太陽光発電道楽人 さん プロフィール

  •  
太陽光発電道楽人さん: 元太陽光発電技術者の道楽ブログ
ハンドル名太陽光発電道楽人 さん
ブログタイトル元太陽光発電技術者の道楽ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/sunnytomato/
サイト紹介文太陽光発電に30年余り携わった技術者が運営や保守、検査、評価などの技術を中心にブログします
自由文30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
今では屋根太陽光発電、分譲太陽光発電所を運営しながら業界や製品の動向、他の発電所の状況などを勉強しています。
ブログではこれまでの経験を活かし、太陽光発電の技術の話をはじめ、できるだけいろいろなことを紹介していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供278回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2014/11/14 11:07

太陽光発電道楽人 さんのブログ記事

  • 自治体がFITで儲けるというのはどうも・・・
  • 私の住んでいる所沢市は環境事業の一環として太陽光発電所を設置しています。現在、遊休地や調整池を利用し、とことこソーラー(1MW)、フロートソーラー(380kW)の2ヵ所運営しています。 これはとても良いことだと思うのですが、これらの発電所が発電した電力はFITで売られます。地方自治体だから、多分、土地代や固定資産税がかからない(かかっても自分の懐に戻ってくる?)ので、確実な利益事業として運営できるのではな [続きを読む]
  • 圧縮空気でエネルギー貯蔵
  • こんな方法でエネルギーを貯蔵するのですね(電力を「圧縮空気」で蓄電するシステム稼働、静岡県で再エネの出力変動対策に)。知りませんでした。空気を圧縮するほかに、圧縮・膨張過程の熱の発生・吸収も利用するようです。 NEDOの実証研究として2015年から行っているとか。18.37MWの風力と連動させて、風力の出力変動の吸収・制御の実証することになっています。早稲田大学とエネルギー総合工学研究所がNEDOの研究委託を受 [続きを読む]
  • 128MWはさすがにデカい
  • 太陽光発電の開発・運用を行うレノバは岩手県軽米町(かるまいまち)で80MWの太陽光発電所の工事に着手し、更に予定している48MWと合わせて128MWの発電所を同地区に建設することになりました。下の写真が完成イメージですが、さすがに128MWというと凄いですね。日本最大規模らしいです。 しかしこれはゴルフ場跡地でしょうかね。ゴルフ場も一時大量に開発されて、今では経営困難になっているところが続出しているとか。太陽光 [続きを読む]
  • 2017年5月16日から20日の屋根発電実績
  • この5日間の発電実績は下表のようになりました。 19、20日が良かったのでこの時期としてはまぁまぁの発電実績となりました。本当はこの時期なら快晴でパネル1kWあたり7kWhぐらい発電して欲しいですが、まだそこまでは至っていません。日は長くなったのですが、気温が高くなったせいか発電能力が少し下がっています。 今年は快晴に恵まれないのか、野立ての方でもいま一つです。昨年までは3-4月頃に過積載(といっても120 [続きを読む]
  • 営農型太陽光発電普及協議会?
  • ソーラーシェアリングの普及のために一般社団法人「営農型太陽光発電普及協議会」が設立されたそうです(豊橋で営農型太陽光発電普及協の設立総会)。 ソーラーシェアリングと言うのはなかなか面白い発想だなと思い、ずっと興味を持っているのですが、今のところあちらこちらで取り組み始めた段階という感じですね。団体も「ソーラーシェアリング協会」や「全国営農型発電普及協会」などあり、更に「営農型太陽光発電普 [続きを読む]
  • やっぱり過積載は認められている
  • 改正FIT法施行で業務計画の策定や保守点検が義務化されましたが、この新制度について経産省新エネ課長へのインタビュー記事がありました(「改正FIT法で太陽光の保守・点検が義務に」、経産省山崎課長)。 発電所ぐらいの設備になると保守・点検を行うのは当然のことですが、太陽光発電は保守・点検作業が簡単なので軽視されがちですね。しかし、ここは経産省の指導を守って、しっかりと保守・点検していきましょう。&n [続きを読む]
  • 伊藤忠もバッテリー
  • 伊藤忠からもバッテリーSmart Star Lが出ました。製造元はエヌエフ回路ブロック、9.8kWhで希望小売価格285万円だそうです(容量9.8kWhの小型リチウムイオン蓄電システム、伊藤忠)。 テスラのパワーウォール10kWhが3500$であることを考えると、とんでもなく高く思えますが、噂によると、日本のバッテリーシステムの希望小売価格と言うのはほとんど意味を持たないそうで、半値8掛けぐらいザラにあるそうです。知らないと [続きを読む]
  • 2017年5月11日から15日の発電実績、酷いな!
