小夜 さん プロフィール

  •  
小夜さん: 風のベンチで
ハンドル名小夜 さん
ブログタイトル風のベンチで
ブログURLhttp://ameblo.jp/kasin34/
サイト紹介文ベンチで一人 空を見る、花をみる 本を読む 音楽を聞く。君を思う。575と指を折る。
自由文写真にはその時の自分が写ると思うこのごろ。だから なんでも気になったらパチリ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供442回 / 365日(平均8.5回/週) - 参加 2014/11/20 17:03

小夜 さんのブログ記事

  • 庭園散歩(4月16日)2歩 紫色の花
  • 紫系は、好きな色です。 紫色の服を着ることは あまりしませんが。紫というのは色名になっています。 ムラサキサギゴケ鳥のサギにみえるかな?サギは紫ではありませんが ニホンサクラソウ 園芸店でうっているものと比べると地味にも感じますがはこちらのほうが好みです。ことしも見ることができて よかった スミレ 手前のカラスノエンドウと比べるとわかりま [続きを読む]
  • 庭園散歩(4月16日)1歩 白い花
  • 4月16日庭園散歩 1歩白い花 イカリソウ 碇草 もうすぐ おわりそう バイカイカリソウ ニリンソウ シャガの群生 複雑なつくりですね〜 シジミバナ1cmくらいの花です。 カジイチゴ シロバナハンショウヅル イワヤツデ 若い緑に白い花が映えます 葉も細かったり 丸かったり ギ [続きを読む]
  • 4月の空8 見えない星写る
  • 22:02輝く木星とスピカ左はアークトゥルスかな?肉眼では見えない星が撮れました。。このデジカメを買うときには、星が撮れそうなモノをと選びました。そのぶん望遠は苦手です。 22:45赤いお月さまが登ってきました。 なんとか一枚に撮りたいとカメラをおもいっきり斜めに   22日の夜は琴座流星群の極大になるそうです。月のない夜で、観測に適しているそうです。こちらでは見えないでしょう [続きを読む]
  • ご近所散歩 山吹
  • 図書館への通り道 ルピナスはやせた土地でもどんどん養分を吸収して、旺盛に繁殖する力があります。その性質から花言葉は「貪欲」あやかりたいw  スイートピー生花でないスイートピーをみるのは こちらの花壇で初めてでした。ことしも 咲いています。 学校の門にはプランターが並びいつも花が植えられています。これはデージー ね 図書館で過ごして 「か [続きを読む]
  • 週末散歩 第3歩 花筏と生き物とおまけ
  • タンポポとオオイヌノフグリに光をそえる桜の花びら 花筏 アオサギ と カメ ちょっと目を離したすきに サギは飛んでいってしまい、 飛んでいく姿を見ることはできなかったのでした。 亀の群れではありませんよ〜 築山につづく歩道です。 桜と若紅葉ツツピー、キョキョ・・・ 小鳥の鳴き声も聞こえます。 気持ちの良い散歩になりました。&n [続きを読む]
  • 週末散歩2 花嫁さん
  • 枝垂れの下を巫女さんが・・・ もしかしたら この日も 白無垢の花嫁さん 挙式の前の写真撮影のようです。 撫で牛さんも 微笑んでいるようです 花筵(はなむしろ)をいく 新郎新婦 こちらでも 赤い内掛けの花嫁さんが写真撮影 桜に包まれて おめでとう 平和ボケしているともいわれる日本で [続きを読む]
  • 4月の空7夕日と黒い雲
  • 春ですもの? 夕日だっておぼろになります 黒い雲が空を覆おうと 春の空 乱れやすいです 人の心も不安定 お日様を味方にしましょうね あの日の少年のために祈ります。 松戸の少女の冥福をお祈りします。 [続きを読む]
  • 笛は横笛…清少納言
  • 小夜音♪ 「笛は、横笛がとても風情がある。遠くから聴こえてくる笛の音がだんだん近くなり、やがて遠ざかってゆくのも風情がある。(略)通って来た男が枕元に忘れていった笛を見つけたのもいい感じ…」 「枕草子」より 清少納言(966ころ〜1025ころ) まあ 彼が笛を・・・ それは素敵な夜だったことでしょう… [続きを読む]
  • 4月の空6 満月と木星
  • 見ることができました。 満月のこの日 朝から雨でした。 最高気温は10度と冬に逆戻りしたようでした。 23時30分すぎ 急に思い出して 空を見ると みえました 満月と木星 満月の明るさに負けないピカピカの木星 あの日の君のために祈ります。 [続きを読む]
  • 4月の空4 夕月鋭く
  • 気温が上がり 歩いていると汗ばむ むし暑い日でした 夕空には 夕空色と同じ色のうさぎさんを抱いたお月さま 上空の風は強いようで やってきた雲が あっという間に お月様を飲み込んだ 龍の鋭い眼光にへんしん あの日の君のために祈ります。 [続きを読む]
  • カゴの水仙!?^^
  • 花曇りで 肌寒い日です ツツジの植え込みの向こうに水仙が一輪さいています 黄色いラッパ水仙 向こうではなく 植え込みの中に咲いているのです どうしたんでしょうね  ツンツン伸びた 葉芽が 水仙の花を守っているようね 水仙にピンとが合わせられませんでした。 あの日の君のために祈ります。 [続きを読む]
  • 桃の花咲く日
  • 今が盛の枝垂れ桃 木は細いですが見事は花付きです 強い風に 枝が弾みます。 天つ風 雲の通路 吹きとぢよ 乙女の姿 しばしとどめん 百人一首を思い出します。 姪が進学したので お祝いを届けました。 姪が 一番喜びそうな 一番軽いものを   勉強しなさいよ 新学期 始まりましたね あの日の少年のため [続きを読む]
  • 琴に妻の魂が…万葉集
  • 小夜音♪ 琴とれば 嘆き先立つ けだしくも琴の下樋(したひ)に妻や匿(こも)れる 琴に亡くなった妻の魂がこもっているように思われるて、琴を手にすると嘆きが先立ってしまう。 万葉集 第7巻 妻の弾く琴を聞きながら過ごした夕・・・いまは ちょっとテレビに頼りすぎ? 音は 深く心に染みるのです。聞こえない音色を効く力も人にはあるのかもしれません。 &n [続きを読む]
  • 花より・・・^^
  • ほぼ満開の桜と雪柳 やっと春になったなぁと 感慨にふけっていたら ママと男の子がやってきました 桜がきれい とママ でも 男の子は 鉄棒にまっしぐら 花よりも鉄棒でした。 あの日の少年のために祈ります。 [続きを読む]
  • 4月の空1 もくもくのち雷雨
  • 4月3日午後から もくもくの雲が湧いてきました。 このあと午後6時ごろには 雷雨になりました。 スカイツリーに落雷したそうです。 はそのころ歯科の待合室にいました。 大きな音も まわりに人がいると 心強いですね。 処置が終わって外に出るころには 雨も止み 濡れずに帰ることができました。 春の雷歯科の待合室の混み  小夜 あの日の少年 [続きを読む]
  • 一分咲きの桜の下で
  • 3月29日のこと 桜は 一分咲きといった感じでしょうか 蕾みの 紅色が目立ちます そんな木の下で 早くもお花見をしている 団体さんがいました。 花よりも  盛り上がっていました。 先へ進むと 桜の花が落ちています こんなに 木の上には ヒヨドリ ヒヨドリは桜の蜜を吸います。 蜜を吸 [続きを読む]