益城四郎 さん プロフィール

  •  
益城四郎さん: 佐倉での生活
ハンドル名益城四郎 さん
ブログタイトル佐倉での生活
ブログURLhttp://gumamela.sblo.jp/
サイト紹介文佐倉やその近隣での出来事や、佐倉から出かけた場所での体験などをブログで触れています。
自由文以前は、成田空港に行く途中に見る印旛沼の光景や、そのほとりにあるオランダ風車がある場所、それから国立歴史民俗博物館がある場所、それが佐倉だというくらいの認識しかありませんでした。
けれども、佐倉に住むようになって、江戸時代には最も多く老中を輩出した佐倉藩があり、明治以降は歩兵第2連隊、それから歩兵第57連隊が置かれた軍都であったことなど、歴史のあるところだということを知りました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/11/15 10:39

益城四郎 さんのブログ記事

  • 成田祇園祭と京都の祇園祭
  • 祇園祭が開催された成田に行ってきました。JR成田駅近くの成田市芸術センターで、成田祇園祭展が行われていたので、まずそこを見に行きました。成田市芸術センターでは、ハワイアンキルと夏の花たち展もやっていたので、そこも見てきました。その後は、同センターで開催された成田市歌舞伎講座へ。一幕は「歌舞伎の大道具」でした。成田は歌舞伎と関係の深いところです。二幕は「成田市祇園祭特別講演会」で、成田祇園祭に関する知 [続きを読む]
  • 佐倉城下町 菖蒲まつり
  • 昨日と今日、6月10日(土)と11日(日)、千葉県佐倉市の佐倉城址公園内の菖蒲田で、佐倉城下町 菖蒲まつりが行われました。昨年の菖蒲まつりでは、同じ場所、佐倉城址公園菖蒲田に、全国市町村あやめサミット連絡協議会に参加する、日本全国の市長や町長が集まり、全国あやめサミットが開催されました。下の動画は、昨年、そのときに撮ったものを、さっき、 YouTubeにアップしたものです。ラビコンフォ[花菖蒲 Japanese Iris] h [続きを読む]
  • 佐倉城址付近で咲いているアヤメやカキツバタ、そしてキショウブ
  • 千葉県佐倉の城址公園の菖蒲田で、今、咲いているアヤメです。アヤメとカキツバタとハナショウブは似ていますが、アヤメは花びらの付け根に網目の模様、カキツバタは白い模様があります。ハナショウブは、黄色い線が、花びらの付け根に入っています。花びらの付け根に網目の模様が入っているので、これはアヤメです。アヤメは乾燥した場所を好みます。城址公園の菖蒲田でも、水辺ではなく、乾燥したところに咲いています。菖蒲田の [続きを読む]
  • 佐倉城址公園市民ボタン園
  • 千葉県佐倉市の城址公園自由広場の東側にある、市民ボタン園の牡丹の花です。黄色や濃いピンク、薄いピンクや白い大きな牡丹の花が、美しく咲いています。佐倉城址公園市民ボタン園友の会の方達が、丹精を込めて牡丹の世話をされています。昨日、しおれかけた牡丹の花を、だいぶ摘み取ってしまったそうです。何日か前に訪れれば、もっと沢山の花がきれいに咲き誇っていたようです。ちょっと残念でしたが、それでも、まだ十分に美し [続きを読む]
  • 酒々井の本佐倉城跡の鯉のぼり<br />
  • 千葉県酒々井町の本佐倉城跡に、鯉のぼりが掲げられています。以前は、この場所、 本佐倉城の倉跡で鯉のぼりが泳いでいました。今年は、本佐倉城跡の北側の下の方、東光寺ビョウに鯉のぼりがあります。ここだと、京成本線の電車から、大佐倉・酒々井間の南側の車窓に本佐倉城の鯉のぼりを見ることができます。動画は、二年前に、ベトナム人の研修生の人たちと、本佐倉城に鯉のぼりを見に行った時のものです。ラビコンフォ[春の本佐 [続きを読む]
  • 鯉のぼりが泳いでいた成田のさくらの山<br />
  • 成田空港の滑走路のすぐ北側にある、さくらの山公園に行ってみました。空港に向かう京成線の線路の近くを、鯉のぼりが青空を泳いでいました。さくらの山からは、成田空港を離陸する旅客機が見え、着陸する飛行機が、頭上近くをかすめていきました。下の動画は、去年の四月上旬、桜が咲いていたときに撮ったものですが、そういえば、その動画にも鯉のぼりが写っていました。ラビコンフォ[成田空港 Narita Airport] http://blossam. [続きを読む]
