庭先の四季 さん プロフィール

  •  
庭先の四季さん: 庭先の四季
ハンドル名庭先の四季 さん
ブログタイトル庭先の四季
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kuma9320
サイト紹介文庭先と隣接する市民の森等の四季の変化や自然観察、動植物等を中心に 綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供458回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2014/11/17 16:14

庭先の四季 さんのブログ記事

  • 卯の花腐(くた)し
  • 爽やかな五月も、もうすぐ終わり、やがて鬱陶しい梅雨の季節がやってきますね。。 梅雨へと向うこの季節に咲く花といえば・・・卯の花(ウツギ)も、代表する花の一つではないでしょうか?この花は、「梅雨花」、「田植え花」、「早乙女花」、などの季節を感じさせる別名があり、他にも 見た目が白い雪のようなことから「雪見草」、「夏雪草」ともいわれるそうです。卯の花腐(くた)しとは、卯の花を散らし、腐らせる長雨で、卯 [続きを読む]
  • 薄暑(はくしょ)の候
  • 五月も末となり、暑くもなく寒くもなく過ごしやすい気候が終わり、散歩していても少し暑さを感じるような季節になってきました。。季節が春から夏へと移るこの頃の陽気を「薄暑(はくしょ)」と言います。気温で言うと20度前半くらいで、まだしのぎやすい季節なのですが・・・時々25度以上の夏日や、五月なのにもう30度超えの真夏日もあり、時折吹く風が心地よく感じられる頃です。。「薄暑(はくしょ)」は大正時代から定着 [続きを読む]
  • 初夏の散歩道に咲く花
  • 散歩道で撮った、初夏の訪れを感じさせる花々をアップします。このところの陽気で夏日も多くなり、暑さも感じるいつもの散歩道では、初夏を彩る色々な花が咲きだしていました。そろそろ蛍の季節・・ 紫色のホタルブクロ。路傍に咲くキンケイギク。黄色が眩しいキスゲ。見たまんまの赤いブラシの木。青色で個性的に咲く花、ニゲラ。夏に向かって咲き上る花、タチアオイ。鮮やかな朱色で咲く、ヒメヒオウギズイセン。涼し気な青色 [続きを読む]
  • 初夏の散歩道で出合った生き物たち
  • 現在の節気小満は、万物が次第に成長し天地に満ち始める時季です。木々の緑も深まり、花々や、鳥や蝶や昆虫など生き物たちも、初夏の陽射しを浴びて生命輝く季節です。。そんな初夏の散歩道で出遭った、生き物たちの活き活きとした姿をアップします。アカツメクサで翅を休めるツマグロヒョウモン♂。ロープに止まるシオヤトンボ。地上に降りて巣造りの材料?を咥えるツバメさん。オレンジにクロの水玉模様のナナホシテントウ。ダイ [続きを読む]
  • 大船植物園〜初夏を彩る花々
  • 初夏の大船植物園シリーズその7は、初夏を彩る花々をアップします。ガマズミ。ガウラ。ムラサキツユクサ。カンパニュラ。アケボノフウロ。デルフィニウム。早春に黄色の花が咲く、ロウバイの実。ムラサキセンダイハギ。?ルピナス。他にもまだたくさんの季節の花が咲いていましたが、初夏の大船植物園シリーズはこれで終わります。最後までご覧いただき、ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 大船植物園〜観賞温室の花
  • 初夏の大船植物園シリーズはバラ、芍薬、スイートピー、ポピー、スイレンと続きましたが、その6は観賞温室のハイビスカスその他の花をアップします。観賞温室内なので、季節に関係なくいつ行っても熱帯性の綺麗な花が楽めますが・・・色鮮やかに咲く、南国の花々を観ると一足先に夏が来たような気分になります。。南国の花といえば、やっぱりこのハイビスカスですね!赤いアブチロンの花。ブーゲンビレアも南国を代表する花ですね [続きを読む]
