まさとん。 さん プロフィール

  •  
まさとん。さん: 神宮の風に吹かれて
ハンドル名まさとん。 さん
ブログタイトル神宮の風に吹かれて
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/making99diver
サイト紹介文東京六大学野球(特に法政)メイン。そのほかユニフォームや球場についてフォローしていきます。
自由文東京六大学
法政大学
大学野球
神宮球場
球場

について書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2014/11/10 22:37

まさとん。 さんのブログ記事

  • 夏のオープン戦は折り返して8勝4敗 −2017年夏
  • 7/8にスタートした夏のオープン戦は全29試合のうち半分以上の14試合を消化。北海道キャンプも明日の亜細亜大戦ダブルヘッダーで日程を終了する。帰京するともう残り15試合。リーグ戦はあっというまである。今年の夏の法政は前半を8勝4敗2分けとまずまずの結果。特に8月に入ってからの対社会人戦では三菱日立パワーシステムズ、JFE東日本、トヨタ自動車に勝利。課題の投手陣はキャンプ前の国学院、青山学院には大量失点してしまった [続きを読む]
  • 大学野球部のセカンドユニフォーム --東都大学ほか編
  • 前回の六大学編はことのほかご好評だったのに気をよくして今回は東都大学などその他のリーグ戦のセカンドユニフォームをわかる範囲でご紹介。このほかにも「この大学もそうだよ!」があったらぜひお教えくださいまし。東都は六大学よりこの分野では進んでいる。まずは今年宇宙ユニフォームで話題になった亜細亜大。ヘルメットの文字フォントまで替えるというのは念がいっている。 亜細亜大野球部サイトよりさらにオープン戦用とし [続きを読む]
  • 北海道キャンプメンバー発表 −2017年夏
  • 8/10から始まる法大野球部北海道キャンプに参加するメンバー35選手が発表された。平成29年 夏季北海道キャンプ 法大野球部サイト彼らが秋のリーグ戦ベンチ入りメンバーの中心となる。キャンプとはいえ、今年は8/10〜8/14のみ。しかもその間に5試合をこなすという。こういうのは「遠征」と言って「キャンプ」とは言わないような気がする(-_-;)ちなみに去年は10日間で8試合。ただ今年は対戦相手のレベルが高い。去年は全試合北海道 [続きを読む]
  • 大学野球部のセカンドユニフォーム --東京六大学編
  • 以前リクエストをいただいていて、「面白いなー、でも手間かかりそー」とか思って文字通りオクラ入りしていたネタが、今日のお題。それも、特に東京六大学の各校はオープン戦などのセカンドユニフォーム導入に消極的だったこともある。伝統とか歴史とかとは関係ない気がするけど。以前から取り入れていたのは法政。本ブログでも何回となく取り上げてきたので、読者の方はもうご存じ(でしょ?)。 右の写真は法大野球部サイト。モ [続きを読む]
  • 1952年の法大応援団 −NHKアーカイブス
  • どなたかがSNSでアップされていた動画を備忘的にご紹介。1952年というと、父が慶應義塾在籍時代。そう考えると別の意味で懐かしくもある。オレたちは応援団 NHKアーカイブス昭和27年(1952年)、法政大学応援団の練習風景。法政大学応援団は大正14年(1925年)創立。その伝統は時を経て、受け継がれ続けている。この1分ちょっとの動画はニュース映像なのかどドキュメンタリーなのかはっきりしないが、戦後六大学黄金時代の応援団の動 [続きを読む]
  • Tokyo Big6 Festival 2017はちゃんこ法政にみかん愛好会
  • 秋のリーグ戦日程発表とともに”Tokyo Big6 Festival 2017”の開催も発表された。このためにホームページを立ち上げたりしてやる気満々な様子が伝わってくる。秋のリーグ戦開幕日に学生たちをなんとか神宮に引き寄せようという企画、なのはわかるけど、各校とも1万人を超えるマンモス大学(死語)。ナカナカ一般学生には伝わらないような気もするけど。それでも中身はちょっと面白そう。試合前の特別パフォーマンスは、早稲田の公 [続きを読む]
  • 秋のリーグ戦日程発表! −2017年秋
  • いよいよ、というよりも、もう、秋のリーグ戦の日程が発表された。2017年秋のリーグ戦日程 法大野球部サイト早い。トシのせいか春が終わったばかりでもう秋が始まるといった印象。その点、秋から春の時間は残酷なほどに長い(-_-;)今季は立教が優勝したおかげで?いつもとはかなり趣きの違うスケジュールとなった。第1週  9/ 9 休み第2週  9/16 明治第3週  9/23 慶應義塾第4週  9/30 休み第5週 10/ 7 東大第6 [続きを読む]
  • ハマスタ内野席にネット施工
