taka615 さん プロフィール

  •  
taka615さん: 信頼の山道具たち
ハンドル名taka615 さん
ブログタイトル信頼の山道具たち
ブログURLhttp://taka615.blog.fc2.com/
サイト紹介文北アルプスをはじめ、登山に持って行く信頼のおける山道具たちを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2014/11/18 22:55

taka615 さんのブログ記事

  • ②暗闇の高尾山・陣馬山縦走(日帰り往復)2016年12月26日
  • 高尾山口から高尾山山頂まで(一号路)は、街灯のあるアスファルト道がほとんどでしたが、ここから先はいよいよ登山道。熊鈴なしで暗闇の登山道に入っていくのは初めて・・・。IDホイッスルを吹きながら進めばと考えるも、IDホイッスルも忘れており・・・。☆IDホイッスルについてのブログ投稿" href="http://taka615.blog.fc2.com/blog-entry-283.html" target="_blank">☆IDホイッスルについてのブログ投稿 夏装備と冬装備を行った [続きを読む]
  • ①暗闇の高尾山・陣馬山縦走(日帰り往復)2016年12月26日
  • 年間登山者数が約260万人で世界一とも言われる高尾山に行ってきました☆沢山の登山者が登る山にはやっぱり登ってみたい♪高尾山口の駐車場に着いた午前3時30分には電気が消えていた「高尾山口」駅も、午前4時には灯りがついていました。新しくてきれいな駅舎。普段は人の行き来が多いであろう場所。そんな場所が閑散としている光景がなんだか好きです。(12月初旬に行った暗闇の伊勢神宮もそうでした 笑)高尾山ケーブルカーの駅は [続きを読む]
  • パワージェルのジェルフラスクで快適に登山エネルギー補給
  • トレランレースなどで、快適にエネルギー補給をすることができるパワージェルのジェルフラスク。トレランレースなどで、登山道を歩きながら、走りながら、登下山しながら、パワージェルなどを手を汚さずに食べるのは至難の業です 笑行動しながらだと、切り口に沿ってパッケージを開けるのも一苦労ですし、手元を見ていると、本来はトレイルに集中すべき意識がないがしろになってしまいます。また、パワージェルは手に着くと、すさ [続きを読む]
  • ①冬の北八ヶ岳(北横岳・縞枯山・茶臼山)登山で今年1年の山を振り返る
  • 天候に恵まれた北八ヶ岳(北横岳・縞枯山・茶臼山)からは、アルプスをはじめ沢山の山々を見渡すことができました。八ヶ岳(南八ヶ岳)唐沢鉱泉〜天狗岳〜硫黄岳〜横岳〜赤岳〜阿弥陀岳を日帰り往復しました。来年は唐沢鉱泉〜権現岳を日帰りしてみたい♪茶臼山から車山の向こうに北アルプス。北アルプス(槍穂高・大キレット方面)夏のホームマウンテン。今年も夏の思い出いっぱい。北アルプス(白馬方面)今年も日帰り登山ができ [続きを読む]
  • 晴天の冬の乗鞍岳登山(2016年12月12日)
  • 冬のホームコートであるMt.乗鞍スノーリゾート〜乗鞍岳に行ってきました。まだ暗い午前5時30分にヘッドライトを付けてゲレンデを登山開始。帰りに撮った、登り始めのゲレンデ。出だしから相変わらずきつかったです 笑まるで実家に帰った時に感じるようなフィット感を感じながらの登山(ゲレンデ)。振り返ると朝焼けに染まりつつある空。三本滝レストハウスは電気はついているものの、営業はしていない午前6時。下山時も営業してい [続きを読む]
  • トレイルランナー御用足しのベスパハイパー
  • トレラン大会に出ると、多くの選手が携行しているベスパハイパー。他の選手のトレランザックのメッシュポケットに入っているのが見えたり、レース中に「そろそろベスパを飲むかな〜」などといった声が聞こえてきたりもします。日本一過酷な山岳レースと言われるTJARでも多くの選手が使っています。☆TJARについてのブログ投稿はこちら">こちらまた、ネットではフルマラソンを走るときにもベスパが良いと投稿されている記事をよく見 [続きを読む]
