まさとん。 さん プロフィール

  •  
まさとん。さん: 神宮の風に吹かれて
ハンドル名まさとん。 さん
ブログタイトル神宮の風に吹かれて
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/making99diver
サイト紹介文東京六大学野球(特に法政)メイン。そのほかユニフォームや球場についてフォローしていきます。
自由文東京六大学
法政大学
大学野球
神宮球場
球場

について書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2014/11/10 22:37

まさとん。 さんのブログ記事

  • 今週の法明戦はイベント&プレゼントがいっぱい
  • 今週末は法明戦。一般に「血の法明戦」と呼ばれているが、ジブンの時代にはこういった呼称は無かった(トシがばれる)ので今一つピンと来ない(*_*;まぁ、盛り上げれば何でも良いけど。でもやはり法明戦には特別な思いがある。なにしろ大学創設年がほぼ同じ。キャンパスにタワー型校舎を建設したのも似ている。明治のリバティタワーは1998年竣工で高さ120m23階だが、法政のボアナードタワーは2000年竣工で高さ122.43m27階建てとは [続きを読む]
  • 大学選手権で東都大学がシードから外れる
  • うっかりしていたが、大学野球選手権の組み合わせが4/21に発表されていた。今年のシードは5連盟。去年のベスト4+東京六大学代表という構成。今年は東都大学がシードから外れて1回戦から出場することになった。去年に引き続き、要約したトーナメント表を作成してみた。点線はこの間に試合があるということ。関甲新大学リーグは2回戦から登場するが、ここで勝たないと準々決勝に進出できないということになる。東京六大学は昨年明治 [続きを読む]
  • バイオリズム悪すぎ(-_-;) −第2週終了 
  • 1回戦9回2死から勝ちが逃げていってから、はっきりとチームの流れが止まってしまった。引き分けの場合、両校が同時に校歌斉唱し、その後通常のエール交換となる。ここでアクシデント発生。先攻の法大応援団が自校のエールを行った後に、立教にエールを送るところ、誤って礼をしてしまった。立教もこれにつられて礼を返し、お互いに相手へのエールを送らないままということになってしまった。ジブンは最初は立教がさっさと自校応援 [続きを読む]
  • 東京六大学ゼミナールの取組み −毎日新聞
  • 東京六大学の活性化を目指した東京六大学ゼミナールについては本ブログでもその動向をウオッチしてきた。今回それが毎日新聞に取り上げられた。「なぜ今頃」感はあるが、それでも一般紙に取り上げられるということは前向きに捉えたい。新風 一般学生が活性化策協議 ゼミ発足、さまざまなアイデア提起 2017.4.21 毎日新聞8日に開幕した東京六大学野球の春季リーグ戦。熱戦が繰り広げられている裏で、六大学野球を活性化させる [続きを読む]
  • 2年ぶりにヘッダー写真を変更
  • あまりにも困った状態が続いていることもあり?、2年ぶりにヘッダー写真を変更した。今回の写真をご覧になっただけでおわかりになる方も多いと思うが、去年の明治神宮創建90周年奉納試合のときのもの。東京六大学選抜は大敗したものの、法政の存在感を示すこともできた。なにしろ勝ち負け関係なく、野球と応援を楽しむことができた。10年後といわずにまたやってほしいなー。ホントは先週の法立戦の様子をアップしなければならない [続きを読む]
  • 第2週展望−気合いだけ。
  • 昨秋と同じ組み合わせとなった第1週は、昨秋と同じ大学が勝ち点を挙げた。第2週も昨秋と同じ組み合わせ。昨秋と同じ結果にさせてはいけない。法大野球部サイトより 対戦ポスターはこちら。 法政は侍JAPAN大学代表候補の小林満平君(3年・中京大中京)。「この世の木々が揺れるのは、僕のバットになりたくて震えているから」というなんとも謎なコピー(*_*;バットの素材なんかホワイトアッシュかメイプルくらいしかないでしょ [続きを読む]
  • 二死から打てるか打てないか −第1週終了早法戦
  • チャンスは作るが二死から点を取ることができない法政と、チャンスを確実に得点にした早稲田。この差が大きな差となってしまった。―結果―法政 ●● 早稲田 早稲田2勝 通算 早稲田219勝198敗27分東大 ●● 明治  明治2勝  通算 明治 328勝 42敗 8分2017.4.8 法政 3-7 早稲田 1回戦 早稲田1勝観衆:8,000 応援席:法359・早536 雨→曇 17℃ 2017.4.9 法政 3-5 早稲田 2回戦 早稲田2勝観衆 [続きを読む]
  • 第1週展望−開幕からいきなりクライマックス早法戦 
  • いよいよ明日は開幕戦。法大野球部サイトより 開幕カウントダウンラストの背番号1は核弾頭大西千洋君(3年・阪南大)。法政は開幕戦からいきなり大きなヤマ場を迎える。早法戦。オープン戦6勝11敗と大きく負け越し、投打ともに故障者がいる早稲田だが、なぜか法政には強いイメージ。春2勝1敗、秋は逆に1勝2敗と去年はイーブン。ただ秋は先勝して、2回戦も4点リードしながら悪夢のような逆転負け。打線がリードしても投手陣が守り [続きを読む]
  • 超主観的私的な六大学順位予想 −2017年春
  • 毎季開幕前に行っている順位予想。さすが素人ブログだけあって、これがまた全く当たらない(-_-;)ではまず恥ずかしながら秋のおさらい。左が予想。右が結果。 当たっとらん(-_-;)過去は振り返らず、懲りずに今季も予想したい。1位 法 政 8.0=投3.5+打4.52位 早 稲 田  7.5=投4.5+打3.03位 明 治 7.0=投4.0+打3.54位 慶應義塾 6.5=投2.5+打4.05位 東&nbs [続きを読む]
  • 東京六大学ヘルメットグルメ復活!