  • ここのところ仕事もプライべ―トも多忙につきブログ更新が滞りがち(-_-;)ま、大学野球としてはオフシーズンだから良いけど。ベイスターズが横浜スタジアム内野席にネットを張ることを発表した。2018年シーズンより横浜スタジアム内野席にネット設置のお知らせ 2017.7.28 横浜DeNAベイスターズ株式会社横浜DeNAベイスターズと株式会社横浜スタジアムは、野球観戦をより安心してお楽しみいただくため、2018年シーズンより横浜スタ [続きを読む]
  • 初回に5点!でも大接戦...。〜2017年都市対抗 西濃運輸―新日鐵住金鹿島
  • 仕事の上とはいえ、西濃本社の方と知り合いになることができた。そのご縁で今年2回目の都市対応応援に。JABAサイトより詳しい試合経過は西濃運輸サイトにも詳しい。その方はまだ二十代だが、元東海地区大学野球リーグで優勝して全日本大学選手権に先発したというガチな元投手。とはいえ見た目はスマートで、大企業の中枢にいるのがピッタリな好青年。組み合わせ抽選前は「第三試合になったら応援に行きますよ」と申し上げていたが [続きを読む]
  • 都市対抗の帰りに野球殿堂博物館に寄ってきた。
  • 都市対抗Honda鈴鹿戦の後に、同じ東京ドーム内にある野球殿堂博物館に行ってきた。応援席出口のすぐとなりにある。ここは1年ぶり。ちょうど去年の6月に神宮球場90年記念展と山中正竹氏殿堂展以来。入場券を持っていくと通常¥600→¥500に割引となる。とはいえそんなに入場者は多くないので、ゆっくり見て回ることができた。今は都市対抗期間中なので、歴代優勝チームのユニフォーム絵葉書がもらえる。2010年 東芝2011年 JR東日 [続きを読む]
  • 今年もHonda鈴鹿の応援に。 〜2017年都市対抗
  • 7/14から都市対抗が開幕。とうことで早速大会2日目の東京ドームに参戦。法政出身が監督プラス選手が5人もいるHonda鈴鹿の応援にやってきました。土曜日の午後という良い時間帯だけに、警戒して試合開始1時間以上前に到着。 近くで整理にあたっていた社員さんによると、この時点でまだ約150人くらいだったとのこと。とはいえ、待ち列は完全な日なた(-_-;)この日の最高気温は33.7℃。待っている間に500ml以上の水分補給をしたものの [続きを読む]
  • JX-ENEOSとどろきグラウンドに行ってきた
  • 前回の試合レポートの次はお約束の球場レポート。都市対抗11回優勝の超名門JX-ENEOSのとどろきグラウンドを初訪問。 2014年に新築されたクラブハウスと合宿所。ロビーには数々の優勝カップが。エントランス上部の壁に掲げられている黄色い黒獅子旗が誇らしげ。てかジブンが映りこんでるし(*_*;  一塁側ダッグアウト横からみたグラウンド。手前にあるのは社名入りバットケース。逆光ですみませんm(__)m 1950年創部のJX-ENEOS。 [続きを読む]
  • 1年生が投打に躍動。夏のオープン戦開幕。
  • 2017年夏のオープン戦がスタート。開幕カードは社会人の名門JX-ENEOS戦。バファローズのスカウトも来場。顔を見たけど誰かはよくわからなかった(-_-;)誰を見に来たのかよくわからなかった。スコアもつけていなかったし。でも試合終了後は法政側に来ていたので、顔つなぎのために来ていたのかもしれない。法政は下級生の投打にわたる活躍が目立ち、この時期としては収穫の多い試合だったと言えるだろう。 法政    100 101 000 R [続きを読む]
  • 今年は4試合増。夏のオープン戦日程発表 −2017年
  • 例年よりも少し早く、法政の夏のオープン戦日程がホームページにアップされた。去年に比べて4試合多い25試合。うち16試合が武蔵小杉の法大グラウンドで開催される。法大野球部は自校でバスを所有していないためか?相手に来てもらうケースが多い。対戦相手の内訳は以下のとおり。社会人 :10試合東都大学 : 7試合首都大学 : 3試合関甲新大学: 3試合その他 : 2試合北海道キャンプは例年と同時期で8月中旬に予 [続きを読む]
  • 縦じま大流行の大学ユニフォームを検証
  • 6月に発売された週刊ベースボール春季リーグ戦決算号を眺めていて気が付いたことがある。それは縦じまのユニフォームが目立ったこと。もちろん立教が優勝したので、その記事のボリュームが多いことは当然だが、大学選手権の記事を見ていてもやたら縦じまのチームが多い。準決勝に進出した4校すべてが縦じまだった(*_*;ということで数えてみたら、出場27校のうち10校もあった。目検で数えたのでひょっとしたらモレがあるかもしれな [続きを読む]
  • 日体大健志台球場に行ってきた
  •  先週MatureCupが行われた日体大健志台球場を初めて訪れた。緑に囲まれた素晴らしい環境と、首都圏の大学球界屈指の設備にただただ感心。東急田園都市線青葉台駅から日体大行のバスで約10分。バスは頻繁に出ているので、アクセスはとても良い。でも今回は往復とも桐蔭横浜大の野球部員たちと一緒になったこともあってかなり込んでいた。1971年に開設された健志台キャンパスは約166,000平米という広大さ。キャンパスマップを見てい [続きを読む]
