spooky さん プロフィール

  •  
spookyさん: 高齢出産ガイド.com
ハンドル名spooky さん
ブログタイトル高齢出産ガイド.com
ブログURLhttp://xn--eckp2g213n4zzb0j8bowg.com/
サイト紹介文高齢出産のブログサイト-高齢出産ガイド.com
自由文高齢出産を目指す方への正しいリスク情報や芸能人情報、そして先輩ママの体験談などをブログ形式でお届け中!

http://xn--eckp2g213n4zzb0j8bowg.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/11/12 16:38

spooky さんのブログ記事

  • 43歳から不妊治療開始。1周期の治療費や顕微授精の事。【体験ブログ】
  • 結婚が42歳と遅かったこともあり、43歳の誕生日から不妊治療を始めました。不妊専門病院にたどり着くまで何か月かかかりましたが、まずは原因を探す検査から始まりました。通常の病院検査と違うところは生理周期に合わせて検査をするため、この検査は生理の何日目からとかチャンスを逃すと進まないということです。検査だけでも2ヶ月ほど経過してしまったと記憶しております。女性の検査が終了すると、男性の精液・性病の検査へと [続きを読む]
  • 2回の流産を経験後、35歳で2人目を妊娠しました。【体験ブログ】
  • 35歳以上での出産の為「クアトロテスト」を行いました。35歳の時、2人目の子どもを出産しました。その前年に、短期間で2回流産を経験したことと、35歳と言う年齢もあり嬉しさ以上に不安も大きい妊娠でした。通っていた産婦人科では、35歳以上で希望する人には「クアトロテスト」という胎児が障害をもっているかどうかの確立がわかる検査をしていました。私の場合、35歳という年齢と、あと2回目の流産の原因が神経管奇形であること [続きを読む]
  • 焦った頃、やっと二人目を授かりました。【体験ブログ】
  • 私は27歳で一人目を出産しました。一人目の時は、夫と相談し、そろそろ子供が欲しい、と決めてからその一ヶ月後には妊娠したほどで、私には不妊のふの字もないね、これからは家族計画を立てて、望まない妊娠をしないように気を付けなきゃね、と話したほどでした。そしてその3年後。私が30歳になった頃、一人目同様簡単に妊娠すると思っていたのですが、半年経ってもその兆候はありませんでした。真剣に排卵日を狙ったり、本やネッ [続きを読む]
  • 38歳。ミトコア300mgとホットヨガで妊娠。【体験ブログ-33】
  • 諦めかけた時、ミトコアの存在を知って服用しました。【レビュー】34歳から不妊治療開始し、4年間の不妊治療を行い38歳で妊娠出来ました。先の見えない治療を乗り越え、自分でも奇跡的と思うほどに38歳で出産出来ました。断言しますが、私はホットヨガで体質改善を行い、そのうえでミトコア300mgを服用したことで、暗くて辛い不妊治療のトンネルから抜け出すことが出来たと思っています。なお、今では元気な男の子を苦労しながらも [続きを読む]
  • 2人目不妊で排卵誘発剤を注射しました。【体験ブログ】
  • 1人目の子供を妊娠・出産したのは28歳でした。何も考えずにすぐに妊娠することが出来たので、2人目もすぐに出来るだろうと楽観視していました。3学年差で兄弟を作ってあげたかったので上の子が2歳半ごろになるまで待っていました。上の子が男の子だったので、2人目は絶対女の子が欲しいと考えて産み分けの本を買ったり産み分けに関することをネットで調べていました。そのうち、私は31歳になり、上の子が2歳半になったの [続きを読む]
  • 人工授精から体外受精へステップアップ予定です。【体験ブログ】
  • 私は35歳で結婚しました。不妊治療の結果、妊娠出産した友人が数名したので、私自身もすぐに授かるとは思いませんでしたので、結婚してすぐに妊活し始めました。ルイボスティを飲み基礎体温計プチソフィアを購入し毎朝検温しました。ワカサプリの葉酸+オメガ3のサプリも飲みました。3ヶ月自己タイミングで頑張るも結果でず、産婦人科デビューしました。そこで生理3日目からクロミッドを服用し卵胞を育てました。すると生理不順だ [続きを読む]
  • 旦那の年齢が46歳で妻年齢が31歳です。【体験ブログ】
