太陽光発電道楽人 さん プロフィール

  •  
太陽光発電道楽人さん: 元太陽光発電技術者の道楽ブログ
ハンドル名太陽光発電道楽人 さん
ブログタイトル元太陽光発電技術者の道楽ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/sunnytomato/
サイト紹介文太陽光発電に30年余り携わった技術者が運営や保守、検査、評価などの技術を中心にブログします
自由文30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
今では屋根太陽光発電、分譲太陽光発電所を運営しながら業界や製品の動向、他の発電所の状況などを勉強しています。
ブログではこれまでの経験を活かし、太陽光発電の技術の話をはじめ、できるだけいろいろなことを紹介していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供281回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/11/14 11:07

太陽光発電道楽人 さんのブログ記事

  • リコーが自社電力使用を100%再エネ化目標
  • リコーが100%再エネ化の目標を発表しました(リコー 自社仕様の全電力を再生可能エネルギーで賄う目標)。2050年と随分先のことですが、思い切った目標と言えるでしょう。 この目標はパリ協定にそったものと思われますが、日本はパリ協定への対応は遅れており、リコーの対応が国内初めてのようです。 「パリ協定」自体は「産業革命前からの世界の平均気温上昇を2度未満に抑える」というものですが、このためにはもう化石 [続きを読む]
  • 系統安定化のために蓄電池、北海道
  • 北海道では再生可能エネルギー電源の出力変動による系統への影響を抑えるため、メガソーラーに対して蓄電池の併設することを進めているようです(北海道で広がる“太陽光×蓄電池”再エネ普及の活路となるか)。 このニュースで参考となるのは、連系のためには「メガソーラー出力の変動幅を蓄電池の充放電制御と連係した合成出力で1分間にパワコン出力の1%以内に抑える」という技術要件です。 太陽光発電では数秒で50%ぐ [続きを読む]
  • やっぱり日本のバッテリーは高いよ
  • 日本のバッテリーは高いのではというブログを最近2回ほど書きましたが、またそれを思わせる記事がありました(蓄電池導入で「安い電力」になってきた太陽光)。オーストラリアの話ですね。 ここで紹介されている豪州AGLのバッテリーシステムは7.2kWhで85万円ほど。先日のシャープのバッテリーシステムが6.5kWhで228万円なのに対して約3分の1の値段です。なんでこんなに違うのでしょうね(テスラは10kWhのバッテリーだけで35万 [続きを読む]
  • CIS太陽電池は屋根を凍らせる???
  • 我家の屋根にはソーラーフロンティアのCIS太陽電池が載っています。ソーラーフロンティア曰く、「CIS太陽電池は温度特性が良い(温度が上がっても効率は下がりにくい)」とのことですが、私はこれを疑っています。この4月にもそう思わせるデータがありました。下記のとおりです。 この5日間の間で最大発電は5.25kWでした。屋根に乗っている太陽電池は定格で4.59kWです。東西南に分かれていて、実質的には南向き換算で4.3kWほ [続きを読む]
  • 2017年4月16日から20日の屋根発電実績
  • この5日間の屋根発電実績を報告します。実績は下表の通りです。 春曇りのせいかあまりスカッとした晴れは少なかったのですが、意外に天気が良かったのだなぁと思います。設備利用率が20%を超えました。日が長くなってきているせいでしょうね。 4月も後半になっています。今のところ発電状況はイマイチですが、残りでどれだけ頑張れるか。今月の発電でCISの温度特性について面白いデータを得ましたので、後でアップします [続きを読む]
  • バッテリー関係のニュースが多いのは良いが・・・
  • 先日、シャープがバッテリーシステムの新製品を出したというニュースをこのブログで取り上げ、えらく高いなぁと書きました(シャープが新しいバッテリーシステムを出しましたが)。(読者の方から「シャープのバッテリーは品質が良い」というコメントを頂きました。この分野のことはあまり詳しくありませんので、そのまま伝えておきます。) 別のところからも同様のニュースが流れ、それによりますとこのバッテリーシステム [続きを読む]
  • また出ました、熱放出を抑える太陽電池
