中受マスター さん プロフィール

  •  
中受マスターさん: 関西中学受験 中受マスターのブログ
ハンドル名中受マスター さん
ブログタイトル関西中学受験 中受マスターのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/jyukenclear/
サイト紹介文中学受験専門の個別指導を大阪と兵庫でしています。
自由文個別指導の塾名はDoctor・Sirius(ドクター・シリウス)です。
中学受験に迷える人たちに、ドクターとして「診断」をして勉強方法を「治」していく。
また、「シリウス」は太陽系から一番輝いて見える星です。
指導の結果、一番輝いていけるよう願いも込めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2014/11/19 11:07

中受マスター さんのブログ記事

  • じっくり1問を大切に、、、急がば回れ
  • 皆さんは「わからない」という言葉を子どもから、これまで何回耳にしましたか?例えば社会や理科の言葉を知らなくて、「わからない」という場合。「わからない」とは「解らない」と書きます。よって、大多数の場合は「解らない」のではなく、「知らない」「覚えていない」が正解です。とかく困った時によく使いがちな「わからない」ですが、これは精神的に言うと、「わからない『自分を認めたくない』こと」が根底にあります。灘特 [続きを読む]
  • 医学部医学科への合格率1位は灘
  • 大学偏差値は、学部学科によって全く異なります。その中で、どの大学でも高偏差値を常に保っているのは、医学部と法学部です。その学部があるかないかはともかくとして、東大理Ⅲ、文Ⅰをはじめ、有名国公立、私立では軒並み高いですね。 週刊朝日の記事ですが、その中で、中学受験者に圧倒的人気のある医学部医学科にターゲットを絞って、合格率ランキングを検証していました。結果が以下の通りです。 1位 灘2位 筑 [続きを読む]
  • 第5土日
  • 日本では、1年が12か月で七曜制となっていますが、今年、受験までに第5土日が両日ともそろってあるのは、4月、7月、12月となります。意外と思われるでしょうか。そんなもんちゃう?と思われるでしょうか。 受験生にとっての第5土日となると、イベントやテスト三昧のイメージです。なので、なかなか上手く自分の時間がつくれない・・・という人も多いのではないでしょうか。夏期講習期間や、この先の連休、冬期・直前 [続きを読む]
  • 制服
  • 今日は少し肌寒い日ですね。日差しはあるのですが、空気が冷たいです。昼前に家を出ると、公立中学生らしい女の子とその保護者たちが一緒にいました。入学式でしょうか。それともまだ保護者と一緒にやるイベントはあったかな?電車に乗ってどこかへ行かれました。制服が真新しく、いかにもピカピカの一年生といった感じです。小学生ではありませんが。制服というと、大半の私立の学校には制服があります。一部の学校では、制服があ [続きを読む]
  • 私の春からの目標・・・
  • 春の始まり!祈念の一環として、やってみました。 第一志望全員合格!あなたへのエールはどんな言葉!?エールカードもらう イタタタタタ・・・身に沁みます。良い言葉だと思います。シェークスピアと書いてあったので、その瞬間、次の言葉を思い出しました。 「慢心こそ人間の最大の敵」と、「今望んでいるものを手にして、何の得があろうか。それは夢であり瞬間の出来事、泡のように消えてしまう [続きを読む]
  • 何欲が強いか?
  • 人間の欲には、色々なものがあります。その種類など様々ありますが、皆さんは何が強いでしょうか?また皆さんのお子さんは何が強いと思いますか?子どもを見ていると、色々な欲を感じます。「遊びたい」という欲や、「寝たい」という欲などもあれば、もちろん「勉強したい」という欲もあります。今、花粉症や季節の変わり目で、ダル〜くなりがちな時期です。当然、その時々の状況、場面、心境などによって変化します。面白いのは、 [続きを読む]
  • 満開の桜
  • 毎年、今の時期になると、この内容で書きます。美しいものの代表例に、満開の桜があります。少しずつ開き、満開になったと思ったらそれは一瞬で、ひらひらと風に吹かれて散りゆく姿に、日本人は1000年以上前から心を惹きつけられています。 「久方の ひかりのどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」 この歌が代表的ですね。確か、、、暗記せよ!と言われたような気がします。これは紀友則の歌です。 「 [続きを読む]
  • 開成・灘卒は平均年収1400万円!?
