Suu さん プロフィール

  •  
Suuさん: Life like a journey in インド
ハンドル名Suu さん
ブログタイトルLife like a journey in インド
ブログURLhttps://ameblo.jp/like-a-journey/
サイト紹介文ヨーロッパ→中国→インド(デリーグルガオン)。各国を転々としてきた駐在員妻が見たインドと生活記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/11/13 22:06

Suu さんのブログ記事

  • 象と紅茶とシーフードと
  • 爽やかな高原の朝を迎えて、今度は首都コロンボへ向かう。 コロンボでは、街歩きとティーサロンでのお茶、買物などでそれなりに時間が必要なので、できるだけ早く到着したいなーと考えていた。 キャンディーからコロンボへ戻る途中に、ツアーなどでは組み込まれている「ゾウの孤児院」があるのだけれど、個人的には「別に寄らなくていいかなー」と思っていて。一応、旅行プランを立てている時に、『ゾウは見なくてもいいよね?』 [続きを読む]
  • 古都キャンディー散策
  • シーギリヤ・ロックから下りたら、途中休憩を入れながら、3時間程のドライブ。次は、仏教の聖地であるKandy(キャンディー)へ向かう。 街全体が世界遺産に登録されているとはいえ、調べてみてもあまり見所もなく、実はポロンナルワ遺跡の方に惹かれていたのだけれど、「緑が多くて涼しくて良かったよ〜」という友人の体験談を聞いて、最終的にキャンディーを選択。 小ぢんまりとした高原の町で、町中を散策できるというのもポイ [続きを読む]
  • シーギリヤ・ロックに登る
  • 昨晩は雷雨があり、どんより曇った朝を迎える。種類が豊富で美味しくて、胃がもう一つあったら、あれもこれも食べられるのにー!と、久しぶりに大満足な朝食をとり、後ろ髪惹かれる思いでホテルを後にした。 さて、スリランカ旅行のハイライト、世界遺産シーギリヤ・ロックに登りマス。(冒頭写真はホテルから望遠レンズで撮ったもの。あの岩の頂上を目指すよー) ジャングルの中にひときわ大きな岩が聳え立つ。外国人専用の入口 [続きを読む]
  • ダンブッラ石窟寺院と森のホテル
  • スリランカはインド洋に浮かぶ小さな島国。でも、ビーチも高原も山も世界遺産もあって、見所いっぱい。 デリーからコロンボ国際空港まで約3時間半のフライト。4時過ぎにはコロンボに到着、そのまま近くの海沿いの町・ネゴンボへ行き、散歩したり、ビーチサイドでのんびり飲んだり食事したりする予定だった。 ・・・が、フライト(Air India)がなんと4時間も遅れ、到着したのは夜8時半。もう真っ暗で、夜のビーチサイドで軽く食事 [続きを読む]
  • 似て非なる国
  • 日本はお盆休みですが、インドも8月15日は独立記念日で祝日の為、オットの会社は4連休。多くの人が、インド国内外へと旅行に出かけてゆく。 我が家は、去年はインド国内で憧れの宮殿ホテルに宿泊。 (あれからもう1年とは・・・早い!)今年はどうしようか・・・と、「行きたい」優先順位の高い方から、気候や予算などを調べて条件の合う旅行先を選択。 で、行ってきたのは・・・ 暑いけれど、海風もあって空気が良いところ。久 [続きを読む]
  • ある映画と働く子供たち
  • もう数か月前のことだけれど、『LION/ライオン〜25年目のただいま』という映画を観た。実在するインド人少年に起こった出来事を、オーストラリア人監督によって映画化された感動作。 あらすじなど詳しくはこちらをどうぞ→ ★ 田舎で石を運んで暮らす人々、学校へ行かずに両親を手伝ったり盗みを働く子供達、言語の違い、子供達が狙われる環境、孤児院、そして養子縁組などなど。 あぁ、まさにインドそのものだ・・・と、主人公 [続きを読む]
  • 寛ぎのティールーム
  • Hauz Khas Villageの公園をお散歩してから、一休みしようということになりカフェ探し。 このエリアでは、Coast cafeかElma's Bakeryというのがだいたいのお決まりで。人気のSocialに・・・と思ったものの、ざっと見た所、大勢のインド人達で賑わっていたので止めにして・・・ ありそうで無い、落ち着けるカフェ空間。どこか無いかな〜と思いながら歩いていたら、ちょうど目の前に"The Tea Room"の看板が! ここは地上階にコスメな [続きを読む]
  • 雨季のお散歩
  • 旅行やお出かけに最適な「いい時季」が短いデリーNCRですが、雨季もそんなに悪くないかも・・・と思う今日この頃。 雨季と言っても、毎日しとしと雨が降り続ける訳でも、必ずスコールのような大雨が降るわけでもなく。降っても大抵は局地的あるいは断続的で、短時間降っては止むという具合。 気温は30℃前半位まで下がるし、少し風が吹くと心地良く、空気もそんなに悪くないし。40℃超えの酷暑の時季には外を歩けないけれど、今 [続きを読む]
  • インド好き女子
  • 先日は、デリーで働いている友人達と久しぶりのランチ。 メンバーは、インド人と結婚されて長く住んでいらっしゃるSさん、ご夫婦でインド駐在を希望していて晴れて派遣されてきたNさん、そして現地採用で奮闘しているMさんと、お気楽チューヅマのワタシ。それぞれ全く違う生活スタイルなので、なかなか日程が合わず、やっとゆっくり話す機会が持てた。 実は、Mさんが契約満了で日本へ帰国することになり、彼女の希望するインド料 [続きを読む]
  • 「いい天気」って?
