フェティッシュ さん プロフィール

  •  
フェティッシュさん: バリ島フェティッシュ
ハンドル名フェティッシュ さん
ブログタイトルバリ島フェティッシュ
ブログURLhttp://balifetish.blog.fc2.com/
サイト紹介文バリ島の旬な女性のフェティッシュな写真をご覧ください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/11/09 01:22

フェティッシュ さんのブログ記事

  • 110 バリ島サヌールの置屋アテンドその6
  • いろんなことが見えてきた今回のアテンド。Iさんが出会い系でも活躍されていることを知り、そのあたりの調査も同時進行させてみました。Tinderは2年ほど前に使ったことがありましたが、いまいちぱっとしなかったこともあり、今回はBee Talkにしてみました。で、とりあえず近場の女性と出会おうと、数名に友達申請をしただけでいきなりメッセージのやり取りが始まりました。スクリーンショットが使えなかったので、汚い画像になって [続きを読む]
  • 110 バリ島サヌールの置屋アテンドその5
  • 普通のマッサージ店で抜くことの難しさを改めて思い知ったフェティッシュ。これは今後の重要な課題のひとつですが、そうです、そうなんです、簡単なんです。最初から抜きありのマッサージ店を選べば良いだけの話なんです。ということで場所を移動します。クタからサンセットロードに抜ける道の途中に、主に在住日本人をターゲットにした日本食を取り扱うスーパーマーケット、パパイヤ・スーパーマーケットがあるのですが、その隣に [続きを読む]
  • 110 バリ島サヌールの置屋アテンドその4
  • マッサージ店でお気軽に抜くには、それにきちんと対応してくれるお店を選ばなければなりません。バリ島の街角にあるマッサージ店のほとんどがヌキ無しのまっとうなバリニーズマッサージ店です。そんな店でもお誘いがあると聞いて、いても勃ってもいられません。早速そのIさんから聞いたマッサージ店に潜入です。店の前で手を握ってきたのが、カリマンタン島出身にみえるファンキーなかなり若い施術師。ジャワ島のバニュワギ出身だ [続きを読む]
  • 110 バリ島サヌールの置屋アテンドその3
  • サヌールの置屋29XでIさんの昇天を待つ間に、いつもの頼りにならないタクシードライバーから連絡が入る。21時にスカイガーデンに迎えに来てもらう予定だったがすっぽかされてしまったのだ。本当にまるで役に立たない男だ。とりあえずサヌールまで迎えに来てもらい、ホテルまで送ってもらうことにする。送迎代は10万ルピア。途中車で移動する派遣型デリバリー置屋と落ち合うことになり、サンセットロードのとあるクローズしたホテ [続きを読む]
  • 110 バリ島サヌールの置屋アテンドその2
  • サヌールの主な置屋を散策したフェティッシュとIさん。といっても4軒だけですが、このあたりさえ押さえておけば間違いのないところ。途中道端でバイクのオヤジに「若い子イルヨ1○才!」といわれてちょっと心が動かされるも、「どこよ?」と聞いたら66Xとの事。居ないだろあそこにそんな若い子は。と紆余曲折がありましたが、夜も更けてきてそれほど時間がないということもあり、Iさんが下した決断は、、、最初に見た置屋29Xの23 [続きを読む]
  • 110 バリ島サヌールの置屋アテンドその1
  • ブログのコメント欄にアテンドのご依頼が来ましたので恐縮ながら協力させていただきました。バリ島が初めてということで、不安を取り除いてあげなければならないフェティッシュですが、大渋滞に巻き込まれて待ち合わせに12分ほどの遅刻をしてしまい、逆に不安を煽ってしまう結果となってしまいました。誠に申し訳ございませんでした。バリ島の繁華街、クタのクラブ、スカイガーデンの前で待ち合わせです。ここの最上階は抜群のコ [続きを読む]
  • 109 アテンド前の夜回りで再会(再びやや観覧注意)
  • 初バリの方にアテンドの依頼をいただいて独り盛り上がっているフェティッシュです。万全の体制で風俗をご案内するに当たり、下見が必要だなと感じて、ローカル置屋で調査をしてきました。日曜の早い時間(午後8時)ということもあり、いつにも増して低レベルなローカル置屋街。深夜の時間帯にならなければ盛り上がらないスタイル。こじるり系の尾根遺産を1人を見つけるも、その店はオキニがいるという事もあって、バッティングの危 [続きを読む]
  • 108 ヌサドゥアで嬢を探す/ヌサドゥアクエスト
  • 高級リゾートホテルが立ち並ぶバリ島のヌサドゥア。物価の安いバリ島に来たからには、一ランク上のホテルを選びたいもの。無駄に広くて落ち着かないという意見もありますが、日本では味わえない豪華なホテルでの非日常的な開放感もたまには必要ですね。気の利いたツアーの宿泊先の選択肢の一つにされていることもあり、家族やカップルで泊まるホテルは安全なヌサドゥアエリアを選ぶのが賢明です。ヌサドゥアは、完全に一般社会とは [続きを読む]
  • 107 嬢をホテルで頼む
  • 初めてのバリ島で女遊びをしたいという方のために、いくつか裏技をご紹介したいと思います。第一回の今回は、ホテルで頼むということについて解説させていただきます。ホテルのスタッフに嬢を調達してもらうという方法になるわけですが、比較的ゆるゆるな規則がまかり通っているバリ島のホテルへの連れ込みはそれほど難しくはないのですが、そうはいっても一応ルールを守った行動が望まれますね。観光客のみなさんが泊まるような一 [続きを読む]
  • 105 バリ島の手コキのレベル
  • エロに関しては人それぞれ異なった嗜好をお持ちでしょうが、管理人のフェティッシュは、ジキジキの際に、F(口淫)が無くてもそれほどダメージはないのですが、優しく生で手コキ(手淫)してくれないと、イジケルタイプです。何よりも、愛に溢れるロングストロークでの上下運動に飢えているのです。ということで、今回バリ島のローカル置屋の手コキのレベルについて、今までの経験の中からある程度推測して発表したいと思います。 [続きを読む]
  • 106 バリ島で顔出しはできるのか?
