スコッチ さん プロフィール

  •  
スコッチさん: 西村京太郎原作の読書感想文など
ハンドル名スコッチ さん
ブログタイトル西村京太郎原作の読書感想文など
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kyotaro_db_blog
サイト紹介文十津川警部シリーズを代表作とする西村京太郎原作の小説やドラマの感想を書いたブログです。
自由文西村京太郎原作の小説やドラマ以外にも、漫画化されているものや映画化されているもの、またそれ以外に西村京太郎関連の書籍情報を紹介していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/11/16 02:29

スコッチ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 西村京太郎ファンクラブ会報が届いた
  • 公式の「西村京太郎ファンクラブ」が存在する。私はこのファンクラブが発足した当初(2002年頃?)から会員になっていたのだが、一時期離脱しており、ここ最近また再度会員になった。GWは西村京太郎氏の作品を片手に、山陰・山陽を旅をして気分転換を図っていたのだが、帰ってきて郵便ポストを除いたら、ファンクラブが発行している会報が届いていた。会報の名前は「十津川エクスプレス」といい、今回でvol.30だ。年2回の発行で、湯 [続きを読む]
  • 渡瀬恒彦さん死去・・
  • 「渡瀬恒彦さん死去」とネットニュースの文字が目に飛び込んできたとき、数秒時間が止まったような感覚を味わいました。病気で十津川警部シリーズを降板したのは知っていましたが、やはり「がん」ということもあって、進行していたんですね。。十津川警部シリーズを降板した後、「警視庁捜査一課9係は渡瀬恒彦出演」というニュースを見て、「なんで、そっちは続けて、十津川警部は辞めるんだよ!」って思いました。それほど渡瀬さ [続きを読む]
  • 渡瀬恒彦さん死去・・
  • 「渡瀬恒彦さん死去」とネットニュースの文字が目に飛び込んできたとき、数秒時間が止まったような感覚を味わいました。病気で十津川警部シリーズを降板したのは知っていましたが、やはり「がん」ということもあって、進行していたんですね。。十津川警部シリーズを降板した後、「警視庁捜査一課9係は渡瀬恒彦出演」というニュースを見て、「なんで、そっちは続けて、十津川警部は辞めるんだよ!」って思いました。それほど渡瀬さ [続きを読む]
  • 特急「雷鳥」蘇る殺意読了
  • 「十津川警部 特急「雷鳥」蘇る殺意」を読み終わりました。2006年ごろの作品なので、特急「雷鳥」がまだ走ってる頃の作品になります。現在はサンダーバードに統合されているので、「雷鳥」と名前の特急は走ってません。ただ、西村京太郎氏は特急「雷鳥」が好きと公言しており、「サンダーバードじゃダメなんだ」とも言ってます。2006年当時、雷鳥がまだ走っているとはいえ、この作品は平成元年に走った臨時特急「雷鳥」で起きた事 [続きを読む]
  • 特急「雷鳥」蘇る殺意読了
  • 「十津川警部 特急「雷鳥」蘇る殺意」を読み終わりました。2006年ごろの作品なので、特急「雷鳥」がまだ走ってる頃の作品になります。現在はサンダーバードに統合されているので、「雷鳥」と名前の特急は走ってません。ただ、西村京太郎氏は特急「雷鳥」が好きと公言しており、「サンダーバードじゃダメなんだ」とも言ってます。2006年当時、雷鳥がまだ走っているとはいえ、この作品は平成元年に走った臨時特急「雷鳥」で起きた事 [続きを読む]
  • ブログ更新・・
  • またブログを半年ぐらい期間を開けてしまった…。しかもサイトのほうを放置していたら、迷惑メールはたくさん来てるわ、検索の順位がダダ下がりしてるわ…大変なことになっています。検索ロボットというのは、更新しないと「死んでるサイト」として認識され、ランクが格下げされちゃうんですね。まあ、サボってたのがいけないんだけど・・前回のブログでは、渡瀬恒彦氏と伊東四朗氏の十津川警部シリーズ降板について書いていたけど [続きを読む]
  • ブログ更新・・
