sixi(スーシー) さん プロフィール

  •  
sixi(スーシー)さん: 日中合作の「生き生き中国語会話」
ハンドル名sixi(スーシー) さん
ブログタイトル日中合作の「生き生き中国語会話」
ブログURLhttp://ameblo.jp/sixi3/
サイト紹介文HSK5級の老SIXI(スーシー)と漢和学館の代表・石丸洋老師が日中合作で取り組む生きた中国語会話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/11/07 16:41

sixi(スーシー) さんのブログ記事

  • 新しい「合作」をめざして こちらも「開花」します。
  • 東京で、早くも桜の開花が伝えられました。 久しぶりに孫老師から連絡があり、「中断してしまっている、このブログをどう継続するか」について、話し合うことになりました。 たぶん、形を変えて、続けていくことになると思いますが、楽しみにしていてください。                                        sixi [続きを読む]
  • 「中国語365日」 09 この目で見た「PM2.5」(下) 
  •  *後光のように日の光が差し込んできた=北京市内で ・ビルの間から太陽。「ああ、これが本来の姿なんだ!」 北京で宿泊したホテルは地下鉄機場線「三元橋駅」から歩いて5分以内の場所にあり、アクセスは抜群です。 それに、ロビー横にはローソンも出店していて、朝食もそこで買って済ませそうなので、助かりました。 チェックインした後は、北京で急増しているショッピングセンターを見学することにしまし [続きを読む]
  • 「中国語365日」 07 この目で見た「PM2.5」(上)
  • *モヤにかすむ北京空港。さっそくマスクを装着する人も ・「こうした天候が連日続くのは、たまらないだろうな」 「どうしても、この時期に行くの? 絶対、マスクをして行ってね。保険は掛けた?」――昨年12月13日からの中国出張にあたって、家人からの言葉は想像を超えるものでした。 年明けになっても中国のニュースとなると、定番で報道されるようになったPM2.5に関する関心の高さからの発言でした。 「 [続きを読む]
  • 「中国語365日」 06 通じないときは、通じない
  • *運悪く、電子辞書はホテルに置いてきていました ・「普段着の中国語」を紹介できればと… 言葉というのは、いったん双方が回路を違えてしまうと、とんでもないぐらい通じないものなんですね。 今回はsixiが、「?泉=pēn quán」という中国語を知らなかったから起きたものでした。 なまじ、漢字でわかるから「噴水」が中国語では「水が噴き出る」の意味にとらえられたのでしょう。「噴水池」と言ったのだ [続きを読む]
  • 「中国語365日」 05 水が噴き出したと誤解された!
  •   *宇治茶の宣伝に、おかしな「日本語」が使われている=北京市内で ・「工具が要るのですか?」と聞かれたのも、ムリはない 「約束の噴水広場はどこ?」と絵まで書いて聞いているのに、係りの女性は「…、??」の連続。 困り果てた彼女は、日本語が話せる男性のスタッフに内線電話を取り次いでくれました。電話の主は「私の日本語は、あまりうまくありませんが…」と切り出しました。 sixiは、明日、10 [続きを読む]
  • 「中国語365日」 04 「噴水」の発音がわからなくて…
  • *写真はイオンモール北京豊台の壁面サイン ・「フンスイ、フォンシュイ」と叫ぶsixi 輪タクに乗ったsixi。目指すは「梦?城=mèng lè chéng(モール)」。漢字で書けば、間違いなくお城です。 だだっ広い道を右折し、大きな交差点を左折すると、霧の中にぼんやりと「お城」の姿が浮かんできました。 「到了!=dào le!(着いたよ!)」御者の古老が叫びました。壁に「A2 AEON」という表示があるので、 [続きを読む]
  • 「中国語365日」 02 「永旺」が発音できず…
  • *写真は「イオンモール北京豊台」のフロアガイド ・「イオン、イーオンという、ショッピングセンターですよ…」 ホテルのフロントに「手?=shǒu zhǐ(トイレットペーパー」と「手机=shǒu jī(携帯電話)」を聞き違えられたsixi。きょうもまた、失敗談です。 去年9月に開業したばかりのイオンのショッピングセンターの取材に、12月半ばに行ったときの話です。始めて行く場所なんで、土地が不案内。 4年 [続きを読む]
  • 348 現地ルポ「游学上海」 129 旅の速さは100倍違い
  • ・旅の終わりは「431?」。あっという間でした。 一度、更新がとどこおると、見事にストップ。ブログ継続の難しさを痛感いたしました。 で、本題の「現地ルポ『游学上海』」に、戻りますね。 ホテルで、身支度を整えた後、南京路に出て献血車を見掛けた話までで、話が止まっていたの。 若い人の血がほしいのに、現実はそうはいかないという話でした。旅行中のsixiが気に病んだところで、どうしようもないので [続きを読む]
  • 347 現地ルポ「游学上海」 128 「愛の献血」どこも、困っています!
  • ・若者よ、どうか献血に行ってください。 デパートの「紅いベッド」に「びっくりポン」した我々は、書籍売り場などを見た後、そのデパートを後にしました。 外に出ると、さっきよりも 増した「人山人海」。自分もそのうちの一人なのに、どこからこんな人がわいてくるんでしょうね。不思議でなりません。 ホテルに戻り帰り支度をして、南京路に出ると、1台のバスが停まっていました。そう、日本でも街頭でよく見か [続きを読む]
  • 346 現地ルポ「游学上海」 127  「紅いベッド」に、びっくりポン!