  • インドネシアではインターネットで無修正のエロ動画を見ることが出来ないのですが、たまにまだプロバイダーにエロと認識されていないサイトをかろうじて見ることが出来ます。ただ、見られると思って喜んでいると、そのうちにそのサイトに接続ができなくなるので、その前に早急に手を打たなければなりません。出来るだけ迅速にそのエロ動画をダウンロードすることになります。本気で徹夜することもあるほど重要な任務なわけです。主 [続きを読む]
  • 104 チアリーダーとの1戦
  • 甲子園では熱戦が繰り広げられていますね。ひたむきな球児たちの姿には感動すら覚えますが、フェティッシュの出身の地域の代表校の名前を見つけるたびに、そこに通うJKとの出来事を思い出すので綴っておきたいと思います。JKとのまぐわいについてはほぼいけない事ということになってしますが、もう20年以上前の出来事なので時効が成立しているということでお許しください。写真は、フリーで頑張るインドネシア人の尾根遺産。18 [続きを読む]
  • 103 何度か使ったビューティサロン置屋
  • バリ島では、旅行関係に従事する人々は、何かしらコミッションを手に入れようと声を掛けてきます。マリンスポーツのスタッフなんかは、若い女性客に電話番号を教えたりして、後日コンタクトを取ろうと必死です。こういった行為はショップ的にはNGではありますが、ばれないと思っているアホなローカルが多いので、バレてクビになる奴が絶えません。そんなローカルと親しくなると、素人の若い女性を斡旋してくれますが、結構昔の話で [続きを読む]
  • 102 数回使ったキャバクラ置屋プランギバリ
  • もうだいぶ前に閉店しているお店を思い出しながら紹介します。空港から車で5分ほどの場所にあり、日本へ一時帰国する前の僅かな時間に利用することもあった便利な置屋。夕方8時頃オープンするキャバクラスタイルのお店で、店に入り、お酒を楽しむもよし、指名してやり部屋でするもよしと、気軽に嬢とまぐわえる便利なお店でした。店に入ると、ボックス席のようなコーナーのソファ席に通されて、ママに「尾根遺産お願い」とおねだ [続きを読む]
  • 101 デウィの記憶にありません
  • 選べる嬢が激減中のバリ島ローカル置屋街。若くて細い子も見かけますが、ちょっと病的な風情に食指が動きません。もうあきらめて帰ろうかなと思いつつも、せっかく来たからには発射しておこうかな!と脳ミソも下半身も一致した考えに、押し切られて留まっていると、中国系朝鮮人?、あるいは朝鮮系中国人?を思わせる色白で、切れ長の眼元が魅力的な嬢を発見。長くて細い膝下を強調するように脚を組む赤いミニのドレスに見覚えがあ [続きを読む]
  • 100 意外なところで逸材発見ちゃちゃ
  • ついに今回100人目ということで、これで一応100人斬りというメモリアルに酔いしれるフェティッシュです。ダブっている娘もいるのでまだ100人紹介しているわけではありませんが、一区切りの節目には華々しく超上玉をラインナップしたかったのですが、最近の傾向である嬢のレベル低下に伴い今回はそれなりの案件でご了承ください。093 スカル21歳 との再戦を夢見て、何度もローカル向け置屋があるフレアビットへ通い説得にあたり [続きを読む]
  • 099 韓国でのジキジキ
  • バリ島から日本帰国に良く使っていた大韓航空。待ち時間がそれほど無いトランジットが便利でよく利用していました。もう8年ほど前ですが、一度韓国に入国したことがあります。当時は、韓国でCDを買ってバリに戻るのが楽しみの一つでもありました。日本デビュー前の少女時代やKARA。バリのホテルでは世界中のTV放送が見られるということで、たまたま見た韓国の音楽番組でK-POPを気に入ったフェティッシュ。脚フェチフ [続きを読む]
  • 098 ゲイランでのジキジキその3
