田舎暮らしのつぶやきブログ! さん プロフィール

  •  
田舎暮らしのつぶやきブログ!さん: 田舎暮らしのつぶやきブログ!
ハンドル名田舎暮らしのつぶやきブログ! さん
ブログタイトル田舎暮らしのつぶやきブログ!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/officebw
サイト紹介文一寸お役にたつファイナンス情報や経営アドバイスと、旅や食のつぶやき。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2014/11/17 20:21

田舎暮らしのつぶやきブログ! さんのブログ記事

  • メールを今打っていますので!
  • ◆A君から顧問先企業の玄関で、今度のゴルフのスタート時間を聞いた。 玄関で聞いたので、営業室で再度A君と面談したときに時間を確認して、私は手帳に時間を書き入れた。 そうしたら、A君はメールを今打っていますので、との返事。◆A君は、ゴルフや会食等の日時は、必ず相手にメールをしているそうだ。 メールを打って、相手が返信メールをすれば、忘れていたとか、時間を間違えていた、とはなかなか言えないもの。 返信がな [続きを読む]
  • シニアの自営業のコンサルは気軽だ!
  • ◆金融機関に務めていた時には、随分とお客様に理不尽をいわれて悲しい思いをした。 ここで怒っては、と我慢をしたもの。 我慢もサラリーマンの仕事を思っていたし、こんな理不尽なお客の所為で家族を養う生活費の糧を失っては、と我慢をした。 無理難題をいわれても、出来ないことは出来ません、という以外はないし、一度通すと、次から次へと無理難題がやってくる。 先輩が無理を通していたお陰で、その解消に土下座までした [続きを読む]
  • 初歩の自己査定と債務者分類とは?
  • ◆金融業務に携わっていない人にとっては、自己査定とか、債務者分類といっても理解が苦しいかもしれないので、簡単に説明します。 自分は、金融機関から事業資金を借りていないから関係ないのではなく、住宅ローンやカードローンも関係してくる。◆自己査定とは、金融機関が保有する資産(貸出金等)を自己の基準によって査定(判定)して、デフォルトリスク(貸付金等が回収できないリスク)の可能性を金額(借入金額等)で分類 [続きを読む]
  • それで、事業再生支援はできるのですか?
  • ◇支店長講座の研修での事前交換情報に、事業再生の経験等をお聞きしたい、という記述をよく見る。 金融機関が、融資先の貸付金の回収可能性を分類する自己査定制度も、コンピューターによるシステム査定となり、支店の担当者が決算書を担当部署に送れば自動的に査定をしてくる。 そして、貸倒引当金も自動的に計算される。 決算書を担当部署に送ると、決算書に疑義がある点や訂正等に付いて担当部署から尋ねてくるが、多くのケ [続きを読む]
  • 孫の守も幸せであるが大変だ!
  • ◆鎌ケ谷での2つの研修講座を終えて、木曜午後11時前に帰ってきた。 さすがに2つの講座を終えての帰り道は疲れ、新幹線の中で駅弁を食べた後に居眠りをしたが、それでも名古屋到着のちょっと前に目が覚めた。 それでも興奮が続いているのか、金曜日も4時半には目が覚めて、当日のバンクミーティングの準備をして9時過ぎには出掛けた。 帰ってきたら、孫がちょっと熱があるとのことで、勤めに行く嫁から家内が預かっていた。 私 [続きを読む]
  • シニアのコンサルは、頼られることに遣り甲斐を感じる
  • ◆今日から、千葉の全国信用金庫研修所へ出発する。 天候は今一歩であるが、家から新鎌ヶ谷駅までは雨に濡れずに行けるので、駅からタクシーまでと、タクシーから研修所の玄関まで、傘が要るか?◆昨日はブログを更新できないほど、忙しかった。 研修の資料は出来ていたのだが、木曜日の夜中まではいませんので、と顧問先に伝えていたので、4先から至急の電話があって面談をした。 その途中で、交通安全協会の会議があったので [続きを読む]
  • 今日は、小梅の収穫
  • ◆今日は、家の裏の、小さな畑の横の小梅の収穫。 誰が植えてのか、私の祖父か?曽祖父か?古い小梅の木であることは間違いない。 昨年はあまり実らなかったが、今年は思ったより多く実った。  手前と傘が掛けてある梅の木の2本がある。 三脚に登って、小梅を採って傘に入れるように、枝に傘が掛けてある。  小梅だから、梅は小さいが、採るのも面倒だ。 まあまあの収穫で、家内は今日は夜遅くまで、無言で奇麗に整理する [続きを読む]
  • 金融機関へ、赤字の事業計画書を提出して金を貸してくれますか?
