トコペコ さん プロフィール

  •  
トコペコさん: Cycling Wonder
ハンドル名トコペコ さん
ブログタイトルCycling Wonder
ブログURLhttps://ameblo.jp/binetu-chunen/
サイト紹介文'08製のプレスポに乗り神奈川県内を走り回っている地域密着型の自転車日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2014/11/13 19:48

トコペコ さんのブログ記事

  • 07月29日、持越大滝の巻きをあきらめて玄倉川を泳ぐ(その3)
  • 今回のコースは沢登り(川歩き)と山歩きの構成になっていて、山歩きでは同角尾根から同角山稜へのつなぎの道順を確認したかった。向山−向山丸−裸山丸は、同角尾根界隈を歩く時、とても重宝するルートで、これまでは山から里(玄倉林道)に復帰する山下りで歩いてきた。今回は山に入る向きで歩き(上り)ます。モチコシノ頭の北側には東沢乗越があり、北(同角ノ頭)と西(東沢)への道は分かった。同角沢にも降りたので、あと [続きを読む]
  • 07月29日、持越大滝の巻きをあきらめて玄倉川を泳ぐ(その2)
  • 今回が、山行レポートのクライマックスと思います。 ■マップ山歩きの全体マップ。(1)計画(2)途中まで(3)WW(WaterWalking)関連↓玄倉川中流↓このようにしてモチコシ大滝を通過しようと考えた手前の淵を越えれば出来ると思うよ■テーマソング今回のテーマソングは、日本の伝統楽器で洋楽を演奏するシリーズ(NHK blends)からです。★Let It Be-The Beatles-Japanese Cover-Biwa↑2016/08/26 に公開。琵琶というと平家物語の語り [続きを読む]
  • 07月29日、持越大滝の巻きをあきらめて玄倉川を泳ぐ(その1)
  • 夏を感じる季節に沢(川)歩きにトライしてみました。場所は、西丹沢のユーシン渓谷である。初夏に集中して通った同角尾根で女郎小屋沢やモチコシ沢の単独遡行は初心者には無理。そこで、あまり目立たない向山沢なら行けるのではと考えた。モチコシ大滝の巻きも面白そうだったから、一緒にやってみようと考えたのです。■今回のテーマ課題は次の2つ。(1)持越大滝から向山沢を歩く(2)同角沢から同角山稜の登山道に出るルートの確 [続きを読む]
  • 07月17日、同角尾根の大タギリを遂に越えました(その2)
  • ■マップ山歩きの全体マップ。(1)計画(2)実際・2D・3D(3)大タギリ周辺■テーマソング今回は、私の大好きなStandard曲”My Favorite things”(私のお気に入り)の演奏動画です。★My favorite things (Jonathan Kreisberg) - transcription↑2016/11/11 に公開■実走報告白ザレのピーク到着からの続き。↓南東から(⌒_⌒)v いぇ〜い! (08)白ザレのピーク(続き)丹沢達人さんたちのレポートに良く登場する名無しのピーク。実際見 [続きを読む]
  • 07月17日、同角尾根の大タギリを遂に越えました(その1)
  • 同角尾根の山々を歩いているとどうしても目にしてしまう場所があるのです。”大タギリ”言わばキレットのビッグサイズで、大タル丸の横にあるのは丹沢では最大級の高さらしいのです。前回も裸山丸からの戻りのコースで通れないか検討したのですが、踏み切れませんでした。丹沢の達人さんたちのコメントはどれも同じで、「初心者はお止めなさい、特にソロは危ない」というものでした。丹沢の山歩きを本格化して半年の初心者レベル [続きを読む]
  • 07月08日、復習:裸山丸(その3:最終回)