  • この記事を読まれた方はいらっしゃいますか? http://www.msn.com/ja-jp/news/money/%e5%b9%b3%e5%9d%87%e5%b9%b4%e5
    %8f%8e1400%e4%b8%87%e5%86%86%e3%80%81%e3%80%8c%e9%96%8b%e6%88%90%e3%83%bb%e7%81%98%e3%80%8d%e5%8d%92%e6%a5%ad%e7%94%9f%e3%81%a8%e3
    %81%af%e4%bd%95%e8%80%85%e3%81%8b/ar-BBzeOwx?ocid=spartandhp#page=1 平均年収なので、とんでもない高額の人もい
    れば、平均に達していない人も多くいると思い [続きを読む]
  • 『sadaっち』さんとのGW特別講演会のお知らせ
  • ゴールデンウィークの公開イベントが一つ決まりましたのでお知らせいたします。 学年としてみると3年前、当方に通っていただいた卒塾生のお母さまに、熱血ママとしてブログも知られている「sadaっち」さんがいらっしゃいます。現在も、お子様たちを育てることに、日々奮闘されています。その「sadaっち」さんに西宮北口へ来ていただいて、一緒に講演会をさせていただくことになりました。皆さんが抱いている思いや悩みなどを [続きを読む]
  • 子どもが引っかかりやすい問題
  • 子どもが引っかかりやすい問題。ズバリ、「≒」の表現に関する問題です。読み方はニアリーイコールといいますが、内容が完全に同じではなく、少し違うけれど、ほぼ一緒ということです。国語ならば『大同小異』です。そんな、グレーゾーンとも言えるような表現が多いのが国語です。算数などの他教科では、イエス!ノー!のように、白黒ハッキリさせるような答え、つまりその問いにはその答えが一つしか無いような問題が多いです。し [続きを読む]
  • 耐える or 強制
  • 保護者の皆様は、今どのような形態でお仕事をされているでしょうか? 公務・企業勤め。独立自営業。社長。開業医。 特に職種を尋ねているわけではありません。その職についての想いをお聞きしたいと思います。初めは自分が好きで、やりたくて、楽しくてそれを目指し、実現し、これまで一家を守ってこられたと思います。 ただ、このような経験はありませんか?好きなはずなのに、義務になっている。憧れを実現したの [続きを読む]
  • 「さる」を「治す」と成績アップ
  • 一応、、、。もちろんですが、タイトルはワザとこの字を使っています。皆さんは、日光東照宮に行かれたことはありますか? 東照大権現である徳川家康をまつっており、五街道のうちの一つ日光街道とも日光道中とも言われる道が続いている場所。私は一度だけ行ったことがありまして、今でも鮮明に覚えているのは、その大規模な社と、荘厳なたたずまい。 そして、もの凄い暑い8月13日に行ったので、出店のカキ [続きを読む]
  • 子どもの今を認める
  • やる気をアップさせる、もしくは持続させる要素として、一番基本的なことに「具体的目標」の設定があります。 ○○中合格!△△附属に合格!などからはじまり、 □□大にいく!弁護士になる!医者になる!など、もっと先の未来を描く子もいると思います。 大切なのはハッキリと「自分の口で言える」ことなのです。実家が○○だから、親が△△だから、、、という理由で「言わされる」こととは違います。これはつまり [続きを読む]
  • 「観応の擾乱」から学ぶ
  • 日本史が得意な方はご存知かもしれませんね。読み方は、「かんのうのじょうらん」です。大学入試なら常識、国立入試ならここから他の時代との政治比較や、一般社会への影響や今後の時代への変化を、文章で述べられるようにしましょう。1349年から1352年(諸説あり)にかけて、足利尊氏の弟である足利直義派と、重臣の高師直派に、天下の武家や公家、寺院などが分かれて対立した大きな争いです。意外と知られていない、もし [続きを読む]
  • 最初が肝心!休みグセ、あきらめグセ!
  • 昨日は朝から晴天なのに、非常に風が強かったですね。寒さもキツイものがありました。今日も結構寒いですし、風もやや強めでしたね。寒の戻りと言うにも季節的にどうなのでしょうか?と思う時期です。 さて、昨日、今日みたいな、ちょっと外出するには抵抗のある天候が、今後も何度かあると思います。 雨がドシャ降り。風が強すぎ!台風がやってきた。。。雪が降って路面が。 こういった時、皆さんは塾に行き [続きを読む]
  • 公開テストのどの部分を見る?
