偏酋長 さん プロフィール

  •  
偏酋長さん: 鉄道省半田鉄道局の業務日誌
ハンドル名偏酋長 さん
ブログタイトル鉄道省半田鉄道局の業務日誌
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wamu23606
サイト紹介文蒸気機関車、客車、貨車を主にした1/80、16.5mm鉄道模型の製作記や鉄道の撮影等の活動記録のブログです
自由文中年鉄道ファンです。戦前の蒸気全盛時代を模型で再現するのが夢で、客車はぶどう色1号で白青赤帯が主体になります。貧乏サラリーマンで工作機械も買えない為、若い頃買い溜めたキット工作が主体ですが、模型歴が長い割りに腕は下手。むしろ皆さんの励みになれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供414回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2014/11/09 17:38

偏酋長 さんのブログ記事

  • スハ32800系燕編成の製作(32) 床板の工作7
  • 土曜日の午後は、床板前後の取付け座をアングルフレームに取り付ける作業を行いましたが、これが中々調整が面倒でした。写真の一番奥はスシで、これはデッキが無いので床板と別にする必要はないことに気づき、スシのキットの床板の前後を切ってアングルフレームに取り付けています。他の車両は取付座を凹形に切り欠き、デッキ取付部分を逃げてあります。この方法はたいへん面倒ですが ・床板をプラ化して軽量化する ・車体裾の床 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(31) 床板の工作6
  • 金曜日の夜は、アルコール量は多くはなかったものの、寝不足もあり早く寝てしまいました。そこで土曜日午前の工作の報告をします。工作の前に、2階トイレの換気扇にコウモリさんがお住まいになっているので、お立ち退きいただきました。10数年前にも換気扇にお住みになっており、換気扇そのものは外して空間に詰め物をしてあったののですが、新聞紙で詰めていたのでそれを押しのけてまたお住まいになったようです。「家にホモサ [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(30) 床板の工作5
  • 木曜日は床下の工作の続きです。中梁となる2×5×2チェンネルを床下中央に設けました。チャンネルに3か所庫穴を開け、中心のみΦ2に広げて、ネジをセルフタッピングで止め、前後の床板の穴は現合で開けました。スイテ含め7両全部はねじ止めできず、次回に持ち越しです。金曜日は岡崎でまた宴会。歓送迎会の時期ですが2つの部署の兼務で2倍あり、自分の定年記念の宴会も加わって・・・と言っても数えたらたったの5回にしか [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(29) 床板の工作4
  • 水曜日の夜はアルコール抜きで、21時過ぎから呼応柵開始です。一昨日のスハニに続いて他の客車も、両端の取付ネジを設け、床板は短縮しました。また日光のボルスター用穴(Φ5.8?)も順次開けてゆきました。s明日も5時起きで出勤なので適当に切り上げましたが、それでも25時近くになってしまいました。もう少し早く帰宅できるようになれば良いのですが。     [続きを読む]
  • 秘密兵器の配備
  • 火曜日は送別会がありワインが振舞われたので、酔ってヘロヘロで帰りました。燕客車の工作は流石に無理でした。帰宅すると怪しげな小荷物が着弾していました。中は紫色のますます怪しげな箱が。U字型の怪しげなランプが付いています。電源をつないで、ポチっとスイッチを入れたら、妖しい光線が発せられました。そうです。UV照射機なのです。たまったYAHOOポイントで出費0円で買えました。別に、お姉に目覚めてネールをし [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(28) 床板の工作3
  • 月曜日は出勤日で、6:35過ぎ、金山駅の名鉄ホームで待っていると「新安城で人身事事故が発生しました」とのアナウンス。豊橋行き急行が鳴海打ち切りとなってしまいました。急遽別の出勤可能な事業所に直行することに変更し仕事は出来ましたが、同じ名鉄を使って出勤した他の方は90分遅刻したそうです。とんだ迷惑でした。いきなり疲れた月曜日ですが、床板の工作を続行します。プラ板とアングルとは中央とアングル端部でねじ止め [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(27) 床板の工作つづき
  • 東海地方は、夜半になってから暴風雨になりました。台風は近畿地方にいるのに凄い風雨で、さすが台風は強烈です。日曜日も籠って模型作りを続けました。□パイプから作った床板取付金具、というか取付座は車体下端から2.5?の高さに決め、写真のような冶具を作りました。プリント基板に2か所穴を開け、高さ2.5?のカラーを挟んで□パイプをねじ止めし、仕切り板と側板に半田付けします。このカラーはエコーモデルの床板取付冶具セ [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(26) 床板の工作
