桐生勇一 さん プロフィール

  •  
桐生勇一さん: その男、激震!/ by 黒桐Co.
ハンドル名桐生勇一 さん
ブログタイトルその男、激震!/ by 黒桐Co.
ブログURLhttp://kurokiri.info/
サイト紹介文知る人ぞ知る…(知らない人が多い)…桐生勇一主役の機上恋・秘書シリーズの最新タイトルを更新中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/11/15 20:57

桐生勇一 さんのブログ記事

  • その男、激震!(205)
  •  『その男、激震!5』(時枝日記も含まれています)中央書店コミコミスタジオさまにて、お求め頂けます「…でも、…まだ、俺…時枝さんと話がしたい…」 そして、潤が答えた。しかも珍しく黒瀬にノーを突き付ける形で。「話だけじゃなさそうな雰囲気だったのは気のせい?」「それは、ユウイチが…それで、時枝さんの身体が…」「は〜」 と黒瀬が腕を組み、時枝ばりの深い溜息をつく。「潤、優しすぎる。こんなド変態の身体の心 [続きを読む]
  • その男、激震!(204)
  •  『その男、激震!5』(時枝日記も含まれています)中央書店コミコミスタジオさまにて、お求め頂けますタマ遊びだけでは放って置かれると思ったのか、双珠を前足で軽く踏みながら陰茎を舐めたり甘噛みしたりして、時枝に『構って』と訴える。「時枝さんじゃなくて、俺が嫉妬されている?」「…そのようです。私が不在の間に、いろいろ覚えてしまったようですね…コラ、駄目です…ユウイチッ、ァ」 艶っぽい声が時枝から洩れる。 [続きを読む]
  • その男、激震!(203)
  • ★黒桐Co.新刊でました! 『その男、激震!5』(時枝日記も含まれている新刊です)中央書店コミコミスタジオさまにて、お求め頂けます 「もう少し、こちらに来ませんか?」時枝は上半身だけ起こし、ベッドヘッドにもたれた。「…あのう、突然、お邪魔してしまい」時枝のプクッと腫れた乳首を目にした潤が、慌てて視線を反らす。「潤さま、それはさっき伺いましたよ。さあ、こちらへ。私がベッドから出てもいいのですが、なに [続きを読む]
  • その男、激震!(202)
  • ★黒桐Co.新刊でました! 『その男、激震!5』(時枝日記も含まれている新刊です)中央書店コミコミスタジオさまにて、お求め頂けます☆文庫帯企画小冊子年末に発送済です☆ 「ユウイチ、今度こそ二人で遊ぼう」正確には一人と一匹である。黒瀬が去ったので寝室は時枝とユウイチが気兼ねなく過ごせる空間に戻った。「俺に遠慮なんかしなくてもいいけど、他の人間に…ぁん、…こんなことしたら…ふぅ…ダメだぞ…?」ユウイチ [続きを読む]
  • その男、激震!(201)
  • ★黒桐Co.新刊でました! 『その男、激震!5』(時枝日記も含まれている新刊です)中央書店コミコミスタジオさまにて、お求め頂けます☆文庫帯企画小冊子年末に発送済です☆ 「加害者みたいに言わないでくれる? アホな元秘書を助けた大恩人に向かって」「…訊いてもいいですか」「救出方法が知りたい?」 認めたくないが、頭の回転だけはいい。顔を含む容姿は良すぎて逆にマイナスだ。他は面倒くさいので省略――以上がこ [続きを読む]
  • その男、激震!(200)
  • ★黒桐Co.新刊でました! 『その男、激震!5』(時枝日記も含まれている新刊です)中央書店コミコミスタジオさまにて、お求め頂けます☆文庫帯企画小冊子、只今制作中です。あと少しお待ち下さい。本文では勇一が何かを制作中???です☆ ──えー――っと…ここは…どこ? 私は…誰?と、言いたいところだが…知ってる場所だ…そして俺は時枝勝貴、元エリート会社員で元有能な組長で現在は美女ルーシーとして生きている何 [続きを読む]
  • その男、激震!(199)
  • ★文庫の帯企画、第4弾応募受付始まりました! 今回はズバリ「勇一×時枝」です!〆キリは8月31日です。ご準備まだの方はお急ぎくださいませm(__)m★ 「――私を助けにきてくれたんじゃないんですか?」冷静にならねば、流されたら終わりだ、と時枝は自分に言い聞かせた。「もちろん、違うよ」「そうでしょう、…え? 今、違うって言いました???」「言ったけど」聞き間違いじゃなかった。「…あの、だったら何をしにココ [続きを読む]
  • その男、激震!(198)
  • ★文庫の帯企画、第4弾応募受付始まりました! 今回はズバリ「勇一×時枝」です!〆キリは8月31日です★  「―――勇一に任せた俺が悪いのか? どうする、俺。この危機をどう抜ける? 考えろッ!」時枝が自分の頬を両手で叩く。その時、誰かが女子トイレに入ってきた。 用を足したい女性か、清掃員か…と、時枝が息を潜める。ガタガタという音がトイレの入口付近から聞こえたかと思うと、シャーとバケツに水が溜まる [続きを読む]
  • その男、激震!(197)
