ひばり さん プロフィール

  •  
ひばりさん: 目覚めよカラダ さらなる自分に生まれ変われ
ハンドル名ひばり さん
ブログタイトル目覚めよカラダ さらなる自分に生まれ変われ
ブログURLhttp://ameblo.jp/grace-house/
サイト紹介文埼玉県川口市ピラティスパーソナルトレーニング、内臓ほぐしデトックス、グループレッスン、薬膳
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/11/11 21:11

ひばり さんのブログ記事

  • 自分を濁らせないためのちょい筋トレ
  • 疲れやすくなった。体が重く感じるようになった。 これらは年を重ねてくると当然のことではあります。 年を重ねることは悪いことではないです、もちろん。 でも、体に出てくる色んな症状を「しょうがない」で終わらせないで、 少しでも抗っていく女性の方が、なんというか、愛しくかわいいです。 自分を諦めない。 どこまでいってもこの自分を生きるんですよね。 だからいつでもその自分を励まし、褒めちぎり、愛し抜いて、 楽 [続きを読む]
  • 体の反応から自分を知る
  • 自分に聞く、魂の言っていることを聞く、 というのは簡単そうにも難しそうにも感じるのだけれど、 実際に音としてその声を耳で聞くわけではないので、 やっぱり「感じる」ということなんですよね。 だから決して「考える」ということではなく、 頭の中は静かにした状態で「感じる」こと。 ダイレクトに本当の自分(魂)に答えを聞けるならそれが一番早いのだけれど、 もっと易しい方法の1つは選択肢を3つ4つ挙げて、 それぞ [続きを読む]
  • 本当に必要なものだけが残る
  • 無になってみてください。 ニュートラルな、ゼロな、自分になってみてください。 断捨離みたいなものです。 本当に必要なものだけが残ります。 自分を苦しめているのは全て自分の思考です。 相手でもなければ環境でも何でもない。 それらは全てただの事象で、 そこに意味づけして、ジャッジをしているのは自分の思考であり、 それが自分の心を苦しめ悩ませ複雑にしています。 無になってみてください。 頭の中を静かな湖面のよ [続きを読む]
  • 結局は自分を傷つける
  • 恐れからの行動、罪悪感を持ちながらの行動というのは、 それが何であれ、結局は自分を傷つけます。 それだったら思い切ってやらない方がいいくらい。 例えば私は体と心についてのお仕事をしているので、 薬を使うことに罪悪感を感じてしまう人に接することが時々あります。 確かに私も薬は好きではなく、できるだけ避けます。 それは病気の根本解決にはならないし、化学物質だし。 でも『薬は使いよう』ということも確かにあっ [続きを読む]
  • ほとんどの悩みも不安もなくなる
  • 気がついたんだけど、 自分に夢中になれば、 ほとんどの悩みも不安もなくなるよね? 悩んでいるうち、不安になっているうちはヒマしてるというかさ。 ちゃんと自分をやってたら、悩まないし不安にもならないよね。 自分をサボってただけって話。 頭ん中ぐるぐるしている時間はもったいなかったね。 自分は自分にしか生きられないのだし。 自分をキャーッてくらい喜ばせたり、 どっひゃーってくらい笑わせたり、 ご飯食べるの忘 [続きを読む]
  • 自分を明確にしていく
  • Facebook のCOO(最高執行責任者)である、 女性経営者シェリル・サンドバーグさんは、 かのハーバード大学を主席で卒業した超エリートでもあるし、 「強い女」なのかなぁと勝手に思ってしまいます。 でもこの前、この方のインタビュー記事を読んだら、 『いつもあなた自身でいなさい。』 って言ってるんです。 「オフィスで泣きたいことがあれば泣いたっていい。」って。 じわ〜っときましたよ私。 『いつもあなた自身でいな [続きを読む]
  • しょんぼりバストよさらば
  • バストの土台となっている大きな筋肉『大胸筋』。 この筋肉がしっかりしていると、 いわゆるおっぱいを押し上げバストアップになりますよね。 ところがこの筋肉は縮みやすいと言われていて、 その結果しょんぼりバストになるんです。残念なことに。 じゃぁなんで縮むの?ですよね。 私たちが腕だったり脚だったり、体のあらゆるパーツを動かす時、 その部分の筋肉が伸び縮みをすることで動かせているのですが、 常にその伸び縮 [続きを読む]
  • 自分と神様に向き合う
