釣り日誌 さん プロフィール

  •  
釣り日誌さん: 飼育係の釣り日誌
ハンドル名釣り日誌 さん
ブログタイトル飼育係の釣り日誌
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tsurinissi/
サイト紹介文水族館で魚の飼育歴22年、釣り歴もの心ついたとき年?まさに魚バカの気まぐれ日誌です。
自由文毎日魚と接して餌をやり、ダイビングで一緒に泳ぎ、生態を調べる研究者でもある飼育係。食べるのも好きだが、釣るのはもっと好き。魚を知れば知るほど面白い生き物だと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/11/18 23:40

釣り日誌 さんのブログ記事

  • 猫の島でエギングとロックだぜ!!
  • 金曜日22日は猫の島こと相島に渡船で。朝新宮漁港ではカマス1尾、豆アジ1尾に終わったんで。せっかくの休日であるが、お金かけず少し楽しむ場所は…?と考えて、自宅から5分の新宮漁港のち15分の船旅の島に。カマス、イカ、ロックフィッシュ、なんでもいいから遊んでくれる魚を求めて。釣り人以上に人気なのが、一眼レフやミラーレス抱えたお隣の国の方や、猫目的の女子たちが多数。猫見て癒されるのか…理解できないが、そういう [続きを読む]
  • チャーターで刀狩
  • 13日、14日と会社の同僚と博多湾ジギングに。釣りですが、仕事です。こんな仕事なら、何度でも歓迎!!終盤戦とはいえ、初日は中々の好反応!!遊漁船は少ないながら、ピスケス、ナインブルー、大黒丸、秀幸など乗船したことのある船がいくつか浮いている。自分たちが乗船している船は船長が理解がある方で、快く仕事に協力してくれて感謝です。ジグは私の勝手な趣向で皆、強制的にブランカです。両日とも7時30頃が時合のピーク。 [続きを読む]
  • ライトジギングって…
  • ライトジギングとは…?ライトなタックルで小型から中型を捕ること…?でも、海の中ではそうはいかないようで、ライトなタックルだからこそ、大型がかかってくる。ライトなタックルなのに、大型が掛かったら…捕れない…となる。9月8日の馬渡島沖がそうだった。1回は魚礁でヒットし根に走り、ドラグ閉めに閉めて、デコイ パイクは曲がって折れる。細軸で刺さりがいいから、昔から使ってるけど見直そう。がまフックに変えて。2回目 [続きを読む]
  • 夏の買い物
  • 今年の夏は相変わらずの猛暑でしたが、トップが熱かった!チニングに小さいがシーバスにと遊んで。しかし、例年行ってた太刀魚はいかずじまい…少し、心残り。でも、仕事で行くかもと思いながら、予約せず。そのかわりではないけど、秋のシーズンに向けてのお買い物を。まずは、シーバスに。三国川で殉職したサイレントアサシンを再購入。そして、ゴリアテHI。最近のシマノルアーは中々良いのであります。ダイワの大きなラインナ [続きを読む]
  • 伊万里湾トップ道
  • 8月24日は伊万里湾に行ってきました。朝まずめ限定、トップシーバスに!!有名なクルクルイワシパターンと言うやつです。水面を狂ったようにイワシがクルクル回転。それをめがけて、鳥からシーバスからサワラが「バフォッ」と水面を割る。朝まずめに向けて、ここかな?と思うところをめざし2時30分起床。2時間しか寝てないけど…暗闇の道をここだろうと一か八かのウエーディングポイント。夜が明け、クラゲを見ながらミノーをキャ [続きを読む]
  • トップ道5
  • 近所の小河川。しかし、侮れない。狙う人は少ないし、猛暑の中トップ投げるキチガイおじさんは自分くらい。若者と数名出会ったのみ。夕まずめのひと時、朝のひと時、無心に童心に還れる。必ず、お相手してくれるシーバス。サイズはトップ道4の時以来出てないけど、楽しさは変わらず。メバルロッドだと丁度良い。盆以降、チヌはチェイスのみで終わってます。さて、8月も25日が終了。酷暑で、激務だった夏が終わる。トップも終盤か [続きを読む]
  • 三国川のシーバス
  • はじめて訪れた場所。なんの情報も得ず、ググッて地形を見て釣りに行く。そんなあてなく、読みだけで行くのが好きです。8月17日のこと。今回は釣りだけでなく、昼に子供たちと両親と待ち合わせなんで、午前のみの釣り。福岡県源流の大分県中津市を流れる1級河川三国川。前日のまとまった雨により流れと濁り。ここが釣れるだろうと、どんな場所でもセオリー通り、河口近くの橋を狙うのは当たりまえでしょう。三国橋に朝7時前到着す [続きを読む]