  • ■マップ山歩きの全体マップ。赤色=往路、青色=復路。(1)山歩きの全体(2)今回の関連 ■テーマソング今回のテーマソングは、日本の伝統楽器で洋楽を演奏する動画に注目です。★ジュピター G ホルスト 作曲 福原一笛 演奏↑2010/11/23 に公開。日本の横笛(篠笛)の響きはフルートより良いと私は思っている。高音の突き抜け感が潔い。お祭りのお囃子の横笛が最高だよ。 ■実走報告裸山丸戻りからの続き。(⌒_⌒)v いぇ〜い!(14)向 [続きを読む]
  • 07月08日、復習:裸山丸(その2)
  • さくさくっといきますよ。v(^o^)■マップ(1)山歩き全体(2)今回の関連■テーマソング今回のテーマソングは、日本の伝統楽器で洋楽を演奏する動画に注目です。★『レット・イット・ゴー』箏三重奏 Let It Go from "Frozen" on koto trio↑2014/05/30 に公開 ■実走報告裸山丸前半からの続き。(⌒_⌒)v いぇ〜い! 尾根の急登が落ち着いてやれやれと思った頃。見覚えのある倒木が現れた。(06)昼休み前回この倒木で気持ちを切り替え [続きを読む]
  • 07月08日、復習:裸山丸(その1)
  • ■丹沢の核心部下に7月に拘った同角山域(どうかくさんいき)の場所を示す。実は”同角山域”という言葉は私の勝手な呼び名です。(個人的な見解)このエリアを言い表す正しい言葉が分からなかったので、このようにしました。対象は、同角山稜と石棚山稜と玄倉川に囲まれたエリアの山々と沢です。このエリアは不思議な場所です。本屋で手に入るハイキングガイド本では、絶対に取り上げられませんが、ネットのディープな山行レポー [続きを読む]
  • 07月06日、6年振りに携帯の機種変更をしました。
  • 我が家は3人家族でauを利用している。家族は途中でスマホ(iPone)に乗り換え、私だけがガラ携を6年間使い続けて来た。折り畳んだ状態で携帯を横に持ち上げるとディスプレイがだらしなく開いてしまう。それでもまだまだ十分使えるのだが、7月初めに機種変更に踏み切った。私はジテツウなので通勤途中にスマホは見ないし、老眼が進んで細かい文字も見づらいので小さな画面は苦手です。自宅ではノートPCの方が何かと便利なので、ス [続きを読む]
  • 07月02日、境川CRで藤沢に買い物しに行く
  • 藤沢のビックカメラに、デジカメのスペア電池を買いに行きました。日曜日の昼下がりに、ちょっと行って来ようと思い立ち決行。ついでに新林公園に立ち寄ってアジサイの写真でも撮ってみようと考えたのです。私は”花”の写真がうまく撮れない。練習のつもりで境川沿いでも気になった草花は撮ってみました。私だけの感覚なんだと思いますが、今年の6月は例年になくアジサイが不作だったように思います。青色鮮やかなアジサイを全 [続きを読む]
  • 06月24日、西丹沢・同角尾根で危機一発、二発、三発(その4)
  • ■マップ同角ノ頭南西尾根(同角尾根)周辺のマップを示す。 ■テーマソング今回のテーマソングは、Earth Wind & Fire の名曲 "September" です。★Earth, Wind & Fire-September-Cover-Koto-NHK Blends↑2016/07/24 に公開。このNHKのシリーズは良く出来ていると思います。 ■実走報告(13)同角ミニキレット(危機2発目)時よりコンパスを確認しながら自分の選択の正統性を確信する。緩い尾根をみてP1190と確信。↓P1190P1190を [続きを読む]
  • 06月24日、西丹沢・同角尾根で危機一発、二発、三発(その3)
  • ■テーマソング今回のテーマソングは、Earth Wind & Fire の名曲 "September" です。★Naudo - September↑2008/03/30 に公開。Naudoは何と発音するのだろうか?この人はホントにどんな曲も簡単そうに弾いてしまうのでいつもびっくりする。 ■実走報告仲ノ沢経路からの続き。(⌒_⌒)v いぇ〜い! (06)欅平(けやきだいら)仲ノ沢経路の分かれ道は右を選んで、すぐに道は消え斜面となる。好きなように斜面を下ると、そこが欅平と呼 [続きを読む]
