さつき さん プロフィール

  •  
さつきさん: 五つ星をさがして
ハンドル名さつき さん
ブログタイトル五つ星をさがして
ブログURLhttp://sorairokandume.hatenablog.com/
サイト紹介文雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。
自由文小説を雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。たくさんみつかるといいな〜♪おすすめの漫画や映画もちょこっと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/11/06 18:45

さつき さんのブログ記事

  • 井上荒野「ベッドの下のNADA」ちょっとトラウマぎみの過去の思い出たち
  • ベッドの下のNADA井上 荒野 by G-Tools内容(「BOOK」データベースより) あなたは、夫(あるいは妻)の子供時代をしっていますか?夜の沈黙、昼の饒舌―追憶と現在。愛情と嘘。今日も“coffee NADA”には常連客が集まってくる。*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  夫婦の子供時代〜過去の思い出話(ほろ苦いものや、ちょっとトラウマぎみのもの)と、現在の日常とが交互に描かれる。現実では、子供も [続きを読む]
  • 福澤徹三「死小説」見たらやっぱり信じちゃうだろうなあ。
  • 死小説福澤 徹三 by G-Tools内容(「MARC」データベースより) ひとは、いつか死ぬ。それをはじめて知ったのは、いつのことだろう…。死と死のはざまの「私」へ放つ、「憎悪の転生」「屍の宿」など5編を収録。『小説新潮』掲載を単行本化。*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  死にまつわる短編「憎悪の転生」「屍の宿」「黒い子供」「夜伽」「降神」の5編。「黒い子供」がすごく怖かった。「屍の宿 [続きを読む]
  • 桂美人「ロスト・チャイルド」荒唐無稽・漫画っぽい
  • ロスト・チャイルド桂 美人 by G-Tools内容紹介 東京都監察医務院が突然、武装グループに襲撃された。人質となった女性助教授・神ヒカルは、遺伝子医療を巡る謀略戦に巻き込まれていく・・・。生命の根源を描いたエンタメ小説、ここに誕生!!*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  27回横溝正史ミステリー大賞。  選評で、北村薫が誤字に魅入ってしまうくらいの疾走感が素晴らしいみたいなこと書いて [続きを読む]
  • 唯野未歩子「走る家」男のための家にはなりたくはないな、失礼しちゃう
  • 走る家唯野 未歩子 by G-Tools内容(「BOOK」データベースより) それなら結婚してよ。柳沢晴子は、いつものように玄関で靴紐をといていた須賀くんへ、どういうわけか求婚してしまっていた。夜のしずけさがちいさく裂けるほどのボリュウムで、いつのまにか挨拶がわりに、そう吐き捨てていた(「走る家」より)。男は旅人で、女は家である。大恋愛ではなく、奇妙でもない、淡くて深い“恋”を描いた恋愛小説集。女優、映画監督とし [続きを読む]
  • 桐野夏生「魂萌え!」死んだ夫の愛人と修羅場
  • 魂萌え!〔上〕 (新潮文庫)桐野 夏生 by G-Tools内容(「BOOK」データベースより) 夫の愛人と修羅場を演じるなんて、これが自分の人生なのか。こんなにも荒々しい女が自分なのか。カプセルホテルへのプチ家出も、「あなたをもっと知りたい」と囁く男との逢瀬も、敏子の戸惑いを消しはしない。人はいくら歳を重ねても、一人で驚きと悩みに向き合うのだ。「老い方」に答えなんて、ない。やっぱり、とことん行くしかない!定年 [続きを読む]
  • 山本弘「審判の日」宇宙の寿命はわずか17日間
  • 審判の日山本 弘 影山 徹 by G-Tools内容(「MARC」データベースより) 多数の人々、そして、動植物が突如周囲から消滅した。生き残った高校生の亜矢子は、少年・悟と共に奇妙な共同生活をはじめる…。表題作「審判の日」ほか4篇を収録。異形の現実が立ち上がる、5つの物語。*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*斬新な短編集。「闇が落ちる前に、もう一度」の宇宙の仕組みが今まで見たことも聞いたこと [続きを読む]
  • 荻原浩「さよならそしてこんにちは」直木賞の60歳
  • さよなら、そしてこんにちは荻原 浩 by G-Tools内容(「BOOK」データベースより) 世のため、人のため、そして家族のため、働き者の悲哀を描く、著者独壇場の傑作集。*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  日常の喜び悲しみが7編の短編にちりばめられてます。「千年樹」のような重厚なお話を期待していたので、ちょっと肩透かし。短編だからというわけでもなく、こういった軽い感じのスタイルのほう [続きを読む]
  • 山本幸久「シングルベル」ざぶとんひとーつ
  • シングルベル山本 幸久 by G-Tools容紹介 典型的な草食系男子で結婚興味なしの陽一は、父の策略で3人の女性と見合いをする羽目になる。外資系バリバリ管理職、バンド大好きOL、元人気モデルの中から彼が選んだ女性とは? ドラマでも話題の婚活世代に送るコメディタッチの恋愛小説。*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  これってコメディーだったのか。キャラはたっていたのだけれど、(わき役に至るま [続きを読む]
  • 有栖川有栖「妃は船を沈める」有名な猿の手
  • 妃は船を沈める有栖川 有栖 by G-Tools内容(「BOOK」データベースより) 所有者の願い事を3つだけ、かなえてくれる「猿の手」。“妃”と綽名される女と、彼女のまわりに集う男たち。危うく震える不穏な揺り篭に抱かれて、彼らの船はどこへ向かうのだろう。―何を願って眠るのだろう。臨床犯罪学者・火村英生が挑む、倫理と論理が奇妙にねじれた難事件。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  「猿の [続きを読む]