田舎暮らしのつぶやきブログ! さん プロフィール

  •  
田舎暮らしのつぶやきブログ!さん: 田舎暮らしのつぶやきブログ!
ハンドル名田舎暮らしのつぶやきブログ! さん
ブログタイトル田舎暮らしのつぶやきブログ!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/officebw
サイト紹介文一寸お役にたつファイナンス情報や経営アドバイスと、旅や食のつぶやき。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供231回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2014/11/17 20:21

田舎暮らしのつぶやきブログ! さんのブログ記事

  • 満開の枝垂桜に、モグラが出没!
  • ◆1週間、仕事の関係で九州へ出張し、ブログのアップをお休みしました。 今日から再開です。 出張中に、家内から電話がありました。 通常の連絡はメールですから、何事かをびっくり。 何と、枝垂桜が満開を迎えようとしているが、根元の苔がモグラに掘り起こされて、苔はデコボコで、苔の上には土の小山ができている、と。   九州にいる私に電話を貰っても、何もできないのに。 取敢えず、庭師に電話するように、と返事を [続きを読む]
  • 記事のタイトルを入力してください(必須)
  • ◆62歳の繋ぎ融資での詐欺事件が、マスコミを賑わしている。 でも、なぜ騙されるのだろうか? 不思議で仕方がないし、そんなに儲かるのなら、人を誘わずに自分一人でやたほうが確実に儲かるはず。 儲かる話を人に話すわけがないし、話すときは自慢話で話すだけ。 自慢話は2〜3倍の大きな差になっているので、人を誘っても、もともとそんなに儲かるはずはないので、俺も仲間に入れてくれ!といわれても、簡単には仲間に入れない [続きを読む]
  • 今日は、庚申大祭の日
  • ◆今日は、庚申大祭の日。 庚申大祭がどのような謂れがあって、宗教なのか?仏教なのか?わからない。  でも、100年以上は続いている、田舎の一大行事であることにはかわりはない。 昔、60年ほど前には田舎芝居の舞台もあって、たいそう賑やかであった思い出はある。 しかし、今では地元の住民が交代で守をしながら開催しているような状況。 人口が減少して高齢化しているので、何とか開催方法を改善しなければといいながら [続きを読む]
  • フクロウの館の枝垂桜は、まだ蕾
  • ◆長男の「フクロウの館」の枝垂桜は、まだ蕾。 テレビの桜便りは盛りを過ぎようとしているが、まだ私が住んでいる山間部の田舎は、もう少しで桜の季節。 昨年の年初に植えて枝垂桜は、今年も満開の花を咲かせてくれるだろう。  ようやく蕾も大きくなってきたので、あと5〜6日で満開を迎えるか!  昨年、庭師には枝の剪定と追肥もお願いしたので、きっともうすぐ1歳になる孫と、一緒に愛でることができるだろう。 楽しみで [続きを読む]
  • 100%減価償却をして、営業利益で赤字にするか?
  • ◆100%減価償却をして、営業利益で赤字にするか? 経常利益で赤字にするか? 税引前利益で赤字にするか?◆顧問先のA社での話。 100%の法定減価償却費が50,000千円で、これを全額計上して営業利益で5,000千円の赤字を計上するか。 もし、営業利益が黒字の5,000千円なら、経常利益も当期税引前利益も若干の利益となる。 80%の減価償却で20%は焼却を減らせば。 さて、減価償却費を100%償却するかである。 減価償却費が法 [続きを読む]
  • 桜堂薬師の枝垂桜
  • ◆今日は、春の全国交通安全運動の一環としての「交通安全祈願祭」が、国道19号線沿いの瑞浪交番横の「交通安全観音」で開催された。 全国的には交通事故死者数が減少しているが、昨年は岐阜県でも、そして多治見警察署管内でも増加した。 今年は、是非とも減少させたいと、県・市・警察・交通安全協会等の関係者が集まって、交通安全の祈願をした。 市長の挨拶の中に、瑞浪の「桜堂薬師」の枝垂桜の話がでたので、帰り道にちょ [続きを読む]
  • 山里は、まだ桜も少しほころびた状況だ!
  • ◆テレビでは桜の満開の映像で賑やかだが、山里の私の家の近くは、水仙は満開だが、桜はまだ蕾が多い。 もう、あと4〜5日で咲き始めるだろう。 今日は、昼から雨もあがったので、久しぶりにゴルフの練習場へ出かけた。 その途中で、毎年きれいに咲く渓雲寺横の土手の桜が、5分咲きとなったのが見えた。 2日前、家への帰り道にも桜の木を見たのだが、咲いておらずに蕾のようだったが、2日の間に一気に咲きだした。 昨年と比べ [続きを読む]
  • これって、金融機関の都合じゃないですか!