  • 水面を彩るスイレンの花
  • 初夏の大船植物園シリーズ、バラ、芍薬、スイートピー、ポピーと続きましたが、その5としてスイレンの花をアップします。池の水面に浮かぶ美しいスイレンの花を観ると・・・心が洗われるような気がします。。睡蓮池で咲くスイレン。ここからは観賞温室の熱帯性スイレンです!観賞温室内なので、季節に関係なくいつ行っても熱帯性の綺麗な花が楽めます。熱帯性スイレンの花は色鮮やかで美しく、花色も色々あって好きな花なので、大 [続きを読む]
  • 五月の風に揺れるポピー
  • 初夏の大船植物園シリーズその4は、ポピーの花をアップします。薄く、まるでセロファンのように美しく透き通ったポピーの花びら・・・五月の風に吹かれて、優しく軽やかに揺れる様子をを眺めていると、心が癒やされる気がします。。ポピーの花言葉 「いたわり」「思いやり」「恋の予感」「陽気で優しい」初夏の大船植物園シリーズは、まだ続きます。 [続きを読む]
  • 色とりどりのスイートピー
  • 初夏の大船植物園シリーズその3は、色とりどりのパステルカラーで、まるで蝶たちが舞い飛ぶように軽やかに優しく咲く、スイートピーをアップします。スイートピーの名前の由来は、香りの良いことを意味する「Sweet(甘い)と」、マメ科の「pea(豆)」が合わさったものだそうです。同様に、香りのいいえんどう豆ということで「麝香豌豆」という和名がついていますが・・・この豆には毒があり、大量に食すとラチリズムともいわれる [続きを読む]
  • 「小満」〜大船植物園の芍薬
  • 今日、5月21日は二十四節気の「小満(しょうまん)」です。「小満」と言われても、少し抽象的でピンとこない・・・そのためか、「小満」は二十四節気の中でも一番認知度が低いそうです。。小満は、万物が次第に成長し天地に満ち始める時季で、木々の緑が深まり、花々や、鳥も虫など生き物も陽のひかりを浴びて輝く季節です。。小満本来の意味は、「秋に蒔いた麦の穂が付き、”少し満足する”」という意味だそうですが・・・ 稲作 [続きを読む]
  • 初夏の大船植物園〜バラ園
  • 昨日は、爽やかな五月晴れに誘われて、フラワーセンター大船植物園に見頃を迎えたバラを観に行ってきた。バラは五月を代表する花、初夏の光に輝いて色とりどりに華麗に咲きほこるバラの花は、人々を魅了してやまない花の女王といえます。日本語の「ばら」という言葉は、「茨(いばら)」から変化したもので、昔は刺のある木の総称だったそうです。美しいバラには刺がある・・・ でも、茨の道を乗り越えたからこそ美しい花になった [続きを読む]
  • 好きも嫌いも『縁』しだいって本当?
  • どんな人にでも、好き嫌いはあります。。学校や職場や家庭、ご近所さんとの人間関係でも好き嫌いはあるでしょうし、気の合う人合わない人がいるのは当然と言えると思います。好き嫌いの感情をあらわにするのはあってはならないことですが・・・人間である以上、そういう感情があるのは仕方ない事だと思います。ではいったい人の好き嫌いは、何によって決まるのでしょうか?仏教のお釈迦様の教えによれば、人の好き嫌いはその人との [続きを読む]
  • 朝から賑わうキイチゴの森
  • 我が家に隣接する市民の森の斜面には、キイチゴ(カジイチゴ)の木がたくさん生えている。毎年今頃になるとキイチゴの実が黄色くなるのを待ちかねたように、タイワンリスを始めとしてヒヨドリ、ムクドリ等の野鳥たちもやってきて、朝から賑やかな森のレストラン状態になる。それらの動物たちを、窓際や庭先から観察するのもこの時季の愉しみとなっている。。こんにちは〜 一番客は常連さんのタイワンリス。さっそく、いただきま〜 [続きを読む]
  • 夜明けと朝の目覚めが早い!
