古に。着替え込み60分だと、個人差もありますが、大体30分〜40分ほどしか稽古時間に充てられず、ちょうど、生徒さんが良い感じにのってきてくださった時に終わり、という風で、もったいないな〜、もうちょっとさせて頂きたいな〜、と思っていたので。結果、やっぱり生徒さ [続きを読む]
  • 4月まで短期コース
  • お問い合わせがあったので、急遽、新メニューです。☆二ヶ月で一曲仕上げます。大人の初心者さん向けの曲「京の四季」。進学、就職前のこの時期に、ぜひパパッと覚えてしまいましょう一回90分 × 全10回 で、26,500円 です。入会金なし。引き止めたりもしませんので(笑)、安心していらしてください着付けがご自分でできる方は、一回60分 × 全10回で、24,500円 です。90分コースは、稽古時間内に着付けか [続きを読む]
  • 時々あります人違い
  • 師匠のお名前から一字頂くことから、兄弟弟子は結構名前が似るのですが、ごくたまに、取り違えてお問い合わせを頂くので、ここで訂正をば。私は「大学の講座を教えている先生」「華道をやっている先生」「バレエをやっていた先生」ではありませんそれは神戸の彦美鈴さんですね一応、お問い合わせにもそのようにお答えして、ホームページなどの情報をお伝えしているのですが、念のためここにも書かせて頂きます [続きを読む]
  • メールについて
  • 送って頂いたメールが受信できない事がありましたので、携帯番号をお伝えしている生徒さんは、何か連絡事項がおありの際は、ショートメールでお送り頂けましたら幸いです。新規お問い合わせの方は、お問い合わせ頂いてから2日以内に返信がない場合、頂いたメールが届いていない可能性がありますので、お手数ですが、もう一度お送り頂くか、このブログのコメント欄を非公開であけておきますので、書き込んで頂けましたら幸いです。 [続きを読む]
  • 言葉を変える
  • 例えば、何でこの動きがやりにくいんだろう?→ここが硬くなってるからだ。→どうしたらゆるめられるのかな?→ここの筋肉をゆるめたらいい。と聞くよりも、この動きをスムーズにするにはどうすればいいかな?→ここの筋肉をゆるめたらいい。とするほうが、だいぶ段階がショートカットされますよね?気づくと簡単ですし、なんなら元からショートカットバージョンの問いかけ方をしていらっしゃる方も多いかと思いますが。。。「ここ [続きを読む]
  • その体重はどこにある?
  • 重心についてのお勉強。振りによって、前の足にかかっているとき、後ろの足にかかっているとき、両足均等なとき、さまざまにあります。お稽古に慣れてきたら、お手本を見る時に、「どちらの足に重心があるか」に注目して見てみるのも面白いですよ振りを覚えやすくなりますし、身体の持っていき方も、自然と身についてきます。 [続きを読む]
  • 〈出来るあなた〉が平常運転
  • この記事の、意図が違う風に受け取られていたらいやだな、と思って捕足。「『〈出来る私〉が平常運転』と決めること」は、「やらない言い訳」が出来なくなるので、逆にシビアなんですよ「いや、出来てる私なら、もっともっと上を目指して練習してるでしょ」と、「行動することが止められない」くらいのパワーが出てきます練習の時間だったり回数だったり、はたから見ればものすごく努力しているようでも、本人はあっけらかんと「楽 [続きを読む]
  • お稽古カルテ
  • 今日からお稽古ノート、というか、カルテ的なものを作りはじめました。有難いことですが生徒さんが増えてくるにつれ、「ここは今回注意したらぐちゃぐちゃになりそうだから次回お伝えしよう」と思ったことが、いざその次回がきたときに結構記憶からすっぽ抜けていることが増えてきたので新たに出てきた「ここ直したい!!」って箇所のほうにばかり気が行ってしまったり…直しを入れたい箇所は、生徒さんが踊れるようになればなるだ [続きを読む]
  • 気遣い
  • 自分自身が、人様からして頂いた気遣いは、必要のないものでも断れないタイプなもので、自分が人様に何かしらする場合でも、ありがた迷惑になってやしないか、すごくすごく気をつけます。必要ない場合に断り易いような声掛けをするとか、諸々工夫はしております。なので「今は良いです」とか「お菓子だけ頂きます」とか言われると、逆にホッとしたり。ああ、私は相手に無理をさせていないのね!と嬉しくなるというか。↑先日の下合 [続きを読む]
  • むらさきいろ万能説