  • ◆商工会議所から、企業支援の要請を受けたA社の話。 A社は2年間に亘って代表者家族の預金を投入して、金融機関の返済を続けていた。 当然に、金融機関も決算書を徴求しているので、その事実を知っていた。 商工会議所の相談員に同行して相談に乗り、金融機関に1年間の返済猶予のお願いをすることとなった。 そのお願い書の作成支援をして、先月の中旬に提出した。 今月の20日に返済日が到来するので、商工会議所の相談員に進 [続きを読む]
  • 他人が作った事業計画書に価値があるのか? 続
  • ◆昨日は、顧問先のA社の話だが、今日は私が現役時代の話。 営業推進部長時代、59店舗の営業店長に事業計画書の作成を求めていた。 全体の基本計画は1月に作成して、各営業店の事業計画書を2月までに作成することを義務付けていた。 業績等の実数は集計の関係から主にエクセルで作成させ、営業店として事業目標をどのように達成するのか、PDCAで具体的にスケジュール化して求めていた。 59店舗もあると、いろいろな店長がいる [続きを読む]
  • 他人が作った事業計画書に価値があるのか?
  • ◆今月から新年度が始まった企業が多く、私の顧問先でもA社だ。 経営状況も不振で、経営改善中である。 A社は、私が先月から経営や会計に付いて相談に乗っている先。 その経営者に、事業計画書はできていますか?と聞いた。 まあ、私も悪くて、先月に聞いていなければならないのだが、従業員数も70人ほどいて、経営改善中であるから、当然にあると思っていた。 金融機関も返済額の減額猶予をしているので、金融機関からも当然 [続きを読む]
  • 今日は、マックに会いに三仙院へ
  • ◆今日はマックに会いに、三仙院へ。  ☆三仙院の全景 2階に位牌堂がある  ☆三仙院の玄関 右に猫、左に犬 3月21日にマックが亡くなって、早2週間。 忘れようとしても、毎日のマックと生活習慣があったので、忘れることができない。 シッコはトイレでしていたので、トイレの戸はいつも開けられていた。 今も、ともすると開けられたままに。 玄関と居間との間の廊下の曲がり角に、籠が置いてあった。 マックは籠が大嫌 [続きを読む]
  • 社長やその息子に経営の才覚がなければ、いずれは淘汰か!
  • ◆中小企業の場合、創業者の継承者が通常は経営者となるが、その他に身内がなる場合が多い。 その身内もない、あるいはその他の事情で、他人がなる場合もある。◆昔の、支店長時代の話である。 A社を訪ねた時、専務と面談したが社長とは面談できなかった。 なかなか優秀な経営者としての専務であったが、社長は創業者の長男であるが現場で仕事をして、創業者に仕えていた専務が実質的に経営を担っていた。 専務は社長よりも年 [続きを読む]
  • 今日は、初めての節句様に、孫も?
  • ◆今日は、長男の娘の初めてのお節句。 田舎の当地は、4月3日が節句(雛祭の日)。 今日は孫が主役で、私たち夫婦や嫁の両親が集まり、昼前から大騒ぎ。  大騒ぎというほど声を上げるわけではないが、とにかく4人が声を掛けるのだから、孫もドギマギ。 遂には、大声で泣きだして、その泣き声にも爺婆は笑い顔。 本当に、楽しいお雛様の日だった。 こんな幸せの日がいつまでも続くように祈りたい! [続きを読む]
  • 今日から、平成29年度の新年度が始まる!
  • ◆新年度のスタートが土曜日で、土曜日の今日でも、入社式のある会社もあるだろう。 土曜日の休みの会社が多くなったが、地方の製造業の会社では隔週で土曜日が休みか、事務職は毎週土曜日が休みで、工場は週中の水曜日か木曜日に交代で休みの企業が多い。 私が金夜の9時か10時まで仕事をしたので、土曜日に夕方の5時か6時に帰られるのが、本当にうれしかった。 まあ、そんな時代は今では嘘のような話であるが、地方の中小零細 [続きを読む]
  • 人生の生甲斐と仕事の遣り甲斐!
  • ◆今日は年度末。 ようやく、確定申告による国税還付金が振り込まれてきた。 家内に、還付金が振り込まれてきたよ!と言ったら、半分私にちょうだい!と言われる。 まあ、半分渡しても良いかな、とも思っている。 元々、私の仕事で源泉徴収された分から帰ってきて、私のお金?だが、振り込まれてくるのは貰ったような気がして、大変嬉しい。 サラリーマン時代も年末調整があったが、給与で調整されて還付されていたので、貰っ [続きを読む]
  • 給与の引き下げ!鞭と飴
  • ◆明日で、年度末を迎える企業も多く、決算の時期となる。 最近よく企業経営者からある話が、給料を下げる話だ。 給料を下げなければならない理由は理解できるが、では経営者はどうか?と尋ねたい。 仕事をあまりしていない親族に給与を払い、交際費も上手に使う。 経営が悪化した場合には、自分のお金を企業に投入しなければならない、ことも理解できる。 経営者は最悪の場合はすべてを失う場合もあるが、従業員はそんなこと [続きを読む]
  • メイン金融機関として、それではあまりにも無責任ではないですか?