  • 最近のTVは本当につまらないので、夜もあまり観る気がしない。。そんなわけで、夜は9時頃には早々に寝てしまう場合が多いが、早く寝ると当然だが歳とともに目覚める時間も早くなり、早い時は夜中の2時、3時頃には目覚めて場合もあるが・・・(^_^;)早く目覚めるのはあまりに苦にならない。。早く目覚めた時には、枕元のラジオでNHKのラジオ深夜便をウツラウツラしながら聴いている。深夜2時台のロマンチックコンサートや、3時台の [続きを読む]
  • 緑滴る頃
  • 野にも山にも若葉が茂り、瑞々しい新緑が目に眩しい頃になりました。花が咲くことを笑うとも表現しますが、今は春の「山笑う頃」から緑が日毎に濃くなり、緑滴る夏の「山滴る頃」に移行する時季です。自然の中で大きく深呼吸して、緑の生き生きとした鋭気を胸一杯吸い込んで、心身ともにリフレッシュしましょう!モミジの鮮やかな新緑が眼に眩しい!竹とんぼのようなカエデの花種?アジサイの葉先にも花芽が。柿の葉にも小さな実が [続きを読む]
  • 初夏の花咲く散歩道
  • 散歩道の野や路傍に咲く、初夏の訪れを感じさせる花々をアップします。このところの陽気で暑さを感じる夏日も多くなり、いつもの散歩道でも初夏を彩る色々な花が咲きだしていました。ニワゼキショウ。ヒルザキツキミソウ。アカバナユウゲショウ。ヒルガオ。マツヨイグサ。夏の訪れを告げるタチアオイの花も、もう咲き出した。 [続きを読む]
  • 庭を訪れたアゲハチョウ
  • 陽気が良くなるにつれて、我が家の庭先にも大型のアゲハチョウが訪れるようになりました。隣の森からは、ウグイスやメジロが囀りも聴こえてきます。まさに、”花が咲き小鳥は歌い蝶が舞う” という花鳥風月の世界を愉しめる嬉しい季節の到来ですね!ツツジの花を訪れたキアゲハ。クレマチスの花に来たモンキアゲハ。こちらはナガサキアゲハ?。クロアゲハでしょうか? [続きを読む]
  • キイチゴを食べに来るタイワンリス
  • 我が家に隣接する裏山の森の斜面には、キイチゴ(カジイチゴ)の木がたくさん生えていて、毎年5月の今頃になるといっぱい黄色い実を付ける。そのキイチゴの実を食べにタイワンリスや野鳥たちが待ってましたとばかりにやってきて、賑やかな森のレストラン状態になる。それらのリスや野鳥たちを、窓際や庭先から観察するのもこの時期の愉しみの一つとなっている。。キイチゴの実が黄色く甘く熟すのを待ちきれず、早速やってきた一番 [続きを読む]
  • 今宵はウエサクの満月
  • 今日5月11日は満月です。とくに、今宵の満月はウエサクの満月と言われて、釈迦の降誕、悟りを開いた日、入滅の日が、全てヴァイシャーカ (Visakha)月のの第一満月だったことが起源で、天界と地上界のエネルギーの扉が開く日とされ、パワフルな月のエネルギーが降り注ぐ日とされています。日本でも古来より京都の鞍馬寺では「五月満月祭」が執り行われ、世界の各地でもウエサク満月が祝われる大切な日でだそうです。(今年は、満 [続きを読む]
  • 野原で花や蝶と遊ぶ
  • 昨日、野に咲くハルジオンの花にきたアオスジアゲハをアップしましたが、今日も続いてモンキチョウとツマグロヒョウモンをアップします。野原で舞う蝶を観ていると・・・ 虫取り網を持って、夢中で蝶やトンボを追いかけていた少年時代を懐かしく想い出します。。でも今は、どんなに綺麗な蝶や珍しい蝶に出遭っても、決して網で捕るような事はせず、写真に撮って楽しむだけですね!ハルジオンの花に留るモンキチョウ。原っぱ、 [続きを読む]
  • アオスジアゲハとハルジオン
  • 散歩の途中で野原に咲いているハルジオンの花に、アオスジアゲハが飛んできて、吸蜜していた。アオスジアゲハ は飛翔力が高く、早いスピードで、樹木や花のまわりをめまぐるしく飛び回るので、写真に撮るのがなかなか難しかったのだが・・・今回ハルジオンの花にきたアオスジアゲハは、ゆっくりと止まって良いモデルさんになってくれました♪ハルジオンの花で吸蜜するアオスジアゲハ。アオスジアゲハは、黒地に青白い筋が一本入っ [続きを読む]
  • ♪野に咲く花のように
  • 野道を散歩しながら野に咲く花の写真を撮っているとき、よくこの「野に咲く花のように」の歌を想い浮かべてしまいます。。昔、ダ・カーポが歌ってヒットした曲ですが、歌詞とメロディーがとても素直で素朴な感じで好きな曲です。「野に咲く花のように」【作詞】杉山政美 【作曲】小林亜星 【歌】 ダ・カーポ♪ 野に咲く花のように風に吹かれて  野に咲く花のように人を爽やかにして   そんな風にぼく達も   いきてゆ [続きを読む]
  • 五月〜初夏の庭先
  • 昨日、新潟の実家の庭で咲いていた花をアップしましたが、今日は拙庭の庭先に咲く五月の花々をアップしましす。田舎の実家のように広い庭があれば、もっと色々な花を植えて楽しめるがのですが・・・猫のひたいのように狭い拙庭では、当然限られた花や植物しか育てられません。。それでも、季節の花が庭先で咲き出すと嬉しいものですね♪庭先で咲き出したクレマチス。可愛いスズラン。ほんのり薄紫のダイコンの花。白いサヤエンドウ [続きを読む]