  • 土曜日は約束通り、朝刊を取りに玄関を出ただけで引き籠もって模型を続けました。床板のt1、ABS板を切り出します。最初の3枚はPカッターで切りましたが、あとはミニサーキュラーソーを使いました。やはりこの方が楽です。切れますが注意は浮かない様に押さえることと、切り進むと材料に押されて刃の回転にブレーキがかかるので、切り残す方をやや開いて刃の摩擦を減らすことです。続いて、床板を止める金具を□5?パイプか [続きを読む]
  • 大阪での買い物
  • 9月15日は大阪出張があり、日本橋で商談がありました。別にそのように謀ったわけではありませんが、これ幸いと模型店巡りをしました。まずヴォークスです。5階の鉄道模型売り場に行きます。今作っている客車のパーツや名古屋では入手できないインレタを買いました。ネジも補充します。トラムウェイ造詣村20系客車も展示されていまして、よだれを垂らしてみるだけ。パンタ付きのカニ22も予告されていました。※間違えたので修正 [続きを読む]
  • UVレジンの購入
  • 木曜日は工作台に向かったものの、睡魔に襲われ、スロの窓枠取付半田を仕上げただけでギヴアップ。そのままソファで寝て、また起き出しています。なので、今日の買い物を書きます。会社と駅の間のスーパーの2階に、全国チェーンの手芸用品店クラフトハートトウカイがあり、会社の用事で行ってみるとレジの横にこのようなものを売っていました。UVレジンです。980円と9/18までの特別価格で売っていました。樹脂のキャスティ [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(24) 妻板幅の訂正
  • 火曜日は会社の送別会で泥酔して帰宅したので、模型工作は流石に無理でした。ところで、以前妻板幅について、実車2640?なので1/80で33?。珊瑚は正しく出来ているが、宮沢〜谷川は31?しかない、と書きました。そのあと、図面をよく見たら、丸屋根客車の妻板幅は2520?で、1/80では31.5?でした。なので宮沢〜谷川の妻板も、片側0.25?の差異で大きく外れてはおらず、問題なしでした。(妻の隅柱表面に貼り足して、き [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(23) スハに窓枠取付
  • 月曜日は残業後の帰宅で、21時30分より工作開始です。会社の帰り、何か窓枠のクランプに良いものは無いか?と駅前のダイソーに寄ってみました。文具売り場には目玉クリップと、ダブルクリップしかなかったのですが、工具売り場にハンダ用ピンセットを見つけました。これを使うと、窓枠の仮固定が一番楽だとわかりました。目玉クリップ等に比べ小型な一方、クランプ力が強く、反転してもほとんど狂わないのです。第一、たった108円 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(22) スシとスロ窓枠取付
  • 日曜日の午前中は老人ホームの父のお使いをし、帰宅後昼寝して14時からの工作開始となりました。スシ、スロ、スロの順に窓枠を取付けました。しかし谷川客車の説明所には窓枠の位置の説明がありません。そこでニワのキットの説明書に準拠し、窓枠の下枠が0.8?となるよう取付けました。窓枠の押さえは、最初のスシでは目玉クリップ1個を使ったら動いてしまい、次のスロでは写真の鉗子ばさみ?(カツミ有楽町店で買ったものです [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(21) スイテ一段落し他の客車に着手
  • 土曜日の家の用事は庭の草むしりだけで、あとは門から一歩も出ず、模型工作に励みました。スイテは、延長した上屋根の隙間を、t0.7×幅2?の帯板で埋め一体化。前後雨樋の部分も調整して、これで一旦保留です。デティール工作は他の客車が追いついてからにします。さて、左の写真は宮沢のスハ32です。一見真っすぐですが、ややタイコに膨らんでいます。車体の曲げが甘く、仕切り板と床板アングルで押さえてあるためです。これらを [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(20) SZ師匠と客車談義
  • 8日は社外研修のあとの懇親会でアルコールも進んだため、工作はお休みとなりました。そこで5日にSZ師匠との客車談義の模様をお届けします。師匠のスイテ37020です。珊瑚キットの組立です。手際よい工作で台枠も表現されていました。高さ関係の修正はされていませんが、珊瑚客車だけで編成されているので違和感はないようです。スイテ37020には戦前からアンテナが付いています。これは形式写真で明確に認められ、樋口博氏のC533 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(19) スイテ屋根組立