  • 電車のないバリ島に住んでいると、海外で電車に乗るという行為は、それだけでも確実にテンションが上がります。お手軽に移動できるこの手段、素敵です。アルジュニート→ドビーゴート→アルジュニートと、飯も食わずに移動です。ゲイランの第二ラウンドですが、周辺を見回りしていると、置屋を取り囲むように連れ込み宿があって、その宿の前に嬢が座っている置屋もどきを見つけました。インド系の美女が座っているので、もしかする [続きを読む]
  • 098 ゲイランでのジキジキその2
  • この記事は4年前のシンガポール遠征でのお話です。午後5時に書類を受け取るので、その間までの時間に向かった先はゲイラン。2時間ほどしかないので、あまりのんびりとはしていられませんが、とりあえず周辺の置屋さんを覗きまくることにします。右も左もわからないまま周辺を散策。迷いつつ、JKを見つけてその後ろをストーキングしながら置屋を探しますが、JKがゲイランの方へ歩くわけがございません。シンガポールのJKも [続きを読む]
  • 098 ゲイランでのジキジキ
  • バリ島(インドネシア)で働いて給料を得ることが出来る労働ビザ取得には、毎年更新料と税金を納めなければなりません。税金1200USドルと更新料が800万ルピアほど。日本円にすると20万円以上の出費になります。そんな経費を簡単に払って外国人を雇う企業は極まれといっても良いでしょう。5回まで更新が可能ですが、それを過ぎたら一度インドネシアから海外に出て、新たにビザの申請をしなければなりません。その更新時 [続きを読む]
  • 097 清水富○加似のリナ アラフォー
  • MSNのトップページからoutlook.comへ入ってメールを見るのですが、今日辺りから全く名前が見られなくなった女優の清水富○加さん。飽きられたのでしょうね。元々それほど興味のないフェティッシュです。それにしても何か狙っている感ありありなMSNは、イマイチ気に入りませんね。TVの発言をこれでもかと大きく扱って、人目を惹こうという魂胆が見え見えで。そんなネットの世界に耐え切れず外の風にあたろうとやって来たの [続きを読む]
  • 096 アマンダ22歳
  • 久々のサヌールの置屋。観光客の方がバリ島でお遊びするならココがメインになります。街中のマッサージパーラー系のジキジキサロンもありますが、1万円以上は覚悟しなければなりませぬ。部屋も嬢も綺麗なので当然といえば当然ですが、安くて良い品質を探すことを最優先としているため、観光客向けのニーズでこのブログに過度な期待は禁物ですぞ。週末の夜12時のサヌール。いつもの67X。客が少ないようです。明るいひな壇の中を恥 [続きを読む]
  • 095 インジャ
  • バリ島は雨季の真っ最中。3月いっぱいは雨が降りやすい時期になっています。雨季といっても1日中雨が降ることはありませんが、出かけようかという時に限って雨が振り出すのです。いま正にこれから置屋へ行くということを、天から神様が阻止しようとしているのではないかと勘ぐりたくなるのは、普段の行いが悪い証拠でしょうか。そんな空模様の晴れ間の一瞬の隙を突いて、ローカル置屋に出かけます。雨が気になりますが、各置屋の [続きを読む]
  • 094 フィフィ26歳
  • 今夜こそは、写真をと胸に秘めて夜10時に出撃です。おなじみのローカル向け置屋街。相変わらず客は少なめです。嬢の質が原因ということは一目瞭然で納得のクオリティ。全ての原因がそれ以外にないと断定・断言できるほどのレベルの低下。低予算で高品質を提供してくれたオキニは全て撤退したようで、高齢化の波とともにどこからともなく押し寄せてきた印象です。そんな中、唯一の明るい希望と思えたスカル嬢は、フェティッシュのし [続きを読む]
  • 093 その2 スカル21歳
  • このところ嬢の数がめっきりと減ったローカル置屋街。夜8時頃に行っても嬢は殆どいません。店も開いているのか閉まっているのかわからない状況。正月はみんな帰省したのでしょうね。そんな中でも、数人の女性を集めている置屋を発見。まあまあイケそうな嬢が2人しかいませんが。そのうちの一人がスカル21歳。ジャワティムール出身。165センチで46キロほど。膝下が細く真っ直ぐ。これぞインドネシアの良心。バリ島の片田舎 [続きを読む]