  • 太陽電池の熱を抑えたり有効利用したりする話は昔から良く聞きます。成功すれば良いなとは思っていますが、難しそうです。最近もこれに挑戦するニュースがありました(サンジュニア、熱放出を抑える太陽光パネル開発着手)。 太陽光パネルの温度を下げようとするのは、太陽電池は温度が上がると効率が下がってしまうという性質があるからです。太陽電池の温度を下げて、その熱を他に利用できれば一挙両得になると考えるのは当 [続きを読む]
  • 今度は変換効率60%超の太陽電池かぁ
  • またまた凄い変換効率が報告されています(ペロブスカイト薄膜太陽電池で変換効率60%超の可能性)。ペロブスカイトと言うのはある結晶構造をもつ材料を言うのですが、近年、ペロブスカイト系材料で太陽電池が作れることが発見され、低コストで作れそうなこと、短期間のうちにかなり高い変換効率(確か10数%)に達したことから注目を浴びています。ただまだ安定性が良くないなどの理由で実用化はされていません。 そのペロブ [続きを読む]
  • シャープはパネルの新製品も出していた
  • この前シャープが新しいバッテリーシステムを出したことを紹介しましたが、その記事ではパネルの新製品も紹介していました(半分以下に小型化した6.5kWhの蓄電池、シャープが発売)。 前にも書きましたが、私はシャープがどのように再生されてくるのか興味があり、それを太陽電池関連から追いかけています。前回は蓄電池システムについて触れましたが、今回はパネルについて見てみたいと思います。 簡単な記事ですが、そ [続きを読む]
  • 2017年4月11日から15日の発電実績
  • 5日ごとの発電実績報告です。この5日間は下表のようになりました。 比較的良い天気に恵まれましたね。14日の6.367kWh/kWというのは今年の最高値です。もっとも、4月なら最高値は7kWh/kW近くになって欲しいところなので、今月の残りで最高値が更新されると確信しています。 「確信しています」と言ったものの、私は「確信」という言葉はあまり好きではありません。特に政治的に使われる場合。例えば「忖度は無かったと確 [続きを読む]
  • シャープが新しいバッテリーシステムを出しましたが・・・
  • シャープが新しいバッテリーシステムを出したというニュースがありました(半分以下に小型化した6.5kWhの蓄電池、シャープが発売)。小型化したということが謳い文句なのでしょうが、それにしても値段が高すぎる! このバッテリーシステムはパワコンを含めて228万円だそうです。バッテリーシステムってこんなに高かったかなと思い、他を調べました。以前に話題になったテスラのパワーウォールはパワコンを含まないで7kWhで300 [続きを読む]
  • 変換効率50%を超える太陽電池ができると言っても・・・
  • 変換効率50%というのは凄い数字ですね。ホンマかいな、と思って調べてみましたが、結果は「???」というところです。NEDOが援助している研究なのでウソではありませんが、50%を超える太陽電池が可能だろうという話で、決して「できた」ということではありませんでした。 最初にこの話を知ったのは産経WESTの記事です(太陽電池の変換効率50%を超えた 神戸大学が新技術「理論上63%」発電コスト下げ実現めざす)。普通、高い [続きを読む]
  • 桜散って、2017年4月6日から10日の屋根発電実績
  • 桜が雨で散ってしまいました。寂しいですね。桜の話とは関係ありませんが、この5日間の発電実績は下表の通りです。 この5日間は結構悪いですね。4月初めの5日間は良かったので期待していたのですが、今日も雨、これからもあまり天気はよく無さそうです。3月が2月よりも成績が悪くて残念だったのですが、まさか4月まで2月より悪くなるなんてことは無いだろうな。 ----------改正FIT法に則って「みなし認定事業者」の事業 [続きを読む]
  • 改正FIT法みなし認定業者の事業計画書を提出
  • 私は既に発電所を運営していますので、改正FIT法ではみなし認定事業者になります。みなし認定事業者も事業計画書を出さなければいけませんが、やってみると簡単なので片づけておきました。私の場合はエネ庁のHPからフォームをダウンロードして記入し、送付する形をとりました。 改正FIT法では発電所にフェンスや標識をつけることが義務になっています。私の発電所ではフェンスは既にありますが、標識はまだのため、9月までに [続きを読む]
  • 東芝が太陽光発電所の保守サービス
  • 東芝が太陽光発電の保守サービスを行うというニュースがありました(東芝ITサービスが低圧太陽光向けO&M代行、現場駆け付けも)。経営危機の最中に大丈夫かな?と思いましたが、皆様も同様に思われたのではないでしょうか。 東芝は、パネルはOEMでアメリカから輸入、パワコンはTMEICに譲っていますので、本体には太陽光発電に関してほとんどノウハウは無いはずですが、この東芝ITサービスというのはどのような会社なのでしょ [続きを読む]
