フール さん プロフィール

  •  
フールさん: フールの小説置き場
ハンドル名フール さん
ブログタイトルフールの小説置き場
ブログURLhttp://thefool199485.hatenadiary.com/
サイト紹介文鉛筆イラストと短編小説を投稿しています。世の中の常識からちょっとずれた変わったものばかりを。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/11/15 20:14

フール さんのブログ記事

  • セレア=エアリスはコメディしたい 短編小説
  •  タニカワ教授はテストを採点し終わり勢いよく延びをした。あまりにのけぞり過ぎて、椅子がグラリと傾き床に頭が! 「痛っ!」 地面から立ち上がろうと頭を持ち上げた時、研究室の扉の上にある窓から銀色の液体が染み出てきた。液体は床に滴ると水溜まりを作った。さらに水溜まりが重力に逆らい不自然に盛り上がり、やがて人らしき姿になる。白いワンピースが生成され、鼻や口などの細部が出来上がると、肌色に着色された。 奇 [続きを読む]
  • 中二病設定をひたすら書き綴ってみる
  •  中二病という言葉がある。日本の中学二年生頃の思春期にみられる空想(妄想)や行動(奇行)、価値観(意味不明)が過剰に出てしまった状態を揶揄するようなスラングらしい。細かい定義には諸説あり、定まらないがとにかく読んでいて痛い。若さゆえの過ち、大人になって振り返ったとき赤面してなかったことにしたくなるような所業だ。 ……私の戸棚にあるファイルの中にも潜んでいたり。 私が気になったのは逆にそういった要素を余す [続きを読む]
  • 黒髪ロング 
  • 「夏は背中が灼熱地獄」 久しぶりの黒髪ロング。あんまりにも久しぶりすぎて黒髪の質が落ちているのではないか、と思ったのですがそこそこ描くことができました。 グラデーションもそこまで酷くなく、もう二三枚練習すれば以前とさほど変わらない黒髪を描けそうです。 もっとも、深刻なのが髪の毛以外で体の方が全く描けず写真を参考にしてようやく筆が進む程度。前々から苦手だったから、下手になっているのかすらわかりません [続きを読む]
  • シュールな落書き
  • ペストマスク宇宙人久しぶりの落書きです。……っていうか鉛筆を手に持ったのが約二ヶ月ぶりのような気がします。しばらく小説に専念していたので、描く気力が沸かなかったというのが本音になります。もうそろそろ絵の方にも力を入れていきたいな、と思う所存。ガスマスクはまぐりのような何か後ろから迫り来るアイツSDの練習 [続きを読む]
  • 戦闘ものの小説のシナリオを考える
  •  戦闘ものの小説を書くに当たって難関になるのは戦闘の流れだったりします。そもそも何から手をつけたらいいのかわからないという人も多いかと思います。 私自身そうだったので、とりあえず得た知識をメモ代わりに書いてみます。この内ひとつでも役に立てば嬉しいです。 ただ、本とパソコンで得た情報を勝手に解釈して自己流にアレンジしているので、本気で学びたいという方は本を読むことをおすすめします。 今回は細かい描写 [続きを読む]
  • とりあえず見られることは意識する
  • (下記は私にも勿論適用されるので、『時間の無駄』だと思ったらこの記事に関わらず、すぐにブラウザバックを推奨します) 作品においての自己投影と言うものがある。とりあえず小説に関してのみに言及しておく。 ヒーローのように活躍して、皆から称賛されて、世界を救って、劇的に死んで、皆から死を嘆かれたい。子供じみた欲求ではあるが、これが作品を作る活力になったりする。 ただ、あんまりそれが過剰すぎると、『メアリー [続きを読む]
  • 幻覚の逆三角形 短編小説
  •  トワイライトトライアングル(以下T-Tと記す)はわたしが見てきた中でも特に異質な物質? だった『××村の東の洞窟に入った男女二名が帰ってこなかった。捜索隊が派遣されたが、帰ってきたのは一人だけだった。その一人は錯乱しており、交通事故に会った、昔死んだ恋人がもう一度死ぬ体験をした、などと訳のわからない供述を述べた。過度の精神的ストレスにより錯乱しており……』 私は新聞のスクラップの貼ってある手帳を閉じ [続きを読む]
  • 小説を書いている時の考え
  •  ○小説を書いている時の心持ち 創作することは好き。けれども楽しいことだとは思ってない。むしろ辛いことの方が多い。 この小説は読まれるのだろうか。読まれたとして読者にとってこの作品は面白いと感じるのだろうか。常日頃からその不安と戦いつつ、小説を書いている。 ぶっちゃけ言うと、私は自分の作品を面白いと思ってない。面白いとされる話の作り方や文章とは何かを考えながら書いているけれど、それが自分で読んでい [続きを読む]
  • 最近女の子とおじさんしか描いてない
  •  タニカワ教授のビジュアル。年齢ゆえの顔のシワがポイント。即興で描いたわりには、壮年の雰囲気は出せた気がします。シワ描くの楽しい……。 髪の毛は最初は黒くてしっかりしていたけれど、年齢と共に銀髪混じりの灰色になって、後退していきました。だからおでこは広め。nagatakatsukioekaki.hatenadiary.jp Twitterで公開したら早速長田さんが描いてくれました。老けた感じ、でも老人よりはゴツくない。優しそうだけど薄幸 [続きを読む]
  • 制服女子
  • 久しぶりに描いた黒髪。最近絵よりも小説の方がはかどっているため、なかなか絵にまで手が行かない。時間はあっても小説に裂きたくなってしまう。とはいえ、あんまり傾倒するのもよくないとは思うので、絵の方もぼちぼち進めていきたいと思います。今回の絵は髪を揺らすことすらせずにシンプルに黒髪だけを描いた絵となっています。久しぶりに描くとやはり、手際が悪く一瞬で時間が過ぎ去っていきました。リハビリがてら、絵を描く [続きを読む]