  • ★文庫の帯企画、第4弾応募受付始まりました! 今回はズバリ「勇一×時枝」です!〆キリは8月31日です★  「ルーシー」時枝の怒声に、勇一が冷静な声で返す。「う〜〜〜〜、とにかく、勇一さん、緊急事態なんです。この顔では外に出られません」なんとか気を取り戻した時枝が、再度、勇一に今の非常事態を訴えてみる。「女子は面倒くせーな。俺はスッピンの女も好きだぞ」「お前の好みなど、訊いてない! このドアホ! [続きを読む]
  • 第4弾 応募開始します♪(機上恋・地上恋帯/オンライン企画)
  • 大変お待たせしました! 1年お待たせさせてしまいました…σ(^◇^;)文庫の帯企画、第3弾の応募を本日より開始します。小冊子プレゼント企画です。小冊子・送料、全て無料です。(応募時の切手代のみ)3弾までをご存じない方もどうぞ。文庫の帯をお持ちの方は応募できます!(文庫はあるけど、帯が手元にない方も応募できる方法もあります)※黒桐CO.会員の方(会員のページが閲覧出来る方)は、応募前に会員ページにて合い言葉と会員 [続きを読む]
  • その男、激震!(196)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付のタイトルは「その男、激震4」です★ そろそろ文庫帯の準備を〜〜〜4弾〜〜〜 「ハア…」男子トイレの個室から、深い溜息が漏れる。「…ちゃんと伝わってない気がする…」溜息の次は独り言だ。「勇一なんかに任せのが間違いだった。自分でなんとか処理すべき案件だった」声の主はルーシーの化粧が剥げた時枝だ。「何が俺に任せとけ、だ。いつまで俺はここに閉じ [続きを読む]
  • その男、激震!(195)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付のタイトルは「その男、激震4」です★ そろそろ文庫帯の準備を〜〜〜4弾〜〜〜 「秘書さん、何かトラブルかな?」株式会社クロセの社長室。スマートフォンの画面を見つめて肩を震わす青年の後ろ姿に、その部屋の主である社長が声をかける。「…ハイ。社長の血縁者が…少々…」秘書は自分の中に湧き起こる負の感情を押し殺し、答えた。「愚兄が何をしたのかな?」 [続きを読む]
  • その男、激震!(194)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付のタイトルは「その男、激震4」です★ そろそろ文庫帯の準備を〜〜〜4弾〜〜〜 サランと時枝、同じ男を愛した二人の心が交わる。嫉妬じゃなく重なりあう勇一への愛とお互いへの感謝だった。「明日は、息子と対面する予定だ。パパって名乗ってもいいんだよな?」通訳をしていた勇一が二人に割り込んむように、韓国語でサランに話し掛ける。「…はあ、全くお前は… [続きを読む]
  • その男、激震!(193)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付のタイトルは「その男、激震4」です★ 勇一が時枝の言葉を韓国語でサランに伝え終わると、彼女が時枝に、「はじめまして。わたし、サラン、です」と日本語で自己紹介をした。「イル…は『勇一』が本当の名前ですか?」たどたどしい日本語で、サランが時枝に訊いた。「どうぞ、イルと呼んでやって下さい」時枝の返事にサランは勇一を見た。「俺はサランのイルだ」 [続きを読む]
  • その男、激震!(192)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付のタイトルは「その男、激震4」です★ 「サラン、調子はどうだ?」サランは朝から何度も手鏡で自分の顔を見ていた。薄化粧を施し、ソワソワしながら勇一の来訪を待っていた。「イル! …」勇一の姿に喜んだサランが、ルーシー姿の時枝を視界で捉えるなり、戸惑いの表情を見せる。「昨日より、顔色がいい。綺麗だ」勇一は時枝を紹介せずにサランの側に寄ると、ゆ [続きを読む]
  • その男、激震!(191)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付のタイトルは「その男、激震4」です★ 翌日、時枝はルーシーの出で立ちでタクシーの中にいた。行き先はサランの入院する病院だ。勇一からの連絡が黒瀬経由で入ったのは昨夜のことだった。黒瀬の横で潤のすすり泣く声が受話器の向こうから聞こえた。人の気持ちの分かる青年には、今の状況が辛いのだろう。幾度となく試練を乗り越えてきた潤は強い。潤の強い精神を [続きを読む]
  • その男、激震!(190)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付のタイトルは「その男、激震4」です★ 「ダイダイ! どうしてここに?」「そんなの決まってるじゃん。黒瀬さんからのご指示っていうか、命令。帰りが遅いから心配だったんじゃない? それとも黒瀬さんのアンテナが浮気レーダーを察したか」「そんなことあるはずないだろ! 黒瀬が俺を疑うなんて有り得ないっ」この会話で園田は黒瀬と潤の本当の関係を理解した [続きを読む]
