ブーバチカ さん プロフィール

  •  
ブーバチカさん: ブーバチカの呟き
ハンドル名ブーバチカ さん
ブログタイトルブーバチカの呟き
ブログURLhttp://buu245.blog.fc2.com/
サイト紹介文フィギュアスケート選手のロシア語インタビューの翻訳、ロシア東欧旅行記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/11/17 22:35

ブーバチカ さんのブログ記事

  • ポゴリラヤ「滑っている時に猫について考えることもある」
  • (このような素晴らしい勝利の後、どのような気分だったか)やり終えたこと、両方のプログラムをクリーンに滑れたことに満足している。でもなるべく落ち着いた反応をしようとしている。無駄にエネルギーを使うには値しない。(あなたのコーチはこのような氷上の奇跡をおこすため、あなたに余計な休暇を与えなかったか)余計な休暇はなかった。1日休みで、次の日は2回ではなく1回練習した。体を回復させて新たな活動に向けて準備で [続きを読む]
  • ドバイ
  • 元々はアシガバット〜北京〜ソウル〜成田間の航空券を買っていたのですが、出発前日になって2/19のトルクメニスタン滞在許可が下りないことが判明し、2/18のアシガバット〜北京間の便がなかったため、アシガバット〜ドバイ〜香港〜成田間の航空券を買い直しました。ドバイは行ったことがなかったので、1泊して観光してきました。ドバイはきらびやかな摩天楼とごちゃごちゃしたスークが併存する町で、とても楽しめました。怖そう.. [続きを読む]
  • トルクメニスタン4日目
  • トルクメニスタン最終日は、中央アジア最大のバザール「タルクーチカ・バザール」に行ってきました。ラクダから民族衣装まで何でも売られていて、見ているだけで楽しめました。民族衣装の襟の刺繍の布を買ったので、気が向いたら帰国後に作るかもしれません(気が向かなかったら飾りにします) 今回は昨年お台場であった旅博がきっかけでトルクメニスタンに行くことを決めましたが、本当に行けてよかったと思います(因みにホテルの [続きを読む]
  • トルクメニスタン3日目
  • ガイドがつかない時間は自由に歩いていいと言われたので、休憩になってた午前中国立博物館に行ってきました。1階は大統領関係の展示、2階は遺跡の発掘品が置いてありました。昼食はユルタで民族衣装を着て、トルクメニスタン料理を食べました。その後、色々なモニュメントを見に行きました。トルクメニスタンではロシアやキルギスのように人前でキスすることはできないため、未婚のカップルはあまり人がいない独立モニュメント(黄 [続きを読む]
  • トルクメニスタン2日目
  • 地獄の門に行ってきました。ソ連時代に落盤事故が起き、有毒ガスの放出を食い止めるため点火して以来、40年以上経った今でも燃え続けているそうで、現代の黄金である天然ガスの豊富さを目の当たりにすることができた(トルクメニスタンの天然ガス埋蔵量は世界4位)。マルコ・ポーロが黄金の国ジパングに行けなかったように、われわれも天然ガスの国トルクメニスタンに行けないんじゃないかと最後の最後まで思っていたが、行くことが [続きを読む]
  • トルクメニスタン1日目
  • ネット上で「トルクメニスタンは中央アジアの北朝鮮」と言われているため、実を言うと入国のとき少し身構えていた。しかし、飛行場の係員が皆ヒマワリの種と思われるものをずっと食べて談笑しながら楽しそうに仕事しているのを目にして、安堵した。(ガイドの人もネットで北朝鮮扱いされるのを悲しがっていた)日本語ガイドだと追加料金が必要なので英語ガイドを頼んだのだが、ガイドさんが運よく日本語がペラペラな人だったので、追 [続きを読む]
  • 韓国で警察署に行くの巻
  • モスクワに続いて、韓国・釜山でもホステルを探し求めてさまよう経験をしてしまった。ホステルが駅から遠かったため、韓国語を話せる同行者の力を借りて、タクシーのおじさんにホステルの住所を伝えて、ホステルに向かうことにした。しかし、ホステルの看板は見当たらず、人気もない建物ばかりで、サイト上に記載されていた電話番号にも繋がらなかったため、われわれはホステルは存在しないか、存在してたとしても泊まれないと結論 [続きを読む]