  • この5日間の実績は下表のようになりました。 冴えない天気が続きましたね。パネル1kWあたりの一日平均発電量は2.947kWh。5月だと4kWh以上は欲しいのですが。この前の5日間もあまり良くなく、当面の天気予報もあまりパッとしません。まだ月の半ばですが今月の発電量には黄色信号が灯ってきたような・・・。 ブログランキングに参加しています。ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。に [続きを読む]
  • 太陽光 宴のあと
  • 日経新聞で題記のような記事がありました(太陽光発電、宴のあと)。この記事は会員制でWEBでは読めませんが、こちらの方に中身が載っていました(太陽光、宴のあと)。内容は太陽光をやっている人にとっては特に目新しいものではないですが、タイトルが何となく皮肉っぽいのが気になります。記事の最後では「再生エネ普及は遠のく」と書いて、今後の太陽光普及が減速するのを懸念しているような姿勢を示していますが、一方で太陽 [続きを読む]
  • ソーラーワールドが破綻
  • ドイツの太陽電池大手ソーラーワールドが経営破綻となったようです(独太陽電池大手がまた破綻「最後の砦」が手続き開始)。ドイツでも中国などのメーカーの低価格攻勢に対抗することができなかったのですね。 太陽電池の技術だけで対抗するというのはもう難しいのですかねぇ。ソーラーワールドではPERC型のような高効率太陽電池にシフトして凌ごうと計画したものの、間に合わなかったそうです。しかし、PERCの技術単体 [続きを読む]
  • 野立ての1年点検してきました
  • 先日、運営している発電所の一つの一年点検に行ってきました。ここはパワコン毎のモニタリングを行っているところで、モニタリングからは特に問題は見られていませんでしたので、主に目視点検を行いました。サーモカメラも用意しましたが、あいにく天気が悪かったので役に立ちませんでした。 今回は運開して一年目で、これまで遠隔監視だけで現場に行っていませんでしたので(何分遠方にあるもので)、目視点検を重視していま [続きを読む]
  • 2017年5月6日から10日の屋根発電実績
  • この5日間の発電実績を報告します。 パネル1kWあたりの平均一日発電量が4.111kWh。5月は平均で5kWhぐらい発電しますので、それを考えると悪いのですが、悪くてもこれだけ発電するようになりました。まぁ、こういう時もあるので、今後を期待しましょう。 このところ黄砂が飛んでいるとか。日照にも多少影響するのですかねぇ。大したことは無いと思いますが、無いのに越したことはないでしょう。 ブログランキ [続きを読む]
  • 設備の9割が中国製
  • 太陽光発電へ中国勢はどんどん進出してきますね(島根県のメガワット太陽光発電所、設備の9割が中国製)。実はちょっと複雑な気分です。 と言うのは、私は太陽光発電推進者であると同時に、日本の太陽光発電の応援団でもありたいと思っているからです。日本の太陽光発電はかつて世界一とも言われましたが、FITで出遅れたのと中国の大量生産攻勢ですっかり影が薄くなっています。シャープのように日本の太陽光業界の側にも隙が [続きを読む]
  • ブロックチェーンって何なのだ
  • だんだん世の中について行けなくなりました。「ブロックチェーン」という技法を使うと家庭に設置された(太陽光発電と)バッテリーを大規模に制御して、系統変動を抑制することができるそうです(家庭用の蓄電池を「ブロックチェーン」で統合、再エネの出力制御を抑えるプロジェクト始動)。何なのですかね、「ブロックチェーン」って。 確かに系統に大量にバッテリーが導入された時には、それらをうまく制御して系統安 [続きを読む]
  • 過積載でカットされた電気をどうするか
  • 昨日は過積載率と実際の発電量の増加率について調べました。当然、過積載率と実際の発電増加率との差が全体でのロスになる訳ですが、日ごとにどれぐらいロスするのでしょう。私のシミュレーションは毎日の発電データで行っていますので、その辺りの状況を掴むことができます。筑波発電所(49.5kW)の2016年データで調べてみます。 まず過積載率150%の時(これ未満の時はほとんどピークカットがありませんので対象外とします) [続きを読む]
  • 過積載率と発電量増加率
  • 前にPVビジネスセミナーで「過積載のロス率推定値」が報告されていて便利だと指摘しました(PVセミナーでの話題)。その時に、同じような計算は私の持っているデータでも確認できるなと気がつき、やってみました。その結果です。 計算は筑波発電所と鹿島発電所の2015年、2016年の発電データを使って行いました。まず結果を示します。下表です。計算は実際の発電量を過積載率分増加させ、パワコンの定格でカットした時の発電量 [続きを読む]
