庭先の四季 さん プロフィール

  •  
庭先の四季さん: 庭先の四季
ハンドル名庭先の四季 さん
ブログタイトル庭先の四季
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kuma9320
サイト紹介文庭先と隣接する市民の森等の四季の変化や自然観察、動植物等を中心に 綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供458回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2014/11/17 16:14

庭先の四季 さんのブログ記事

  • 秋空と花散歩
  • 食欲の秋を迎えて、最近お腹まわりにタップリとついた脂肪の塊が気になってしょうがありません・・・これから散歩に適した爽やかな季節になるので、ブログ写真のネタ探しも兼ねてカメラ片手に積極的に歩きに出かけよう!少しでもお腹まわりの脂肪を減らすために・・・ ”落とせ贅肉 落とすな気力 心と身体の 自己管理”そんなわけで散歩で撮った、爽やかな秋空と花のコラボ写真をアップします。薄紅色に染まった酔芙蓉と秋の [続きを読む]
  • 香りで秋の訪れを告げる花、金木犀
  • 今朝、秋分の日の庭先に漂う甘い香りに誘われて見上げると、秋の訪れを香りで告げる金木犀の花が咲き出していた。 昨日あたりから、一気に開花したようです。近くを通りがかるだけで、ああ金木犀が咲いているな〜と分かるほど甘い香りがただよってきて・・・ まさに秋の訪れを香りで象徴する花だと思う。。本格的な秋の到来を、金木犀の香りで実感する人も多いのではないでしょうか?つやつやした濃い緑の葉陰に咲く、小さなオ [続きを読む]
  • 秋分の日〜彼岸花
  • 今日9月23日は、二十四節気の秋分、春分と同じく太陽が真東から昇り真西に沈む日、昼と夜の長さがほぼ等しくなるお彼岸の中日ですね!お彼岸の「彼岸」とは彼方(かなた)の岸、つまり向こうの岸のことで、悟りや浄土の世界を意味しています。お墓参りに行かれる方も多いと思いますが、仏教でいう極楽浄土は真西の方向にあるとされており、その方向がはっきりと分かる日でもあります。ただし、お彼岸は仏教国の中でも日本だけの独 [続きを読む]
  • カナブンを捕えた女郎蜘蛛
  • 毎年秋になると庭先のあちこちで蜘蛛の巣を張り、獲物を待ちうけている女郎蜘蛛、今朝観ると大きなカナブンが捕らえられていた。オッ!網に掛かったか、今日の獲物は大きいぞ!さっそく獲物に襲いかかる女郎蜘蛛。(カナブン)どうかお助けを・・ (女郎蜘蛛)無駄な抵抗はよせ!逃げられないように蜘蛛の糸でぐるぐる巻きにしてやる!哀れなカナブンは、必死の抵抗も虚しく捕らえられてしまいました。これも自然界の掟なので・・ [続きを読む]
  • お彼岸の空にたなびく五色の彩雲!
  • 今朝は、よく晴れたお彼岸の秋晴れの空に、五色に輝く彩雲が観られたので、さっそく写真をアップします。ちょうどお彼岸で、極楽浄土の空を想わせるような五色の彩雲。彩雲は、古くから良いことが起きる吉兆とされています。これからは、空気も澄んで来るので彩雲が現れやすくなります。彩雲は、太陽の近くを薄雲が通る際に現れやすいので気を付けて観察すれば、見つかるかも?。でも、太陽が眼に入ると目を傷めるので直視しない [続きを読む]
  • 空の日〜モーターパラグライダー
  • 今日9月20日は、空の日です。1911年(明治44年)のこの日、国産の山田式飛行船が東京の上空一周飛行に成功したことを記念して制定されたそうです。飛行船ではありませんが・・・過去に湘南海岸を散策した際に撮った、大空を飛ぶモーターパラグライダーをアップします。青い空と白い雲にオレンジ色のパラグライダーが映えて気持ちよさそう! そらが あんなに あおいのは うみが うつっているからか ほしが すむ くにだから [続きを読む]
  • 黄金色に輝く蜘蛛の糸
  • 今日、庭先で黄金色に輝いている蜘蛛の巣を見かけて写真に撮ったのでアップします。蜘蛛の糸に反射した太陽光線の加減で、たまたま黄金色に輝いたのだと思われるが・・・光と自然が織りなす造形に驚くとともに、何となく気持ちも豊かになって、嬉しい気分になりました。。黄金色に輝く蜘蛛の糸。何か良いことが起きる前兆かも? [続きを読む]
  • 白い彼岸花とアゲハチョウ
  • 昨日の関東地方は、台風一過の晴天に恵まれましたが、台風によるフェーン現象で真夏並みの暑さが戻り、陽射しも強く歩くと汗だく、日陰に入るとホット一息でした。散歩の途中で、白い彼岸花にアゲハチョウが来ていた。大型のアゲハチョウと彼岸花の組み合わせは華やかですね!キバナコスモスにはツマグロヒョウモン。最近どこでも見かけるセセリチョウ。 [続きを読む]
