ソウタ さん プロフィール

  •  
ソウタさん: 王様日記 〜ADHDの息子話
ハンドル名ソウタ さん
ブログタイトル王様日記 〜ADHDの息子話
ブログURLhttps://ameblo.jp/02173204/
サイト紹介文ADHDの小学生の息子様々な療育を経て社会スキルを身につける記録になって欲しいなぁw
自由文ADHDの小学生の息子と実験、研究、説教を通して、交流をはかり、社会とどう折り合いをつけていくかを探る記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/11/12 11:51

ソウタ さんのブログ記事

  • 発達障害児。家塾。
  • 国語以外に何してたかというと、○視覚認知のパワーアップ『天才ドリル空間認識 中級』の点つなぎの書き写し。1分半でやるそうだが、母も出来ないwそんなもの実社会に役立つかい!と、突っ込む所だが、社会で学校の授業形式で勉強させてみたが、『聞きながら書く』『考えながら書く』が出来ない。これは、見ながら書いていかないと到底出来ない。書く所の大きさ、位置を正確に把握して、書く方は見ないくらい把握している必要があ [続きを読む]
  • 発達障害児、現代国語の読解力を上げる。まとめ
  • さて、旅行&里帰りから、みっちり勉強day。とはいえ、来週は仕事だらけなので、残り3日で、何かしら学力を伸ばすつもり。現国というものは、勉強の仕様のないものだと思っていた。「話の流れ的にこうでしょ?」って感覚でやって来たから、今、現代国語の読解力をあげるって、どうやっていいやら。『まとめて書きなさい』に関しても、どうしていいやら…だったが、国語の読解力絡みのドリルを見ていけば、なるほど!っと、思えたの [続きを読む]
  • 夏旅 4日目 下関
  • 4日目の3人旅は、壇ノ浦から始まる。下関戦争の砲台再現。高杉晋作ごっこw源平の戦いの最終地。源義経の八艘跳びと、平知盛のイカリを持って沈んで行く所。兄弟は八艘跳びw安徳天皇と二位尼の悲劇を見る。ちょっとそこにあったボロボロ鳥居の神社がいい感じ。上には白いお稲荷さんがたくさん居ましたよ。朝ごはんに梨とフグちくわ、瀬戸内レモンレンコンチップを食べる。赤間神宮。耳なし芳一の舞台で、平家一門の墓がある。平家蟹 [続きを読む]
  • 発達障害児。これは、どうも、普通と違い過ぎw
  • 旅行の最終目的地は、旦那の実家の福岡。車上泊で過ごした3日間。この時期は、暑すぎて一晩で3、4回起きて一度車内を冷やす。フルフラットにしてるが、3人だとぎゅうぎゅうw久しぶりの腕を広げられる布団に幸せを感じつつ、就寝。次の日は、体操休みにする。この旅行で、長男の身体にぎこちなさをまだ感じる。階段は、相変わらずガニ股でドタドタ降りる。登りも足がガニ股で、2本線で登る。木登りでおへそくらいの位置まで足がガニ [続きを読む]
  • 夏の子母子旅 3日目
  • 朝。目的地前に良い川を見つけて降りてみる。1両編成の電車がたま〜に通る。本州の山は切り立っていて、かっこいい!早速、河原遊びが始まる。魚を捕まえる努力wヒメダカと、オタマジャクシとヤゴは捕まる。『美川ムーバレー』超古代文明 謎解き 地底王国…怪しさ満点で、最高!坑道を利用したテーマパーク。意外と凝ってて、プロジェクトマッピングもあれば、謎解きも初級、中級、上級がある。超古代文明のオーパーツの説明も多く [続きを読む]
  • 夏の子母子旅2日目
  • 朝ご飯は、岡山で仕入れておいた桃ときびだんご。朝7時のフェリーで宮島へ。ここの鹿は、奈良の鹿と違って、やや野性味がある。兄弟軽く威嚇されるwこの鹿は触らせてくれた。奈良の鹿せんべいで、鹿に襲われた次男は鹿嫌いになったが、再チャレンジwまだ人の少ない厳島神社。平清盛の栄華の象徴。長男を探せ!厳島神社の宝物館には、母が小学生の時に見た印象的な絵がある。平治の乱の時に、雪の大和に落ち延びる常盤御前と今若、 [続きを読む]
  • 夏のワイルド子母子旅 1日目
  • 夏休みは、子母子旅。朝一の新幹線で新神戸へ。朝ご飯は駅弁。レンタカーを借りて、旅の始まり。今回の旅のテーマは、平家物語の旅。あと、戦国武将と、ちょっと、幕末wまずは、一ノ谷に近い『須磨寺』平安後期から、一ノ谷の戦いまでが、石の人形で再現されていたり、敦盛の首塚もある。信長の最期に歌う『人間50年〜』の歌が、次男も覚えて兄弟に流行っているが、能楽『敦盛』から来ている事から、敦盛の最期にも興味をもった。 [続きを読む]
  • 出来ないヤツは、楽をするな!
