鳴神響一 さん プロフィール

  •  
鳴神響一さん: 銀河ステーション
ハンドル名鳴神響一 さん
ブログタイトル銀河ステーション
ブログURLhttp://www.gingatetsudo.net/index.php/entry
サイト紹介文第6回角川春樹小説賞を受賞させて頂き、デビューしました。 フラメンコファンでもあります。
自由文鳴神響一です。
『私が愛したサムライの娘』で、第6回角川春樹小説賞を受賞させて頂き、デビューしました。
ブログ『銀河ステーション』では、鳴神響一の活動や、フラメンコのこと、旅の思い出などを綴って行きたいです。どうぞよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/11/13 00:40

鳴神響一 さんのブログ記事

  • ★★パセオフランコ誌で『天の女王』の書評を頂きました★★
  • 1984年創刊、世界唯一のフラメンコ専門月刊誌「パセオフラメンコ」(パセオ)7月号「今月のふらめんこ時報」のコーナーで「天の女王」の書評を頂きました。(毎月20日発売)――とりわけ中盤からの展開が軽快で、一気に読み切ってしまう爽快さ。(中略)画家・大和田いずみによる装画も美しい。(中略)ぜひ一度手に取ってほしい一冊だ。とのお言葉大変に嬉しいです。世界に冠たるフラメンコ専門誌でお採り上げ頂けましたことは、 [続きを読む]
  • 日本ペンクラブの懇親会に出席しました。
  • 昨日は日本ペンクラブの懇親会に出席させて頂きました。初めての場で、西も東もわからず不安でおりました。大先輩の歴史時代作家、飯島一次先生のお力で、大過なくすごすことができました。この場を借りて篤く御礼申し上げます。写真は、にこやかな飯島先生のお隣で緊張気味の昨夜の鳴神です。入会に際してご推薦を頂いた、浅田次郎先生にごあいさつすることもかないました。新入会員と言うことで、壇上でごあいさつもさせて頂きま [続きを読む]
  • 第6回歴史時代作家クラブ賞の授賞式に出席しました。
  • 昨日は第6回歴史時代作家クラブ賞の授賞式に出席させて頂きました。受賞者の先生方、まことにおめでとうございます!【新人賞】・経塚丸雄先生『旗本金融道(一)銭が情けの新次郎』双葉文庫・坂井希久子先生『ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや』ハルキ文庫【シリーズ賞】・早見 俊先生『居眠り同心 影御用』」二見時代小説文庫 『佃島用心棒日誌』 角川文庫両シリーズ・篠 綾子先生『更紗屋おりん雛形帖』シリーズ 文春文庫【作品 [続きを読む]
  • 近所で咲いていた花を撮ってみました。
  • さわやかに晴れて、青空がひろがりましたね。近所で咲いていた花を撮ってみました。[Pua Kiele]"Pua Kiele"幻聴は、最近ハワイで大人気のジョシュ・タトフィ(Josh Tatofi)で"Pua Kiele"(キエレの花)愛する恋人を、甘い香りのするキエレの花に例えて歌うフラソングです。フラは、この4月に行われたメリー・モナーク・フェスティヴァル2017で、ミスアロハフラ準優勝に輝いたジュリエン・マチコ・カロケ・カルナ(Julyen Machiko [続きを読む]
  • 昨日はエレナ・ガジェゴ先生にお目に掛かれました!
  • 写真は、左からエレナ先生、Dianaさん、José Gutiérrez Románさん、鳴神6日の「百人一首コンサート」でお知り合いになれたエレナ・ガジェゴ(Elena Gallego Andrada)先生に、再びお目に掛かれました。お昼ご飯をご一緒して、森鴎外や志賀直哉、太宰治、宮澤賢治の話をはじめ、スペインと日本の文化について、ラテン語と古代ギリシャ語の美しさ、さらには"Filología"(文献学)や"Irenología"(国際平和学)まで、たくさんの [続きを読む]
  • 昨夜は高校の同窓会でした!