  • 雪山登山のギア(山道具)
  • 雪山登山のギア(山道具)は値段が高いものが多いですが、自分は最初から高機能のものを購入しました。(中位のモデルを買うと、使っているうちに絶対に上位モデルが欲しくなると思ったので。)アイゼン、ピッケル、スノーシューは、機能、値段ともにピンからキリまでありますが、有名メーカーの上位モデルは、使いやすさ、信頼性、タフさを兼ね備えていると思っています。ピッケル グリベルのエアーテックエヴォリューションスノー [続きを読む]
  • 登山でも職場でも使っているラーケン クラシックボトル
  • 岩などにぶつけてしまい、ボコボコになっているラーケン クラシックボトル1L。登山(重装備の時)でも職場でも使っています 笑ラーケン本業の登山では、半ば強引ですが、フタの部分にカラビナをつけて、ザックのウエストハーネスにつけています。重装備のザックだと、ザックを背負ったままで、サイドポケットに入れたボトルを出し入れするのが大変だったりするので、腰回りに飲み水を付けることができるととても便利です。ラーケ [続きを読む]
  • 夏山登山の装備(日帰り編)
  • 2016年夏時点の自分の夏山装備の一覧です。テント泊装備で14kgという人もザラにいますが、自分は日帰り装備で約14kg 笑2016年夏の最長の日帰り登山は新穂高〜水晶岳でしたが、その時も、一切軽量化はしていません。全て必要だと思っている山道具なので減らせないのです 笑剱岳早月尾根日帰り登山前日の荷物チェック見た目以上の重さがある32ℓザック 笑登山中に使ったことが無い山道具の方が多かったりしますが・・・ 笑装備品メー [続きを読む]
  • 登山を始める前に読んだ山岳小説
  • 登山を始める前に自分が読んだ山岳小説。当時、登山に関心があっただけの自分。小説が自分を登山者にしてくれたと思ってます 笑小説■孤高の人(上)(下) (新潮文庫) 新田 次郎「単独行の加藤文太郎」の生涯を題材とした小説作品。舞台は日本。その登山スタイル、生き様には本当に憧れます。(小説はフィクションなので、実在した加藤文太郎とは完全に同一人物というわけではないです。)一番好きな山岳小説ですが、登山以外の日 [続きを読む]
  • トレラン大会で順位を上げるために必要なトレーニング
  • 熊野古道トレイルランニングレース50kmに参加して、順位を上げるために必要だと感じたこと。ちなみに自分の記録記録:7時間30分台順位:上位20%くらい①アスファルトの長い登りを走り続ける練習街中にあるようなちょっとした登りではなく、冬季通行止めになるような、斜度もあり、距離も長い道路でのランニング。登り一辺倒のアスファルトを早く走るのではなく、どんなにゆっくりでも良いので歩かずにとにかく走り続ける。脚の筋 [続きを読む]
  • 吉田ルートからの冬の富士山登山(2016年11月26日)
  • 今年初の雪山登山は富士山へ。中の茶屋に車を停め午前4時に登山開始。(登山と言ってもしばらくは雪の積もったアスファルト道 笑)15分ほど歩くとあろうことかメインの水筒を忘れたことに気が付く・・・汗予備の水を、ラーメン作りに水を使うか、飲み水にするかで迷うも、水はほぼ無限に周りにあることに気が付く 笑自分はラーメン作りに専念し、相棒に、クッカーでひたすら雪を水にしてもらう作業をしてもらえばいいんだ 笑馬返し [続きを読む]
  • 伊勢神宮へはトレランシューズで
  • 熊野古道トレイルランニングレースの翌日はせっかくなので、伊勢神宮にお参りに行こう☆(行けたら 笑)伊勢神宮の外宮(げくう)と内宮(ないくう)では参拝のために歩く側が違う。外宮と内宮は5キロ以上離れている。内宮では右側歩行、外宮では左側歩行。(はっきりとした理由は分かっていない。)お伊勢参りは外宮からお参りし、次に内宮にお参りするのが慣例。一方だけの宮の参拝は「片詣り」となるので避けるべきと言われている。 [続きを読む]
  • 熊野古道トレイルランニングレースを前に熊野古道を下調べ
