安房 さん プロフィール

  •  
安房さん: 海舟の中で資産設計を
ハンドル名安房 さん
ブログタイトル海舟の中で資産設計を
ブログURLhttp://anbowasset.blog.fc2.com/
サイト紹介文インデックス投信・401kを中心として資産設計を図る投資ブログ。更新頻度もクオリティもたぶん極低。
自由文運用状況のほか、金融知識がないなりに考察記事などが載る場合もあります。過度な期待はしないでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2014/11/09 23:11

安房 さんのブログ記事

  • 販売会社の積立NISAへの意欲の差が早くも徐々に出てきたか?
  • マネックス証券にて、7月25日付で積立NISAについての案内ページを開設しています。 2018年から「つみたてNISA」が始まります!他の証券会社では、既に楽天証券やSBI証券でも同様のページが開設されています。 2018年スタート!NISAに新しく「つみたてNISA」が加わります。 (楽天証券) 2018年開始!「つみたてNISA」のポイントをご紹介!(つみたてNISAとは?) (SBI証券)いずれもまだ制度のさわりが解説されている程度で [続きを読む]
  • 「人生にお金はいくら必要か」出版記念イベント
  • 当ブログでもレビュー記事を書いた人生にお金はいくら必要か―超シンプルな人生設計の基本公式の出版を記念して、著者両名によるトークセッションがサムライズプロジェクト第28回勉強会として開催されました。以下、内容をまとめます。「人生設計の基本公式」の裏側・岩城氏に「めんどくさい」と斬って捨てられるとその人や物は助からないのだが、この公式は「めんどくさい計算」いらずで貯蓄率を出せる。・生命保険文化センターの [続きを読む]
  • ズボラでも投資はできますし、資産管理全体の基礎知識も得られます
  • ズボラでも「投資」って、できますか?〜元メガバンカーが教える お金を守り、増やす超カンタンな方法 (高橋忠寛)を読みました。本書の著者は、銀行にて法人営業や富裕層向け営業を経験した後に独立して、「販売には関わらない立場」で金融商品のアドバイスをする事務所を立ち上げているという方です。現在の立場は岩城みずほ氏や後田享氏に近いものになるでしょうか。本書は、「ズボラな人」である相談者が高橋氏に相談に行き、 [続きを読む]
  • SBI個人型DCに「米国株長期投資」のアクティブファンドが登場
  • SBI証券の個人型DCプランに、更なる新ラインナップ追加のお知らせです。7月11日より、農林中金全共連アセットマネジメント<NZAM>の設定する農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドがラインアップに追加となります。この商品は、米国上場の株式を投資対象とし、(1)付加価値の高い産業 (2)圧倒的な競合優位性 (3)長期的な潮流を備えた「構造的に強靭な企業」に投資します。なお、売買回転率40%〜50%を想定し [続きを読む]
  • 金融庁の意見交換会の記事がロイター通信に載りました
  • 先日の金融庁の第3回意見交換会の模様が、ロイター通信に紹介されました。 アングル:山は動くか 金融庁が「脱貯蓄」草の根プロジェクト大変有難い事に、当ブログの記事も紹介されています。 第3回金融庁意見交換会に参加。いろいろと興味深い発言が飛び出して今後が楽しみに…?また、当日の参加者では他にあきんこさんと虫とり小僧さんが紹介されています。 つみたてNISAに関する金融庁が開く「第三回 個人投資家の意見交換 [続きを読む]
  • 退職・転職時に確定給付年金のお忘れ物ないように
  • 6月中ごろから7月前半くらいまで賞与シーズンです。私も7月頭に賞与を受け取ったところです。その過半は、さっそくETFや高配当株式の取得に回ってしまいましたが……。一瞬とはいえ、預金口座に現金残高が大きく積み上がるのは毎夏冬のことながら壮観なものです。ところで、もしかすると賞与を貰ったのを区切りに退職・転職という人もあるかもしれません。(別に賞与のタイミングでなくてもいるでしょうが…)賞与を貰い退職一時金 [続きを読む]
  • 早くも自然淘汰が始まりそうな確定拠出年金
  • スルガ銀行が、確定拠出年金の手数料を改定することを予告しています。 「スルガ確定拠出年金個人型プラン」手数料改定について2017年10月2日に加入申込の受付がされた人以降、スルガ銀行の取り分となる運営管理機関手数料が月額270円となります。ただし、それ以前に申込を受け付けられた人については、それ以降も従来通りの手数料で継続されます。既得権は保護されています。スルガ銀行の個人型確定拠出年金は、従来は(運用商品 [続きを読む]
  • 銘柄投票は米国ETFの金額買付に期待
  • OneTapBuyにて実施の銘柄選挙の予備投票にて、VTに投票しました。 OneTapBuyで新規採用銘柄投票を実施今回は実際に選考対象となる選択肢を絞り込むためのノミネートという位置付けで、今回投票された銘柄の中から決選投票の候補が決められることになります。VTのようなETFは、言うまでもなく1銘柄で分散投資ができる分、長期積立に適しており、少なくとも現行取扱の「情報技術セクターと一般消費財セクターにばかり集中している銘 [続きを読む]
  • 「あんしんスイッチ」…目先は安心かもしれないが
  • アムンディ・ジャパンは、損失を一定限度に限定する投資信託を設定するようです。EDINETの有価証券届出書(6月15日付)によると、SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチ・ファンド(愛称:あんしんスイッチ)と名付けられたこのファンドは、世界の株式・債券にETF経由で投資するバランスファンドであり、かつ、資産配分を機動的に変更することとされています。一方で、基準価額の最高値の9割(設定当初から基準価額10600円までは [続きを読む]
  • 資産形成の始め方・続け方
  • 馬渕治好・岡本和久・竹川美奈子・大江英樹4氏によるセミナーミッションフォー 資産形成の始め方・続け方に参加しました。この4人は、昨年夏にもセミナーを開催しています。 惑わされない資産運用(1) 惑わされない資産運用(2)また、最近も共著を出しているところです。 「投資の鉄人」のアドバイスは軸を確立させるための基礎教養今回も、過去の著書・セミナーで担当したのと同様、「情報」「相場」「商品」「自分」のそれ [続きを読む]
  • OneTapBuyで新規採用銘柄投票を実施
  • スマホ証券OneTapBuyユーザーに、メールにてお知らせがきました。ヤフー【YHOO】を新規買付け停止すると共に、新規銘柄を取り扱うこととし、その採用銘柄を決めるユーザー投票を行うというものです。YHOOは、6月8日の株主総会にて、主要事業を売却することを可決しました。今後はヤフージャパンとアリババグループの株式などの資産を保有するだけで、自ら行う事業は無くなるとの事です。この結果、「成長性が期待できる銘柄」とい [続きを読む]
  • 「人生にお金はいくら必要か」は金融教育の教科書として是非使いたい
  • 「人生にお金はいくら必要か―超シンプルな人生設計の基本公式」(山崎元・岩城みずほ)を読みました。本書は、日常の家計管理・資産形成術・長期プランニングまで網羅したものとなっており、「金融教育のための教科書として一冊でOKといえるものを挙げろ」と問われたらその候補に挙げてよいものだと思います。本書はプロローグとエピローグを除き3章構成になっています。各章ともに、既存の刊行物あるいは筆者の活動などのエッセ [続きを読む]