  • 7日の夜もスイテの続きです。母屋にt0.3×幅0.6帯板で縦桟を設けました。位置は写真と、ネットから拾ったアダチ製スイテ37020キット図面の両方から拾いました。SZ師匠に見習ったわけですが、これを付けると屋根が引き締まります。上屋根を前後妻雨樋に仮付けしました。継目はこれから埋めることにします。明日は社外研修で安城に出かけますが、夜懇親会があります。工作ができるかどうかはアルコール量次第??作れなければ、S [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(18) スイテ屋根組立
  • 水曜日は、会社の近くのSZ師匠宅にお届け物をし、上がり込んでしばし客車談義をしました。それは後で改めてとして、帰宅後スイテの屋根を続けました。下屋根の中央の連結部は、母屋窓の窓ガラスを入れるのに支障するので、軽量化も兼ねて、糸鋸で切り取ってしまいました。そのままでは屋根が中央に落ち込んで下がってしまうので、母屋間に□3?パイプのツッカエ棒を入れました。またこれは照明の取付けの足場にすることも可能で [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(17) スイテ屋根組立
  • 火曜日は鑑定団に続いて工作開始です。寸足らずの上屋根を継ぎ足すため、ミニサーキュラーソーで切断しました。デッキ側の母屋の足りない部分は、仕切り〜車端側を一旦切り去って、別の小片で付け直しました。上屋根を合わせてみると、これだけ隙間があります。このあたりの工作は、拙ブログの2015年9月(2年前の今頃)のオハ320000系の工作を自分でまた参考にして進めます。遅い時間に書いてますが、眠い寝てからまた起きて書い [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(16) スイテ屋根組立
  • 月曜日は代休です。午前中家の用事を片付け、工作は14時からです。まず、下屋根を取り付けました。雨樋が側板から少し(0.6?ほど)出ているので、そこに嵌めこむので取付容易です。露台の天井裏になる部分には、照明取付け用に、□3?パイプを加工したねじ座を取付けておきました。露台上部の雨樋も取付け。シナノマイクロの雨樋をガス炎でなまして曲げます。3次元、曲げは難しく、変形すると加工硬化も起こすので形が決まる [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(15) スイテ露台組立て
  • 日曜日は、まず朝から1時間半自宅周囲の草むしり、10時よりNHK Eテレで藤井総太四段対森内九段の将棋対局を観戦しました。草むしりで疲労したため昼寝もし、工作開始は15時からです。露台の床ですが、ステップ周りをしっかり表現するため付けた元パーツを一旦取り出し、客扉の改造で余ったデッキ床からステップ部を切り出して移植することにします。ロストの端梁を取付、ステップの前後の塞ぎ板を幅2.5帯板で作り、ステ [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(14) スイテの露台+雨樋
  • 土曜日は午前中、会社の雑用を片付け、父の老人ホームに用足しして帰宅。工作は14時からとなりました。露台の軒ですが図面が無いのでデッキと同じ車体下端から26?としました。スペーサーになるものは無いか?と周りを探したところ、写真の厚さ26?の角材が見つかりました。これは亡母と父が使っていた旧住所のゴム印の持ち手で、直角が出ているので確保してあったものです。これをスペーサーにして露台軒を車体に取り付けました [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(13) スイテの露台
  • ブログ、通常は模型工作後に書くのですが、今週は夏の疲れが体内から放出されているのか?睡魔に襲われてしまいます。昨晩も書かずに寝てしまいましたので、翌朝書いています。スイテ、露台の軒部分は板材だけでは頼りないので、芯材としてt1板をコの字に切り出してみました。糸鋸とヤスリです。穴も明けて、手すりの支柱の保持にも使おうと考えています。難しいのは雨樋との関係で、側雨樋は先に付けた方が楽かな?と思っていま [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(12) スイテの露台
  • 夕方の名古屋は晴れて強風が吹き、まさか台風の影響? しかし夜過ごしやすくなってきたのは模型工作に大助かりです。スイテの露台の軒パーツの高さの不足が発覚し、まさかこんな部分で継ぎ足しはかなわず、作り直す必要が出てきました。実物は軒の下端にリヴェットが見えるのでこれを表現できないか?ということでED14の廃エッチング板から、リヴェット付き板材を切り出すことにします。余分なパターンはダイヤモンドヤスリで取り [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(11) スイテのデッキ
  • 昨晩も工作台には向いましたが、デッキの工作を行いましたが睡魔に襲われブログは別ネタとしました。2日分の報告です。デッキのドア上の軒を作り直すため、まずt0,4板でデッキ天井板を設けました。その左右にL2×3アングルを切り出し、3?の方で天井板に固定し、2?の方を軒に見せています。軒の下端は車体下端より26?です。幌釣りとなるΦ0.6戦を妻板に追加した穴に差し込み、天井板に半田付けしました。続いて、展望車のハ [続きを読む]