  • トップ道4
  • またまた、盆前の話。書きたいことが溜まってて。その時の記憶と感動を。来年あたり見直すことがあれば、いいデータになるだろうし。8月10日、近所の小河川。チヌが今季好調ですが、河川の定番フィッシュがもう1種。あなたを忘れてました。痩せてますが、元気のいいシーバス71センチ。潮位50センチくらい。下流に行くべきか迷ったけど。橋脚にできた少しの流れを見過ごさなくてよかった。餌ルアー。エバポッパーが水面から飛沫と一 [続きを読む]
  • トップ道3
  • 盆前の話ですが。盆休みがないもんで、今頃の日記になるけど近所の小河川は今季好調。会社帰り、出勤前にちょい釣りで結果が出てる。ポッパーオンリーでの釣りは楽しい。8月7日夕まずめも。46センチの本チヌ。潮位低く50センチちょっとか。でも、チヌがなぜか一列に隊列組んで、10尾くらいいた。そのうち2尾がポッパーの飛沫とドッグウォークに興味津々。サイトで「ゴボンッ」と!!気持ちいい1発でした。ロッド:ブルーカレント76 [続きを読む]
  • 水の事故は心が痛む…
  • 山の日の11日。私の自宅から車で10分かからない、花鶴川河口のサーフで親子が流されたと、仕事終わりのニュースで知った。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000045-mai-soci 4人溺れ2人死亡、2人不明 花鶴川の河口 2017年8月11日 ここは、何度もシーバスやらヒラメやらサゴシやら狙いに行ったことのある、有名な釣り場でもある。釣り人なら知っている離岸流がニュースでも話題になっていた。幼い子供が犠 [続きを読む]
  • 続 トップ道
  • メガバス・ポッピングダック評判通りの良いルアーでした。リアフックは6番。フロントは8番。直立浮きで、同社名作POP−Xのようにドッグウォークはせず、飛沫を正面に飛ばしながら移動距離は少な目。アクションしてみると、クロダイのためのルアーと言うのがわかります。宮崎北川で出たのは、キチヌと思われるが、残念ながらフッキングせず…この時はいまいちラインスラックの取り方などまだ不慣れ。結局、いつものヨーズリ・エ [続きを読む]
  • 夏はトップに限る。
  • 毎年恒例となった、長男だけ2週間滞在の帰省。今年は3歳の娘も加わり、親子3人で帰省途中。これまた、恒例の番匠川でのトップ。早朝5時に自宅出たので、途中最後のPAで朝ごはんをベンチで食べて、9時過ぎにいつもの場所に到着。しかし、1級ポイントもド干潮過ぎて水がない…帰省が主で潮までは選べないんで、しょうがない。水がある下流のポイントで、エバポッパーで2バラシ。最後はテールフック折れ…錆びてたのを交換しなかっ [続きを読む]
  • イカメタルなめてました…
  • 誰でも釣れる。いつでも釣れる。釣りでなく、漁であると思っていたイカメタル。しかし…この前、そう甘くはなかったです。1.水深合わせは重要である。2.カウンター付きが良い。3.タイラバロッドより専用が良い。4.爆釣の日であれば何でもよい。5.直感以上、考えてみたけど4の日が多い釣りだけに、2.3はつい後回しに。しかし、7月28日は1〜3が必要でした。5もね。2.3は金銭的に余裕とその釣りにかける情熱があれば。夜、ラインの色 [続きを読む]
  • イカメタル行けるかな…
  • 明日、夜勤明けの仕事終わり強行でイカメタル予定。台風接近で波どうなりますやら…クレイジーオーシャンの新製品メタラーを持って乗船する予定。しかし、このジグと言いたくなるような、スッテ。鉛スッテと言うのは漁具であり、こちらになるとGAMEメタルと言っていいシルエット。カンナでなくアシストフックつければ、もはやジグです。作りは非常に美しい。気になる方は…http://crazy-ocean.com/item/metaler.html   にほんブ [続きを読む]
  • 久々のナイトシーバスだったが…魚も大変
  • チヌをトップで釣って気をよくした、仕事終わり。22時過ぎに会社前の博多湾岸で久々のナイトシーバス。クロックスに短パン、ライジャケのラフな夏スタイル。スーサン投げながら、まったりと狙うもバイトなし。これは想定内。深夜に近いが、ムシムシする暑さ(-_-;)日中仕事で過酷な労働で外にいたので、頭痛がしてるし、気分がすぐれない。軽い熱中症じゃないかと、会社の人と話して。それでもなお、釣りに行くなんて。キ・チ・ガ・ [続きを読む]
  • 出勤前のトップ道!!
