johntherenya さん プロフィール

  •  
johntherenyaさん: john  note
ハンドル名johntherenya さん
ブログタイトルjohn note
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/johntherese_0921
サイト紹介文一カトリックのクリスチャンです。聖テレーズを信仰の模範としています。
自由文カトリックのクリスチャンのひとりごとです。ほぼカトリックの事しか書いていないので、スルーする方もいると思います。カトリック方もスルーする方もいると思います。ひとりでも神様の事、マリア様の事、知って頂ければうれしいなぁって思います。
よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2014/11/22 09:32

johntherenya さんのブログ記事

  • ヨハネの詩 12
  • 明日は主の昇天の主日になる。イエズス様が地上に残した一つ一つの足跡は、意味が深い。イエズス様は一つ一つの足跡には必ず使徒たちに訓戒を与えている。これがどういう意味を持つのかを分かりやすく、諭すように教えてくれる。しかしながら、意味が深いゆえに理解が出来ないのだ。ある作家はイエズス様は奇跡を行うことが出来なかったと言ったそうだ。イエズス様は自分のためには一回も奇跡を行うことはしなかった。しかし、人々 [続きを読む]
  • 北原 佐和子が介護福祉士になっていました
  • 何気なくテレビを仕事から帰ってからつけたら、懐かしい元アイドルの北原佐和子さんが映っていた。女優のかたわら介護福祉士も取得し、活動しているという。 笑顔が素敵で、ずっと見ていた。なんか、その笑顔に力があるんだよな。その人の笑顔を見たら、元気になるというような・・・。どうして、介護の道へ進んだか・・・などなどいろいろ見させて頂きました。すごくいい年の取り方をしている素敵な女性になっていました。実年齢 [続きを読む]
  • 聖テレーズの言葉 16
  • もし、私がお金もちでしたらお腹をすかせた貧しい人々に自分の持っているものをすぐあげないで通りすぎる事は出来ないでしょう。それと同じで、何か霊的な宝を儲けると、同じ瞬間に魂を滅ぼす危険にさらされている人がいる事を感じて、自分の持っているものを全てあげてしまいます。ですから、私は、「さあ、今度は自分の為に働きましょう」と言える時をまだ見つけていません。😊😊😊😊😊€ [続きを読む]
  • メインのロザリオをもとに戻しました
  • 初めて長崎に巡礼に行った時に買ったロザリオです。色はマリア様の色、ビーズは楕円形、普通のロザリオよりも長くて祈りやすいものです。メインの十字架は小さいベネディクトクロスに変えました。そうですね、また、初心にもどって祈れる感じです。心の煩わしさがなくなり、祈りに集中出来るようになってきました。なので、祈りに満足感があります。これからミサに行ってきます。今日は、天気で気持ちがいいです。今日一日、blogを [続きを読む]
  • あるblogにて
  • 侍者のことでネットをあちらこちらさまよっていました。自分は間違った事を書いたのだろうか?という思いにさいなまれていたからです。私は、第一の霊的な妹とは同性愛の考え方の違いで離れてしまいました。妹は同性愛を容認していました。そして、第二の霊的な妹とは侍者の考え方の違いで離れてしまいました。妹は女性侍者を容認していました。そのなかで「聖母に倣いて〜主に感謝の日々」というblogを見つけました。侍者の考え方 [続きを読む]
  • 糖尿病日記帳 退院後編 12
  • 2ヶ月前、a1c8.9で体調が悪くなり、また職場も変わり大変な思いをしつつ、危機感を感じました。今回は、気合いを入れて生活しました。a1c7.2 体重マイナス5キロ、尿も−、血尿もなし。先生もびっくりしていました。意志がかたい人なんだね・・・・と。しかし、そもそも意志がかたくないので病気になった訳でして・・・😓 とりあえず、入院は回避しました。ほっと一安心。でも、生活を改善しても血糖値が下がらない人もいる [続きを読む]