  • 自分のパーソナルカラー(春)などをかんがみると、黄色や黄緑、橙、朱赤あたりが万能そうなのですが、こと「和服の羽織もの」に限っては、紫色が意外と合わせやすかったです。それは中に着る着物自体が、お下がりや頂き物も多く、色のシーズンがバラバラだから、というのも理由の一つかとは思いますが、わりとどんなシーズンのカラーと合わせても、なんとかなってくれる紫の道行きコート。パーソナルカラーのチャートでいうと冬カ [続きを読む]
  • 無事終演しました
  • 「芦屋市 日本舞踊を楽しむ会」無事終演致しました。ご来場頂きました皆様、誠に有難うございました。スタッフの皆様、ご出演の皆様、素敵な舞台を有難うございました。今年は例年より多くの客席がうまっており、最初から最後までご覧くださった方も結構いらっしゃったり、また、お知り合いだけでなく、特に日舞と関わっていらっしゃるわけではない方々も足をお運びくださった事は、個人的にも嬉しいことでした。よく「知られてこ [続きを読む]
  • 先日の補足
  • 先日のこの記事への補足で、例えば履歴書などに書きたいのであれば、名取試験を受けるのが良いとは思います。日舞の世界の内側から見れば、「やっとスタートラインに立てたね」くらいの位置ですが、対外的には「特技」と言い切ることはできるかな、と。ただ、やっぱり「最短でも三年以上、滞りない稽古を続けてこそ」のことなので。。。もしも他にやりたいことがあって、それをすることを有利にするため…アドバンテージを得るため [続きを読む]
  • 明日は芦屋ルナホール☆
  • 芦屋市邦舞協会主催 「日本舞踊を楽しむ会」いよいよです☆今日は下合わせ。私はお手伝いもっと、痒いところに手が届くような、スマートな気の遣い方ができるようになりたいなと思います。今はまだ、タイミングを読むのが難しい。。。日々勉強ですね袖から、他の流派さんの娘道成寺を拝見して、師範試験の事を思い出したり。こんな難しい曲を踊ってたのか!!!こんな素敵な曲を踊ってたのか!!!と、感慨深く、なんだかウル [続きを読む]
  • 2016/11/11
  • 昨日はお若い方々が体験レッスンに見えました。自分がそのくらいの年の時って、大人が大ッッッ嫌いだった時期なので、すっごいドキドキしながらお稽古させて頂きました過去の私が、偉そうな、決めつける大人が嫌いだったので、そうならない様に、と頑張ってみましたが、今回いらした方々は逆に、はっきり決めてほしかったのかも、と、終わったあとに思いました。「何年習えば一人前に日舞を特技だと言えるのか?」私がその時お答え [続きを読む]
  • ようやく衣替えσ(^_^;)
  • 私は今日から着物です衣替えの時期はとっくに過ぎてますがお稽古中は暑いんだもの。しょーがないさ嗚呼、着崩れている。。。えりもと。。。最近はめったに新しい物を買うことがないので、(ありがたいことに、頂き物と祖母や母のお下がりでこと足りるので)呉服屋さんより悉皆屋(しっかいや。着物のクリーニングや仕立て直しなどを請け負ってくださるお店)さんのほうによくお世話になるこの頃ですが、今度ららぽーと甲子園に新し [続きを読む]
  • たまには音量をかえて
  • 昨日のいじわるなダンスの楽しみ方を、自分の練習にも活用します。映像を見ている時に、音を消すと〈動きそのもの〉や〈その時の演者の感情〉だけが直で響いてくるというのを使って、動きや感情の持っていき方に迷いがある時は、ボリュームを許されるギリギリまで大きくします。「音に踊らせてもらう」感じです。動きの精度を上げたい時は、聴こえるギリギリまで音量を下げます。なんなら自分の呼吸や着物の擦れる音のほうが大きい [続きを読む]
  • いじわるな楽しみ方
  • ほほほ。ちょっくらイヂワルな気分なので、日舞に限らず、ダンス系の映像の、めっちゃくちゃ底意地の悪い楽しみ方を教えてしんぜようDVDでもYouTubeでもいいですけども、何か映像を用意して、音楽を消して見てみてください。踊りのアラしか見えなくなります。ちょっとしたグラつき、力んで固めて動かしてしまっている箇所、呼吸の乱れ、姿勢の歪み、エトセトラ、エトセトラ…内面の表現も、「心が動いたからそうなっている」のか、 [続きを読む]
  • 「一日一記事一ヶ月チャレンジ」終了☆
  • 10月2日に始めたので、今日で終了です長かった…無理くりネタを引き出してきたので、もう脳みそスッカスカですわ。。。後半、もっと所作(しょさ)や立ち居振る舞いの記事を用意していたのですが、写真を撮る余裕がなく…そのうちひっそり載っけますアウトプットがひと段落したので、またインプットの日々です。ポエム?のような雑文から、少々ゲスい、立ち居振る舞いの印象アップ術、まだまだ勉強中・研究途中の日舞関連の記事 [続きを読む]