  • 秋を探して木の実散歩
  • 当地方は、夜半に吹き荒れた台風18号も大した事無く去って、今朝は朝から台風一過の秋晴れで、眩しい陽射しが降りそそいでいます。それにしても、先週末は北朝鮮のミサイル発射によるJアラート(空襲警報)に始まって、列島各地で台風18号襲来による大雨暴風警報、河川氾濫警報や土砂災害警戒情報等などが相次いで発令されて大変でしたね。。大きな被害が出ないことを祈ります。自然災害の方は致し方無いとしても・・核やミサイル [続きを読む]
  • 秋風とともに玄鳥去(つばめさる)
  • 二十四節気七十二候、白露の末候(9/17〜9/22)は、「玄鳥去(つばめさる)」です。春先にやってきたつばめたちが、子育てを終えて、この頃から徐々に暖かい南の国へと帰ってゆくころです。そう言えばいつの間にか、夏に子育てをしていたつばめたちの姿を見かけなくなったと思ったら・・秋も深まってきた証拠ですね。。燕は古くから、農村部では穀物を食い荒らす害虫を食べてくれる益鳥として大切にされ、商家でも燕の巣は商売繁 [続きを読む]
  • 緑と茶色のオンブバッタがいるのは何故?
  • 緑と茶色のカマキリがいるのは何故?庭先で見かけるカマキリには、緑色のカマキリと茶色のカマキリがいるが、最初私は、カメレオンのように周りの環境に合わせて、保護色で色を変えるのかな?と思っていたのだが・・・途中で色......>続きを読む上記は一年前にアップしたブログ記事、「緑と茶色のカマキリがいるのは何故?」ですが、何故か?アクセス数が多く夏場から毎日、拙ブログ内の人気ランキングで上位を続けています。 [続きを読む]
  • ミサイルよりも花や蝶
  • 今朝はまた、北朝鮮のミサイル発射のニュースで朝からTVは、NHKはじめ民放もこのニュースばかり、Y新聞は号外まで出して大騒ぎ。べつに日本を狙ったわけでもなく、日本の領空外の上空770Kmの人工衛星の軌道よりも遥かに高い宇宙空間を通過したのに対し、北海道、東北北関東など12道県の広範囲にJアラート(空襲警報)が発令されたが・・すでにミサイルは、とっくのとんまに遥か2000km先の太平洋に落下して、日本に被害が無 [続きを読む]
  • 秋の花咲く散歩道
  • 朝晩は涼しくなって来ましたが、このところ日中はまた夏の暑さが戻ったようで、残暑復活という感じがします。先日の花散歩で撮ってきた、秋の花と実をアップします。秋のお彼岸も近いので、赤、白、黄色、三色の彼岸花から。まずはおなじみの赤い彼岸花。白の彼岸花。黄色の彼岸花。ホトトギス。薄紫の紫苑(シオン)赤いクコの実。コムラサキ。最後はブルーサルビアと秋の高い空。 [続きを読む]
  • 忍法草隠れの術?バッタ君
  • 秋の草原を歩いていると、足下のあちこちからバッタがバタバタと飛び出してくる。それぞれ、うまく草や枯れ草の色や形に擬態していて、目を凝らしてよく見ないとどこにいるのか見つけ難い。これも、外敵から身を守るための自然の技、まさに、忍法草隠れの術?バッタの殿様?さすがに立派です、トノサマバッタ。この涙目のバッタは、ツチイナゴの幼虫?。枯れ草に紛れて見分け難い、クルマバッタモドキ。全身イボイボのイボバッタ [続きを読む]
  • 鶺鴒(セキレイ)鳴く
  • 二十四節気七十二候の白露の次候(9.12〜9.16)は、鶺鴒(セキレイ)鳴く、セキレイがチチィ、チチィと鳴きだす頃です。セキレイと言えば歩くときに尾を上下に振る動作が有名で、古くは日本神話のイザナギノミコトとイザナミノミコトが子宝に恵まれる秘訣を、セキレイの腰の動きを見て学んだ?という話が伝わっていますが・・・セキレイの腰の動きを観ていると納得です!(笑)、そんなことから恋教え鳥とも言われているそうです。 [続きを読む]
  • 鯉に囲まれた亀さん
  • 川沿い散歩の途中で、大きな鯉の群れに囲まれた亀さんがいた。この亀さんと鯉は何をやってるのでしょうか?珍しい光景だったので写真をアップします。亀さんと鯉の群れの真昼の対決?こりゃ〜敵わん、多勢に無勢で逃げるが勝ち!悔しかったらここまで登ってコイ!(^_^)ありゃ〜! ホントに登ってきちゃった。鯉の滝登りじゃなく・・ 鯉の石登りです!さすが今年のカープは勢いがあります、もうすぐ優勝ですね!我がベイスターズ [続きを読む]
  • 楽しい商店街プロレス
  • 昨日、近所の大型団地のショッピングセンター広場で、大日本プロレスによる商店街プロレスが行われたので観に行ってきた。何と言っても、リングサイドでタダ(無料)で観戦できるので見なきゃ損!(笑)迫力満点の大技の応酬もあり、観ごたえがあって楽しめた。肉弾相うつ激しい闘い。空中殺法フライング? 逃げられて自爆しました〜。ヒール(悪)役アブドーラ小林による、お決まりの場外乱闘。観客の首にロープを巻いたりして [続きを読む]
  • 秋の陽に虹色に輝く翅〜アキアカネ?