  • その男、激震!(189)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付のタイトルは「その男、激震4」です★ 「逃げるのかよ!」潤が走って勇一の後を追う。その潤を園田が追う。潤と園田が勇一に追い付くことはなかった。追い付くどころか、二人が病院の建物から出たときには勇一の姿は見事に消えていた。「――…はあ、はあ、組長さん、いらっしゃいませんね」怒りで身体を震わせ立ち止まっている潤に、息を切らした園田が声を掛け [続きを読む]
  • その男、激震!(188)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付のタイトルは「その男、激震4」です★「毛髪の量は関係ありません。ありがとうございます」園田の言おうとしたことは分かる。だが、心の底のモヤモヤしたものは消えなかった。「二人でナニしてる。白昼堂々不倫か?」勇一の声に潤と園田が振り返る。「早かったですね」「色っぽい顔してナニをしていたか、正直に言ってみろ。武史には内緒にしといてやる」涙を浮かべた [続きを読む]
  • その男、激震!(187)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付のタイトルは「その男、激震4」です★黒い糸小冊子の応募(締め切り今月末)は玩具店応募用台紙です。お間違いなく。 病室の外で待っている潤と園田にも中の様子は伝わった。「…あのう、よろしければ、これを」園田が上着のポケットから取り出した皺だらけのハンカチを潤に差し出す。「大丈夫です。…ありがとうございます」潤は自分のハンカチで目から零れそう [続きを読む]
  • その男、激震!(186)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付のタイトルは「その男、激震4」です★ 「久しぶり」勇一がサランに微笑む。「――イルッ、イル!」既に脊髄にも癌が転移し痛みで動けないはずのサランの上半身が跳ね、勇一に抱きついた。「サラン、もう泣くな。泣かせに来たわけじゃない。綺麗な顔が台無しだ」よしよし、と勇一がサランのやせ細った背中をさする。「会いたかった…ごめんなさいっ、…会いたかっ [続きを読む]
  • その男、激震!(185)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付の新刊は激震4のタイトルです…★文庫帯企画第三弾発送済です。(届いてない方いませんか?) 東京では勇一が潤と園田を引き連れて…というより潤が勇一と園田の先頭にたって、劣化版勇一を愛した女性の元に向かった。彼女は都内の病院の緩和ケア病床にいた。既に延命治療は意味をなさない段階だった。「この部屋か」案内された病室には、カタカナで彼女の名前が記 [続きを読む]
  • その男、激震!(184)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付の新刊は激震4のタイトルです…★文庫帯企画第三弾発送済です。(遅くとも今週末には届くはずです) 「これからってことは、結婚を前提に付き合ってる女はいるのか?」「おかげさまで」と佐々木からの問いに金田が即答した。「――嘘だ…」木村が金田の言葉の意味に床の上で茫然自失する。「何が嘘なんですか?」「イヤ…何でもない……」先程までの刺々しい勢いが [続きを読む]
  • その男、激震!(183)
  • ★コミコミスタジオさまにて通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付の本は「その男、激震4」のタイトルです…★文庫帯企画第三弾、月末か10月初めに発送予定です。  「ご無沙汰しております」言葉通り、しばらく顔を合わせていない男が、濃いグレーのビジネススーツに身を包み、ドアの内側に立っていた。「その節は不義理な行動をしてしまい、申し訳ございません」男が佐々木に頭を下げる。「金田、あれから元気にやってい [続きを読む]
  • その男、激震!(182)
  • ★J庭新刊通販中。黒桐Co.企画応募用台紙付の新刊は激震4のタイトルです…★文庫帯企画第三弾、月末か10月初めに発送予定です。  「・・・―――うぅ〜〜〜だがな」佐々木が喉の奥から声を絞り出す。「俺はボンを…ボンの根っこの部分を信用してる…確かに俺たちより極悪だし、桐生の人間など虫けら以下に思ってるかもしれね〜けどな、俺にダイダイを裏切るような真似をさせるとは思えね〜…」「甘い! ショーでケツ [続きを読む]