トリーハ さん プロフィール

  •  
トリーハさん: 片麻痺 Don't think. Feel!
ハンドル名トリーハ さん
ブログタイトル片麻痺 Don't think. Feel!
ブログURLhttp://adelita.blog.fc2.com/
サイト紹介文2014年1月、脳内出血で右片麻痺になりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/11/19 14:09

トリーハ さんのブログ記事

  • 足部
  • 通院リハのPTはN田さんです。距骨を後退、踵骨上部を前進、舟状骨内側を引き下げ、内側楔状骨を引き下げてもらいました。 [続きを読む]
  • ピック
  • 通院リハのOTはS崎さんです。母指と示指両方に固定出来るピックが欲しかったのですが、両方は無理そうなので、示指に固定するピックを作ってもらいました。ずれます。両方じゃないとダメみたいです。 [続きを読む]
  • PNF
  • 通院リハのPTはN田さんです。PNFの手技を教わってきたそうなので、試してもらいました。下肢は、股関節内旋30度、外転15度、膝関節屈曲30度から、股関節屈曲120度、外旋30度、膝関節屈曲120度の往復でした。腸骨筋と梨状筋の緊張が上がって、股関節を内外旋させ易くなりました。 [続きを読む]
  • ピックの単音弾き
  • 肘関節と手関節(橈屈、尺屈)を使った弾き方。肘関節だけで弾く人、手関節だけで弾く人もいます。肩甲帯の挙上の動きを加える人もいます。手足が短いのに、白人の構え方を真似すると、尺屈に偏る。回内外を使った弾き方。 ダウンは母指の対立と屈曲で示指を内転させ、アップは手内筋の反動を使った弾き方。 [続きを読む]
  • 股関節伸展の可動域
  • 通院リハのPTはN田さんです。上腕二頭筋腱膜の内側から、円回内筋の下に潜り、上腕筋を掻き出してもらいました。腕橈骨筋と上腕筋の外側が癒着していたので、切ってもらいました。腹臥位で、骨盤を固定し、股関節を伸展させてもらいました。健常者の股関節伸展の可動域の平均は20度ですが、私は、40度までは全然平気で、最大45度みたいです。病前はもっと広かったはずです。病後20度以上伸ばしたことがなかったので、一気に股関節 [続きを読む]
  • 上腕筋
  • 通院リハのOTはS崎さんです。上腕二頭筋の停止腱の外側から、上腕筋を掻き出してもらいました。三角筋後部の内側の端や、棘下筋を解してもらいました。広背筋の触覚が増えました。上腕筋の起始の2、3cm上の痛みが、通常の姿勢では出なくなりました。 [続きを読む]
  • サムピックでブリッジミュート
  • ブリッジミュートで橈屈を鍛えることしました。橈骨を大きくすると、すぐにピックを落とすので、サムピックに変えました。サムピックでブリッジミュートはあまりに弾き難いので加工しました。ティアドロップ。サムピックだと高さがずれます。高さを合わせるには、背屈で代償しなくてはいけないので、片麻痺には難度が上がり過ぎます。爪切りでカット。 解決。 [続きを読む]
  • 股関節伸展の可動域
  • 通院リハのPTはN田さんです。正常な股関節。大腿骨頭が、外側に滑り、前に滑り、前傾し、外旋しています。寛骨の変位はある程度治療済みです。仰臥位で、伸ばしたい方の脚を前にクロスさせる下肢の外側の柔軟だと、寛骨が下方回旋し、大腿骨頭が外側に外れてしまうので、健側下側臥位で麻痺側の下肢をベッドから垂らし、大転子を押して骨頭のアライメントを整えながら、上から膝を押してもらいました。腹臥位で、骨盤を上から押さ [続きを読む]
  • 菱形筋
  • 通院リハのOTはS崎さんです。仰臥位で、健側の肋骨を床に押し付けながら健側下側臥位に移り、C6-T4の棘突起を押して、右旋回させ、菱形筋の起始を固定した状態で、麻痺側の肩甲骨を外転させてもらいました。菱形筋が改善しました。 [続きを読む]
  • 関節窩の屈曲
  • 通院リハのPTはN田さんです。OTから引き継いで、短橈側手根伸筋を解してもらいました。肩甲骨の、背面が青、関節窩が赤。関節窩が外側に傾いていたので(関節窩だけが下方回旋している状態)、起こしてもらいました。関節窩が屈曲、背面が伸展していたので、閉じてもらいました。実際は図よりも内側で変形します。C6を中心に、左旋回と右滑りを治してもらいました。頸椎が詰まっていたので、広げてもらいました。肩甲下筋を、関節 [続きを読む]
  • 付着部
  • 正常。起始(上)から停止(下)まで全て動く。緑で囲った範囲が付着部だとします。弛緩性麻痺になると、重力で落下します。弛緩性麻痺が1週間も続くと萎縮します。動かさないと、付着部が拡大します。回復して、筋腹の上半分の緊張が上がったとします。ペットボトル状になります。通常の動作では付着は剥がれないので、付着部の範囲は変わりません。拡大した付着部は、手技で剥がすか(激痛)、お灸で溶かして鍼で削ったりするか [続きを読む]
  • 脊椎
