JJJ さん プロフィール

  •  
JJJさん: 土佐の高知の今昔・夜景・面白情報
ハンドル名JJJ さん
ブログタイトル土佐の高知の今昔・夜景・面白情報
ブログURLhttp://jjj1001.blog39.fc2.com/
サイト紹介文土佐の高知の今昔・夜景・面白情報
自由文土佐の高知の今昔・夜景・面白情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供272回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2014/11/07 21:18

JJJ さんのブログ記事

  • 鏡川河口の丸山台が大潮で陸続きになった。
  • 一年に何度か潮江の新田町堤防から完全に陸続きになる丸山台に歩きで3度目の上陸!左が丸山台 中央は弘化台 右は五台山 場所により貝殻の空が多い。2017年5月27日午後1時過ぎマイナス12cm歩いて上陸は3度船で上陸は小学生の時から言うと多分10回以上で公園になる前は鳥の糞だらけじゃったです。天神橋付近からボートで上陸、 帰りに潮が引いてボートで帰れんなったことも思い出!↓接岸用の桟橋↓新田の堤防から見て!↓普段 [続きを読む]
  • 高知市戦後復興史4
  • 高知市大橋通り公設市場昭和25年 65歳以上には懐かしい写真。↓堀詰たこ八はその当時有名な にぎり寿司や  あちこちで道路工事が多かった。↓戦後一部の議員の反対を押し切り36m道路に拡張中の県庁前附近。親サイト高知の面白いページ [続きを読む]
  • 石田英吉はすごい経歴の持ち主、、
  • 維新後4県の知事を歴任した石田英吉とは(安田まちなみ交流館・和)にて!勤皇志士石田英吉(伊吹周吉)は安芸郡安田町出身で、天訴組や、長軍に属して禁門の変、幕府の長州征伐に戦い、征東軍々監として各地に伝戦したが、幸にも生を全くし、維新後は長崎、秋田、千葉高知の諸県知事、農商務次官、貴族院議員に歴任し男爵となった。土佐史談121号 石田英吉 安岡大麓著より詳しくは安田まちなみ交流館和HPにて安田まちなみ交流館和 [続きを読む]
  • 別府峡の奥にある残念な滝、、
  • 水も綺麗で落差も高いがゴーロの釜の滝口はコンクリートで無粋な形!!白髪山から流れてくる綺麗な水は文字通りゴロゴロした岩石の河原から流れ落ちる、それを止める為の砂防ダムらしいが滝口の直線のコンクリートの姿は無粋極まりない、殆どの人はこの場所に行けん場所だが滝口附近をなんとかして 遊歩道を作ったら別府峡の目玉のスポットになるかも知れん。それぞれの場所には普通の装備では行けず,約10数年前の地図の為 姿が [続きを読む]
  • もうひとつ高知城国宝化運動が始まっちょります。
  • 龍馬同盟と言うな名の下 高知城国宝への動き、残る現存天守7城と手を結ぶ運動です、、、高知市万々の北部環状線沿いに、この龍馬同盟は以前高知城西曲輪 北曲輪の跡地にマンションが建つ計画が持ち上がった時 千葉さん他女性を中心に運動をし高知県に何年も運動をして両方の土地を買い上げらせたと言うすごい実績があります。高知城(西堀地区)(北曲輪地区)の史跡跡を紹介した去年4月のブログ自分もこちらの運動に参加させて [続きを読む]
  • 大雨後の大豊町塩降りの滝と普段の塩降りの滝、、
  • 大豊町の塩降りの滝は大雨の後は すごい滝になり3ケ所以上から落ちる、、、10mmの広角レンズで撮った↓普段の塩降りの滝   普通のレンズで撮った為 右側しか映って無い。ここに行くにはタイヤが尖った小石でバーストする覚悟で車で行くか1時間ほどの山歩きで行く ただ普段は迫力が無い。↓大雨の後詳しく 撮った動画  親サイト高知の面白いページ [続きを読む]
  • 最初 文武館として吉田東洋が命名した致道館正門、、
  • 江戸時代建てられ戦後高知刑務所正門として使用されるも致道館正門として残った。。(慶応4年)1月3日、鳥羽・伏見の戦いが勃発する。同1月6日、谷干城が土佐に到着し、京都において武力討幕戦が開始されたことを乾退助に報告した。これを受けて、「薩土討幕の密約」を守るべく、同1月6日土佐において、土佐藩の勤皇の志を持った武力討幕部隊として下士や郷士を主とした軽格によって編成された迅衝隊が結成された。(以上ウィキペデァ) [続きを読む]
  • 昭和50年まであった街中の高知刑務所、、
  • 高知刑務所は現在の城西公園に戦後建てられ昭和50年まであった、、、昭和51年現在の布師田に移転 画像は(戦後復興史) 高知市発行より昭和50年朝6時頃通りかかり正門前に黒服が道の両側に整列し今まさに出てくる時、肝を冷やしながら通りかかったがですが後で聞くと山口組№2の出所で全国から親分集が集まったまさにその時じゃったです。親サイト高知の面白いページ [続きを読む]
  • 第16代高知県知事は浦戸湾で毎日釣り三昧!
  • 第16代知事は水力発電を計画しその結果高知県は四国一の工業県になった。甫喜ヶ峰疎水でも、いわゆる北山からの落差は相当なもので、水力発電には最適であった。当時の一六代宗像政知事はいち早くこれに着目し、四年足らずの任期中に疎水水利権の買収と県営水力発電所の建設を企画し、明治四二年(一九○九)一月、県営平山発電所が完成、二○○○馬力の電力供給を開始した。当時、県営の水力発電所建設は全国でも画期的なもので、 [続きを読む]