  • みどりのスカプラリオ 依頼報告
  • 岡山県のR様から依頼がありました。私は、現在みどりのスカプラリオの無料配布を諸事情によりしておりません。しかしながら、私の先輩信者である方が引き継いで配布して下さっております。本当に引き継いで頂いたことに感謝しております。私の所に依頼して頂いた方に関しては、全てその方に引き継ぎをさせていただいております。みどりのスカプラリオは、信者、未信者、宗教を問わず誰でももつ事の出来るカトリック教会公認のもの [続きを読む]
  • 教会でのちょっとした疑問。
  • 今月はロザリオをミサ前に祈ります。いつも口語体です。文語体で祈る時があってもいいのでは?と思います。私はいつも家で祈る時は文語体ですし、洗礼時からいつも文語体です。ミサの依頼する献金についてどれくらいが相場なんですかね。いつも5000円を依頼する時にいれていますがわかりませんね。気持ちの問題でしょうが、多く依頼したいから安い方がうれしいです。聖堂の外のホールのうるさい事について。自分の通っている教会で [続きを読む]
  • 最も小さい霊魂の会 コンソラータへの道 34
  • コンソラータ「今こそ私は親切、柔和、寛大の徳のことをよく悟ってきました。いまこそイエズスの聖心がそれらを私に対して実行しておられるように、わたしも実行するよう強く励まされるのを感じます。それで次の決心をいたします。今後、人々の欠点を決して見ず、前よりも深い親切、あたたかさと寛大を持って扱うこと」😁😁😁😁😁😁😁😁😁😁😁€ [続きを読む]
  • 教会にてAさんと遭遇!
  • 今日は、教会にて信徒総会なるものがあり、いつものミサ時間ではないことをすっかり忘れていました😓あわてて教会にミサ開始時間の20分前に到着。いつもは、30分以上前から入っています。今日は、ミサが終わったあと3件の用事があり、ミサが終わると同時に聖堂を出ようとした時、何やら私の方を見る方が・・・😓ん・・・?「じょばんにさんですよね?」と声をかけられて、全く心の準備をしていなかった自分は、はっと [続きを読む]
  • たばこと私と病気
  • ニュースで受動喫煙による健康被害と医療費の金額、死亡数なとが発表された。自分自身は、たばこは吸ったこともないし興味もない。 考えてみると、葉っぱに火をつけてそれを吸っているんだから・・・。そこらへんの草に火をつけてすっているのと変わらない。何がいいのか、さっぱりわからない。今の会社はコンプライアンスに力を入れているわりには、社内で分煙がされていない。会社自体は有名な会社だから、どうなっているんだ、 [続きを読む]
  • 訪問者が39000人を超えました。ありがとうございました。
  • 最近、職場の人にあまり冷たくあたられなくなった。内面的にはどう思われているのか、わからないけれど、自分が一生懸命に仕事をしているのをわかってくれてみたいだと思う。自分自身も、頼まれるより先に段取りを考えて、仕事がスムーズに行くようにしている。やるべきことは、多いんだ、自分から動くとさ。新しい職場では、いくら勤続年数が長くてもある程度新人扱いされる。パートにも上から目線で扱われることも少なくない。最 [続きを読む]
  • ヨハネの雑記
  • 最近、思ってもみない人から中傷を受けた。全く予想外だった。でも、自分も全く冷静でいられた。最近、よくわからない病気で苦しんだためだろう。病気は人を少し強くしてくれた。たぶん、考えの行き違いだろうと思う。私達は、これが限界なんだと察した。これが神様のみ旨なんだろう。私は、その人のように新しい出会いなんて求めない。私は、イエズス様とマリア様に全てをお任せする。そうする事が一番安心するとわかっているから [続きを読む]
  • ヨハネの詩 11