  • さくら(佐倉)のサクラ(桜)
  • 今、千葉県の佐倉では桜(ソメイヨシノ)が満開です。JR佐倉駅近くの高崎川沿いの桜佐倉城址西側の城南堤の桜並木佐倉城址に歩兵第57連隊が置かれていたときは、城南堤の内側は、連隊の射撃訓練場でした。出丸跡の桜向こうに佐倉城の水堀が見えています。次の三枚は佐倉城址本丸跡の桜です。佐倉城址公園の国立歴史民俗博物館近くの桜この動画は、去年の佐倉城址公園の桜です。ラビコンフォ[佐倉の桜] http://blossam.sakura.ne.jp [続きを読む]
  • 歴博夜桜観賞の夕べ<br />
  • 千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館で、歴博夜桜観賞の夕べが開催されていて、午後六時から八時までライトアップされています。といっても、そのライトアップも明晩までだと思います。歴博のある佐倉城址公園のソメイヨシノは、まだ二分咲き、三分咲きというところですが、歴博の前のライトアップされた桜は、それなりに綺麗です。次の二枚は、歴博の館内から大きなガラス越しに見た、ライトアップされた桜。下の動画は、一昨年 [続きを読む]
  • 佐倉でも桜が開花
  • 東京では何日か前にソメイヨシノが開花しましたが、私が住んでいる千葉県の佐倉でも咲き始めました。佐倉城址にある国立歴史民俗博物館の近くのソメイヨシノ(だと思います)が咲いていました。本丸跡では、ソメイヨシノはまだツボミでしたが、桜祭りが開催されるのでしょうか、テントが設置されています。佐倉フラワーフェスタの幟もありました。佐倉城址公園には、様々な桜の木があって、3月22日に咲いていたヒナギクザクラ。同 [続きを読む]
  • 本佐倉城、倉跡の水仙
  • 千葉県佐倉市の隣町の酒々井にある、本佐倉城跡の中の倉跡では、黄色や白色の水仙が咲いています。18日から20日の三連休には、酒々井町ではイベントが行われるらしく、本佐倉城跡にも立ち寄るバスが運行されるそうです。ラビコンフォ[本佐倉城跡] http://blossam.sakura.ne.jp/motosakura_castle.php [続きを読む]
  • 佐倉新町の雛人形
  • 毎年、今頃になると、千葉県佐倉市の新町通りに、ひな人形が飾られます。一里塚さんに飾られている、昭和20年代のひな人形です。同じ一里塚の今から約100年前、明治40年代のひな人形。プラスプラスさんの店頭に飾られているひな人形。ガラスに一里塚さんが映ってしまいました。こちらは、蕎麦屋の房州屋さんのひな人形です。ラビコンフォ[一里塚] http://blossam.sakura.ne.jp/hina.php [続きを読む]
  • 佐倉城址公園のカンザクラが咲いています<br />
  • 千葉県佐倉の城址公園には色々な種類の桜の木があります。そのなかで、毎年、一番早く咲くのは、菖蒲田の近くにある、かつて佐倉歩兵第57連隊が使用していた、訓練用の12階段のすぐ脇のカンザクラです。まだ寒い日が続いていますが、そのカンザクラの木は、もう既にかなり花をつけています。ラビコンフォ[佐倉城址公園] http://blossam.sakura.ne.jp/sakura_joshi.php [続きを読む]
  • 佐倉の甚大寺の節分会
  • 節分の今日、千葉県佐倉市新町の甚大寺でも、節分会が行われました。例年のように、甚大寺の境内では、焚火が燃やされ、読経の声が流れていました。これは、甚大寺と、同じ佐倉の麻賀多神社の去年の節分で、撮った動画です。暦の上では、明日は立春です。ラビコンフォ[節分] http://blossam.sakura.ne.jp/setsubun.php [続きを読む]
  • 佐倉新町{暮らシック}Carまちなか博物館
  • 12月3日、千葉県佐倉市の新町で、新町{暮らシック}Carまちなか博物館が開催されました。各地からクラシックカーが佐倉の新町に集結し、午前10時30分に、新町を出発した三十台ほどのクラシックカーは、京成佐倉駅前、佐倉高校、佐倉順天堂記念館をパレードし、再び、新町へと戻ってきました。新町通りの数か所の駐車場にとまったクラシックカーを、地元の佐倉の人たち、あるいは遠くから訪れた人たちが、興味深く見て回っていまし [続きを読む]
  • 一日遅れのスーパームーン