  • 気が付けば、今日から8月。日本は夏休み真っ只中、今年は暑さが厳しく、雨の被害も多いようですが、いかがお過ごしでしょうか。 こちらデリーNCRでは、モンスーン前に多かった雨が、モンスーン入りしてからはあまり降らないねぇ〜と話していた矢先に、昨日の午後には久しぶりの大雨。今週は朝からどんより曇って、雨が降ったり止んだり、時には陽が射したりと、時間毎にコロコロと変わるモンスーンらしい空模様。 モンスーンの季 [続きを読む]
  • 渋滞のその先に・・・
  • インフラ整備が追い付かないのに、車は増え続けているインド。グルガオンもまだまだあちこち工事中なので、人の移動が集中する通勤時間帯は渋滞が発生しやすい。 で、先日は、アパート前の主要道路Golf Course Roadが異常なほどに大渋滞。200m程を進むのに30分以上もかかってしまった。 流石にこういう時には、渋滞の先頭で何かあったかな・・・と想像する。 だってインドでは・・・・ 牛が道路を横断したり、道の真ん中に居座っ [続きを読む]
  • 席取り合戦
  • 時々乗るデリーメトロ。交通渋滞もないし、数分毎に走っていて、冷房も効いていて快適。(→ デリーメトロでGO!) 男性が多い中に乗るのはちょっと怖いので(特に通勤時間帯はひどい混雑なので)、乗るのはいつも女性専用車両。(→ 通勤ラッシュ)そんなに混んでないし安心なのだけど、初めて乗った時にはちょっと面食らった。だって、 席取り合戦がすさまじい! まぁ、グルガオン⇔デリーの通勤・通学には30分(以上)かかるか [続きを読む]
  • 紅茶屋さんのコーヒー
  • 美味しいコーヒーを探してカフェ巡りをしてみるものの、なかなか出合えないグルガオン。北インドでは、やっぱりまだチャイの方が主流。 結局、自分で淹れるのが一番だね、てことで、家へ帰ってから淹れ直すこともしばしば。紅茶が有名なインドだけれど、実はコーヒー豆の生産量も多く、美味しい豆を買うことができるので。(→ インドでもコーヒー) デリーでコーヒー専門店といえば、有名なDevan's、サードウェーブ系のBlue Tok [続きを読む]
  • のどに効く食物
  • ジメジメと蒸し暑いモンスーンシーズン真っ只中のデリー。 先週はエアコンを点けっぱなしで寝てしまったせいか、翌朝起きたら喉が痛い。あ、嫌な予感・・・と思ったら、翌日には更に炎症して扁桃腺が腫れてしまい、咳と鼻水も出始めて・・・幸い悪寒がしたり熱が出たりということはなかったのだけど、喉が痛くてたまらない。 のど飴もないし、何か家にあるもので喉に良いものはないかな〜?・・・と考える。 こういう時、日本で [続きを読む]
  • 小さな山のカフェ
  • お散歩&カフェ巡り、という、週末のささやかな愉しみがなくなってしまったグルガオンでの生活。暑いしやることも無いし、行く場所も限られ、週末はちょっと退屈。 デリーだと、SaketのBlue Tokaiや、カーンマーケット、ロディコロニーなど、散歩やショッピングをしつつ途中で寄ることができるちょっとオシャレでコーヒーも美味しいカフェがいくつかあって楽しいのに。(→隣の芝は青い) そう言いながら、早2年半以上が過ぎマシ [続きを読む]
  • もしもインドに100人しか住んでいなかったら
  • 昔、『世界がもし100人の村だったら』という本が話題になったことがあった。世界人口を100人という分かりやすい規模に縮小して、相互理解を深めようというものだったと思う。 インドは現在人口約13億人と言われていて(C国と同様に戸籍登録されていない人もいるだろうから実際にはもっと多いかも?)、多種多様な価値観の人々が住む、不思議な国。国連の発表によれば、2024年頃までにはインドの人口は中国を抜いて世界1位になると [続きを読む]
  • 斬新で美味しいインド料理
  • 久しぶりにインドカレーが食べたくなった週末。さぁ、何処へ行こうかな〜と、取り敢えずCyber Hubへ行き、決めたのはこちら。 Farzi Café 実は、2年位前に、友人から「ちょっとオシャレで面白いお店があるよ」と聞いて、ずーっと気になっていたにもかかわらず、行った事が無かったお店。やっと行けたー!(・・・ていうか、2年もの間なぜ行かなかったか・・・) 店内はウッディーで薄暗く、シックな感じ。バーカウンターもあり( [続きを読む]
  • もらって嬉しいお土産 その②