  • 結婚10年経ちますが我が家には、こどもは、授かれていません。何故夫婦生活を保つのにこども来てくれないんだろうて悩まれる方もいらっしゃる現代社会。この現代社会は、日本だけでなく世界で悩まれる問題です女性だけが不妊症の原因であると言われて来ましたが実は、そうじゃないんです。今は、50対50の割合で男性も女性も不妊と言われる世の中になってます。これは、少子化が原因なんて言われますが国の制度に問題あります。夫婦 [続きを読む]
  • 口コミ抜群!女性用の妊活サプリメントランキング!【2017年度】
  • 30代、40代で妊娠を目指すならこのサプリメント!口コミや評判は?晩婚化が進み、30代、40代で結婚をするのが当たり前になった現代の日本。それに伴い、35歳以上で妊娠出産を目指す高齢出産をされる方が非常に多くなっています。しかし、35歳を境に女性の妊娠率は大幅に下がっていきます。そのため、30代、40代で妊娠を目指す事はいわば時間との闘いでもあり、少しの時間も無駄には出来ません。だからこそ、本当に効果のあるサプリ [続きを読む]
  • 34歳になる女性です。夫婦で協力して妊活中です【体験ブログ】
  • 結婚をしたらすぐに子どもが欲しいとも思っていました。わたしは34歳になる女性です。わたしは8年前に2年間お付き合いしていた3歳年下の男性と結婚をすることになりした。彼とは友だちの紹介で知り合い、3歳年下ではありましたが、若いなりにとても頼り甲斐のある男性で、わたしのほうからとても惹かれ、お付き合いになりました。お付き合いを始めるときに、わたしは自分自身が結婚願望が強くあったので、そのことも視野に入れてお [続きを読む]
  • 特別養子縁組の条件とは?
  • 様々な事情で育てられない子供が家庭で養育を受けられるようにする特別養子縁組特別養子縁組とは、児童福祉のための養子縁組の制度で、様々な事情で育てられない子供が家庭で養育を受けられるようにすることを目的に設けられた制度です。そんな特別養子縁組を成立させるには、さまざまな条件があります。まず、養親となろうとする者は、結婚しており、そして夫婦が揃って養親とならなければなりません。また、離縁は原則として禁止 [続きを読む]
  • 普通養子縁組の条件とは?
  • 普通養子縁組とは、養子が実親との親子関係を存続したまま、養親との親子関係をつくる養子縁組とは、親子関係のない者同士を、法律上親子関係があるものとすることであり、養子縁組には、普通養子縁組(一般養子縁組)と特別養子縁組の2つがあります。そのうち、普通養子縁組とは、養子が実親との親子関係を存続したまま、養親との親子関係をつくるという二重の親子関係となる縁組のことをいい、この場合における養子を普通養子と [続きを読む]
  • 養子縁組の里親になるには?
  • 養育里親になるには、事前に研修を受けてから登録をすることが必要まず、里親とは家庭生活にめぐまれない子どもたちを、家庭で育てる方のことで、里親には次のような種類があります。まず、養育里親は、様々な事情により家庭で生活することができない子どもを、家庭に戻れるまで、もしくは自立できるか18歳(場合によっては20歳)になるまで、養育する里親です。子どもを預かる期間につきましては、里親の事情等にあわせて相談する [続きを読む]
  • 日本の代理母出産の法律、現状は?
  • 代理母出産には、サロゲートマザーとホストマザーという二種類の方法があります。代理母出産とは、子を持ちたい女性(依頼女性)が、生殖医療の技術を用いて妊娠すること、及びその妊娠を継続して出産することを他の女性に依頼し、生まれた子を引き取ることをいい、代理母出産には、サロゲートマザーとホストマザーという二種類の方法があります。サロゲートマザーとは、一般的に、夫の精子を第三者の子宮に人工授精の手技を用いて [続きを読む]
  • 卵子提供のリスク、デメリットは?
  • 卵子提供によるリスクやデメリットをよく理解しておく必要があります。卵子提供は、特に高齢出産の場合は若い女性の健康でフレッシュな卵子を使用するので格段に妊娠率が上がるため、人工授精や体外受精を経ても中々子宝に恵まれない方においては、次の手段として卵子提供を考えている方も多いと思います。さらに最近ではハリウッドセレブが卵子提供によって子供を授かったりということがあったりして、以前に比べてかなりその認知 [続きを読む]
  • 代理母出産の平均的な治療費用は?