  • 昨秋の六大学vsスワローズで発売されて人気だった六大学ヘルメットグルメの発売が再開されることになった。『東京六大学ヘルメットグルメ』販売のお知らせ 2017.4.5 明治神宮野球場サイト昨年の明治神宮外苑創建90年記念奉納試合にて販売しご好評いただきました『東京六大学ヘルメットグルメ』を、2017年東京六大学野球リーグ戦時に販売いたします。この機会にぜひご購入ください。ジブンは秋の時に法政と立教をゲット済み。他校 [続きを読む]
  • 今年のポスターは笑顔とポーズ −2017年春
  • ネット配信やらフレッシュリーグの創設とスピード感のあるファンサービス策を打ち出している東京六大学。今年はやらないかなー、と思っていたリーグ戦ポスターが発表された。てかこないだ発表したばっかじゃんと思ったが、あれは株式会社CHINTAIのスポンサードによるものでちょっとマジメ志向。2015年春の早慶戦ポスターをきっかけに、その秋からスタートした各校キャプテンが登場するポスターはアビームコンサルティングと大正製 [続きを読む]
  • コトブキのショールーム見学に行ってきた
  • 昨日げきさぶの中野球観戦。てっきり風邪でも引いたかと思ったけど、今日は少し寝坊しただけ。意外と元気。とはいえ今日はイエでゆっくり。先週の土曜日、お茶の水にあるコトブキシーティング社のショールーム見学に行ってきた。 球場好きなジブンは当然ながら(?)椅子もダイスキ。我々のような一般の椅子好き族(*^^)vを募集してツアー形式で見せるというのは同社としても初めての企画だそう。当日のゲストはざっと30名くら [続きを読む]
  • 激寒の中最終戦を観戦 −2017年春オープン戦
  • 法政はリーグ戦開幕前のオープン戦全日程を終了。勝ち負けは関係ないが、それでも13勝10敗2分で勝ち越し(*^^)v今週の対社会人3連戦は1勝1敗1分のタイで乗り切った。対戦した3チームはいずれも去年の都市対抗出場の強豪。特に観戦したNTT東日本は先週東京都企業春季大会で優勝したばかり。法政の先発は地元神奈川県出身。エースと期待されながら、何度となくあっさり崩れるところを見続けてきたせいか、先発は向いていないのではと [続きを読む]
  • リーグ戦展望号発売 −週刊ベースボール
  • リーグ戦展望号が発売されると、いよいよという気持ちになる。今日発売された週刊べースボール増刊号を昼休みに購入。高層ビルにある本屋さんでは高々と平積みされていた。小市民なので上から2冊目を購入(^^;多くの大学野球ファンがびっくりしたこの表紙の選手は大西健斗投手(新1年・北海)。新入生が表紙を飾るなんて斎藤佑樹(早稲田→現ファイターズ)以来ではないか。夏の甲子園準優勝投手なので表紙に載る資格が無いとは言わ [続きを読む]
  • 野手編。春にベンチ入りした法政ナイン −2017年春
  • 昨日の投手・捕手編に引き続き、今日は野手編。まずは内野手。分厚い選手層を誇る法政内野陣。とはいえ4ポジションに10人とはちと多いような。さらに外野の中から打力を活かして一塁手に起用される選手もいるだろうから、なおのこと。そのうちショートストップは去年レギュラーに定着した相馬優人君(新2年・健大高崎)で決まりだろう。母校の機動破壊を象徴するような選手。特にあの守備には、心底ほれぼれする。イケメンのドラゴ [続きを読む]
  • 春のリーグ戦で開幕ベンチ入りした法政ナイン −2017年春
  • 前回に続いて今回から法政の登録選手についてご紹介。今日は投手と捕手編。投手はこの7人。今日の亜細亜大とのオープン戦ではこのうち4人が登板。出遅れが心配されていた菅野秀哉君もここにきて調子を上げてきているよう。以前本ブログで取り上げた柏野智也君が新1年で唯一のベンチ入り。好調を持続しているようだ。それ以外は意外と4年生が多い印象。リーグ戦経験者が多い3年生からは彼一人だけ。復活が期待されていた森田駿哉君 [続きを読む]
  • 登録選手の顔ぶれに見る各校の戦力 −2017年春