  • 侍JAPANユニフォーム、初のアシックスデザイン。
  • 7月の日米大学野球選手権(US開催)で着用される、新しい侍JAPANのユニフォームが発表された。印象は「なんかダサい」。 侍ジャパン新ユニフォームを発表「ファンと選手をつなぐユニフォーム」 2017.6.26 侍JAPANサイトよりこれを見たTwitterのフォロワーさんの感想は「ヤクルトみたい」。別にスワローズのユニフォームをdisる気は無いが、今回採用された赤のおかげで全体に少しうるさいカンジになった。しかもこの赤は日の丸の [続きを読む]
  • MatureCup開幕。ガチな桐蔭、笑顔の法政。
  • リーグ戦にほとんど出場していない上級生によるマチュアカップが開幕した。開幕戦の法政−桐蔭横浜大戦を観戦しに、日体大健志台球場まで出かけて行った。法大野球部サイトより桐蔭横浜大 三原→野村 000 130 020 H10 000 000 000 H7 法政    稲垣(法政)→大串(北照)→宮本(富山第一)→山崎(八幡) 本 有田(桐蔭) マチュアカップは敗者復活戦のあるトーナメントで、各校最低でも2試合を行う。揃いのオレンジのTシャツを着た運営 [続きを読む]
  • 春季リーグ戦決算号発売〜週刊ベースボール増刊号 2017年春
  • 今日6/21は夏至。とともに週刊ベースボール増刊号「春季リーグ戦決算号」が発売されたので早速帰りに購入。「RIKKIO健児」という見出しが、さすが「わかってるねー」という印象(*^^)vちなみに去年の表紙はこちら。やはり大学野球は六大学が優勝するとしないとでは、表紙の扱いが違う。ま、今季はなにせ21世紀初優勝+59年ぶりの日本一+ミスターでは当然か。フレッシュリーグや東京六大学ゼミナールの記事に注目。法政・青木監督の [続きを読む]
  • 変わる神宮の景色。日本青年館8月オープン。
  • 今年神宮球場の周りの景色が大きく変わった。それが日本青年館の移転新築。新国立競技場の建設に伴い、南に100m移動したもの。ビルはほぼ完成し、8月にオープンするそうだ。もうすぐ220室のホテルが誕生する。2017.5.30撮影。右側のクレーンは新国立競技場の建設現場。調べてみたら、今回のビルは三代目。初代ビルの竣工は1925年となんと神宮球場よりも先だった。その後東京オリンピックのプレスセンターに使われたりしたのちに、 [続きを読む]
  • 3年4年によるトーナメント開催 −第1回Mature Cup
  • 昨日は「六旗の下に」には行かなかった。もうチケットが完売したと思い込んでいた。でもTwitterを見ていたら開演後もまだ当日券を販売していたという。行けばよかった"(-""-)"神奈川県にグラウンドを置く5大学によるトーナメント大会の要項が参加各校からそれぞれ発表された。その名も”Mature Cup”。Matureとは、「成熟した」という意味とのこと。参加校は以下の5校。・法政・慶應義塾・日本体育大・桐蔭横浜大・国学院大法大野 [続きを読む]
  • 都市対抗に法政OBが31人出場
  • 7/14に開幕する都市対抗野球。アマチュアとはいっても社会人らしいおカネのかかった応援や独特のルールが面白い。6/16に今年の組み合わせ抽選が行われた。ジブンがとりあえず応援しようと思っているのは西濃運輸とHonda鈴鹿。西濃は最近お知り合いになった社員の方が実は元野球部員だったということから盛り上がり、「応援に行きます!」と約束したもの。第2試合とかなったらどうしよーと思っていたが、うまい具合に初戦が第3試合 [続きを読む]
  • 三階分の階段を上がったミスター
  • 大学選手権決勝を観戦した長嶋さんのフォロー記事。ミスターの母校愛 全日本大学選手権決勝観戦の舞台裏 2017.6.15 スポニチ(前略)何より長嶋氏が神宮で観戦したこと自体がすごいことだった。なぜかといえば神宮はバリアフリー対応の球場ではなく、エレベーターなども設置されていない。長嶋氏が観戦した貴賓席に行くには、ビル3階分相当の階段を上らなければならない。(中略)長嶋氏は母校の半世紀以上ぶりの戴冠を見よう [続きを読む]
  • 六大学の伝統を守る、受け継ぐ
  • 昨日の大学選手権決勝。ジブンは少し出遅れて試合前のエール交換に間に合わなかった。そうなるとスタンド下で入場を待つ。ジブンの前には立大生らしいグループが。その中の一人(女性)が、「父は明治OBで六大学がダイスキなのよねー。だから入学してから父と一緒に明立戦に行ったのよねー。それで私も神宮に見に来るようになったの。」聞くとはなしに彼女たちの会話を聞いていて、ジブンもそうだったことを思い出した。まだ小学生 [続きを読む]