山城めぐり さん プロフィール

  •  
山城めぐりさん: 山城めぐり
ハンドル名山城めぐり さん
ブログタイトル山城めぐり
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tomiokamusasi
サイト紹介文新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供404回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2014/11/17 21:53

山城めぐり さんのブログ記事

  • 安坂(あざか)城②
  • 曲輪5から中尾根を渡り曲輪3へ曲輪5から西尾根は土橋のように細く登ってゆきます。西尾根を登ってゆき、長石の石がごろごろしています。石積でもあったのかと思います。虎口と腰曲輪腰曲輪を見下ろしています。西尾根第二虎口西尾根第三虎口、この辺りから厳重になってきます。虎口は出入り口の戸(二つの土盛りに戸があったと思います。)を柵で囲んでいます。古墳を利用しています。二つ目の古墳土橋手前の瘤の奥に曲輪3の城 [続きを読む]
  • 安坂城
  • 安坂城は長野県筑北村坂井楡窪にあります。安坂城地図地方道12号線のバス停役場前から南に500mくらい右手に安坂神社が見えてきます。この神社の西山が城址です。山の裾にある安坂神社本殿、この右手に裏に安坂城登り口15分くらいで尾根?着き、土塁が待ち構えています。土塁の内側に東曲輪(仮に)東曲輪を見渡しています。不思議な遺構、尾根をえぐり取って大黒様が祭られています。構造的には隠し曲輪でしょうか。また右 [続きを読む]
  • 青柳城③
  • 曲輪4から曲輪5・南尾根堀切群冠木門から南に曲輪4残念ながら曲輪4は薮の中奥が曲輪4、堀切、手前が曲輪5曲輪5の南側には大きな土塁、その左手から虎口虎口を南から見ています。南第一大堀切南第二堀切南第三堀切第三堀切から西へ廻ることができ、井戸らしき跡南尾根を歩き第四大堀切第五堀切復元の城門縄張り図は「信濃の山城と館4」より [続きを読む]
  • 青柳城②
  • 二の丸から本丸へ冠木門をくぐります。手前の段が二の丸、奥の段が本丸、立っているところが三の丸今は改変されて、足元が三の丸と思えませんが、当時の図であれば納得いきます。二の丸城壁二の丸に立っています。振り返って見ています。奥の段は曲輪4です。見事な、忘れることができないほどの感動的な石垣です。二の丸を見下ろしています。三の丸は鞍部にあたります。ここから見ると三の丸?本丸北側の景色は抜群で麻績村方面で [続きを読む]
  • 青柳城
  • 松井田城には熊が縄張りとして生息しており、熊の威嚇行動を受けたと、安中教育委員会に通告し、駐車場にクマ出没注意の看板を出すよう進言たが返事がなく、無視しているようである。このブログを読まれた方は単独での登城は控えたほうがよいです。熊ベルを鳴らして、遺構を見て歩いていましたが、熊は逃げませんでした。青柳城は長野県筑北村にあります。青柳城地図国道403号線の信号六工から左折しますと(松本方面に向かって [続きを読む]
  • 不安を煽り、支持率アップを狙う姑息な安倍政権
  • PAC3も配備 米朝緊迫で国民の不安煽る安倍政権の罪深さ日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年8月12日 15時6分 「米朝が戦闘状態になれば、在日米軍基地がある日本は間違いなく標的になる。そういう危険をいたずらに煽る日本政府は、本当に国を守る気があるのでしょうか。本来なら、米朝開戦を回避するための外交努力をすべきなのに、ミサイル危機を悪用して国民の不安をかきたてる。同時に米国への従属を強め、莫大なカネを使ってミサイル [続きを読む]
  • 麻績新城③
  • 曲輪3から東尾根へ宮坂氏の縄張り図に従い曲輪3曲輪3の西下の腰曲輪を見返しています。曲輪3の東第一大堀切峰があって、腰曲輪東第二堀切東第三堀切東尾根第一曲輪(仮に)東尾根第一曲輪を東から見ています。東第一曲輪から南に見える、麻績村東尾根第二曲輪東尾根先端部、細尾根が下っています。以上で麻績古城・麻績新城を終わります。次回 青柳城第一次川中島の合戦において、青柳城が舞台となっています。天文22年(1553 [続きを読む]
  • 麻績新城②