  • 公開テストや公開模試といった類が返却されるたびに考えるのは、「偏差値が〜」「点数が〜」「志望校が〜」 etc.etc.このような悩みが5つぐらい出てきて、「○○ガー」というゴレンジャイが結成できそうな・・・。ならばいっそのこと、「○○ガー」を全部出してしまえばいいでしょう。結果が出たり、模試が終わってから上手くいかなかったからといってメソメソしていても、何も変わりません。終わったあとは逆に、その模試 [続きを読む]
  • 新年度布陣決定への過程
  • 我が子が目指す学校、はたして誰が最後まで担当するのか?こういう思いが多少めぐり始めると思います。何度かこれまでも志望校別のことについて触れてきました。今度は、コース別の先生がいったい誰になるのか?ということ。結論から言うと、最終決定は4月ごろです。2月、3月の説明会で登壇する先生は、まだ過年度の担当です。その次の説明担当の先生こそが、自分の志望する学校を今年度担当する先生です。普通、コース統括の先 [続きを読む]
  • えんぴつのスゝメ
  • 子どもたちを見ていて思うことに、自分の受験期はどうだっただろう?ということがあります。 たとえば、塾のイベントなどは今ほど多数あったわけではありません。せいぜい、講習や年末年始ぐらいでしょうか。 持ち物も随分様変わりしました。安全のために携帯を持たせているお家の多いこと多いこと!時代と言えばそれまでですが、小学生に安全用の携帯は持たせても、スマホを持たせるのは以前にも書いた通り、私はどうか [続きを読む]
  • 意識しているライバルがいるか?
  • 塾に行っていれば、レベル別のクラス編成になっています。中には、テストの結果のたびに、そのクラスの中で成績順で毎回、席順が変わる塾もあります。また復習テストのたびに、成績優秀者をベストと呼んで、黒板に書くのも意識を向上させるためでもあります。(昔はベスト以外にワーストもあり、今よりもさらに過酷で厳しいものした。)否が応でも、自分の成績を周りの子との差を意識しなければなりません。 ところが、このよ [続きを読む]
  • こんなん出ると思わんかった・・・
  • 「こんなん出ると思わんかった・・・。」先日の授業中に子供が発した言葉です。今週明け日曜は公開模試が、週明け日曜も公開テストが各塾ありますね。 誰もがよくいう言葉ですが、だいたい模試や演習の際に、悪い結果が出たあとに口をついて出てくることがあると思います。 何かしら理由を付けたがるわけですが、それも仕方がないと言ったら、その状況がこの先いつまでも続くかもしれません。どこかでこれを諭さないとい [続きを読む]
  • 応援しながら、否定していませんか?
  • 中学受験は大変です。子どもは勉強をとにかく繰り返し、その後ろで親はハラハラしながら、時にイライラしながら、それでも我が子をサポート。 そういう世界と言ってしまえばそれまでですが、おそらく子どもの9割9分が人生はじめての受験。これに挑むわけですから、一度挑むと決めたからには、親としても「何としても!何が何でも!」合格させたいと思うのは、どの方でも一緒ですよね。 ただ、よくあるのは、その思いと [続きを読む]
  • 花粉症対策は・・・どうする?
  • そろそろかかり始める時期です。私も花粉症持ちで、スギ花粉です。サイアク・・・。 ちょっと知識的なことで言うと、紀伊山地一帯は保安林が多く、戦後の建築ラッシュ時に必要な資材を多く供給するため、材質的に良く、育ちやすいスギの木をたくさん植えたそうです。建築資材としては有能かもしれませんが、その後、戦後の開発が一段落すると、今度はあまり始めました。海外の材木、とりわけカナダ、ロシア、マレーシアあたり [続きを読む]
  • 「何で○○なの!?」は意味がない
  • 新学年が始まって、1か月程度。どの子もようやく新学年の動きに慣れてきたころではないでしょうか。もうすでにカリキュラムや宿題に時間がおされているようならば、手入れが必要ですし、当然ながら新しいことにも取り組み、受験へと向かっていかなければなりません。 新しいこと、他とは違うことに取り組むということは、勇気が必要なことです。当方にも新しい子が数人増えています。だいたい、半年ぐらい根気よく続けていけ [続きを読む]
  • 見たいものしか見ないのか?
  • 皆さんは、「確証バイアス」という言葉を知っていますか?この言葉を知っている人は、相当特定の分野を勉強している人かもしれません。 確証バイアスというのは、心理学の分野においてよく使われる言葉です。人は、自分が何らかの結論に至ると、その後自分の考えに都合の良い情報ばかりを集めてしまい、反対する情報を一切無視、遮断してしまうことを言います。 本来、有益な情報というものは、客観性による判断が求めら [続きを読む]
  • 受験生にとって一番大切なものは何?
  • 受験生にとって一番大切なものは何でしょうか?これまでに様々な講師と話をしました。 結論!「時間!!」 時間だけは、どんなに努力しようが、お金を払おうが、戻ってきません。平等に見えるようで、使い方次第で、まったく密度の違うものになります。 テーマを持って日々過ごすことの大切さを、はたしてどれだけの子が理解できているでしょうか。テーマと言っても、具体性が必要だと思います。 なんとなく、 [続きを読む]