  • 散歩していると、秋の野に群れ飛ぶ赤トンボを見かける季節になりました。枝先に止まったトンボを観ると・・・トンボの翅が秋の陽に虹色に輝いて・・・とても綺麗だったので写真をアップします。。この赤トンボは、アキアカネ?と思いますが・・・もし、違っていたらゴメンナサイ。m(_ _;)m秋晴れの野道には、ススキの穂が秋風に揺れて・・・もうすっかり秋なんですね。。 [続きを読む]
  • 重陽の節句〜初秋の花散歩
  • 今日9月9日は重陽の節句、菊の節句で長寿を祈る日です。陰陽説では奇数は「陽」の数字とされ、中でも最大の9が重なる9月9日は、最も重要な節句として祝われてきたそうです。昔は旧暦で数えていたのでちょうど菊の花盛りの頃ですが・・新暦の今は、菊の季節にはまだちょっと早い?そんなわけで、初秋の野の花散歩で撮ってきた写真をアップします。薄紫のツルボの花に来た、長い尾っぽと産卵管のオオコンボウヤセバチ♀。 ぶん [続きを読む]
  • 葛の裏風
  • 夏の間、すごい繁殖力で隣の森の斜面を覆い尽くしていた葛の葉。秋風が吹くと、ひるがえる白い葉裏が銀色の風の道を見せてくれる事から、その風は「葛の裏風」と呼ばれていたらしい。。葛は空き地等で、どこでもツルを伸ばして繁殖するので厄介者?扱いされますが、昔は葛の根から葛粉をとったり、茎の繊維で葛布を作るなど、人々の暮らしと結びついており、風邪薬の葛根湯も葛の根が主材となっているそうです。そう言えば、子供の [続きを読む]
  • 白露〜紅白二色咲き?の酔芙蓉
  • 今日9月7日は24節気の白露、草に降りた露が朝の光に白く光って、キラキラ輝やいて見える頃。朝夕の涼しさも一段と深まり、吹く風も心地よく、秋の訪れを実感する季節です。庭先で酔芙蓉の花が咲き始めたが・・今年は低温とちょうど秋の長雨の影響で、雨降りと日照不足でうまく咲けない花もあるようです。お目出度い?紅白の二色咲き。昨日咲きかけたんだけど・・ 雨降りと低温で咲ききれずに、外気に触れた部分の花びらだけが [続きを読む]
  • 古民家の変化朝顔
  • 散歩の途中で立ち寄った、公園の古民家の軒先に珍しい色や形の変化朝顔が展示されていた。変化朝顔の花。深い切れ込みのある花や八重咲きのような花だけでなく、葉の形もチヂミ状など色々な特徴があり楽しめました。 [続きを読む]
  • 公園の花壇で遊ぶ蝶たち
  • 秋らしく急に涼しくなって、散歩するにも快適な季節になりました。初秋の爽やか散歩の途中で立ち寄った公園の花壇に咲く花には、蝶たちが楽しそうに舞飛んでいました。この時季の花壇は、飛んでくる蝶たちと花が一緒に楽しめる、癒やしの場所ですね!ジニア(百日草)の花とアゲハチョウ。赤詰草とヒメアカタテハ。ランタナで吸蜜するツマグロヒョウモン。ピンクの千日紅で吸蜜するイチモンジセセリ。 [続きを読む]
  • 初秋の古民家に咲く花
  • 昨日は、朝降っていた雨も上がって青空が覗き、雨に洗われてスッキリとした空気の中、初秋の爽やかな風に誘われて散歩に出かけた。近隣の公園の古民家の庭先では、真っ赤な鶏頭の花が青空に映えて咲きほこっていました。澄んだ秋の青空と白い雲、鶏頭の鮮やかな赤の対比が印象的。薄紫のカクトラノオと真っ赤な鶏頭花のツーショット。秋の花、ホトトギスや秋明菊も咲き始めていました。ホトトギスの花。秋明菊。だいぶ涼しくなっ [続きを読む]