  • 二の丸から三の丸へ東から本丸を見ています。本丸と二の丸との空堀空堀は南側に土塁へ通じています。空堀越しに二の丸を見ています。二の丸二の丸の先の東尾根、三重に堀切があります。東尾根は登ってゆき腰曲輪が手前にあり、三の丸の城壁三の丸城壁手前に立っています。登ってきた尾根を西に見下ろしています。三の丸(宮坂氏はここを曲輪3としていますが、本丸はこちらではないかと私は見ています。)縄張り図は「信濃の山城と [続きを読む]
  • 麻績新城
  • 麻績古城の三の丸から北尾根を登り麻績新城へ麻績古城の三の丸三の丸北側先端部の土塁北大堀切に立って見返しています。俯瞰図は「信濃の山城と館4」より、山の形からして麻績古城から南斜面を直登するのは大変です。しかし、ここを登らないと二本の竪堀を見逃してしまいます。大手は東尾根からと思いますが、東尾根に回るのは容易ではありません。大堀切から鞍部を見下ろし、曲輪で守っています。麻績新城を目指し北尾根を登りま [続きを読む]
  • 政治を読む(酒田市ミサイルへの避難訓練)
  • 酒田市の弾道ミサイル避難訓練を英BBCが報道 「国際社会の笑い者!」とネットで大荒れJ-CASTニュース / 2017年8月9日 18時25分写真 70年以上前の第2次世界大戦時以来?(写真はBBC日本語版サイトより)日本国内各所で行われている弾道ミサイル飛来時の住民避難訓練の様子を、英BBC放送が全世界に向け発信したとし、ツイッターなどで、「完全に国際社会の笑い者」などといった声があがった。空襲警報を思わせるサイレンが鳴ると子供 [続きを読む]
  • 松代城の三日月掘・松本城南・西堀の発掘調査
  • 松代城跡「三日月堀」護岸の遺構確認松代城跡の三日月堀の護岸遺構。石の列の右側が堀だったとみられる 長野市教委は26日、松代地区の松代城跡で2015年に国史跡に追加指定された範囲を発掘調査した結果、「三日月堀」の護岸の遺構を確認したと発表した。堀の存在は江戸時代の絵図などで知られていたが、実際に確認されたのは初めて。29日に現地説明会を開く。 三日月堀は、防御力を高めるために城門の前に築かれた半円形 [続きを読む]
  • 虚空蔵山城(麻績古城)③
  • 本丸の北尾根、大堀切から二の丸、そして北東尾根へ北尾根大堀切少し下って大堀切を見下ろしています。大堀切の西側を守る腰曲輪第二腰曲輪第三段曲輪第四段曲輪、実は前回記事の南西尾根、南東尾根の斜面にも縄張り図のように多くの段曲輪が構築されています。縄張り図「信濃の山城と館4」南西尾根、南東尾根にも段曲輪が沢山あります。段曲輪から本丸城壁を見上げています。二の丸縄張り図のように、二の丸から東に支尾根が伸び [続きを読む]
  • 虚空蔵山城(麻績古城)②
  • 本丸から南西岩尾根へ本丸碑南西から本丸を見ています。北側の土塁南西下曲輪南西第二腰曲輪南西第三曲輪南西第四曲輪下ってきた斜面を見上げています。こんな巨石を西側下に見ながら下ってゆきます。岩尾根を下り、南に廻れます。奥に見える岩を西から下ってきました。(歩くのは曲輪の連絡がよく安全です。)南に廻って、南東第一曲輪南東第二曲輪、この先南東尾根に通じていますが次回とします。縄張り図は「信濃の山城と館4」 [続きを読む]
  • 虚空蔵山城②
  • 堀切から南東支尾根の曲輪群を越えて本丸へ堀切の北上にある南東尾根第一曲輪第一曲輪大堀切を見返しています。南東支尾根第二曲輪第二曲輪を見下ろしています。必ず横堀と組み合わされています。南東支尾根第三曲輪第三曲輪を見下ろしています。岩を利用して、通路を形成しています。小曲輪を数段越えて本丸を支える大岩が現れます。大岩岩を登ると小曲輪小曲輪の上に石垣を積んだ本丸南城壁が現れます。虚空蔵山城(麻績古城)俯 [続きを読む]
  • 虚空蔵山城
  • 長野県麻績村にある虚空蔵山城(麻績古城)と奥の山にある麻績新城に登ってきました。麻績新城は初めてのトライです。虚空蔵山城地図国道403号線の信号本町から地方道12号線で西に進み、バス停亀やを過ぎてすぐに村道を右折します・法善寺を目指し、この寺の右手から「信濃観月苑」に向かい、最初の駐車場に停めさせてもらい(許可を得たほうが良いです。)観月苑の奥の建物から登り口があります。麻績図書館から見た虚空蔵山 [続きを読む]
  • 政治を読む
  • 内閣改造によって自民党支持率が44%に上昇したそうである。総理・安倍、副総理・麻生、官房長官・菅この体制で何に不支持から指示に廻った国民の人は期待したのだろうか。野田総務相大臣が何ができるだろうか、何もできはしない。安倍晋三君に批判的言動をとれば、お友達でないから政権内で孤立させられるのが目に見えている。支持率が29%に落ち込んだときに、憲法改悪の成立時期を20年と決めるのは、時期尚早であるとの意 [続きを読む]
  • 松井田城③