  •  ・百貨店は絶好の「生活環境観察の場」です。 「泰康食品」の小龍包子を食べ終わったところで、またまた更新がストップしていましたが、再開です。 外に出ると、相変わらずの人出。休日だからというわけでもなく、南京路は、年から年中、ホリデーなんでしょうね。 まだ、ホテルに帰るには時間があるので、同行の女性2人と近くの百貨店に入りました。そこは、かつては流行っていたけど、今はさびれた店舗の一 [続きを読む]
  • 345 現地ルポ「游学上海」 126  「早く、食べて、食べて」と包子たち
  • ・うまい、うまい、どれもうまい! 「泰康食品」の2楼(lóu=階)にあるレストランは、ほとんど満席でした。でも、入り口に近い席が空いていたので、そこに座りました。 メニューを見ながら、そして周りの人が何を注文して食べているかを横目で見ながら、注文しました。 1人ずつ違うものを頼めば、いろんな味が楽しめるので、有名な点心や小龍包子、それに麺類も頼みました。 蟹肉入りの小龍包子はセイロの [続きを読む]
  • 344 現地ルポ「游学上海」 125  「和気あいあい」で作る様子
  •  ・ガラス越しに、楽しい様子が伝わって来た! 「泰康食品」の2楼(lóu=階)の階段をトントントンと。この「楼」という漢字には、木でできた階段のイメージがあっていいですね。 で、踊り場の先にはガラス越しに、小龍包などを作っている様子が見えました。それが、今でも思い出すのですが、みんな実に楽しそうに働いているのです。 同行の2人の女性も、思わず顔を見合わせて、ほほえんだほど。手は練った [続きを読む]
  • 343 現地ルポ「游学上海」 124  最後の昼食、レストランへ…
  • ・東京・銀座のど真ん中にある食料品店の2階風 (またまた言い訳です。今度は12月中旬からの中国出張の準備と、それまでにこなさないといけない原稿書きに終始。ようやく、本日から再開です) さて、前回の続きはDVD店を探しているのに、カバン屋に連れて行かれた話でしたが、これは断り、ホテルに戻るまでの話でしたね。 その間、思い出してみると、ホテルに戻るまでに、最後の昼食に行っていました。それが写真 [続きを読む]
  • 342 現地ルポ「游学上海」 123  「カバンは要りませんか?」だって
  • 342 現地ルポ「游学上海」 123  「カバンは要りませんか?」だって ・「このカバン、はやってるよ」とか何とか。「不要!」 (いきなり言い訳ですが、「多忙を極める」という慣用句のような何日かが続いて、ブログの更新が出来ていませんでした。済みませんでした。本日から、再開です) さて、前回の続きです。DVD店を探しているのに、携帯出店(でみせ)の女性は姉(妹だったかな?)と名乗る女性を呼び、「近 [続きを読む]
  • 341 現地ルポ「游学上海」 121  SIMカード販売員に?
  • ・我々が探しているのはDVDなのに… 「DVDを売っている店を知りませんか?」ということで、道行く人に聞いて回りました。が、容易に見つかりません。 このまま「時間切れか」と思ったとき、「大光明商務中心」という小さなビルの軒先にある出店(でみせ)に目がとまりました。 真っ赤なTシャツを着た人のよさそうな中年女性が、ポリポリ何かをかじりながら、店番をしています。 「ちょっとお伺いしますが、こ [続きを読む]
  • 340 現地ルポ「游学上海」 121 「DVD店」やーい!
  • ・お目当てのところは、見つかったのでしょうか? 日本へ絵葉書を出した後、いったんホテルに戻って帰り支度をした後、すでに時計の針は11時を回っていました。 このまま、ベッドでウトウトとしていても、もったいない! だったら、動かにゃソンソンと、女性メンバー2人と再び街に繰り出した四喜。 残された、共通のミッションは「DVD店」を探すことでした。上海一の書店では、はやりのDVDは全然なくて、不発のま [続きを読む]
  • 339 現地ルポ「游学上海」 120 絵葉書を書いて郵便局へ(下)
  • ・絵葉書の切手代は5元、それとも4元50銭? 絵葉書の切手を買うために「黄浦?政支局=huáng pǔ yóu zhèng zhī jú」の窓口の女性に10元札を差し出した四喜。 実は、メンバーの女性から1枚余った5元切手を受け取っていましたから、買うのは1枚です。 「1枚5元」だから、お釣りは5元のはずですが、5.5元を受け取りました。ということは、切手1枚、4.5元。4元50銭なんですね。 「あれっ?」とは思いました [続きを読む]
  • 338 現地ルポ「游学上海」 119 絵葉書を書いて郵便局へ(中)
  •  ・「日本行き、切手、いくら?」片言の外人口調で話しかけました。 ホテルを出てすぐの南京東路を北に渡り、少し左に曲がる道路を直進すると、コンビニがありました。 観光客でにぎわうところから1分もたたないのに、もうそこは「普段の上海」が満ちあふれていました。 「?局在哪儿?=yóu jú zài nǎ r?(郵便局はどこですか?)」――9割方分っていても、ここは語学研修旅行、地元の人にしっかり聞かな [続きを読む]
  • 337 現地ルポ「游学上海」 118 絵葉書を書いて郵便局へ(上)
  • ・「不着のトラウマ」があるから、フロントには頼まず。 残念ながら上海一の書店「上海?城=shàng hǎi shū chéng」では、現代ものの連続TVドラマのDVDは見当たりませんでした。 書店には1時間ほどいて、自由解散。帰りの飛行機は18:25浦東空港発ですから、逆算すると15:00ごろにはホテルを出発する必要があります。 残された4〜5時間で何をするか、ちょっと考えてみなくてはなりません。みんなに聞いてみると [続きを読む]