  • トルクメニスタン航空
  • トルクメニスタン航空の飛行機の出発時間は予定では13:45(日本時間14:45)だった。しかし、航空券には搭乗時間15:30と書いてあり、チェックインカウンターの職員の人は多分14:33発になるだろうと言っていた。しかし、結局は15:30になったら、予告なく搭乗ゲートが開いて飛行機に詰め込まれた。客のほとんどはおそらくビジネス客の中国人で、立ってトランプをしたり、寝転がってあらかじめダウンロードしてきた動画を音を出したまま [続きを読む]
  • トルクメニスタンへの行き方
  • きっかけは昨年(2015年)お台場で行われた旅博だった。私は前々から未知の国トルクメニスタンに興味を持っていた。白亜の町アシガバット、黄金のモニュメント、40年以上ガスが燃え続けている地獄の門、パルティア王国の遺跡....。しかし、トルクメニスタンの観光ビザを取るには、旅行会社に全日程ガイド付きのツアーを組んでもらった上で、招待状を発行してもらわなければならない。日本の旅行会社のツアーを見ると、31〜33万 [続きを読む]
  • ワガノワ くるみ割り人形
  • 1/22(金)にBunkamuraオーチャードホールで、ワガノワのくるみ割り人形を見てきました。配役はこんな感じでした。大きいマーシャ:エレオノーラ・セヴェナルド王子:パヴェル・オスタペンコ少女マーシャ:アンナ・シャーロワフリッツ:ニキータ・ザハロフドロッセルマイヤー:ワディム・シローチンネズミの王様:セルゲイ・オスミンキン道化:マルコ・ユリウス・ピャタリ・ユセラ人形:アンナ・スミルノーワムーア人:ティムル・デ [続きを読む]
  • トゥトベリゼ「最初からリプニツカヤと別れる方向に向かっていた」
  • 私は全てを許せる。私がもし選手が練習や試合に参加することを望まないと将来感じるとしたら、(許せるかどうか)わからない。リプニツカヤの状況の周囲には語られていないことが多くある。実は全ては我々がリプニツカヤと別れる方向に向かって進んでいた。共同作業の最初期で相互の信頼を失っていたからだ。選手が私と一緒にいて面白くないことを示したのなら、それは私を傷つける。どのような場合でも、練習で選手にとって有益だろ [続きを読む]
  • メドヴェージェワ「前に進むためより練習を」
  • 昨年のジュニアでも同じ会場で滑って、今年はシニアで滑っている。より高い段階に上がったと感じている。SPは相応しいように滑った。自分に打ち克てて嬉しい。ロシア杯では連続ジャンプでミスしてしまったから。今回はそれで5点もらった。自分でも今日のSPに5点をあげたい。今シーズンで得点が3点上がった。でも前に進むためもっと練習しないと。昨年と今年を比べると、リンクは同じだけど、観客はより熱くなった。最後のポーズを [続きを読む]
  • NHK杯 羽生結弦FS ロシア・スポルト1解説
  • タラソワ「とても上手くいったSPの後、自分を調整しようとしていると思う」グリシン「これは日本の映画『晴明』の曲で作曲者も日本人。当然日本の観客に暖かく迎えられるでしょう」タ「才能が有れば、どのような観客にも受け入れられるでしょう」グ「もちろん」タラソワ「(4S)壮大!」タラソワ「(4T)素晴らしい美。最もクリーンな4回転」タラソワ「とてもよいステップ」タラソワ「わーすごい!後半で4−3!」グリシン「これ [続きを読む]
  • NHK杯 浅田真央FS ロシア・スポルト1解説
  • タラソワ「あー、後半で3−3をやりたかったのね。偉いわ。でも力不足だった」「なんて音楽的な振り付けなのでしょう。滑っているのは日本のシャーなのです」「とても残念。試合でアクセルが成功しなかった。3−3をやろうと決めたのが遅すぎた」グリシン「でも真央は戻ってきたと言える」タラソワ「100%ね。皆さんおめでとう」グリシン「日本のシンボルは富士山だけど、新たにもう一つ『ふじまお』が現れた」 [続きを読む]