  • 猛暑35℃続きも珍しくもない。これが毎日だ。30分から40分限定で…家から5分のいつもの小河川。エバポッパー。「ポコッポコッ」チェイス…ボンッ…と派手に出たがルアーの位置とは見当違い…乗らず…再びチェイス…チヌ確認。ダメかと思ったが、再度対岸にキャスト。容易に際に届く河川幅。「ポコッポコッ」そしてルアーの後ろに黒い影。チェイスだ…捕食体制っぽい。「チュボッ」吸い込んでのスイープに合わせ!!グググ〜ッとフ [続きを読む]
  • とうとう本当に釣り禁止…
  • 福岡市東部の漁港。昔から、アジ、シーバス、サゴシ、カマス、メバル、イカと若い時ソルトルアーを始めた時から胸を貸してもらった。潮通しよく何でもよく釣れた。そんな港も先週、有刺鉄線が強化され、本当の意味で釣り禁止になった。写真右奥のテトラから奥に歩いて行けたが、この前の転落事故以来有刺鉄線が張られた。相次ぐ転落事故により職場の先輩も救出に駆られているので、今度は徹底的に行けなくすると言っていたが、本当 [続きを読む]
  • 夏はもうすぐ トップ道
  • この前の大雨前のこと。自宅から5分の小さな川。夜はイカメタル予定の日。いつもの癒されタイム。ブルーカレント76TZにセオリー2004 PE0.4号ルアーはトップオンリー。いつものデュエル/エバポッパー「チャポンッ」「ポコッポコッ」「チュボッ」「バシャバシャ」何尾かアタックあったんですが20センチ台のマイクロシーバスですので、フッキング至らず。40アップのキビレもチェイスが数度あったのに、サイトでドキドキしながら [続きを読む]
  • 春は王様、夏は女王釣り
  • 今期、イカの王様ことアオリイカはボートはいいとしてショアからはふがいない結果に…王様がだめなら女王に。夏の釣り、イカメタルに7月3日に出動!!この日は違う船で長崎壱岐でのライトジギングの予定が、この前の台風で中止に。今回の大雨も大気の影響で、大きな被害になってます。自分の実家も何度も床上浸水し、車も水没したんで、他人事でない大変さは少しわかります。お悔やみ申し上げます。さて、夜焚きイカと言うやつに、 [続きを読む]
  • やっぱり根魚旨し
  • 家に帰ってブログ書こうと思っても、気が付けばソファーで寝落ち…そんな日々を繰り返し、釣行記も遅れがち。先月のこと。タイラバではなく、エビラバでおかず確保の釣り。結果は、真鯛はお留守。2枚潮と言うやつで、タイラバ成立せず。潮の加減見て根魚エリアに移動。そして、夜のテーブルは…いまや、玄界灘の定番となった高級魚のキジハタ(アコウ)も我が家の定番刺身に。皮付きあぶりは、アカイサキことヨコスジフエダイ。こ [続きを読む]
  • 広島出張でライトゲーム
  • さて、硫黄島から帰って今度は広島へ出張。なかなかブログ書けず、6月18日の事。同僚とトラックで出向いたので、釣り好き同士であれば、やる事は一つ。先方との待ち合わせの2時間前に着いたもので…あてもなく、スマホでグーグルマップ。トラックが停めれそうな、木材港とやらに到着。エギング数名、アナゴ釣りおやじ、やる気なし若者1組などいました。我々も暇つぶし程度にライトゲームするも、異常なし。濁った港湾みるとシーバ [続きを読む]
  • 硫黄島まとめ
  • 6月15日硫黄島、火山の島を後にした。2泊3日の旅出張も終わりフェリーより望む。茶色い海を相手にしたため、東レの美白のPEは黄色に染まり。鉄分が多く含まれているというから、恐ろしい。リールには天敵の海であります。そして、その後のリールの調子がどう変化するのか気になるところ。マグシールドさんいかがかな…さて、記憶をたどって2日目の昼休憩では船上にて巨大なアオヤガラを相手に遊び、モバイルパックは余裕のいなし [続きを読む]
  • 硫黄島実釣編
  • 初日、正午に現地入りし早速仕事で潜水。限りなく透明なブルーの海にて一仕事。見られた生物は…。ハタ類はバラハタ、ユカタハタ、ニジハタなど。チョウチョウウオ類やスズメダイ、ウミヘビ、ウミガメなど多種多様。そして夕方、空いた1時間で、まずは小手調べ。後輩もモバイルロッド片手に、自分が持っているジグやエギなどから選択しジグヘッドを装着してもらう。自分はジグで。そして、茶色い海からの魚信は得られず…すでに先 [続きを読む]
  • 硫黄島上陸
  • 先日まで、出張してきました硫黄島について何回かに分けて島の様子をつぶやきたいと思います。鹿児島港を出港して3時間くらいでまずは、竹島。竹島は竹と言う名のごとく竹が生えている標高の低い平らな島です。透明度は良好。そして1時間後上陸する硫黄島に近づくと…すごい色です。スクリューにかき回されると、青い海が現れますが…この色は…港で釣りできるんかい……不安が募る。船員さんかに聞くと釣れるというし、役場の人も [続きを読む]
  • 硫黄島に持っていく相棒は…
  • 竹島、硫黄島、黒島。南薩の絶海の孤島。三島村。この海域に行く人は、ドデカいカンパチや磯マグロ、クエなど夢の大物を釣るための島でしょう。あくまで仕事の私は、本業の成功と無事を祈りつつ、息抜きも重要。そんな、海を目の前にして指咥えて見てられますかって。でもショアジギタックルなんて持っていったらどっちが主だかわからんくなる。それは、プライベートの域と考え、このために購入したのが。コレ。ダイワのモバイルパ [続きを読む]