  • 2017年5月1日から5日の屋根発電実績
  • 定例の発電実績報告です。この5日間では下表のようになりました。 パネル1kWあたりの一日平均発電量は5.686kWh、設備利用率に換算して23.7%というのはとても良い値です。やはり日が長くなっていることが貢献しています。ただ、気温が上がってきたので温度による低下があるため、ピーク発電値は3月や4月の方が高かったような気がします。ま、取りあえず順調に発電しています。 ----------私はこのブログで太陽光発 [続きを読む]
  • メガソーラーがこういう役に立つといいな
  • メガソーラーで限界集落の活性化に取り組んでいる記事がありました(メガソーラー稼働を機に「限界集落に活気」)。良い話だと思いますが、このような記事には良いところどりをしていることが多いので、気を付けて読まなければいけません(笑)。ま、ざっと見たところ、うまくいっているような印象を受けました。事業を委託した会社が良かったように思います。 委託先はテイクエナジーというベンチャー企業なのですが、太陽光 [続きを読む]
  • 京セラの太陽光パネル事業が黒字化
  • 太陽光パネル事業は付加価値が低く、中国のような国の大量生産に勝ち目はないと思っていましたが、京セラは黒字になっていたそうです(京セラの太陽光、今期は黒字化、パネル製造拠点を集約)。なにはともあれ、良かったですね。 記事を見ると製造拠点の集約と収益性の高い地域・分野への集中で黒字化したようですね。私はもっとPERC技術やヘテロコンタクトのような高付加価値化で対抗しなければならないかと思っていま [続きを読む]
  • 渦電流で太陽電池のクラック検査
  • 渦電流でマイクロクラックの検出をするという検査機器(ソクラテスター)を電子工学センターという会社が開発したそうです(「渦電流磁気誘導」で太陽電池セルの割れを検知)。なるほど、この方式なら検出できそうですね。レンタルするそうで、一ヵ月借りて4万円ということです。 写真を見ていると検出器はセル一つぐらいの大きさなので、これをマイクロクラックがあると思われる箇所にあてて調べていくのだろうと思います。 [続きを読む]
  • 太陽光パネルの裏側にも15%ぐらいの光があたる
  • 新しい太陽電池の一つに両面発電太陽電池があります。文字通り表裏の両面で発電できる太陽電池で、そのために裏側も光を通すガラスで封止されています。裏側でも発電するので、その分、片面の太陽電池よりは多く発電するのですが、どれぐらい多く発電するのかなと思っていました。そうしていると、ちょうど両面太陽電池の記事(imec、両面照射型太陽電池の変換効率を向上)があり、読んでみて様子が判りました。 この記事が両 [続きを読む]
  • 2017年4月の太陽光発電まとめ
  • 先月の我が家屋根の太陽光発電状況についてまとめます。まず下図にこれまでの月ごとの発電状況を示します。これは各月のパネル1kWあたりの平均一日発電量を示したもので、赤が今年の実績です。 図を見ると2014年がとんでもなく良かったのを除いて、先月はかなり良い値だったことが確認できます。3月の成績が悪かったのですが、これで取り戻せたように思います。今年は2月も良かったので、今年全体でみると今のところ良い傾向 [続きを読む]
  • 2017年4月の日ごと発電実績
  • 今月は結構良い天気に恵まれましたので、良い成績が得られました。まず、今月の屋根発電の日々の発電量を速報します。下表です。 パネル1kWあたりの発電量が4.45kWh、設備利用率に換算(24で割る)して18.54%、やはり良い値です。今月はどの地域でも良い成績だったのではないかと思います。明日、他の地域のデータも入手して、4月のまとめを行います。 ブログランキングに参加しています。ブロ [続きを読む]
  • PVビジネスセミナーでの話題
  • PVビジネスセミナーでの話の内で、昨日はソーラーシェアリングについて取り上げました。今日はそれ以外で気にとまった話を紹介します。 まずジンコソーラーが21円時代にも対応できるとして強気にパネルを紹介していました。PERC技術を使った高効率パネルです。この他にも両面ガラス、両面発電で信頼性や効率を上げています。両面ガラスについて会場から割れやすいのではないかと言う質問があったのですが、ジンコいわく「締め [続きを読む]
  • ソーラーシェアリングの話から
  • PVビジネスセミナーで印象的であったソーラーシェアリングの講演について少し書き留めます。昨日も触れましたように、講演者はソーラーシェアリングの創始者である長島氏であったので、ソーラーシェアリングを始めたきっかけのようなところは説得力がありました。 長島氏はソーラーを進めたいと思っていたものの、ソーラーにも土地確保やメンテの課題があり、より良い方法はないかと思っていたそうです。そういう時に「植物が [続きを読む]