  • 六大学社会人対抗戦前日の3/24、東京六大学各校の登録選手が発表された。東京六大学の場合は毎試合登録選手の入替が可能なので、今回のメンバーで固定されているワケではないが、そうはいってもほとんど今回発表された選手でリーグ戦を戦うことになる。ざっくりとその内容を見てみた。素人なので戦力分析まではとてもムリ。それでもわかるのは、共通している選手層の薄さ。早慶明立の上位校は主力が揃って卒業した穴を埋め切れてい [続きを読む]
  • 登録選手の顔ぶれに見る各校の戦力 −2017年春
  • 六大学社会人対抗戦前日の3/24、東京六大学各校の登録選手が発表された。東京六大学の場合は毎試合登録選手の入替が可能なので、今回のメンバーで固定されているワケではないが、そうはいってもほとんど今回発表された選手でリーグ戦を戦うことになる。ざっくりとその内容を見てみた。素人なので戦力分析まではとてもムリ。それでもわかるのは、共通している選手層の薄さ。早慶明立の上位校は主力が揃って卒業した穴を埋め切れてい [続きを読む]
  • オープン戦2/3を消化。早いなー。 −2017年春オープン戦
  • 今日の立正大学戦は先制されたが、すぐに反撃。でも8回に突き放されるという悪い展開で敗戦。法大野球部 サイトより完封された青山学院大戦に続いて東都大学二部リーグ校に連敗してしまった。さすが東都大学リーグは二部とはいえ強い。てか法政が弱いのか(>_早いもので、こないだオープン戦が本格的にスタートしたと思ったら、今週末は六大学・社会人対抗戦。そして開幕まであと2週間あまり。社会人対抗戦を含めて25試合のオープ [続きを読む]
  • オープン戦2/3を消化。早いなー。 −2017年春オープン戦
  • 今日の立正大学戦は先制されたが、すぐに反撃。でも8回に突き放されるという悪い展開で敗戦。法大野球部 サイトより完封された青山学院大戦に続いて東都大学二部リーグ校に連敗してしまった。さすが東都大学リーグは二部とはいえ強い。てか法政が弱いのか(>_早いもので、こないだオープン戦が本格的にスタートしたと思ったら、今週末は六大学・社会人対抗戦。そして開幕まであと2週間あまり。社会人対抗戦を含めて25試合のオープ [続きを読む]
  • Best of the 2017 Classic Uniforms -SPORTS ON EARTH
  • 興奮のWBC日本ラウンドが終わって、あとは準決勝と決勝のみ。いずれも仕事で見られない(-_-;) な、それはさておき。ユニフォームヲタクには見落とせない記事を今のうちにご紹介せねば。それは記事タイトルにあるとおり、USのスポーツメディアが掲載したWBCユニフォームのランキング。Best of the 2017 Classic Uniforms 2017.3.12 SPORTS ON EARTHThe World Baseball Classic is fun for many reasons. Among those is the oppo [続きを読む]
  • Best of the 2017 Classic Uniforms -SPORTS ON EARTH
  • 興奮のWBC日本ラウンドが終わって、あとは準決勝と決勝のみ。いずれも仕事で見られない(-_-;) な、それはさておき。ユニフォームヲタクには見落とせない記事を今のうちにご紹介せねば。それは記事タイトルにあるとおり、USのスポーツメディアが掲載したWBCユニフォームのランキング。Best of the 2017 Classic Uniforms 2017.3.12 SPORTS ON EARTHThe World Baseball Classic is fun for many reasons. Among those is the oppo [続きを読む]
  • 5点先制しても勝てない投手陣(-_-;) −2017年春オープン戦
  • 今季3戦目の観戦にして初の黒星。しかも大量先制したのに投手陣がメッタ打ちで逆転負けという既視感のあるイヤな負け方ではある。とはいえ打たれたのは、できればリーグ戦で登板してほしいというレベルの投手ばかり。しかも6回以降は無安打に抑えた。リーグ戦で先発予定の投手が打ち込まれたワケではないので、そんなにダメージは残らない敗戦。法大野球部サイトよりそうは言っても去年の春のオープン戦ではダブルヘッダーで合計30 [続きを読む]