  • ドローンを使う検査はメガソーラークラスかな
  • ドローンにIRカメラ(サーモカメラ、サーモビュアー)を載せて空中から熱分布像を撮影し診断するという方法は昨年あたりからよく提案されています。最近、もこの方法のニュースがありました。 まずはこの検査業務を行うパシフィックネットという会社からの記事(ドローンによる太陽光パネル検査、サイトでデータ分析して対策まで検討)。この記事では2MWのメガソーラーを15〜20分で検査できると報告しています。記事の書き方 [続きを読む]
  • 2017年4月1日から5日の屋根発電実績
  • 4月に入り、調子よく発電しています。この5日間の発電実績は下表の通りです。 パネル1kWあたりの発電量が5kWhを超える日が4日もあり、平均で4.604kWhになりました。やはり春ですねぇ、幸先の良いスタートです。 春になるとセミナーも増えてくるのが楽しみです。改正FIT法への対応や21円/kWhでの事業などいろいろ勉強したいことがります。また、もう少ししたら野立ての1年点検を依ろうとも思っています。とにかく春になり [続きを読む]
  • テスラ社がソーラールーフを受注開始
  • テスラ社のソーラールーフが4月から受注開始になるようです(テスラ、住宅用ソーラー屋根の受注を4月から開始)。上から見たら太陽電池、横から見たら屋根タイルという面白いソーラールーフですが、いよいよ受注開始となりました。 価格も納期も明らかではないらしく、このあたりは話題作りのうまいテスラらしいですね。寿命や修繕費、省エネ性能などを考慮したら従来の屋根タイルより安くなるということらしいですが、そうす [続きを読む]
  • 太陽光に当てられない(?)フィルム型太陽電池
  • フィルム型太陽電池と言うのは昔からよく提案されています。古くはアモルファスSi太陽電池、最近では有機太陽電池やペロブスカイト太陽電池などがあります。その有機太陽電池についてのニュースがありました(貼れるフィルム型の太陽電池、積水化学が居んさt技術で量産へ)。ニュースのポイントは量産化と事業化ということでしょう。 量産化にはロール・ツー・ロールの技術が使われていますが、この技術もフィルム型では良く [続きを読む]
  • 太陽光ファンドの「いちごグリーン」が分配金予想を公表
  • 東証のインフラファンドに上場している太陽光発電の「いちごグリーン」投資法人が、今後10年間の予想分配金を公表しました(上場投資法人の10年分の予想分配金を公表)。下図がその予想分配金です。 大体6000〜7000円ほどですね。ファンド価格は本日の終値で91500円ですから、6-7%の分配率になります。FITのお蔭で事業が安定していますから、20年ぐらいこの分配が続くでしょう。悪くないですね。そうすると20年で120〜140%分 [続きを読む]
  • ダラダラ値下がりする太陽光パネル
  • 私は継続的にPVinsightsというサイトでパネル価格をモニタリングしています。ここで表示される価格はメガソーラーなどの大口購入に対するものなので、小口購入者の感覚からは少しずれるかもしれませんが、傾向は把握できると思っています。大体、ここに示された倍ぐらいの価格が私の感覚には合います。 で、このサイトに示されたこれまでの価格傾向は次のようになっています。大口購入とは言え、30セント/W台にまで下がってい [続きを読む]
  • 2017年3月の太陽光発電まとめ
  • 3月の我が家屋根の太陽光発電は2月より悪かったようです。先月までの各月の1kWあたり一日平均発電量をグラフにしました。下図に示します。今年は赤線です。 上の図を見れば3月が2月より悪かったことが判りますね。3月は順調に発電しているなと思いましたが、最後の週が良くなく、一日平均では2月以下でした。実際、最後の週は寒かったですしね。納得できます。 今年の3月の成績は2016年より少し良かったものの、2014年、 [続きを読む]
  • 2017年3月の毎日の発電実績
  • 3月も終わりです。今月の日々の発電実績は下表のようになりました。 パネル1kWあたりの平均一日発電量が3.776kWh、設備利用率に換算(24で割る)して15.7%でした。もう少し発電量を期待していましたが、最終日の雨が足を引っ張ったのでしょうかね。まぁ、明日から4月です。4月、5月は太陽光が最もよく発電する時期なので楽しみです。 例によって他の発電所との比較やこれまでとの比較などは明日整理して報告します。&nbs [続きを読む]