  • ペンを持ち紙に向かうこと。 紙に向かうことは神に向かうことだ、 とかつて教えてくれた人がいました。 本当の自分に向き合い対話をすることは、 神様と対話するのと同じだよ、そんな意味合いです。 私も時折ペンを持ち本当の自分の声を書き出すのですが、 その声に書く手が追いつかないこともしばしばで、 何となく普段から頭の中や感じていることで自分を理解しているようでも、 文字に書き表しそれを目で見て認識することで [続きを読む]
  • さっさと元気な心と美しい姿勢になる
  • 骨盤の真上に頭が乗っていますか? これを読んで下さっている方も高い確率で、 頭が骨盤よりも前に出ているんじゃないかと思います。 私はいつでもどこでも人の体ウォッチングをしているのですが、 頭が骨盤よりも前に出てしまっている人が本当に多いです。 その場合、男性はいわゆる猫背の人が大半で、 女性も猫背の人が多いのですが、 腰の辺りから胴体ごと前のめりになって歩いている人も多いです。 男性に比べて背筋をまっ [続きを読む]
  • 元気が出ない時は骨盤が硬い
  • 気がついたのですが、 いまいち元気が出ない時って、 骨盤が硬くなっているんですよね。 しかも自分の勉強ノートにはこんなことも書いてありました。 「元気が出ない時は腰が硬くなっている。」 これはあるヨガの先生の本から書き写したものなのですが、 今日はたまたま目にして、まじか、と思いました。忘れてた。 その本には「腰」と書かれていたのですが、 でもこれは女性にとってはどう考えても「骨盤」のことです。 その [続きを読む]
  • 私は幸せにしかならないから
  • 「意図する」ということがとても大事です。 何も考えずに過ごすことも大事なことですが、 そこに1つ「意図する」ということが加わると、 得られるものの大きさが10倍になることを私はたくさん経験してきました。 そこにギュッと力を込めるのではなく、 自分の意図するものを予め、置いておく、という感覚です。 自分が好きなことだけをする、やりたいくないことはやらない、 そんな意図を私は置いてあるのですが、 誰にも迷 [続きを読む]
  • おもしろおかしく生きている
  • あなたは「軽い人」ですか? またはあなたの近しい人に軽い人はいますか? 心、まとっているエネルギー、フットワーク、体重、、、 これらはやはり、重たいよりも軽い方が自分を助けますね。 私の知人に、「あいついい加減だよな(笑)」とみんなに言われている、 愛されキャラの人がいます。 その人には家族同様のビジネスパートナーがいるのですが、 彼らがビジネスを始めた若かりし頃はやはりお金もなく、 それでもいつでも彼 [続きを読む]
  • 脇汗とハグ
  • だんだんと汗をかく季節になってきました。 汗をかくことは体温調節をしたりなど大事なことであり、 そして清々しいことでもあったりしますが、 脇汗、はどうも歓迎しにくい汗ですよね。 「脇だけがやたらと汗をかいてしまう。」 最近そんなご相談がありました。 原因は色々とあるのですが、汗腺が多い体質のためということを除くと、 ①運動不足(普段からあまり汗をかかない) ②緊張、ストレス この2つが主な原因になってい [続きを読む]
  • 5月、首の解放はできていますか?
  • 最近、私の周りに首を痛めている人がとても多いです。 その多くは、寝違え、で首の捻挫なのですが、 みんなしてなぜ今なの?と不思議です。5月病のひとつ? この時期は外的ストレスや気温の寒暖差もあり、 心身のバランスを崩しやすいためですかね。 今、あなたはお元気ですか? 知らないうちに受けているこういった心身のストレスは、 呼吸を浅くし、そして首や背中の筋肉 [続きを読む]
  • 今日を生きているだけのこと
  • これまでの習慣が今の自分を作ったし、 これからの習慣が未来の自分を作る。 これはもう揺るがない事実だし、 習慣って本当に人生を変えてしまうものです。 だから私のレッスンは通うのは月1回だけで、次回レッスンまでの約30日間に、 『その人にとっての最良最重要な習慣を1つずつ自分のものにしてもらう』 これが私の意図です。 レッスンに通わなくなったら元に [続きを読む]
  • 自分自身であることで相手を癒す
  • 『あなたが自分自身であることが、何もしなくても相手を癒す』 この言葉をハワイのスーパーヒーラー、ジョセフ・ミナからもらったのですが、 それは雷に打たれたような衝撃であり、大きな大きな気づきでした。 もちろんこれは私だけへの言葉ではなく、全ての人への言葉です。 本来の自分自身でないがために、人の心は苦しみ、体は病んだりします。 苦しみや病というのは不協和音なんで [続きを読む]