  • 主よ、私に気づかせてくださいました。私がしなけれぱならないことに。私がしなけれぱならないのは、あなたを信頼すること、愛すること、そして祈ることです。そして、一人でもいいからあなたを愛させることです。私にとって、それ以外のことは無意味だと三位一体の聖エリザベトを通して教えてくださいました。私の使命はイエズス様とマリア様を世間に変わって愛することだったのです。使徒聖ヨハネや聖テレーズをはじめとする多く [続きを読む]
  • 腐敗しない聖人 59 聖ナルシッサ
  • 聖ナルシッサは慈善と厳格な信仰献身をしたエクアドルの平信徒です。 ドミニコ修道院に住み込み一日に8時間祈っていたそうです。聖人に祈りはつきものですね。8時間祈るなんて、普通の人にはできません。ですが、一日を捧げることならできます。出来ないことを約束するより、出来ることをしたいと思います。 [続きを読む]
  • 腐敗しない聖人 58 聖マグタレナ・ソフィア・バラ
  • カトリックの女子修道会も数多あるが「聖心会」の如きは、最も大にして最も著名な一つであろう。同会経営の女子教育機関は殆ど世界の各国に亘って置かれ、我が国においても東京、神戸の両市にその女学校が設けられている。故に本日同会の創立者なる聖女マグダレナ・ソフィア・バラの生涯について語ってみるのもまんざら興味のない事でもあるまい。何故なら彼女の精神こそ、即ち同会活動の原動力を成しているからである。 彼女は1 [続きを読む]
  • ヨハネの雑記
  • 相変わらず不眠症に悩まされてます。しょうがないですね。このjohn noteはあくまでも自分の考えと日記を綴ったものなのですよ。人に押し付けたり、中傷されたりするべきものではないと思うのです。私は、自分が正しいなんて思っていませんし、間違いがあれば謝り直してきました。自分が間違いだと思ったらそうしてきましたし。 過去には、カルメル会第三会の会員になったと勝手に思い込んでいた時や、聖テオファン・ベナールが東京 [続きを読む]
  • 女性の侍者について、あれこれ。
  • 最近、所属教会ではない教会内で女性の侍者が誕生する傾向にあり、教会法もなにも知らない私自身が今までの経験の中から考えてみたいと思った。侍者とは何か?と考えた時にまず始めに司祭になるべき人(司祭志願者)が司祭に付くことによって、司祭に学び、そして、司祭への前準備としての考え方、ミサの仕方、段取り、信仰、忍耐を深めていくものだと思います。そして、それは教会としての司祭の召し出しを促すことにつながっていく [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク?
  • 新しい職場になってから、休みが増えた。ゴールデンウィーク?など、休みがなかったのだが・・・。今年は、今日から5連休だ!!。15年ぶりの大型連休なわけだが・・・。使い道がわからなくなってしまった。あらかじめわかっていたら、巡礼など考えていたのかもしれない。最近は、大型の連休ではなく、大型の病気をしたので、また、転機となった。なので、普通に生きることがどれだけありがたいか、感じることが出来るので、うれし [続きを読む]
  • 女性侍者には不快感を覚えます。
  • 多くのカトリック教会で、女性の侍者が誕生しています。また、改めて記事を書きますが、司教の許可があればなんでもありなのか?と叫ばざるをえません。そもそも、侍者とは何なのか?ミサとは何なのか?司祭とは何なのか?男と女の役割とは?最後の晩餐に、なぜ使徒だけが呼ばれたのか?何故、聖母やマグダラの聖マリアや他のマリアたちが呼ばれなかったのか?叙階を受けていないおねーちゃん(こういう言い方はしたくはないのです [続きを読む]
  • 腐敗しない聖人 57 聖ヨハネ・レオナルディ司祭
  • もともと薬屋さんですね。司祭になってから司祭のための修道会「神の母聖職者会」を設立。この修道会を設立するにあたり、聖ヨセフ・カラサンサスや聖フリッポ・ネリがいた。病人の介護をしていて自らも感染し亡くなった。聖人たちの人のための精神と、神のためにの精神は凄いものがある。天にいる最も小さい聖人でさえ、洗者ヨハネより上だと書いていたっけ。どれだけ聖人ってすごいんだよ、って話だよね。 [続きを読む]