  • NHK杯 羽生結弦 SP ロシア・スポルト1
  • グリシン「曲はショパン」タラソワ「ええ、素晴らしいプログラム」グリシン「ボーヤンにどうやって応じるのか楽しみですね」タラソワ「4S、よくやった。着地は難しい体勢」タラソワ「3-3、じゃなくて4-3。私は彼がやってるのは初めて見た」グリシン「プログラムを変更したのです」タラソワ「彼は(今までのSPで)4回転は1回だったので」タラソワ「素晴らしいアクセルの入り方。プログラムの後半で」「難しい体勢のスピン」タラソ [続きを読む]
  • NHK杯 浅田真央SP ロシア・スポルト1(解説タラソワ)
  • 浅田真央NHK杯 SPのタラソワ先生の解説です「観客はいつも自分自身なのです」「なんて素晴らしいステップなのでしょう!偉い!沈み込んで跳びあがって...偉い」「準備はできていたように見えました。ウォーミングアップでは正しくやっていた」「彼女は自分がやっていることから大きな満足を得ている。彼女は自分がやっていることを理解していて、自分が美しいということを知っている」「(3Aで)回転が大きく足りていない。こら [続きを読む]
  • メドベジェワ「GPSはGPFのためのもの」
  • (あなたは初めてシニアのGPSで優勝した。どんな気持ちか)ただただプラスの感情。私はこの目標に向かって進んでいた。こんな高い順位になってうれしい。FSでミスがあったけど、十分結果に満足している。前半はかなり軽やかに滑ることができた。よろめいていてしまった箇所があった。最後でジャンプのエレメンツを乗り切ったと思ったら、2Aで失敗した。2Aは私のジャンプではない。(転倒後、何を思ったか)ただコンビネーション [続きを読む]
  • トゥクタミシェワ「試合前は常に緊張」
  • シーズン開始までまだ一か月ある。今回は問題なく演技ができたと思う。ちょっとしたミスはあったけど、重要なのは滑り終えることができたということで、全体としては上手くいった。(プログラムにどのようなエレメントを新しく加えた?)3Aがもっと安定して、定期的に成功し次第、プログラムに入れるつもり。(新しいプログラムについて話して下さい)私はどちらのプログラムでも用いているドラマチックなスタイルを気に入ってい [続きを読む]
  • コフトゥン「ジャンプなしのプログラムを見せることは観客に失礼だと判断」
  • テストスケートの前に、脛の怪我のせいでドイツの医者の助言に従って4週間半滑っていなかった。完全な練習はここソチで初めて行った。5日間の練習の後、全てのジャンプが入った2つの新プログラムを滑るのは不可能で、またプログラムのひな型を滑るのは観客に失礼だと思った。連盟に相談して、再発を避けるためテストスケートを休むことが適切だと判断した。だが、ソチでの集まりは自分にとって、とても生産的だった。練習で、ジャ [続きを読む]
  • リプニツカヤ「米国での練習に満足」
  • 私はマリーナ・ズーエワと練習することが気に入った。第1印象は氷上にいられる時間の長さだった。米国では、7、8時間滑ることができる。一方、私たちのところでは1時間半滑って、出ていく。そうやって皆滑っている。米国では滑りたいだけ、払った分だけ滑ることができる。最も興味深かったことは、われわれが練習を始めたとき、気づかないうちに、1日が過ぎていたこと。もちろん、その独特な雰囲気は記憶に残った。理想的で、 [続きを読む]
  • ラジオノワ「私は4つのSPを用意した」
  • 私には複数のSPがある。正確に言えば、4つ。シーズン中に変更する可能性がある。手袋のように(笑)試合に応じて、その時に最もふさわしいものを選ぶ。(その理由は?)私は最適な案を選びたかった。4つのプログラムは全て異なる。異なる音楽で、異なる形式。私は今日滑ったプログラムを皆が気に入ることを願っている。もちろん、まだシーズン始まりで、やらなければならないことは多くあるけど、今できるように滑った。(SPにつ [続きを読む]