  • 日本人クライアントに最も優れた代理出産プログラムを提供するという会社も高度医療を用いることにより、代理母に協力に協力頂き「生命」を授かる画期的な医療が代理母出産であり、この治療により、世界中の不妊に悩む多くの人々が幸せをつかんでいます。しかしながら、今まで日本人夫婦がアメリカで代理出産を行うには、約2500万円という高額な費用がかかっていたそうです。ただ、現在では、医療費を抑えた医療機関と提携し、日本 [続きを読む]
  • 体外授精後はどうするのが良い?
  • 体外授精後、日常生活で注意すべきポイントには?体外受精で胚移植をしたあと、できるだけ妊娠率を上げるためにどんな過ごし方をしたらいいのか、生活上の注意点はないのか気になる女性は多いようです。体外受精の胚移植後の体の変化や、過ごし方、日常生活で注意すべきポイントにはどういうものがあるのでしょうか。体外受精では、排卵、採卵、体外での受精、胚移植と治療の流れが進んでいき、胚移植の方法にもいくつか種類があり [続きを読む]
  • 体外授精の平均的な治療費用は?
  • 体外受精では、保険が適用されません。したがってその治療費は、全て実費支払いとなります体外受精(IVF=In Vitro Fertilization)は不妊治療の一つですが、人工授精と比較して費用がかかるため、チャレンジするのを躊躇している夫婦も多くいるようです。体外受精では、保険が適用されません。したがってその治療費は、全て実費支払いとなります。体外受精の治療において、排卵や採卵、胚移植でどの治療方法を選ぶかでもその治療費 [続きを読む]
  • 人工授精後はどうするのが良い?
  • 精子を子宮内に直接注入する以外は、ほとんど自然妊娠と同じ人工授精人工授精とは、男性から精子を採取し、女性の子宮内にカテーテルを利用して精子を直接注入して妊娠を目指す不妊治療の一つであり、主に男性不妊が原因となる不妊症の際に、人工授精が採用されているようです。人工授精は、精子を子宮内に直接注入する以外は、ほとんど自然妊娠と同じです。そのため、人工授精後の過ごし方で大きく妊娠率が変わることはなく、受精 [続きを読む]
  • 人工授精の平均的な治療費用は?
  • 人工授精の費用は、患者ごとの治療内容によって異なります。人工授精とはその名前から、非常に人為的に妊娠を操作するような印象を持つことが多いと思います。しかし、実際はそうではなく、人工授精とは男性に精液を提供してもらい、パートナーの子宮内に注入することをいい、その方法は、細いチューブで精子を女性の子宮、あるいは卵管へ直接、人工的に送り込む方法となっています。この人工授精という治療はおもに精子に問題があ [続きを読む]
  • タイミング法の平均的な治療費用は?
  • 不妊治療の中でも比較的早い段階で行われるタイミング法タイミング法は不妊治療の一つです。その方法は、基礎体温や尿中または血中のエストロゲンや黄体化ホルモンを測定して排卵日の予測を行い、その排卵日に合わせて、もしくはその前後に、性交渉を行うという方法となっています。タイミング法は、不妊治療の中でも比較的早い段階で行われる不妊治療法です。不妊治療というと、高額な治療費用がかかるというイメージがあります。 [続きを読む]
  • 人工授精のリスク、デメリットは?
  • 主に男性不妊を原因とした治療に採用される人工授精人工授精は、男性の精子を採取し、人工的に女性の子宮内に精子を注入して妊娠を目指す方法で、主に男性不妊を原因とした治療に採用されています。人工授精による不妊治療は特別な方法だと思っている人もいるかもしれませんが、平成14年度の時点で年間66,000人が人工授精を行っているのが現状であり、現在では不妊治療の中でも一般的になってきた治療法ということができます。人工 [続きを読む]
  • 代理母出産の問題点。デメリット。反対意見は?
  • 代理母出産には多くの問題点と、反対派による批判が数多く寄せられています。日本ではまだまだ浸透していない代理母出産ですが、世界ではかなり認知されており、特に欧米ではかなり浸透していて、実際に代理母出産を行うカップルも増加傾向にあります。しかし、この代理母出産には多くの問題点と、反対派による批判が数多く寄せられており、特に日本では反対派の意見が強く、そのため、日本産科婦人科学会が未だに制度として認めて [続きを読む]