はっとり7 さん プロフィール

  •  
はっとり7さん: 犀川攻略 (ルアーはエサを超えられるか)
ハンドル名はっとり7 さん
ブログタイトル犀川攻略 (ルアーはエサを超えられるか)
ブログURLhttp://syuhattori.blog.fc2.com/
サイト紹介文長野県の犀川をルアーで攻略。レインボーとブラウンのモンスターを狙っていきます。
自由文近年、益々難しくなってきた犀川でのルアーフィッシング・・・。そんな状況を打開すべく、あれこれ試行錯誤して海外級のステイタスを求めていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/11/17 21:40

はっとり7 さんのブログ記事

  • 遠征釣行 新たな可能性
  • 犀川通いも4年が過ぎ、トラウトの顔が見れるのは当然のような釣行が続いています。そんな中、他県のアングラーの腕の凄さに驚かされ、置かれている環境の違いを実感する今日この頃です。つまり、鮎メインが故に大型トラウトの魚影が薄い河川で実績を残している釣り人は、犀川に来ると高い確率で大型をキャッチします。そうした現実を見つつ、地元の天候の悪さもあって21日に北陸河川へ修行に行ってきました。とは言っても、詳しい [続きを読む]
  • トラウトの写真を撮るために part3
  • さて、part3となった今回は、撮影方法の記事になります。まだまだ未熟ですが、自分なりにこだわっている撮影方法を紹介します。ちなみに、次回のpart4で細部の説明となり、今回は主な工夫のポイントになります。■写真は、大人の世界釣果の追求だけではなくて、写真にも力を入れようとした時に雑誌や他のブログの魅力的な写真を見て、これは「大人の世界」だと思いました。生き物の生命感を美しく引き出す事だけでなく、魚体の保護 [続きを読む]
  • 犀川釣行 10ヒットしたものの・・・
  • 渇水傾向になってきた犀川。本来は梅雨による影響を受ける時期ですが、雨は少なく渇水に転じてきています。変化の少ないコンディションはスレが進行して厳しいものの、今回も勝負すべく14日水曜に出撃。前回で途切れてしまった大型キャッチを、再び呼び戻す事ができるでしょうか?平均的な初夏の気温だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    13度⇒25度・水温     14度⇒16度・水位    ほぼ平常・水質 [続きを読む]
  • トラウトの写真を撮るために part2
  • 前回の記事では、写真にこだわる理由と魅力についての内容でした。パート2の今回は、撮影前の具体的な工夫について書き出しました。■撮影までの工夫「美しく写真に残したい」という理由から、できるだけトラウトを傷つけないキャッチを心がけています。細かく挙げると気遣う点が多すぎますので、慣れない方は要点だけを押さえて、理想に近い写真を残せればと思います。正直なところ、自分はまだまだ持論ばかりで知識が不十分です [続きを読む]
  • 犀川釣行 一発逃すも初イワナ
  • 梅雨に入りかけた犀川。寒いという言葉が戻ってきた初夏ですが、なるべく雨の日を選ぼうと7日の水曜に出撃。この時期の強い日差しは色々と厄介なので、雨などの変化による活性を期待します。1本で満足できる釣行が続いていますが、今月もこのペースを維持する事ができるでしょうか?午後は小雨だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    14度⇒20度・水温     14度⇒16度・水位   ほぼ平常・水質   弱 [続きを読む]
  • トラウトの写真を撮るために part1
  • 野生トラウトのダイナミックさ、美しさを伝えたい。そんな想いから写真にこだわるようになったのは、トラウトを始めて1年ほど経ってからです。トラウトの扱いに配慮しつつ、思い出の一枚として残したいとも考えています。今回は、あくまでも自分の趣味としての写真について考えた事を並べました。■美と躍動の競演以前の記事で、野生の大型トラウトの貴重さを色々と書き連ねました。本州では野生の大型トラウトをキャッチできる環 [続きを読む]
  • 犀川釣行 今度の一発は・・・
  • 水温が上昇していく犀川。いつの間にか暑いという言葉が普通になりましたが、今回も勝負すべく31日水曜に出撃。このところは1本で満足できる釣行が続いており、今回もこのペースを維持できればと思います。コンディションが安定し過ぎている犀川で、1本の大型をキャッチする事ができるでしょうか?夕方まで真夏日だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    15度⇒30度・水温     15度⇒16度⇒15度・水位   [続きを読む]
  • ハイシーズンに向けて 2017年編
  • さて、今年もハイシーズンに差し掛かり、良い釣果が期待できる時期になりました。そこで、多くの人がより充実した釣行ができればと思い、気が付いた点をまとめてみました。■一発狙いについて最近よく言っている一発狙いですが、シンプルに言うと「大型ポイントだけを攻める」というやり方です。長いランであっても、最も良いポイントを絞るとすると1-2か所になるケースが多いです。しかし、これまでテトラの中に入っていた小型が [続きを読む]
  • 犀川釣行 一発狙い継続・・・
  • 夏へと移り変わっていく犀川。暑さが一変して雨の日が連続しましたが、たまたま休みが取れたので27日金曜に出撃。前回から中1日というタイミングで、今回もまた1本で満足できる釣りを目指します。大型というよりは、モンスターレベルの野生魚をキャッチする事がきるでしょうか?始終どんよりしていた殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    15度⇒21度・水温     14度⇒12度・水位   平常+30?の増水・水質 [続きを読む]
  • 犀川釣行 一発狙いでジャガー?
