sneaker さん プロフィール

  •  
sneakerさん: 楽描き水彩ギャラリー
ハンドル名sneaker さん
ブログタイトル楽描き水彩ギャラリー
ブログURLhttp://imatthew.blog.fc2.com/
サイト紹介文気の向くままに、風景や花を中心に描いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/11/09 15:02

sneaker さんのブログ記事

  • 西洋石楠花
  •   170518 A4(Sunflower) 通りかかった公園の斜面で咲いていた。大きく育った木が数本、いっせいに花をつけた様が見事だった。ちょうど子供を遊ばせていた若いママさんに尋ねると、即座にセイヨウシャクナゲですと教えてくれた。花も大きいが葉も大きめだ。  [続きを読む]
  • 春の一日
  •  170515 F4(LAMPLIGHT) 手前に立ち並ぶナシの木は、もう気忙しい授粉作業とともに短い花期を終えた。今は向こうでヤマボウシが満開だ。遠目にも白く見える。  [続きを読む]
  • キビタキ
  •   170512 A4(Sunflower) 喉と腹の羽色がきれいなキビタキの雄鳥。横向きのポーズがいい。 夏鳥として全国の山地に飛来する。鳴き声は何度か聞いたことがあるが、姿はなかなか見せてくれない。  [続きを読む]
  • 陽光
  •   170510 F4(vifArt) 明るい光を浴びて輝く若葉に魅せられた。  [続きを読む]
  • 残春
  •   170509 F4(LAMPLIGHT) 里山で見かけた桜、畑の片隅に並んで健気に咲いていた。こんな所にと思ったが、昔、こんな所だからこそと思って植えた誰かがいたのだろう。ちょっとした遊び心(昔風にいえば風流心)が感じられる。  [続きを読む]
  • 日向薬師仁王門
  •   170505 A4(Sunflower) 急な石段を登った所にある仁王門。たいていの人がここでちょっと息を整えて、その先も続く坂道をたどることになる。日向薬師として知られるここ宝城坊の薬師如来は、往古源頼朝や妻政子の信仰が篤かった。 あたりはすっかり若葉だ。  [続きを読む]
  • 神社裏の桜
  •   170501 A4(Sunflower) 人があまり来ない裏手で思いっきり丈高く伸びた桜。同じ神社の敷地内でも目立つ場所の桜と異なり、特別手入れをされた様子はない。そのせいで、かえってこんなに姿のいい大木になったのだろう。  [続きを読む]
  • 日差し柔らかに
  •   170429 F4(vifArt) この道は、ミカン畑の農道でもあるが、谷を見下ろしながら回遊できる手頃な散策路でもある。時に犬を連れた人に出会ったりする。この日は、犬といっしょの親子連れとすれ違った。 そういえば、下の方の農家にいるチャウチャウ犬は、いつもと違って吠えかかろうとしなかった。今もよその犬が通ったのに吠え声が聞こえてこない。年老いておっくうになったかな。  [続きを読む]
  • 谷戸の春
  •   170421 F3(VIFART) この小さな谷戸もすっかり春の装いだ。若葉が眩しい。持っていた小さなスケッチブックに手早く素描する。 その帰り、以前この谷戸で花菖蒲の手入れをしていた奥さんにばったり出会った。「花菖蒲はこれからですね」と声をかけて、しばらく立ち話をした。そのなかで、イノシシが根っこを掘り返すので困るという話が出た。この辺りは人家がまばらであるとはいえ、こんな所まで来るのか。聞けば、イノシシだ [続きを読む]
  • 丘の枝垂れ桜
  •   170417 F4(WATERFORD) 以前園芸短大の農場だった丘の一隅。近くに学生寮も残っている。かつてはここに学生たちが集うこともあったかもしれない。 今は寂として人影もないが、花は変わらず華麗に咲き誇っている。  [続きを読む]
  • 花桃
  •   170406 F4(LAMPLIGHT) 図書館へと向かう道で、数株の花桃が枝いっぱい盛大に花をつけていた。例年のことだ。気づいて何年になるだろう。今はすっかり見慣れて、この時季の楽しみになっている。 持ち主はあまり大きくならないようにと剪定しているようだが、これが見上げるような木だったら花の具合はどうだろう。思わず想像したくなる。  [続きを読む]