  • ◆東芝は株主総会を開催しても、決算発表が出来ない。 決算書の内容が真実かどうかは別としても、会社経営において決算書は非常に重要だ。 決算書が重要だからこそ、決算のもとになる事業計画は非常に重要だ。◆A社の、本年度の事業計画書を見せてもらった。 会計事務所がソフトを活用して作成したもので、金融機関が必要とする事項は書かれているが、項目の羅列で具体的な策も実施スケジュールもない。 中身がないどころか、 [続きを読む]
  • 今日は、いくつ咲く!と喧しい!
  • ◆今日の未明から大雨で、朝方も雨が降っていた。 朝起きたら、早々に家内が大騒ぎ。 こんなに雨が降ったら、ファッションフルーツがダメになってしまう。 今日咲く予定の蕾はどうなるのだろう?と。 なるようにしかならないのだから仕方がないだろう、と私は思っても声には出さず、う〜と唸って、無言。◆いつもは、お父さん今日はいくつ咲くよ!と、朝から家内は喧しい。 そして、昼過ぎは毎日ファッションフルーツの受粉で [続きを読む]
  • 講師が喉を痛め、考え込む!
  • ◆16日から、ブログのアップができなかった。 少し風邪気味ではあったが、喉が痛くて声が出なくなった。 21日に、千葉の鎌ケ谷で研修の講師をしなければならなかったので、早速に医者に行った。 医者からは、風邪で喉が炎症していますね、といわれて薬を貰った。 こんな喉の調子では9時から5時まで喋ることもできないので、注射か点滴をして貰えるかな、と考えたが飲み薬だけだった。 一日喋らなければならないので、と医者に [続きを読む]
  • 人並み以上に働いて、人並みの生活
  • ◆今日は、代行の運転で家に帰ってきた。 運転手は40歳で、2人の子供が大学を目指しているので、今日も午後2時まで頑張ると。 昼間はサラリーマンとして働いているが、夜の7時から午前1時過ぎまで働いていると。 日中に眠たい時もあるが、今は働けるときだから、一生懸命に働いて子供の夢を果たしてやりたい、と。 家内も一生懸命だから、自分も家内に負けないように、と。◆運転手に、自分の現役時代の話をした。 毎日朝6時 [続きを読む]
  • 今日は、初めての孫のお迎え
  • ◆今日は、孫が保育所で熱が出たとのことで、初めてのお迎え。 お迎えといっても、チャイルドシートの準備が出来ていなかった(買ってあって良かった)ので、急いで取り付けた。 保育所の場所も事前に調べておいたので、直ぐに行けた。 最初は家内が一人で行くといったが、シニアの私は午前中暇だったので、運転手で出かけた。 保育所の玄関まで行ったら、孫は元気な笑い顔で迎えてくれた。 早速連れて来て、昼過ぎまで面倒を [続きを読む]
  • え、決算書を金融機関に郵便で送るのですか?
  • ◆今日、経営支援先で聞いたビックリした話。 この会社は、金融機関から毎月返済額の減額支援を受けているのだが、決算書は税理士から郵送で金融機関に送って貰っているそうだ。 ビックリしたが、もし私がこの金融機関の支店長なら、この会社を応援する気持ちが喪失してしまう。 そもそも、この会社ほどの規模で経営も苦しいのだから、決算書そのものにも疑義はある。 しかし、経営者が一所懸命に再生しようと努力する姿が窺え [続きを読む]
  • 手紙の文言が効いたね!
  • ◆顧問先A社で、取引先に預けてある保証金が、取引も無くなったのに返却してもらえない!、どうしたら良いのかと相談を受けた。 取引先は上場会社で、担当者が1年ほど前から電話で請求しているそうだが、その場では都合のよい返事があっても、未だに返却がないとのこと。 早速、電話をしている担当者ではなく、その部署の担当課長席宛に、次のような内容で手紙を書いた。 連絡した日付を明記して、未だに明確な返却の返事もない [続きを読む]
  • 誕生日を4日過ぎて、67歳になった
  • ◆6月7日で67歳になった。 65歳での高齢者を2歳、研修の講師を務める。 研修には前日に出かけて、帰りは当日の真夜中に近い時間に帰ってくる。 研修も一人で一日を担当するので、帰りは千葉から東京を経て帰ってくるので、さすがにフラフラに近い。 この仕事を始めた60歳ごろはまだ元気で、帰りに東京で一杯もと考えていたが、最近は早く家に帰りたい思いが強い。 新幹線も品川駅で指定席を取るのだが、なかなか通路側が取れ [続きを読む]
  • 今日も良い天気で、田舎暮らしは忙しい!