  • 正常な脊椎の背面。縦の線は突起。左右の傾きは、突起の傾きで分かります。大抵は悪化して7-8個傾く。胸椎の場合、肋骨も歪み易い。前後の傾きも、突起の傾きで分かります。横滑り。上下は傾きます。傾きの向きから中心を特定して、3から治します。旋回を併発しているかもしれないので、椎体を確認しながら押す。前滑り。後ろ滑り。ロック。3と4がロック。分離させた後、片側を固定し、意識を向けさせながら運動させる。肋間を動か [続きを読む]
  • ヒールホールド
  • 通院リハのPTはN田さんです。上腕三頭筋内側頭が上腕筋の近くまで垂れ、筋硬結になっていました。尺骨の変形を治してから、座位で、N田さんは上腕三頭筋内側頭を掴んで外旋方向(右)に引っ張り、私は健側で前腕を抱えながら腰を左旋回させて伸ばしました。 ×印の左上に引かれ、回外時に尺骨が出てこなくなっていたみたいです。尺骨が出てこない状態で回外を行うと、尺骨の遠位端が、回内方向に捩じれ、背側、外側に反ってし [続きを読む]
  • 烏口突起の変形
  • 通院リハのOTはS崎さんです。烏口突起の変形を治してもらいました。斜め下から押し上げます。偏らないように、赤いラインと青いラインを上げます。基本的には、外旋しながら落ちると思うのですが、第3-5肋骨が前傾した状態で、小胸筋の痙縮が強い場合、内旋しながら落ちるかもしれません。烏口突起が上がると、烏口肩峰靱帯も上がるので、肩関節の外転が改善しました。上腕骨の変形も治してもらいました。上から3/5より下は内旋、 [続きを読む]
  • 仙椎の旋回
  • 上からです。腰椎を出来るだけ連動させずに、仙椎を旋回させます。母指を6対4に分けた境目を、中間仙骨稜の内側に当て、緑色の矢印の方向に押します。L5がS1と同じ方向に旋回している場合は、S1を治してからL5を治してもかまわないのですが、別方向に旋回している場合はL5を先に治します。環軸、仙椎の歪みを取る時は、蝶形後頭軟骨結合、恥骨結合で中心軸を取ります。蝶形後頭軟骨結合、恥骨結合で取った中心軸に、胸骨を納めます [続きを読む]
  • 胸椎の旋回
  • 左右のずれ、傾き、前傾、後傾、前進、後退、旋回の順で治します。左右のずれ、傾きを治します。棘突起の付け根を解します。棘突起の付け根に母指を当て、緑色の矢印の方向に押します。前傾、後傾し易い角度があるので、上下にずらして傾かない角度を探します。前進させないように注意しながら、なるべく強く押します。緑色の矢印の方向が4、黄色の矢印の方向が6の割合で、黄色の矢印の方向に動かします。右旋回してしまう時は、緑 [続きを読む]
  • 旋回と内転
  • 通院リハのPTはN田さんです。胸筋を解して、肩甲骨を下制させてもらいました。胸椎が左旋回していたので、胸椎の棘突起を押して右旋回させ、右肋骨を上げ、後退させながら内転のように動かしてもらいました。第1、2肋骨の、健側の肋椎関節がはまり、顔の感覚、骨盤、大腿、足部が劇的に改善しました。 [続きを読む]
  • 肩甲骨の変形
  • 通院リハのOTはS崎さんです。肩甲骨の変形を治療してもらいました。右の肩甲骨です。赤色の関節窩周りと、青色の棘下筋に当たる部位で説明します。正常な状態。上から見た図です。緑色は上腕骨。腕が屈曲で拘縮している状態です。肩甲骨の挙上、外転は強く、腕の屈曲はそれほど強くない状態だと、腕の重みで外に変形します。肩甲骨の挙上、外転が改善してくると、上の図の状態になります。麻痺側だけ肩が長くなるので、中心軸が狂 [続きを読む]
  • 楔立方関節と内側楔状骨
  • 通院リハのPTはN田さんです。麻痺側の仙腸関節の上部を締め、健側の仙骨の上部を押し込んでもらいました。腓腹筋の内外を分け、腓腹筋内側頭をハムストリングから抜き出してもらいました。楔立方関節に甲側から指を立て、外側から起こし、広げてもらいました。内側楔状骨、舟状骨を落として、前脛骨筋を下げてもらいました。第4、5中足骨のリスフラン関節側を上げてもらいました。後脛骨筋を解してもらいました。 [続きを読む]
  • 肘頭
  • 通院リハのOTはS崎さんです。肘関節を伸展させると関節包が鳴るので、治療してもらいました。上腕骨内側上顆と外側上顆を挟んだ状態で、前腕から四方に圧を掛けて確認します。肘関節40度屈曲で、緑の×印の左下が詰まっていました。 外側上顆を橈骨から遠ざける角度で、内顆に向かって押しながら、緑の×印の右下に圧が掛かるように、前腕を外顆に向かって持ち上げます。あえて表現するなら外転です。尺骨を外旋、橈骨 [続きを読む]
  • 肋骨の変形
  • 解り易いように、大袈裟に描いてます。肋骨の断面。2本の棒は、胸骨、脊椎で、輪っかは、麻痺側の肋骨を表しています。 筋が萎縮して落下。 先端に引っ張られて、膨らみが無くなります。正面。落下して、伸びて、膨らみが無くなった肋骨。断面。胸骨は、前傾し、患側に旋回します。脊椎は、健側に旋回します。肋骨の変形は、健側下側臥位で、上から押すと、脊椎や健側の肋骨で代償してしまいます。抱えて締めます。右胸 [続きを読む]