  • 狂気と憎悪と私 第三部 短編小説
  • ※今回は軽い暴力描写があります。そういうのが大の苦手、という人はブラウザバックを推奨します。↓の小説の続きです。thefool199485.hatenadiary.comthefool199485.hatenadiary.com 今回のアウレイスの台詞は坂津さん( id:sakatsu_kana )に書き起こして頂きました。全面的な協力ありがとうございます!━━ 私は驚愕して、アウレイスに話しかけた。 アウレイスの頬に決して小さくない痣が浮かんでいたからだ。 「話したくな [続きを読む]
  • アウレイスと私 第二部 短編小説
  • thefool199485.hatenadiary.com?こちらの話の続きになります。 また今回も同じく坂津さんからキャラを借りています。━━ アウレイスにという少女に会った。ルビネルの友達でこの学校に短期留学するらしい。人種差別の激しい国の出身だと言うから、色々と心配になった。たが、今はエウス村長の治める村で平和に暮らしているらしい。 エウス村長は差別撤廃運動の指導者であり、生粋の人格者としてもよく知られている。彼のもと [続きを読む]
  • ルビネルと私 第一部 短編小説
  •  例の企画と世界観を共有しています。ただし、普通の短編小説として書いているので、企画の専門用語等は一切排除しています。企画をご存じの方もそうでない方も楽しんで頂けたら幸いです。 坂津さん( id:sakatsu_kana )からキャラをお借りしています。 ━━ 私が今年度最初の授業を時間きっかりに終わらし、教室を立ち去ろうとしたときだった。扉に手をかけた私に、ノート片手に黒い長髪を揺らしながら、一人の女子生徒が私に近 [続きを読む]
  • 怖い子
  •  黒髪のかわいい女の子を描こうとしたら、怖い子になりました。口許が不気味……。 最近小説に傾倒しているために、髪の毛の描き方に劣化が見られます。どうしようかと思い、いつもの黒髪練習をしてみました。 本当に髪の毛だけになりました。やはり不気味ではありますが一気に感覚が戻りました。どうやら描き方が単純に雑だったのかな? [続きを読む]
  • 自己紹介する度に変わってる気がする
  • 今週のお題「自己紹介」四月になって新しい読者も増えたので自己紹介をしてみたいと思います。ひたすら黒髪をかいています。描いてもいるし、書いてもいます。絵と小説ですね。どちらも独学で趣味程度です。このブログではイラストを中心に更新しています。高校三年生で読んだラノベや漫画の黒髪にやられて、黒髪の道を歩み始めました。高校卒業してから描きはじめたので、絵の技術はズタボロですが、黒髪だけはこだわっているつも [続きを読む]
  • 週に一回やっぱりスピネル
  •  ラフです。本来ならここからさらに三十分は髪の毛に費やすところ。安定して描けるものの、さすがに描いていないのがたたったのか、多少絵柄にブレが出てきているような気がします。 今までずっと彼女を描いてきたので、黒髪のは別の絵を描いて、別の技能を伸ばしてから彼女を描く方がうまくなるかもしれません。 フーム……。 [続きを読む]
  • 髪の毛のメイキング (制限時間30分)
  • 研究がてら髪の毛のメイキングをしてみました。Twitterは投稿時間が表示されるのでこういうときも便利ですね。……誰にも見られずひっそりと始まり、ひっそりと終えました。唐突に髪の毛メイキングをしたくなった pic.twitter.com/Y2za6f89zB— フール (@Grossy_black) 2017年3月7日ひたすら髪の毛の流れに沿って毛の束を描いていく単純作業 pic.twitter.com/CBEcl8BGK8— フール (@Grossy_black) 2017年3月7日色の強弱 [続きを読む]
  • 重要なお知らせ
  • 最近PFCSの企画に積極的に乗っかっているフールです。かなりの企画記事が書きあがり、とうとうブログのメインである黒髪イラストを圧迫し始めました。読者層もPFCSから流入した人と、古参の方で解離が起きている気がします。ですので!この度。サブブログを開設しました!こちら↓thefool199485pf.hateblo.jpPFCS 関連の記事はこちらのブログで更新しようと思います。また、こちらのブログでは、普段通りオリジナルイラスト(と小説 [続きを読む]
  • 幻煙の雛祭り ━前日━ 5 PFCSss
  •  「で、あんた次はどこに行くんだ?この流れだと普通『ライスランド』か『リーフリィ』、『チュリグ』たが」  ドクターレウカドは地図を指差し、アンティノメルから東に指を動かした。 「今回は『リーフリィ』に行こう。三人の猛者がいる。『ライスランド』はその次だ。チュリグは行ってもいいが……私は何も出来ない。住民から逃げるので精一杯だ」 ソラが少し戸惑って『乗り物』を見ていた。 「ところで……本当にこれに乗 [続きを読む]
  • 幻煙の雛祭り ━前日━ 4 PFCSss
  •  「れっレウカド!?」 シュンが大袈裟に驚いた(今になってようやく妖怪の子の顔と名前が一致した)。 ドクターレウカドはゆっくりとソラの側に寄ると、ナイフが握られた腕を掴み、私から離した。 っと、一瞬シュンが凄い形相でドクターレウカドを睨み付けたような気がしたが、私の気のせいだろうか。 「あんたはあんたで……えげつないな。首筋に緩衝材を仕込んだ上に閃光発音菅と煙幕を仕掛けるとは。手に持っているのは煙玉 [続きを読む]