  • ちょっと前に、このブログの検索ワードで多いのは何かな〜と思ってチェックしてみたら、 「駐在員 お土産」 が意外と多いことを知った。 ふむふむ、そうだよね〜、駐在員へのお土産は何がいいか悩むよね〜。単身赴任の男性に「顆粒出汁もらったんですけど、何に使うんですか」と聞かれて、料理しない人がこういうのもらっても困っちゃうだけだよねー。我が家の場合、お酒をもらっても来客時しか飲まないから、冷蔵庫の奥で忘れら [続きを読む]
  • ホットヨガ
  • ここのところ珍しく雨が続いていたので、もう雨季に入っていたかと思いきや、正式にはデリーNCRにモンスーンが到来したのは昨日。予定(6/29)より4日遅れデシタ。 今年はモンスーン前に雨が多くて、6月は例年の平均降水量を超える雨量だったとか。長年インドに居る方が、「今年は久しぶりに雨季らしい雨季だ」とおっしゃってました。 気温は30℃位に下がったとはいえ、日本の梅雨のように、ジメジメ&ムシムシ。洗濯物も乾かない [続きを読む]
  • 最も魅力的な人 in インド
  • インドで毎年選ばれる "The most desirable man / woman"。今年もそのTOP50が発表されマシタ。 興味のない方には、どーでもいい内容ですが(笑)、週末の気楽な話題としてご紹介。 ワタシもボリウッド映画を観るようになって、一部の人達のことを知っただけなので、インドの芸能界には詳しくないのですが・・・ さて、インド人が選ぶ「魅力的な人」「憧れる人」ってどんな人? だいたいその年の映画とか、何かしら話題になった人 [続きを読む]
  • どうなるGST?〜複雑すぎる税金
  • 大した食事やサービスじゃないのに、場所によってはメニューの約3割増しを支払うことになるインド。それは、いろいろな税金が上乗せされてくるから。(→ インドは安い? ) インドは世界でも非常に複雑な税制を取っている国の一つなんだとか。それは主に間接税に関わることで、確かに個々のレシートを見ると、よく分からないけど何や色々な税金がかかっていたり、場所によってその種類も違うので、複雑さの一端がうかがえる。 [続きを読む]
  • インドでクレープを食べたら・・・
  • ちょっと小腹が空いた時など、たま〜に食べたくなるクレープやパンケーキ。 日本だったら、オサレなガレット屋さんやパンケーキの専門店がある。材料は日本のものだったり、日本人好みにアレンジしてあったとしても、だいたいフランスやハワイなど本場とあまり変わらないメニューで出てくると思う。 例えば、写真↑は一時帰国中に行ったGinza Six内のフランス発ガレット専門店Framboiseのもの。その日本第1号店だけあって、本国と [続きを読む]
  • 国際ヨガの日 2017
  • 6月21日は国際ヨガの日(Internationa Day of Yoga)。 モディ首相の提案で国連に採択されてから3年目。インドだけじゃなくて、日本を含め世界各国・各地でヨガに関する様々なイベントが開催されている。(18日には京都の平安神宮前で1000人超集まってヨガしたそうで、スゴイ!) 今年はモディ首相はLucknow(ラクナウ)で現地の人々と一緒にヨガをするようです。『モディ首相と一緒にヨガができるのを楽しみにしていますっ!』と [続きを読む]
  • 間もなくモンスーン入り
  • 気温40℃のデリーから日本へ帰った時、東京の気温は27℃。「今日は暑いわねー」という家族の声に、「いや、涼しくて快適」と同意できず・・・(笑電車やデパート内は冷房が効いて寒く、この気温なら冷房まだ要らないよ〜と思ってしまう。 そんな日本からデリーに戻ると、真夜中でも気温36℃。「あ〜、やっぱり暑いね・・」と呟くと、その前の週に48℃超えを経験したオットが一言。「今日はだいぶマシやで〜」 ここのところ、真夜 [続きを読む]
  • 渋イケメンの国
  • 日本で楽しみにしていたイベントに参加してきマシタ。アジアを中心に旅をしながら写真を撮っている写真家 三井昌志さんのトークイベント&写真教室。 実は、3月に開催されたデリーでの講演会は、TTCの真っ最中で参加できず、断念したのでした。そしたら、ちょうど一時帰国中に渋谷で帰国報告会を開催するというではないですかー。しかも、魅力的な写真を撮るコツまでも学べる写真教室もありという絶好のチャンス! この日は、い [続きを読む]