  • 06月24日、西丹沢・同角尾根で危機一発、二発、三発(その2)
  • ■マップ仲ノ沢経路の詳しいマップを示す。 ■テーマソング今回のテーマソングは、Earth Wind & Fire の名曲 "September" です。★Earth, Wind & Fire - September↑2013/01/11 に公開。こちらはオリジナルです。■実走報告(01)出発02:45、出発。公園で出発の儀式をする。深夜なので辺りは当然暗い。(02)山北まで夜中の長後街道に慣れてしまった。走行ルートはいつもと同じ。長後街道K22から下糟屋でR246に合流後西走するルート。 [続きを読む]
  • 06月24日、西丹沢・同角尾根で危機一発、二発、三発(その1)
  • 檜洞丸の南西に伸びる尾根から南に分かれる山稜が同角山稜。稜線部分に登山道が設定されていて、登山口はユーシンロッジである。棚沢盆沢間尾根から始まった私の西丹沢尾根歩き、同角山稜まで来たならもう一歩踏み込みたい。丹沢の山道は、登山道ならどこも優しい。(難しい登山道などない)しかし、登山道以外の道、一般的には”バリ路”※と呼ばれる道になると表情が一変する。一つ下る尾根を間違えただけで、とんでもない状況 [続きを読む]
  • 06月10日、西丹沢、ユーシン歩道を上り同角山稜を下る(その2)
  • 九州豪雨で被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。緑で覆われていた山々が無残に剥げ落ちた姿は驚きであり、流された土砂と木々が水の力と合い間って街を押しつぶした様子は恐怖である。もし、同量の雨が丹沢に降ったなら、登山者が二度と入れないようになるかもしれない。ちなみに西丹沢世附地区は2010年に水害の被害を受けましたが今だに完全復旧に至っていません。 ■マップ山歩きの全体マップ。赤色=往路、青色 [続きを読む]
  • 06月10日、西丹沢、ユーシン歩道を上り同角山稜を下る(その1)
  • 棚沢盆沢間尾根、朝日向尾根と来ればもうひと押ししてみたくなる。朝日向尾根の西隣の尾根をユーシン歩道と言う。上ってみました、そして檜洞丸を通って同角山稜を下って戻って来たのでその経過をレポートする。 ■見所★ユーシン歩道どちらかと言うと沢屋御用達のユーシン沢と檜洞(ひのきぼら)の間にあるのがユーシン歩道(尾根道)。ユーシンロッジ裏のユーシン沢を遡上して、ユーシン沢と檜洞に分かれる二俣がユーシン歩道へ [続きを読む]
  • 丹沢の地図について
  • 山行レポートの合間の記事に書きかけてウトウトしたら、都議選ネタが追い越していった。ユーシン歩道の山行を始める前に丹沢の地図について話をします。 ■地図昨年まで地図と言えば昭文社の地図を指すものだった。①昭文社「山と高原地図28丹沢」 それが、昨年吉備人出版から「丹沢登山詳細図」というものが発売されていることを知り、いつか手に入れたいと思っていた。②吉備人出版「登山詳細図2万5000分の1版 丹沢」③吉備人 [続きを読む]
  • 2017年東京都議選の結果について
  • 2017年東京都議選の結果が出ました。都民ファーストの会(以後都民フ)の圧勝でした。都民フは今年出来た政党(準備開始は2016年10月)で東京都議会を対象とした地域政党である。政治の実績は皆無、公認候補は他党(自民、民進)からの離党者と素人。 こういうのをちょっと前に見ましたね国の与党が交代する一大事と供にね。その時の主役は小沢一郎と鳩山由紀夫でしたね。国民は熱狂しました。傲慢な古い体質の自民党に変わって [続きを読む]