  • ハイシーズンに近づく犀川。夏日が連続しましたが、ちょうど涼しくなったタイミングを見計らって犀川へ出撃。今回も数ではなくて、1本で満足できる釣りを目指したいところです。このところは好調につき、本日も大型をキャッチする事がきるでしょうか?一日中曇りだった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    15度⇒21度・水温     16度⇒14度・水位   平常+20?の増水・水質   かすかな濁りまずはモー [続きを読む]
  • 犀川トラウトの生態を考える その3
  • さて、今回も犀川のトラウトに関する記事です。これまで紹介していない事を並べましたが、内容の全てがニジマスになってしまいました。それでも、犀川に詳しくなるための知識の一つとして読んでもらえればと思います。■ニジマス オスとメスだいぶ過去の記事でも簡単に紹介しましたが、オスとメスについて敢えて詳しく書き出してみました。オスとメスの行動の違いなどは、調べても見つからずほとんど把握できていません。ただし、 [続きを読む]
  • 犀川釣行 一発狙い パート2
  • 空気が清々しい5月の犀川。増水傾向が続きますが、先日よりは水位が落ち着いたのを確認して17日水曜に出撃。このところは大型狙いが功を奏しているので、今回も一発狙いで挑もうと思います。フライのメインシーズンですが、ルアーで少ないチャンスをものにできるでしょうか?予報に反して晴れだった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    11度⇒21度・水温     12度・水位   平常+30?の増水・水質    [続きを読む]
  • 犀川トラウトの生態を考える その2
  • 前回に引き続き、トラウトの生態について色々と挙げてみました。犀川で釣れる珍しいトラウトには、一体どんなのがいるのでしょうか?これまでの自分の釣果から、紹介したいと思います。■個性あるトラウト達犀川ではニジマスとブラウンが生息の大半を占める訳ですが、その2種類の中においても個性が豊かで特徴が様々で、それはまるで別の種類のようです。そういったトラウト達との出会いに喜び、時には素直に喜べない事があります [続きを読む]
  • 犀川釣行 一発狙いで出たのは・・・
  • 新緑が映える5月の犀川。あっという間に若葉が芽吹き、どんどんハイシーズンへと近づいていると感じるこの頃です。この数日間だけで大型キャッチの報告が数件寄せられ、自分もあやかろうと気合を入れて出撃。前回はレギュラーサイズを十分に釣ったので、今回はボウズになっても大型にこだわりたいです。厳しい状況が続いたとしても、大型のみのスタイルに専念できるでしょうか?夏日の予報だった殖産エリアのコンディションは、以 [続きを読む]
  • 犀川トラウトの生態を考える その1
  • さて、今回は犀川トラウトの生態についての記事です。「どんな魚ですか?」と質問されて、釣っている魚について説明できるでしょうか?または、釣っている魚の魅力を説明できるでしょうか?興味のある人に伝える際に、今回の内容が役立てられればと思います。■知識は、釣り人生を豊かにする釣りの醍醐味は、釣った魚の大きさだけでしょうか?大きさのみにこだわるならば、陸釣りではシーバスが最も自慢できる長さが平均して釣れま [続きを読む]
  • 犀川釣行 GWのシメはグッド?