  • 目標を『知識を楽しむ』から『テストで点を取る』に変えたこの夏休み。国語の読解力を皮切りに、小数の計算を完璧にさせていっている。小数点の間違いは数日で減ったが、計算間違いが、多い桁の掛け算の時に20問に1、2問ある。正しく、早く出来ないなら、『出来ない』と一緒。この基準は、知的を伴わない発達障害には、問題を見極める為の大事な基準だ。『簡単に、早く、確実に出来る』が、『出来る』の基準だ。しかし、長男は、計 [続きを読む]
  • 発達障害児にギャグセンスを磨かせてみた。
  • 最近、ハッとする事が…。ソウタのギャグが面白い。たまに、うまい。だから?って感じかもしれないけど、小3の交通事故の後、今まで、身体を動かす事を中心に遊び歩いていたが、動けないし、遊びに行けない。土日も家で過ごすので、日曜日は、笑点、世界遺産、夢の扉、ダーウィンが来た、行ってQと言う、ラインナップでテレビを見ていた。基本的にテレビの消えてる我が家で、一番テレビが使われていた期間だwで、笑点を見ているが [続きを読む]
  • まだまだ続く。協調性運動障害の不具合〜首、胴
  • 新体力測定が平均で、走る速さもクラス平均まで行ったが、身体の不具合はまだまだ見つかる。足首と膝が開通した事で、巷で出回るストレッチも出来ないものは無いように見られる。しかし、大分改善されたといえ、走るフォームは、首が上がり、お尻が出やすい。上体を曲げると、途中から身体を支持出来ず、すぐ折れる。柔軟の時に少し。サイドに傾く時に良くわかる。頭の上から5度くらいまでは、自制で姿勢を保てているようだが、そ [続きを読む]
  • 発達障害児に概念を植え付ける。
  • 何気に話した気の話。過去ブログにものせたが、長男「集団だと疲れる。一人きりの空間にいかないと疲れが取れない」から、テリトリー範囲というか、そういうもの。他人に入られるとムズムズする空間。それをとりあえず、『気』って事にしてよんでる。その気を物理的にしか操作出来ない。つまり、教室にいる限り、ソウタの他人に入って欲しくない範囲にたくさん他人が入ってる訳で、疲れると言うのも納得いく。この気の範囲をコント [続きを読む]
  • 劣等感は、前進する力だ!勉強を底上げしていく。
  • いじめと、発達遅れて鬱年齢が重なった長男。自己肯定感はいつもより低い。まぁ、上がりっぱなしの自己肯定感なんてないからさ。母「自己嫌悪もコンプレックスも大事だよ〜。大概、その反動でいい物作っちゃたりするからね。画家も、作家も、音楽家もw中学の時ヒョロヒョロだった男子で、今ボディビルドして、ムキムキなヤツを2人も知ってるし。『バカだから、人生変える』って、東大入った話もあるね〜。まぁ、勉強は、楽しんでや [続きを読む]
  • 発達障害児の不自由な末端手足の不思議話と対策
  • 足首を可動させる腱の動かし方を理解出来た事で、足首筋をマッサージで働きかければ、足首に皺が2本も出来るほど動く様になった。しかし、膝を伸ばして行くと、なぜか足首は、断固として曲がらなくなるのだ。ここの壁も厚く、しばし、停滞。停滞したら、戻ってみよう。仰向けで膝を曲げて足首をやったら、膝を抱え込ませて、踵を上げる。ハムストリングを伸ばすマッサージをして行く。次男も足首のアキレス腱動いていなかったので [続きを読む]
  • 3歳から知恵をやり直した小1次男
  • やはり。次男は、学習障害持ちだろう。しかし、長男で培った療育の目で『学習障害』じゃなく終わらせてみせる!…出来るかな?そもそも、学習障害とは、計算、読み、書き、理解力のどれか(複数もある)が、○小学生低学年なら、実際の学年から1学年遅れた状態。○小学生中学年以上なら、2学年遅れている状態。をいう。発達障害の判定にあるあるな、遅れた状態で、初めて認定って言う『直すの大変になってからじゃないと、対処無し』 [続きを読む]