  • またブログを半年ぐらい期間を開けてしまった…。しかもサイトのほうを放置していたら、迷惑メールはたくさん来てるわ、検索の順位がダダ下がりしてるわ…大変なことになっています。検索ロボットというのは、更新しないと「死んでるサイト」として認識され、ランクが格下げされちゃうんですね。まあ、サボってたのがいけないんだけど・・前回のブログでは、渡瀬恒彦氏と伊東四朗氏の十津川警部シリーズ降板について書いていたけど [続きを読む]
  • 渡瀬恒彦、伊東四朗、十津川警部シリーズ降板・・・
  • 芸能界は高畑淳子の息子の件で揺れていますが・・・僕としてはそれはどうでもよくて、「渡瀬恒彦、十津川警部降板」の記事を見たときのほうが衝撃を受けました。昨年の「サンライズ出雲の女」から一年以上たっているから、どうしたものかとは思っていた矢先に、がん治療を行っている報道がなされ、早く治して復活してほしいな〜と思っていたら、降板となりました。。そして同時にカメさん役の伊東四朗氏も降板とのこと。僕個人とし [続きを読む]
  • 渡瀬恒彦、伊東四朗、十津川警部シリーズ降板・・・
  • 芸能界は高畑淳子の息子の件で揺れていますが・・・僕としてはそれはどうでもよくて、「渡瀬恒彦、十津川警部降板」の記事を見たときのほうが衝撃を受けました。昨年の「サンライズ出雲の女」から一年以上たっているから、どうしたものかとは思っていた矢先に、がん治療を行っている報道がなされ、早く治して復活してほしいな〜と思っていたら、降板となりました。。そして同時にカメさん役の伊東四朗氏も降板とのこと。僕個人とし [続きを読む]
  • 西村京太郎原作「いかさま」感想
  • 西村京太郎氏が初期の頃に短編小説に「いかさま」という話があります。当然、十津川警部も登場しなければ、トラベルミステリーの要素もない作品です。この頃、西村京太郎氏はたくさんの短編小説を書かれているようですが、実はどれも興味深い作品ばかりなのです。その中の一つ「いかさま」という直球タイトルの作品。舞台は雀荘。ギャンブル好きの主人公のサラリーマンが、友人同士での麻雀に飽き足らず、雀荘に出向き、見知らぬ3 [続きを読む]
  • 西村京太郎原作「いかさま」感想
  • 西村京太郎氏が初期の頃に短編小説に「いかさま」という話があります。当然、十津川警部も登場しなければ、トラベルミステリーの要素もない作品です。この頃、西村京太郎氏はたくさんの短編小説を書かれているようですが、実はどれも興味深い作品ばかりなのです。その中の一つ「いかさま」という直球タイトルの作品。舞台は雀荘。ギャンブル好きの主人公のサラリーマンが、友人同士での麻雀に飽き足らず、雀荘に出向き、見知らぬ3 [続きを読む]
  • 「最果てのブルートレイン」再読完了
  • 毎度のこと久々の更新ですが、今回空いたのは相当ひどい・・半年以上たちます。「最果てのブルートレイン」という短編3つ入った作品を紹介します。過去に一度呼んだ記憶はあるのですが、、すっかり忘れていたため再読しました。タイトルに惹かれる作品の一つではあるのですが、副題に『急行「天北」殺人事件』とありますので、どの列車のことを指しているのかはわかります。急行「天北」と聞いてピンと来る人は、鉄道好きの人しか [続きを読む]
  • 「最果てのブルートレイン」再読完了
  • 毎度のこと久々の更新ですが、今回空いたのは相当ひどい・・半年以上たちます。「最果てのブルートレイン」という短編3つ入った作品を紹介します。過去に一度呼んだ記憶はあるのですが、、すっかり忘れていたため再読しました。タイトルに惹かれる作品の一つではあるのですが、副題に『急行「天北」殺人事件』とありますので、どの列車のことを指しているのかはわかります。急行「天北」と聞いてピンと来る人は、鉄道好きの人しか [続きを読む]
  • 「真夜中の構図」読了
  • 久しぶりのブログ更新。いやー一度書かなくなると本当に、そのまま面倒になっていくのでダメですね。前回は半年前に愛川欽也氏が亡くなった時のブログを書きました。半年が経つのは早いなーと思いますが、あと2ヶ月もすれば年末なんですよね。さて、今回は「真夜中の構図」を読みました。過去に一度読んだことがあったのですが、どんな内容かうろ覚えだったので、再度読み直しました。この作品は1979年に刊行。著作リストでは「寝 [続きを読む]
  • 過去の記事 …