  • 二の丸から北尾根へ、北尾根を下りてゆき曲輪が終わって、薮が見えて戻ろうとしたときに、大きな熊の咆哮が聞こえ、地面をとてつもない力で叩く音が聞こえました。これは熊が警告のサインで、後ろから襲ってこないか警戒しながら熊スプレーを構えながら、二の丸に戻りました。それから駐車場に戻るまで、いつ薮から現れるかわかりませんので、緊張し、油断なく戻りました。幸いにも襲ってこなくて良かったです。どうしても、登城し [続きを読む]
  • 松井田城②
  • 連続竪堀を歩きます。第一堀切第一、第二の曲輪第二大堀切大堀切の壁を見返しています。第三曲輪土橋と虎口第四曲輪第四曲輪の北先端部の土塁第三堀切小曲輪が連続しています。第四堀切第五曲輪北尾根虎口北尾根城域安中氏の時代築城は永禄初年、1560年頃とみられているが、既にこの地には城が存在した。安中忠親[1]の松井田西城と松井田諏訪氏の諏訪城である。長享元年(1487年)に安中忠親が城主としてあり、その子・忠清[1]が榎 [続きを読む]
  • 松井田城
  • 松井田城を久しぶりに登ってきましたが、熊の警告を受け早々に退却しました。単独の登城は控えたほうが良いでしょう。松井田城地図国道18号線でくるま屋ラーメンの店から西に250mくらいに、北側にうどん屋(だるま食堂)があり、その手前の道から地図にある市道を北に行けば、登り道の看板が出ています。初めての方は旧松井田市街(県道122号線)から松井田小の西側の市道から国道18号線の高架下を進み、だるま食堂の東 [続きを読む]
  • 岡本城
  • 岡本城は栃木県宇都宮市中岡本町にあります。岡本城地図国道4号線から信号下岡本で地方道73号線に入り、北に向かい岡本北小を過ぎて、台岡本のバス停を右折し稲荷神社左手に岡本城があります。岡本城大手虎口大手虎口の左手と空堀大手虎口の右手、空堀右手を東に進み、説明板南北朝期、岡本富高が築城した説と1462年玉生重秀が築いたとの説があるそうです。玉生氏は宇都宮氏の配下であったと伝えられています。本丸から虎口 [続きを読む]
  • 桑窪城
  • 桑窪城は栃木県高根沢町桑窪にあります。桑窪城地図高根沢町を東西に走る地方道64号線で向井方面に向かい高根沢郵便局を過ぎて左折し徳明寺を目指します。その寺の南東50mくらいに桑窪城はあります。徳明寺寺から東へ行くと入る路地があり土手を登ると開けた丘陵地となります。北へ進むと、虎口が見えてきます。桑窪城大手虎口左手に空堀を歩きます。この空堀は本丸を囲んでいます。空堀下に見える曲輪であったような地形南側 [続きを読む]
  • 勝山城③
  • 勝山公園から二の丸北曲輪へ戻ります。北側の空堀北側は五本の空堀で守られています、鬼怒川が西に当たります。北に勝山公園北と西の本丸土塁が交差している所。本丸の西下の空堀北曲輪(仮に)虎口?三本目の空堀に通じています。三本目の空堀勝山公園(曲輪ではないのか?)二段目の土塁に戻り門跡があったと思われる個所、この上段に二の丸北曲輪があります。宇都宮氏の有力武将であった芳賀氏は、この勝山城の一時城主であった [続きを読む]
  • 勝山城②
  • 二の丸南曲輪から本丸へ南に廻って本丸と鬼怒川との間の二の丸南曲輪鬼怒川二の丸と本丸との空堀本丸西虎口にある説明板西虎口(搦め手)本丸土塁と二の丸との空堀(季節外れの桜ですが、撮りためてあった写真ですのであしからず。)本丸西土塁の上を歩いています。二の丸との空堀を見下ろしています。どこもかしこも絵になる城址です。本丸北側の土塁北側土塁上から本丸を見下ろしています。次回 三の丸から本丸へ氏家氏は宇都宮 [続きを読む]
  • 勝山城
  • 勝山城は栃木県さくら市(旧氏家町)氏家にあります。勝山城地図栃木には丘陵地に大きな空堀を設けての名城があります。その一つとして勝山城をまず紹介します。勝山城案内図東虎口本丸東側の空堀慰霊等を後方に見ています。本丸北側の空堀慰霊等脇にある解説版本丸北下にある二段の空堀(上段)北側の二段の空堀(下段)慰霊等本丸東側の空堀本丸への橋本丸南側の空堀次回 二の丸南曲輪氏家氏について氏家氏は、藤原北家宇都宮氏 [続きを読む]
  • 大胡城(上泉伊勢守に関して)②
  • 本丸周辺から大胡神社へ本丸西虎口西虎口から下りて、虎口を見返しています。ここが一番の見どころです。二の丸と本丸との空堀本丸北側の空堀橋を渡って越中屋敷(現在保育園)大胡城縄張り図「群馬の古城 中東毛編」山崎一氏著大胡神社本殿本殿裏の土塁の残る北曲輪(西側)東側の土塁北曲輪の北側の空堀、東は荒砥川の断崖へ北曲輪の西側の空堀、途中から沢の堀に通じています。大胡城の歴史大胡城は大胡氏の居城であった。大胡 [続きを読む]