  • 母にも使えた首肩のストレッチ
  • 肩首回りを伸ばし中。「どうしようか。肩周り」骨盤の時は、わからな過ぎて、出張リハビリの理学療法士さんに2度ほど見てもらい、頂いたヒントを元に広げて訓練して来た。しかし、成果を見せる前に理学療法士さんが産休に入ったので、骨盤改善の時に言っていた一言をヒントに試しながら考えよう。「肩は下から作れ!」どういう事だろうと思っていたが、私もストレッチ屋さんで施術を受けた時に「肩が上に上がってついている」と言 [続きを読む]
  • 発達性協調運動障害 改善 第2部開幕
  • いじめられていようが、なんだろうが、ステップアップは続く。むしろ、いじめられて、自己肯定感が下がっている時ほど、訓練する事で、今の自分からステップアップする感じは大事。情緒が学校で乱れているのに、家では安定の自主訓練。トレーナー母。ちゃんと自ら早起き5:45。6:00〜6:15までに訓練開始。発達性強調運動障害の改善。2部に入ってきた気がしますw1部は、春くらいまでやっていた、骨盤改善計画ね。それまでも多々訓練 [続きを読む]
  • 発達障害児いじめ。学校との交渉の準備。
  • さて、夏休み明けの面談の為に、最大限の用意をしよう。まずは、発達障害支援法、教育委員会のいじめ防止条例、自治体のいじめ対策、教育委員会の発達障害の項目を読み漁って、知識補給せねば。で、面談の流れを組み立てておこう。先生が機能しない場合、保護者会で先生が原因とする発達障害への理解を訴えて、家庭からの改善を見込みたいところだ。しかし、面談の前日が保護者会。機能しないつもりでこっちも組み立てておこう。事 [続きを読む]
  • いじめ、発達障害児。また一転して、担任に途中で見放される。
  • とにかく先生と話がすれ違う。渡航先で先生からの報告留守電聞いて、曖昧な所があったので、高い通話料をかけて電話したのは、夏休みまで残り3日。母は海外出張で、帰ったら終業式が終わってる。夏休みに入ったすぐの週末から林間学校。だったからだ。しかし、話はぐちゃぐちゃに。15000円もかかった通話料の挙句、「これが毎日続けば、私の家庭にも支障があるし、負担だ」と言われた。いやいや。今渦中の問題だろう。長電話で話し [続きを読む]
  • 一転して、いじめ発覚〜対策
  • さて。『クラスに居づらい』故の問題行動とクラスに入る拒否が続くが、通級面談では、『いじめ』と『築けていない友人関係』というキーワードをget。スクールカウンセラーに、クラスと先生の関係を観察と、ソウタ個人のカウンセリングを2学期からお願いする。担任の話を聞く限り、友人関係とは、うまく行ってるようで、ソウタ個人の『友人』のレベルが高過ぎるのではないかというヒントが手に入った。さて。『クラスのいじめから来 [続きを読む]
  • 不登校前触れの原因を探る 面談ラッシュ
  • 1日目。通級面談で、先生と一緒にソウタの自己の成長を喜びつつ、今現在『クラスに入り辛い』を再度確認。通級の情報としては、ソウタから『いじめがある』と証言があるが、『具体名はあげたくない』クラス名簿を持ち出して、全員の名前を覚えてるかを確認。この時点でクラスの名前を全部覚えていた事に再度驚き‼?先生「仲のいい子に○を、仲の良くない子に…△をつけよう」ソウタ「みんな。△にしておいて」という話に、やはり [続きを読む]
  • うちの発達障害児『自己』が1段階成長した!