  • ◆A社の社長から、相談を受けた。 毎月の借入金返済額が苦しいので、何とか減額できないだろうか?と。 決算書を見せてもらったら、赤字が連続し債務超過の状態だった。 確かに、この状態では返済はできないはずだ。 でもよく見たら、社長が会社に資金を投入し、投入された資金がメイン金融機関等の借入金の返済に充当されていた。 それも2年以上。 社長も遂に手持ち資金に欠乏をきたし、私に相談があったものだ。 メイン金 [続きを読む]
  • 信長死すべし 山本兼一著
  • ◆山本兼一著の本能寺の変までの38日間を、正親町帝、織田信長、明智光秀、徳川家康、近衛前久、吉田兼和、勸修寺晴豊、里村招巴で記述する。 本能寺の変、なぜ明智光秀が反逆したのか? いろいろな説があるが、正親町帝の陰謀説をもとに話が進められている。 天正10年、織田信長は武田氏を滅ぼし、次なる相手として四国・中国・九州を目指す。 そのためには、現在の拠点である安土城から石山本願寺があった大阪に移さなければ [続きを読む]
  • 昨日は、マックのために、長男や次男家族が集まってくれた
  • ◆昨日は、夕方から長男夫婦や次男夫婦が孫たちを連れて、マックへのお供えをもって集まってくれた。 こんなことでみんなが集まってくれるのも寂しいが、それでもみんながマックのために集まってくれるのは嬉しい。 特に次男は、マックの名付け親。 マックが亡くなったことをメールしたら、その日の夜に来ると言っていたが、既にお骨にしたらといったら、ずいぶんと悲しんだ。 一目、マックを見たかったのだろう。 次男のマッ [続きを読む]
  • 命もいらず、名もいらず 続
  • ◆山本兼一著、「命もいらず、名もいらず」の続書評。 この題名が付けられた場面を再現する。 山岡鉄舟等の講武所の先生が中心となって、江戸市内の不穏な攘夷的な浪人を中心として浪士隊を結成し、京都での治安を守ることとなる。 その出発に際して、山岡は上司である松平忠敏と面談して、不逞な浪人を引き連れていき見事にその目的を達成する覚悟を示す。 使命を果たせなかったら、腹を切る覚悟で臨みます、と。 それに対し [続きを読む]
  • プライドが高い後継者には、困ったものだ!
  • ◆中小企業では、経営者の息子が事業継承者になる場合が多い。 特に、継承者が学歴が高いと、事業の継承もなかなか上手くはいかない。 大きな企業であろうと中小企業であろうと、すべての社員が優秀であるものでもない。 また、企業の業務には先端を進む業務もあれば、雑用に近い業務もある。 そんな業務の構成によって、始めて企業は組織として働くようになる。 その仕組みがわからないと、事業継承者は現経営者に仕えてきた [続きを読む]
  • 今日は、たった一人
  • ◆今日は、私一人。 家内は朝早くから、踊りの先生の発表会を観に行くとのことで、お出かけ。 いつもだと、書斎の私の机の横のストーブの前で、マックは寝そべているのだが、今はいない。  家内と二人でいるときは、まだ寂しさも少ないのだが、こうして朝早くから一人では、寂しくてたまらない。 14年間、マックがいたので、私も家内も一人でいることはなかったのだが、これからは一人でいるときが多くなる。 何とか、この寂 [続きを読む]
  • いくら無料でも、机の中に寝ている経営改善計画書に価値がありますか?
  • ◆地方の中小零細企業の経営は、依然として厳しいどころか、ますます厳しくなっている。 40年ほど前から知っているA社の社長から、資金繰りが厳しいから相談に乗ってくれないか!との電話を貰った。 優良企業として知られた会社で、資金繰りが厳しいとは、思いもしなかった。 今、金融機関から毎月返済額を減額して貰っているが、それでも苦しいので、どうしたらいいだろうか?と。 毎月返済額が減額されているなら、経営改善 [続きを読む]
  • マックがいなくなって1日
  • ◆マックがいなくなって1日。 何時も仕事から車で帰ってきて、勝手口を見ると、ドアの向こうにマックの姿が見えた。 車のエンジン音で、私が帰ってきたと分かったからだろう。 今日も私を待っていてくれた、といつも嬉しくなってしまった。 ドアを開けると、急いで家内のもとに走っていって、ワンワンと鳴いていた。 それが、今までの毎日の日常だった。  ☆元気な時の、洗濯籠に入ったマック しかし、今日は、そのマック [続きを読む]