  • GW最終日の犀川。大型連休も最終日となり、ようやくここで自分の時間が取れたので準備をして犀川へ。これまでの連休中は多くの釣り人で賑わったようで、どこもかしこも叩かれていると思われます。それでも、重箱の隅をつっつくような攻め方をすれば、何とかなるはずです。まだ釣られていない犀川らしいトラウトを、キャッチする事ができるでしょうか?前日の雨の後だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    1 [続きを読む]
  • 犀川釣行 結局イブニングで・・・
  • GWに突入した犀川。GWの中日となった今回は、ルアーマンの知人を犀川に案内するため5月1日に出撃。所用のため午後からの釣行になりますが、友人のフライマン1名も同行します。初めてのフィールドでも、犀川らしいトラウトをキャッチさせる事ができるでしょうか?雨の後だった午後の殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    17度・水温     12度・水位   平常+10?の増水・水質   弱めの雪代濁り今回は谷 [続きを読む]
  • 攻略編 ザ・川読み その2
  • さて、今回は前回に引き続き「川読み」についての記事です。今回も「どういう条件が釣れる」という話はできませんが、まだ本流のポイント探しが苦手という方は、参考にして頂ければと思います。■見逃される一級ポイントGWになると漁協エリアの人気ポイント周辺では、頻繁に釣り人が入る光景を目にします。そうした混雑の中において、いつも素通りされている自分の好ポイントがあります。釣れる条件が全て揃っていると思っています [続きを読む]
  • 犀川釣行 殖産で勝負するも・・・
  • GWに近づく犀川。水位が落ち着きつつあり、大量ハッチのシーズンへと突入してきています。トラウトの活性が高まっている事から、なるべく大型を狙うべく26日の水曜に出撃。徐々にサイズアップしているレインボーの大型を、今回もキャッチする事ができるでしょうか?曇り後に小雨がパラついた殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    7度⇒17度・水温     12度⇒13度・水位   平常+20?の増水・水質   弱 [続きを読む]
  • 攻略編 ザ・川読み その1
  • さて、今回はネット上にあまり出ていないテーマを取り上げてみました。「川読み」とは、トラウトが居着いている場所を特定する事に加えて、食い気のあるトラウトが差しているポイントを割り出す事だと考えます。釣果を追求する上で、川読みはかなり重要な要素になりうると思います。しかし、この記事では、あえて「どこが釣れる」というような親切すぎる説明はしません。川読みができる人が先行してしまうと、自分が全く釣れなくな [続きを読む]
  • 犀川釣行 増水で出た3魚種
  • 桜が満開となった犀川。大きな増水から数日が経って、ようやく落ち着いてきたのを見計らって21日の金曜に出撃。まだまだ増水は収まりませんが、この時期に動き出すはずの大型を狙えるかも知れません。増水で厳しいながらも、濁りを克服して大型をキャッチする事ができるでしょうか?夕方まで水温が上がらなかった漁協エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    6度⇒19度・水温     9度⇒11度・水位   平常+40?の [続きを読む]
  • 犀川釣行 夕方の1時間で・・・
  • 春風そよぐ犀川。写真は前回撮影したものですが、本日は夕方の1時間のみ殖産へ出撃しました。たまたま夕方のみ時間が空き、急いで準備をして現地到着は夕方の5時30分頃でした。夕マヅメに活性が上がるシーズンにつき、短時間でも収穫を得る事ができるでしょうか?連日20度超えが続いている殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    17度・水温     10度・水位   平常+20?の増水・水質   ほぼクリアーお昼 [続きを読む]
  • 犀川釣行 厳しい中で満足の1本
  • 桜の季節となった犀川。前回の悪天候から3日が経ち、今度こそ好機だと考えて無理やり休みを取って出撃。増水から回復するタイミングで、なおかつ天気が良いという条件につき我慢できませんでした。増水によって動き出した大型をキャッチする事ができるでしょうか?水温が低すぎた漁協エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    0度⇒21度・水温     6度⇒7度  殖産は8度・水位   平常+20?の増水・水質   弱 [続きを読む]
  • 犀川釣行 天気が悪すぎて・・・
  • 水位が回復した春の犀川。2日前の濁りから回復途中という好条件を当てにして、雨の予報である本日に出撃。昨日はかなりの好釣果の情報が多く、自分も再び水質が悪化する前に攻めようという考えでした。ようやくの水位回復でトラウトが動き出し、しかも回復の最中という良いタイミングです。まるで第二の解禁のようになった漁協エリアで、大型をキャッチする事ができるでしょうか?結局、冬のような水温になってしまった漁協エリア [続きを読む]
  • 本流ルアー考察のコラム
  • 今回は考察と言ってはいますが、内容は単なるコラムとなります。普段の釣行記で書けない事を並べてみました。■使うルアーのメーカーに偏りがある?どちらかと言うと、メーカーに関係なく釣果優先でルアーを選んでいるつもりです。特にこのメーカーは嫌いだとか好きだとかは考えずに、「犀川で幸せになれるのか?」それだけに焦点を合わせています。しかし、使う頻度が多いメーカーと少ないメーカーというのがどうしても出てきてし [続きを読む]