  • 昨夜は高校の同窓会でした。幹事さんと、レストランを経営されているお二人の同窓生のご尽力で、ここ何年も続いています。同じ年に高校を巣立った360名のうち、昨夜はなんと47名の人々が集まりました。2015年の12月に行われた前回に続けて、僕は三回目の参加です。卒業してから36年も経っているのに、皆さま、制服を着ていた頃の面影が残っているから不思議。話し込んでいると、高校生の頃のお顔と、いまのお顔が二重写しになる瞬 [続きを読む]
  • 今夜の十四番目の月です。
  • 梅雨に入りましたが、今夜は十四番目の月が東空にきれいに上りました。["羽衣"]能「羽衣」幻聴は、能「羽衣」 (兵庫県西脇市公式)『私が愛したサムライの娘』で、満汐が舞う曲です。50分あたりからが、作品のイメージに似合うように思います。Pentax K-3 + DA 55-300mm F4-5.8 [続きを読む]
  • ★★三田主水先生に『天の女王』のご書評を頂きました!★★
  • 伝奇時代劇アジテーターの三田主水先生に『天の女王』の素晴らしいご書評を頂きました。大感激です! ぜひとも皆さまにお読み頂きたいです。★鳴神響一『天の女王』(その一) 欧州に駆けるサムライたち★鳴神響一『天の女王』(その二) サムライたちの戦う理由!とてもありがたく、何度も読み返してしまいました。この作品に掛けた思いをご評価頂けましたこと、本当に嬉しいです。次作へ向けての大きな勇気を頂けました。心よ [続きを読む]
  • 土曜日は「百人一首コンサート」に行ってきました。
  • 左からエレナ・ガジェゴ先生、ドゥルセ・カバィエロさま、中根美枝さま3日の土曜日には、目黒のラテン文化サロン"Café y Libros"で開かれた「百人一首コンサート」に行って参りました。すごい企画です。小倉百人一首をスペイン語で翻訳し、音楽に乗せて詠ってしまおうというテーマ。さらに日本語で歌うというとてもユニークなコンサートです。百人一首をスペイン語で語ることや音楽に乗せることは、かなり難しい課題だろうと勝手 [続きを読む]
  • ★★FMサルースに出演させて頂きました★★
  • 本日はFMサルースの生番組"Afternoon SALUS"に出演させて頂きました。お忙しい中、お聴き下さいました皆さまには心より感謝申し上げます。たまプラーザのお洒落な駅前にあるイッツコムスタジオは、オープンスタジオだったので、とても緊張しました。ほら、ガラス張りで街路に面しているスタジオです。パーソナリティの藤田みささまはとても素敵な方でした。藤田さまのお力で、何とか暗礁に乗り上げずに最後まで進むことができまし [続きを読む]
  • ふつうの住宅地の今夜の月です。
  • ふつうの住宅地の今夜の月です。月齢は9.62。今月の満月は9日(金)とのこと。この冬までは畑だった場所です(???)["Clair de lune" by Debussy ]"Clair de lune" by Debussy 幻聴は、ドビュッシーのベルガマスク組曲よりご存じ「月の光」ピアノ界の貴公子とも呼ばれるアンドリュー・フォン・オーエン(米)の演奏でどうぞ。 ★「月の光の真実」……ドビュッシーが音で描いたのは、月光の光景ではなかった?物書きにとっても示唆 [続きを読む]
  • 平岡陽明先生にバッタリ!