  • 熊野古道トレイルランニングレース50kmを前に、熊野古道について軽く下調べ。熊野古道古代から中世にかけ、熊野三山(本宮・新宮・那智)の信仰が高まり、「蟻の熊野詣」と例えられるほど、人々が切れ目なく熊野に参詣したと言われている。「熊野参詣道」として 世界遺産に登録されている参詣道は、田辺から熊野本宮に向かう中辺路(なかへち)、田辺から海岸線沿いに那智・新宮へ向かう大辺路(おおへち)、高野山から熊野本宮へ向 [続きを読む]
  • 雪山登山のウェアリング
  • 自分の雪山登山のウェアリングです。高機能、高性能のウェアを新調というよりは、もともとあったものでレイヤリング(重ね着)しています。※あくまで自分がたどり着いたレイヤリングなので、全員が全員同じレイヤリングで安全な雪山登山ができるとは限りません。アウターパンツはレインウェアパンツです・・・。(近々、モンベルのライトアルパインパンツを購入予定。)◇雪山登山のウェア類 ( 上半身 ) 装備品メーカー名商品名 [続きを読む]
  • 雨の日も風の日もトレントフライヤー(モンベル登山用レインウェア)
  • 2016年夏山〜秋山でのトレントフライヤーでの活躍の姿です☆☆トレントフライヤー(モンベル レインウェア)についてのブログ投稿はこちら 2016年6月26日  暴風雨の笠ヶ岳山頂にて 2016年7月2日 富士山吉田口5合目にて初夏の早朝はまだまだ寒い。2016年9月26日 雨の薬師岳山頂にて(立山〜新穂高縦走2日目)2016年9月28日 雨の新穂高にて(立山〜新穂高縦走4日目の下山時)双六岳キャンプ場〜鏡平〜左股林道と大雨の中の下山。 [続きを読む]
  • 白馬大橋からどんぐり村パノラマ展望台へ
  • 山仲間達と白馬村の山荘に泊まった翌日、山荘の方に勧めていただいた「どんぐり村」の遊歩道へ行くことにしました。「どんぐり村」は白馬三山(白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)の展望ポイントである白馬大橋から、歩いても5分ほどで管理事務所?までたどり着くことができます。そのあまアスファルト道を車で進めば白馬岩岳の登山口に行くようです。「どんぐり村」は行政上の村ではなく、ペンションや別荘が集まっている地区の名前です [続きを読む]
  • ツェルトアルバム(モンベルライトツェルト)
  • 軽量化という目的ではなく、テントを持ちながらもツェルト泊をすることが多いです 笑テントよりもツェルトの方が、山を身近に感じながら一晩を過ごすことができるように思えます。☆ツェルトについてのブログ投稿はこちら2016年9月15日 ツェルト9泊目立山〜新穂高縦走1日目 五色ヶ原キャンプ場にて 2016年9月27日 ツェルト8泊目立山〜新穂高縦走3日目 双六キャンプ場にてツェルト泊&ビール泊 笑2016年9月12日 ツェルト7泊目 [続きを読む]
  • 日本アルプス最北端の守屋山を2往復
  • 個人的には南アルプスという感覚はないですが、書籍や山頂の板には日本アルプス最北端と記されている守屋山。長野県の茅野市、諏訪市、伊那市に囲まれいる、標高1650m。コースタイム4時間ほどの山です。杖突峠の守屋山登山口駐車場の隣には、登山口には似つかわしくない広大なメガソーラーが 笑(写真はほんの一部です) ちなみに駐車場にはトイレはありませんのでご注意を。登山の途中に簡易トイレが1ヶ所あります。ホームマウン [続きを読む]
  • 信州安曇野 光城山で登山口〜山頂8往復に挑戦(2016年11月3日)
  • 自分のホームマウンテンである信州安曇野の光城山。☆光城山・長峰山についてのブログ投稿はこちら夏は北アルプスをはじめ標高の高い山に登りますが、秋から冬にかけてはちょこちょこと登りに来る里山です。光城山登山口〜光城山山頂〜長峰山〜光城山北回りコースで下山のルートを、2〜3周するという山歩きを時々しますが、光城山の常連さんたちから、「何往復するの〜?」と声をかけられることがちょくちょくあります。「2〜3往復 [続きを読む]