  • 2016年11月14日、満月の日、月は地球に35万6000キロの距離まで接近しました。けれども、11月14日は雨まじりの曇り空で、空に大きく浮かぶはずだった、そのスーパームーンを見ることはできませんでした。七五三の翌11月15日、千葉県の佐倉城址から東へ舌状台地が伸びたところにある、江戸時代に町人町だった新町を歩きました。はじめは雲の向こうに隠れていましたが、やがて雲が切れ、一日遅れのスーパームーンが顔を出しました。次 [続きを読む]
  • 裏新町の椿さん
  • 昨日、千葉県佐倉市の新町で、第18回時代まつりが開催されましたが、その時、新町のすぐ南側の通り、裏新町を歩いていると、甲冑が並べられているのを目にしました。鎧を並べておられたのは、裏新町にお住まいになっている椿さんでした。真ん中の甲冑はレプリカですけれども、本物を忠実に再現しているそうです。上の二つの写真も、椿さんが作られたものです。椿さんのお顔を拝見するのは初めて思ったら、このブログでも紹介した、 [続きを読む]
  • 佐倉の第18回時代まつり
  • 11月12日、千葉県佐倉市で、第18回時代まつりが開催されました。京成佐倉駅南口の駅前の栄町では、多数のチームが参加して、すとりーと奏欄の演武が繰り広げられています。京成佐倉駅から坂道を登っていくと、佐倉新町の通りを、江戸時代の服装をした人たちが、ねり歩いています。市立図書館の前に、人が扮したお地蔵様が不動の姿勢で立っていました。お武家様達も奥方達も、不思議そうな顔をして通り過ぎていきます。様々な大道芸 [続きを読む]
  • コスモスフェスタが終わって二週間の佐倉ふるさと広場
  • コスモスフェスタが終わって、二週間目の千葉県佐倉のふるさと広場に行きました。印旛沼湖畔の佐倉ふるさと広場のコスモスは刈り取られ、寂しい光景が広がっていました。他の花がある程度咲いているのですが、早朝だったせいもあって訪れる人はほとんどなく、わびしい感じでした。オランダ風車のわきに、数本のバラが咲いていました。けなげに咲き残っていたバラでしたけれど、寂寞感をつのらせるのでした。印旛沼に面した桜並木の [続きを読む]
  • 印旛沼と鹿島川河口
  • この前の土曜と日曜に、千葉県佐倉市の印旛沼湖畔のふるさと広場にコスモスの花を見に行った時の、鹿島川河口と印旛沼です。これは、佐倉ふるさと広場のコスモス。鹿島川では、カヌーを漕いでいる人たちもいました。カモが何羽も泳いでいました。北の国から、冬を越すために、印旛沼にやってきたのでしょうか。印旛沼湖畔のサイクリングロードの桜並木も、すっかり葉を落としています。これは、今年の四月上旬、桜が咲いていた頃の [続きを読む]
  • 佐倉コスモスフェスタ終わる
  • 10月23日、土曜日と24日、日曜日の朝、千葉県佐倉市のふるさと広場に、また、コスモスを見に行ってきました。コスモスの花は、先週の日曜日よりも、さらにたくさん咲いていた感じです。佐倉ふるさと広場のコスモスフェスタも、10月24日で終了です。両日とも、朝早かったので、まだやっていませんでしたが、コスモスの花を一束、百円で摘み取らせていたようです。ふるさと広場では売店も出ていて、その準備をしていました。コスモス [続きを読む]
  • 佐倉コスモスフェスタ(佐倉の秋祭り最終日)<br />
  • 10月16日の朝、千葉県佐倉市のふるさと広場に行きました。ふるさと広場では、佐倉コスモスフェスタが開催されていて、様々な色のコスモスが咲き乱れ、なかには変わった種類のコスモスの花もあります。この前、コスモスを見に行った時より、もっとたくさんのコスモスが咲いている感じがしました。また、10月16日は、三日続けて行われた、佐倉の秋祭りの最後の日でした。秋祭りは終わりましたが、ふるさと広場の佐倉コスモスフェスタ [続きを読む]
  • 木ようの家に東日本大震災復興支援商品を補充(佐倉秋祭り初日)
  • 千葉県佐倉市の木ようの家さんに、東日本大震災復興商品を補充してきました。昨日の写真とあまり変わらないように見えるかもしれませんが、若干、品数が増えています。千葉県佐倉市の木ようの家で販売させてもらっている、岩手県大槌の被災者の方たちが作った手芸品の売り上げを、ネパールでボランティア活動を続けていらっしゃる、OKバジさんを通して、ネパール地震被災者への支援金に当てたいと考えています。今日、木ようの家 [続きを読む]