  • 目黒駅前で喫茶店を探していたら、平岡陽明先生にバッタリ!平岡先生とは、以前から親しくさせて頂いていますが、お目に掛かれるのは年に一、二度です。二人の動線から考えると、数十秒くらいしか出会えるチャンスはなかったでしょう。しばらくおつきあい頂いて、写真の白金教会のあたりをぶらつきながらおしゃべりに興じました。僕が目黒駅を降りたのは、たぶん初めてのこと。統計学的な確率はわかりません。でも、こういうのは偶 [続きを読む]
  • ★★ラジオ出演のお知らせ★★
  • 来週火曜日にFMサルースの生番組"Afternoon SALUS"に出演させて頂きます。FMサルースは、たまプラーザを拠点とする地域FM曲で周波数は84.1MHzです。ネットラジオで全国でお聴き頂けます。リアルタイムで動画配信もされる予定です。お時間の許します方は、お聴き頂ければ嬉しいです。★放送日時 6月6日(火)14:25〜14:45お招き頂きましたのは、全国各地のFM局パーソナリティとして、また声優としてもご活躍の藤田みささまです。 [続きを読む]
  • 今朝、近くの畑で見かけたスイスチャードです。
  • 金曜日ですね。一週間、お疲れさまでした。今朝、近くの畑で見かけたスイスチャード。一本だけ植えられていると、なんだかシュールです。["Nossa - Mas Que Nada"]"Nossa - Mas Que Nada"幻聴は、フランスのダンス・ポップ・トリオ"Nossa"で"Mas Que Nada"(マシュ・ケ・ナダ)(Universal公式)["Sergio Mendes - Mas Que Nada"]"Sergio Mendes - Mas Que Nada"世界的ヒットとなったのはご存じセルジオ・メンデスの1966年のテイク [続きを読む]
  • ★★日本ペンクラブ入会のお知らせ★★
  • 野村胡堂文学賞の先輩(第一回)でいらっしゃる小中陽太郎先生にお誘い頂き、小中先生と浅田二郎先生のご推薦を賜り、一般社団法人日本ペンクラブの末席に名前を連ねさせて頂くことになりました。日本ペンクラブは1935(昭和10年)に国際ペンクラブの日本センターとして創立。初代会長は島崎藤村という歴史と伝統ある文筆従事者の団体です。ペンはP(Poet:詩人、Playwright:劇作家)、E(Essayist:随筆家、Editor:編集者)、N [続きを読む]
  • 今日は新作の打ち合わせでした。
  • 今日は新作の打ち合わせでした。尊敬する編集者さまからいろいろなお教えを頂きました。とても素晴らしい時間でした。心より感謝申し上げます。写真は東海道線の中から撮ったあるビル。何かが写り込んでいます。探してみてね〜(・∀・)"Candyman""Candyman"幻聴は、クリスティーナ・アギレラで"Candyman"(2007)Canon PowerShot G9x [続きを読む]
  • 今夕の三日月です。
  • 今夕の三日月です。仕事場前の西空に、はかなく輝いていました。「三日月」"三日月"幻聴は、絢香で「三日月」(ワーナー公式)今日は高校時代の同級生でもあるGeoge.NAKA氏にポートレートを撮って頂きました。昨年の冬に続き、二度目となります。今日はスタジオ中心でしたので、たくさんの機材をご用意頂きました。ライティングにも高度な技術を駆使して下さいました。アシスタントのイザベラさんにも大変にお世話になりました。と [続きを読む]
  • 今朝の南湖の左富士です!
  • 今朝の南湖の左富士。雪もずいぶん溶けました。鳥井戸橋交差点の信号待ちの間に撮りました。今日は、コンデジしか持っていなかったので、等倍切り出しの荒技だぁ。画質は許されよ……(゚ー゚;["Serenade For Strings"]"Serenade For Strings"幻聴は、Hyclad(ハイクラッド)の演奏で、チャイコフスキーの「弦楽セレナーデ第一楽章」Hybrid&Hyper Classic DUO=HycladヴァイオリンはYuiさん、ギターは伊東芳輝さんのお二人のDuoです。お [続きを読む]
  • 「小説現代」に細谷正充先生の書評を頂きました!
  • 「小説現代」6月号(講談社)に、文芸評論家の細谷正充先生が『天の女王』(H&I)の素晴らしいご書評をお書き下さいました。(P.303「書評現代」コーナー)ありがたいお言葉の数々に、大きな勇気を頂きました。自信を持って次の作品に全力投球できます。また、次回作へのご指導も頂くことができました。お言葉を肝に銘じ、さらに精進を重ねて参りたいと存じます。細谷先生には、先日も「ランティエ」6月号(角川春樹事務所)に [続きを読む]