  • ◆今日は、市内一斉の川掃除の日 朝8時から9時過ぎまで、自宅近くの川へ出かける。 川と言っても、山間部にて小川に近い。 川掃除ともなると、一生懸命にやる人、話が一生懸命で手が動かない人、川にも入らずに傍観しているだけの人。 いろいろな人がいて、それぞれの生き方や考え方、人間模様が垣間見られる。 常日頃大きなことや立派なことをいっても、こんな時に手が動かないと、人は面と向かって何も言わないが、見えない [続きを読む]
  • 今日は土曜日、庭の草刈りや剪定に大忙し
  • ◆66歳のシニアでも、一応自営業として平日は忙しい?ので、土曜日や日曜日は庭の草刈りや剪定に忙しい。 今日は、絶好の草刈り日。 暑くもなく寒くもなく、朝7時半から早速の草刈り開始。 今日の午前中の分は11時に終了して、庭のファッションフルーツを見たら、何と開花していた。  まだ6月だよ! 吃驚! 蜂や蟻を待つことなく、受粉をしてやった。 さあ、受粉は成功か?  昨年の秋から、越冬してのファッションフルー [続きを読む]
  • 90%の売上で期待利益を確保する
  • ◆山本兼一著の「えいもんひとつ」の、ビジネス関連編。 本の中に、「道具を10個買ったら、一番ええもんを残して残りの9個で利益を上げる。」に似通った話。◆A社は、今では年商100億円で税引利益も4〜5億円を出す超優良会社だが、20年ほど前は資金繰りに苦しんでいた。 中国から自社で企画した雑貨を大量に入して、同業の中小企業に販売していた。 大量に輸入していると全部販売できればいいのだが、売れ残りができるとこれが [続きを読む]
  • ええもんひとつ 山本兼一・著
  • ◆とびきり屋見立て帳の、第2冊目。 夜市の女、ええもんひとつ、さきのお札、お金のにおい、花結び、鶴と亀のゆくえ、の6話で構成されている。  ええもんひとつ、の中での話。 坂本龍馬が、道具屋・とびきり屋の主人である真之介と妻のゆずに、道具を買う時のコツは?と尋ねる。 その返事。 道具を買う時のコツは、一番ええもんを一つだけ買うこと。 安物は値崩れするが、飛び切りええもんは値崩れしない。 100両あるなら1 [続きを読む]
  • 私もさすがに、次の言葉が出なかった!
  • ◆顧問先の融資条件の変更を半年前に、取引金融機関4行庫に提出した。 メインの融資条件の変更については、メイン金融機関の融資を全て新規の金融機関に肩代わりしてもらって、資金繰りも非常に楽になった。 私が勤めていた信用金庫もサブ取引で、できればメイン銀行の融資を肩代わりしないかな!と思ったが、残念ながら色よい提案もなかった。 今回の融資条件変更の提案に伴い、私の勤めていた信用金庫にも、融資で購入した土 [続きを読む]
  • 住友銀行暗黒史 有森隆・著
  • ◆今月中旬に静岡にて、県内信用金庫の内部役席研修会の講師を務めた。 参加者は若い次長から預金役席クラスで、年齢的にも40歳未満の中堅どこ。 バブル経済の話やその後の都市銀行の合併の話をしても、どうもピンとこない世代。 参加者はバブル経済もその後の不良債権処理も知らない、世代なのだ。 この書籍の題名で本を買うのも、団塊世代でバブル経済に踊りその後の経済不振に喘いだ世代だろう。 舞台になったイトマン、実 [続きを読む]
  • 銀行等の、カードローン過剰融資防止策について考える
  • ◆銀行等のカードローン過剰融資防止策について考える。 新聞によると、あるメガバンクはカードローンで、収入証明書無しで200万円まで貸していたそうだ。 これを今度は、50万円以上は収入証明書が必要とする改善策を取るそうだ。 え、50万円まで収入証明書がいらないの?と、私は吃驚した。◆私は、信用金庫に勤めていた時に、カードローンの延滞管理で随分と苦労をした。 10〜20万円のカードローンを拡販したが、利用者は直 [続きを読む]
  • 久しぶりの雨に、黄色いバラも映える
  • ◆今日は、朝から久し振りの小雨。 暑い日が毎日続いたので、家内も朝夕の鉢植えの花への水遣りで忙しかった。 また、バラの虫取りでも大変忙しかった。 私はそんな忙しい家内を横目に、ただ奇麗な花を鑑賞するだけ。 でも、今日の小雨に映える黄色いバラは美しい!  5〜6年前に可児市の「花フェスタ記念公園」で買ってきたバラを、大きな鉢植えに植え替えて、庭のフェンスに伝えて枝を延ばしている。   同じ黄色いバラで [続きを読む]
  • 静岡駅アスティの「炉囲土」で、桜エビのかき揚げに舌鼓
  • ◆静岡への出張の話を長男の嫁に話したら、それは是非「桜エビのかき揚げ」と「生シラスの刺身」を食べて下さい、と言われた。 宿泊したホテルで尋ねたところ、静岡駅のアスティの中にある「炉囲土」を紹介された。 ホテルから歩いて5分くらいの距離で、早速出掛けた。 毎日、朝市場で仕入れる新鮮な魚介を、落ち着いた雰囲気の中でじっくりと味わえる居酒屋との話。 ☆何匹のシラスだろうか? 数えたかったが、数えるのはと [続きを読む]