  • 通級指導の面談。その次に担任とスクールカウンセラーね。今回は、○今の対応で、長男ソウタが『クラスにいられない』情緒的な問題が出てるっぽいから、それに対してそれぞれがどう関わりを変えるか。○通級指導の時間で出たい授業が出られないという、目的を阻害してる様な事態が起きる事があるが、柔軟な対応が可能か。(通常授業を前向きに受ける為の補助が通級指導なのにね)○クラス担任が、現状うまく行ってない事例を報告せず [続きを読む]
  • 発達障害児の国語読解問題をテコ入れする。
  • 2、3日経った次男の計算は、足し算も引き算もレベル4(1〜10と、1〜9の計算)を星三つ(20問を60秒台)でクリア出来る様になった。小1、1学期にしては、上出来じゃないか。夏休みは、時計とカタカナやろう。あと、ワーキングメモリーね。で、今日は長男の話。言語理解のIQが高かった長男だが、小3くらいで使い方がめちゃめちゃだと言うことに気づき、慣用句、4文字熟語、10歳までに覚えたい難語を漫画でインプットさせたら、少しはマシ [続きを読む]
  • 発達障害児の国語読解力をテコ入れする
  • 土曜が午後から仕事で、日曜日が休みだったので、2日続けてみっちり鍛えられたw次男も、3日目で、もう、計算アプリでレベル4(1〜10と1〜9の引き算)まで星3つ(60秒台でクリア)とれた!足し算もレベル4まで行けたので、数日やれば、小1の1学期レベル完璧にクリアでいいのでは無いだろうか。夏休みは、時計かな。あと、カタカナね。で、今日は、兄の話。言語理解が高く、国語放置していて、言語がおかしくなった小3。慣用句や、四文字 [続きを読む]
  • 学習障害疑惑の次男を早期療育 知恵編
  • 学習障害疑惑の次男〜知恵編w一応、wiscでは、平均値。処理速度だけ、平均以下だけど。前から、ちょいちょい気になっていた。問題を一切読んでない。読めてない。問題の指示が通らないのね。こっちが読み聞かせてあげるとわかる。完璧ではなく、比較的ねwでも、何より読み取れないのね。『指示が1つなら通る』って、状況から、今は『2つでも指示を覚えていられる』ただし!一度やった事のある内容なら。一度インプットされたものは [続きを読む]
  • 小1学習障害疑惑の次男を早期療育〜計算 編
  • 次男。計算障害編w未だ、足し算、引き算を指でやって間違ってる次男w母「6-2は?」次男「……えええーーとぉ。6で、7、8。じゃなくて、引くから、1、2、3、…」ってレベルwwそもそも数字を理解するとはどういう事だろう。数唱(数字の暗唱)と量的感覚(量を見て、どっちが多いかを当てる)を合わせる事が『数える』って事。暗唱も必要だが、物の数を数えられないと数字に意味はない。あと、書かれた数字と、暗唱、量的感覚を合わせる [続きを読む]