  • 苦しみから離れること
  • 誰しも不安にかられる時、落ち込む時があります。 または絶望的な気持ちになったり、消えてしまいたくなったり、 心の病で苦しんでいる人も少なくないと思います。 私が大事だなと思うのは、 いかにそこから離れられるか なんですよね。 幸せに生きていくために、自分と向き合うことはものすごく重要だけれど、 不安や落ち込みなどの苦しみの中にある時は、 意図的にそ [続きを読む]
  • 大人の豊かな時間を生きる
  • 私のある知人男性は、 ピッとした襟の立て方から、ズボンの裾のまくり具合、小物、何から何まで、 100点満点の完璧なオシャレをされているんですよね。 身につけているものは全て質の高いものだし、 まるで雑誌からそのまま出てきたような完璧なんです。 その男性と共通の知人に、私が敬愛するあげまん社長夫人がいるのですが、 (彼女語録の記事『あげまん社長夫人から学んだこと』も [続きを読む]
  • 体を正すと四十肩が上がる & ハートチャクラ解放
  • 四十肩、五十肩でお悩みの人は多いです。 そこまでではなく、腕は上がるけれど肩周辺が痛む、 という人は予備軍の可能性もあります。 でも、だいたいの人は「歳だから仕方ない」で流してしまうんですよね。 いやいやーーその考え方では、 ありとあらゆる症状は「歳だから仕方ない」だし、 それって自分を諦めちゃっているよね。 「痛みを我慢している自分」を「仕方な [続きを読む]
  • 生きづらさと脱力
  • 私のところを訪ねて来て下さる人たちの中には、 「生きづらい」とお話してくれる人も少なくありません。 そんな中よく頑張って来てくれたな、 何かを一生懸命に探しているんだな、 と彼女たちのけなげに生きようとする姿に愛しさを感じます。 初対面の体験レッスン時や、初回レッスン時などの早い段階の時に、 生きづらい、という思いを打ち明けてくれる人がほとんどで、 私もまだ [続きを読む]
  • 「目覚め」とか「気づき」とか「成長」
  • 「目覚め」とか、「気づき」とか、 それを得た時、いつもより大股でビュンッて前に進めます。 でもそれは何もしていなければ得ることはできず、 不器用でも手探りしながら自分で歩むからこそ得られるもの、そう感じます。 そしてしみじみ思うのは、 そういった目覚めや気づきも、学びや成長も、 自分の必要に合った速度と順番でやってくるということ。 人、出来事、自分に必要な何 [続きを読む]
  • 無意識に病んでしまう人たち
  • 全てとは言いませんが、 基本的には「病気は自分で作っている」と私は考えています。 先日2人の方から受けた相談の内容もまさにそんな感じでした。 1人目の方。 相談者のお姉さんが、お顔の肌荒れがひどく悩んでいるとのこと。 良さそうなサプリなどを飲んだりしても改善できないそうです。 皮脂分泌が盛んな10代の肌荒れならともかく、 40代の大人が試行錯誤し [続きを読む]
  • 自分の歩き方を見直す
  • まっすぐ歩いていますか? 歩いている時、自分の足先がどこを向いているかを知らない人が多いです。 その向きによって、骨盤が開いてしまいお尻が大きくなったり、 股関節に痛みが出ている人も少なくありません。 あなたはどうでしょうか? 人体の構造としては、膝と足の爪先は真正面を向いています。 だから歩く時も、図①のように足をまっすぐ前に運ぶのが正常です。&nbs [続きを読む]
  • ひとりで悩まない
  • ひとりで悩むのはやめるといいですよ。 悩むって負のループにハマるだけだし、答え出ないし。 信頼できる人とか、その道のプロとかに、 さっさと相談するといいですよ。 あっさり解決法を出してくれたり、希望や元気をくれたりするから。 私のところへは普通はまずは「体験レッスン希望」みたいな感じで、 連絡をくれて訪ねてきてくれる方がほとんどなのですが、 ある日、「三雅さ [続きを読む]
  • 美肌かつアレルギーのない人になる
  • あなたのお肌はお元気ですか? また、何かアレルギーを持っていますか? 今はアレルギーのない人の方が少ないかもしれませんね。 生理前になると肌荒れする方も多いと思いますが、 アレルギー症状も、生理前に強く出やすいと言われています。 生理前は女性ホルモンが大きく変動するので、 その乱れに体のバリア機能が翻弄されてしまうためです。 アレルギーというのは外の世 [続きを読む]