aki さん プロフィール

  •  
akiさん: Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」
ハンドル名aki さん
ブログタイトルAkiの「社会人になってから読んだ本の記録」
ブログURLhttp://books.toeic-english800.onamae.jp/
サイト紹介文社会人になってから読んだ本の感想記録。文学、歴史、哲学、ビジネス、マーケティングなど
自由文文学部出身OLが大学を卒業してから読んでいる本を紹介します。特に西洋世界文学がお気に入り
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/11/18 10:13

aki さんのブログ記事

  • 歴史哲学のレポートあげてみる②ヘーゲルとプレハーノフの歴史哲学
  • 前回に続き、大学時代に書いた歴史哲学のレポートです。 レポート課題はわすれました。ヘーゲルとプレハーノフを読んで云々だとおもいます 今回はプレハーノフから。プレハーノフはどこにもうってなくって、手に入れるのに苦労しました。 昭和33年の、かなり年代物の本を読んだのをおぼえてます 以下、歴史哲学のレポートその2です 《プレハーノフ『歴史における個人の役割』》 19世紀後半、マルクス主義思想歴史哲学に... [続きを読む]
  • 中経の文庫『トヨタの口ぐせ』読んでみた。
  • トヨタの口ぐせ (中経の文庫)読んでみた。 三連休中の暇つぶし読書3冊目です。 昨晩は台風で風がびゅんびゅん竜巻注意報が出ていてうるさいくらいで眠れず 夜中の読書がすすみました 昨晩読んだのが(株)OJTソリューションズ (著)『トヨタの口ぐせ』です。 タイトルの通り、トヨタ自動車の社内で飛び交っている口ぐせをあつめたやつです 勤続40年以上のトヨタ社員だったひとたちが語るトヨタの言葉みたいなキャ... [続きを読む]
  • 講談社現代新書の「トヨタの強さの秘密」を台風中に読む♪
  • 三連休です。今週末は台風がやってくるということで、食料買い込んでおうちで引きこもることをきめました。本も数冊ゲットしたので、おやつを食べながらボチボチ読み始めています。ます、連休中読んだ最初の一冊は日本で知らない人がいないトヨタ自動車に関する本です。トヨタの強さの秘密というタイトルに惹かれて手に取ってみましたトヨタの強さの秘密 日本人の知らない日本最大のグローバル企業 (講談社現代新書) 人事組織製 [続きを読む]
  • 倫理学レポート 課題タイトル「へブル人、キリスト者の倫理について」 ①
  • 倫理学のレポートも発掘されました。倫理学のレポートは難易度が低かった気がします。課題が簡単だったというわけでなく、「レポートが受かりやすかった」科目でした。なので、苦労して書いた記憶があんまりありませんでした。安産だった倫理学のレポートはこちらです 倫理学 課題のタイトル「へブル人、キリスト者の倫理について」のレポート《序》セム族の一派であるへブル人は、古より神を中心とした生活を送り続けていたが、 [続きを読む]
  • 夏目漱石 吾輩は猫であるをよみはじめ
  • 猫をかいはじめましたちなみにまだ名前はないです(*´ω`*)猫の名前付けにまよってるとき、夏目漱石の吾輩は猫であるをおもいだし、本棚から引っ張り出しだしました通勤のあいまによんでるため、まだ30ページくらいかな(*゚∀゚*)猫がじぶんちのブサイクちゃんとかぶりますわがはいは ねこである なまえはまだないから始まるこのほん 教師の家にいるにゃんこの話で前も読んだことある気がしますわたしは日本文学はほぼよまないので [続きを読む]
  • 教育心理学のレポート③オペラント行動について???
  • 教育心理学のレポートがまた発掘されました。これって二本立てだったのかな?この科目鬼畜やわあ(笑)2本目はオペラント行動ってやつを書いたみたいです。駄レポートは以下の通りですwwオペラント行動とはオペラント行動とは、特定の誘発刺激がない中で、自発的な反応によって引き起こされる行動である。強化が反応の結果に依存している点を重視し、スキナーやソーンダイクが実験によって、強化や消去によって特定のオペラント [続きを読む]
  • 教育心理学 ピアジェ発達段階説をまとめたレポート②
  • 前回アップした教育心理学のレポートつづきです。ピアジェの 発達段階説をまとめたレポートだったかなと思います感覚運動期(出生〜2歳前後)感覚運動期の前期では、イメージを持たず、反射的活動の時期をへて、感覚と運動を意識的に組み合わせることで認知し、幼児の世界は外へと広がり、適応しようとする時期へと向かう。感覚運動シェマが多様化し、シェマの関連付けが進むことにより、内面化が発生し、さらに新しい構造をもっ [続きを読む]
  • 教育心理学の ピアジェ発達段階説をまとめたレポート①
  • 教育心理学という講義は何回かとりました。でも、苦手だった。。。。。なんというか、、、うん。私は心理学とは相性悪かったです(笑)教育心理学のレポートはけっこうおちました。このレポートは多分、ただの発達段階説まとめレポートです。1960年代以降、ピアジェをはじめとして登場した構成主義心理学は、心理学の大きな潮流の一つとなり、子供の主体的な活動によって知能がつくられるという彼の考えは、教育の在り方に大きな影 [続きを読む]
  • 古代オリエント考古学?のレポート①ヘレニズムとユダヤ
  • 古代オリエント史?だか古代オリエント考古学だか忘れましたが、ヘレニズムのレポートがあったのであげてみたいと思います。 これも何のタイトルでかいたのか忘れましたが、序文に 本レポートでは、分裂していった国ごとに章分けし、ヘレニズムを受け入れ融合した例、宗教とヘレニズム文化の不一致のため抵抗を示したユダヤ人の例を挙げてヘレニズム文化が古代世界におよぼした影響を追っていく。 とかいてあるの... [続きを読む]
  • あ、それ欲しい!と思わせる広告コピーのことば辞典
  • 今日は仕事で使う本をよみました ことばとコピーをつなぐあたらしい意味が体系化された実用書です。 企業でつかわれたコピーを3000本収録の辞典になってます かんたんな国語辞典の広告コピー版みたいな本です。 ビジネスパーソン必読とかいてあります。 マーケティング部とかにいる場合はかなりやくにたつとおもいます 広告コピーや企業スローガン考えるときによみたい一冊 「あ、それ欲しい! 」と思わせる広告コピー... [続きを読む]
  • 史学概論のレポートその1 ランケとか発見理論とかのやつ?
  • 史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。レポートのタイトルは正直忘れました。中身読めば思い出すとおもうけど、めんどくさいのであげるだけにしておきます多分発見理論関係かな。両方とも参考文献はかわりません。2つの大学で史学概論講義それぞれとったけど、いまだにEHカー読むのは必須ですね。特... [続きを読む]
  • マルクスの賃労働と資本よんだ
  • 今日はマルクスにしようと思い 本棚からだしてきたマルクス 賃労働と資本 前読んだときは序言とばしていたので、 今回はちゃんとよみました。 序言はマルクスエンゲルスレーニン研究所のものです 序言によると、マルクスはここで、 ブルジョワジーの存在および階級支配の基礎をなすとともに、労働者たちの奴隷状態の基礎をなすところの、経済的諸関係の叙述をあたえている 労働とはなにか それはいかにし... [続きを読む]