dyingbleed さん プロフィール

  •  
dyingbleedさん: ドラゴンベースボール
ハンドル名dyingbleed さん
ブログタイトルドラゴンベースボール
ブログURLhttp://www.plus-blog.sportsnavi.com/dyingbleed/
サイト紹介文プロ野球や中日ドラゴンズを中心にひいき目に書きます
自由文プロ野球と中日ドラゴンズ中心のブログです
試合結果や内容を只振り返るだけのブログではなく
その中でのポイントや問題点などを見つけて書いています
時には厳しく書きますが、それは全て中日愛、野球愛ゆえの叱咤激励ですのであしからず
いつかは中日ドラゴンズに、いやプロ野球に関わるという野望はまだ捨てていません!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/11/10 17:11

dyingbleed さんのブログ記事

  • 二日続けなかった事は非常に良い事 
  • 昨日は初回に理想的というか、ドラゴンズファンの妄想が現実化したような攻撃で4点を奪ってそのまま危なげなく勝利前日に不甲斐無い攻撃陣と粗削りな先発投手で落とした試合を引きずることなく、その嫌な感じを1日で良い感じに変えた事は、非常に良かったんじゃないでしょうかこの辺は、去年や一昨年の様な、まだまだ勝負はこの先でしょ?慌てることないでしょ?みたいにのんびりと戦っていた時とは違い、最下位チームの自覚と、 [続きを読む]
  • キャンプのお疲れ様旅行の北海道ツアーですか
  • 昨日の日ハムとのオープン戦は見どころ無しの完封負けナイター試合だったことも有り、食べて飲んで昼まで寝てのお疲れ様北海道ツアーになってんじゃないですか?まぁ1か月頑張ってましたから別に少しくらいはいいですが、それで調子を落とさない様にしてもらいたいとは思います。打線の方は、まぁ何もなしですかねしっかりした投手で150km近い球を投げられると打てないのはわかりますが、そんな時にどうするかが一番の課題で、 [続きを読む]
  • キャンプ打ち上げ 脱落者無しでどうなる開幕ベンチ
  • 最後のオープン戦が中止とファンは皆残念だったと思います。若手の成長著しく、新戦力の見極めもしたかった阪神との試合だっただけに、個人的にもこの勢いは本物かどうかを見極めるいい試合だと思っていましたので、非常に残念でした。また名古屋に戻って、しっかりとオープン戦を戦って行ってもらいたいと思います。しかし今年のキャンプは、怪我での脱落者も無く、力での脱落者も出ないという(伊藤がいましたね)素晴らしい結果 [続きを読む]
  • 開幕までの逆算 野手編
  • 投手陣がしっかり結果を出していたので、開幕までの自分なりの逆算をしてみましたが、考えていたら面白かったので、野手編も考えてみようと思いました。まだまだオープン戦も始まってないのにと笑われてしまいますが、しっかりと開幕を迎えるために、こうなったら最高という結果を想定し、そこから逆算して見ていくのが良いと思いますし、何となくですが、全体も見えてきましたので、思っている事を書いてみたいと思います。先ずは [続きを読む]
  • 対外試合4連勝!まだ切ない気持ちに一度もなっていない事が一番の喜びです
  • とりあえず4連勝と出だしとしては最高なんじゃないでしょうかゲレーロや遠藤、平田も大島もしっかり結果を出してくれて、この辺りが目立っていますが、個人的には4試合で4失点しかしていない投手陣が、大きな収穫だと思っています。まぁ相手も1軍レベルの打者ばかりではありませんので、そんなの評価しても仕方が無いという方も多いでしょうが、それでもそのあたりの打者に打たれてるようじゃ、先は有りませんし、今の時期に打 [続きを読む]
  • 流石にもう隠してはおけませんよね・・・
  • やばい、やばいぞ!いきなりそんなに打っちゃバレちゃうぞ!ゲレーロが、いきなり本領発揮というか、ちょっと早すぎるんじゃないでしょうかまぁ最初のフリー打撃を見ただけでも、こりゃ打つだろと誰もが思ったでしょうが、結局生きた球打ってみないとわかりませんからね勿論、まだまだ本格的な配球や、厳しい攻め、弱点を分析など、色々やられてシーズンに入ったらどうかはわかりませんが、それでもやっぱり打っちゃうでしょう個人 [続きを読む]
  • 星野仙一氏の殿堂入り おめでとうございます
  • 星野氏が殿堂入りしましたねおめでとうございます。僕のドラゴンズの歴史の始まりが、星野監督が連れて来たと言ってもいい、落合氏と立浪氏でしたから、ドラファンになるきっかけを作ってくれた方の一人に入ってくると思います。選手時代の事は見たことが有りませんが、古い映像で見る限りでもファンなら惚れてしまう選手だったのだろうと思います。男義というか、闘う男というか、熱い選手だったのは間違いないでしょうし、それは [続きを読む]
  • 4スタンス理論で復活の手応え
  • 皆さま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。大きな動きも無いオフシーズンで、あまり書くことも無いのですが、気になる記事を読みましたので、今年最初の記事として書いてみようと思います。その記事ですが、”福谷が4スタンス理論で復活の手応え”という記事で、福谷が復活の手応えを感じたという内容でした。福谷が復活してくれたら、相当大きなプラス材料になりますし、個人的に来年の課題は後 [続きを読む]
  • かんべんしてくれ〜ぃ!
  • 陽の巨人移籍が決まりましたね。これでFAでの移籍も落ち着き、後は人的補償での動きは有りますが、大きく戦力的な動きが有るとすれば、助っ人外国人の位になって来ましたねしかし陽も獲るなんてほんと「かんべんしてくれ〜ぃ!」って感じですね「あれもくれ〜ぃ」「それもくれ〜ぃ」と”ライス”のネタみたいなになっちゃってますが、後は捕手あたりですか・・・小林も来年はうかうかしていられませんね優勝を義務付けられたチーム [続きを読む]
  • 嬉しいニュースが二つ
  • 嬉しいニュースが2つも飛び込んできましたね。先ずはドラフト1位の柳の率いる明治大学が明治神宮大会優勝というニュース試合の方は見ていましたが、立ち上がりから球が高く、いきなりの連打で2失点どうなるのかと思いましたが、そこから何とか抑えるのが高評価の要因なんでしょうねプロの打者はそんなには甘くないのかもしれませんが、良い状態の投球を磨いてプロでも活躍してもらいたいと思います。相手のドラフト1位、桜美林 [続きを読む]
  • 平田残留決定!これをいいきっかけにしてしてもらいたい
  • 平田の残留が決まりましたね。とりあえず、先に残留を決めた大島も喜んでいましたが、この二人が野手を引っ張っていき、球界を代表する選手になっていってもらいたいと思います。二人とも球界を代表する選手になれる要素や技術を持っている選手だと思います、守備、走塁、打撃と全てにおいて秀でた技術が有り、使いやすく安定しているただ、ずば抜けた成績や結果が出ていなかったり、細かい所で問題があることで、いまいち突き抜け [続きを読む]
  • 夢の途中 高橋優斗(愛工大名電高校)
  • ドラフトも日本シリーズも終わり今年のプロ野球もあとはストーブリーグになってしまいました。正直この時期は、FAだの解雇だの年俸だの個人的には嫌な話題ばかりでテンションの上がらない話題ばかりで嫌いなのですが、ドラフト指名選手の話題や、秋季キャンプでの選手の活躍や課題に取り組む姿で何とかテンションを上げています。中京地区のドラゴンズ応援番組でも、そんな話題が多いのですが、そんな中、今日の番組では愛工大名電 [続きを読む]
  • 2016年ドラフト終了 結果は満足ですが、危うく最悪な事になりかけた・・・
  • ドラフトも無事に終了しましたね。結果的には大満足の結果でしたが、一つ間違っていたら最悪な結果も有っただけに、柳が指名出来て本当に良かったと思います。今回のドラフトの目標としては、1位で最低でも今井、柳、吉川、堀を指名しなければいけなかったわけですが、それは田中、佐々木、寺島も指名出来ればいいのですが、競合確実で、その数が多くなりそうという理由から回避した結果の選択で、今井や柳なら単独か多くて2チー [続きを読む]
  • 2016年ドラフト指名予想②
  • クライマックスも終わり、黒田の引退も発表され、そして明日はドラフト会議です。今年は豊作の年と言われていますが、本当に良い選手が多く、2位、3位位までは誰がどこに指名されるかわかりません本来なら12球団の2位指名位まで予想して書いていくのですが、今年はそれも難しい重複するのは当たり前でしょうし、外れ、外れ位までの抽選は行われるでしょうし、1位指名の12人がどうなるかも全く予想ができません。その12人 [続きを読む]
  • 2016年ドラフト指名予想①
  • 今日からクライマックスシリーズですが、それが終わると次はドラフト会議今年は夏過ぎにペナントレースから脱落し、来年以降のチーム作りに気持ちを持って行ってしまっていたので、野球への興味も薄くなってしまい、その結果ドラフト会議の観覧抽選への応募も忘れてしまうという失敗を犯してしまいました。すでにテレビ観戦が決定してしまっている今年のドラフト会議ですが、それでも一応指名予想はしていきたいと思います。先ずは [続きを読む]
  • プロだなぁと改めて感じた吉見とそうなってもらいたい平田、大島
  • 某ドラゴンズ番組で吉見の特集をやっていました。今シーズン復活したが勝てない試合が続きアドバイスを求めたのがオリックスの金子トヨタ時代の先輩でもあり、二人とも高いレベルでの投球を追い求める似たような投手という印象を持っている。その金子から投げる時のプレートの位置の話を聞き、それを取り入れて立つ位置を変えたという事でした。今年吉見を見て二度変わったなと思った試合が有ったのですが、その二度目の試合がその [続きを読む]
  • 何が何でも最下位脱出ってさ・・・
  • 「何が何でも最下位脱出!」というオーナーの記事が出ていましたが、そんな”クソ”みたいなプライドは本当に捨ててもらいたい19年ぶりの最下位とか80周年に最下位とかそんなものどうだっていい来年以降に常勝チームになっていくために残りの試合を使った方がいいですし、少しでも良い選手が取れる確率が高いのなら、ドラフトを考えて最下位の方が絶対いいまぁ選手が頑張って結果的に順位が上がったのならそれはそれで良いこと [続きを読む]