スズキ さん プロフィール

  •  
スズキさん: BLライフ
ハンドル名スズキ さん
ブログタイトルBLライフ
ブログURLhttp://ameblo.jp/bllife/
サイト紹介文新刊BL漫画の中から特に面白いと感じた作品の感想を書いています♪
自由文・新刊BL漫画感想リスト
http://ameblo.jp/bllife/themeentrylist-10085316258.html
・おすすめBL漫画リスト
http://ameblo.jp/bllife/themeentrylist-10084894314.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2014/11/20 20:29

スズキ さんのブログ記事

  • ◆ふゅーぷろ新刊5冊の感想と電子修正指数
  • ふゅーじょんぷろだくとの紙修正はユルガバなので、電子版白抜きとの落差が1番激しいレーベルかもしれません。というわけで、今月電子同時発売された5冊の電子修正指数を計ってみました。計ったというか修正が気になった箇所を数えただけですが、ご参考までに。基本1箇所=1ポイント、特に重要と思われる箇所の白抜きは2ポイントとして計算しました〜。運命じゃない人/明本由 (オメガバース プロジェクト コミックス)Amazon爽 [続きを読む]
  • ◆感想:今日のBL7冊。
  • 今月はふゅ〜じょんぷろだくとのオメガバースシリーズ新刊5冊が電子同時発売なんですね!絵柄的に白抜きでも気にならない作家さんばかりだったので、Renta! で5冊購入致しました。そして今日は、おげたなさんのヤリチン☆ビッチ部も電子同時発売!!発売日が遅れてやってくる地方民には嬉しい傾向です?…ですが。せっかく都会と同じ発売日に購入したものの、現在私は例の愉快な吸血鬼にハマっておりまして。小説の2巻をさっそ [続きを読む]
  • ◆感想:先輩に繭とオレ(九重シャム)
  • 内容がイメージしにくいタイトルでしたが、九重シャムさんのファンタジーが大好きなので迷わず購入。包み込まれました!!自分だけの特別な存在を愛し愛されたいというラブドリーム。スーパーキャラ同士の完璧な愛ではなくて、弱さや痛みを伴う一生懸命さに感動させられるところが九重ファンタジーの醍醐味なんですよね!繭に寄生されて見た目がモフモフになってしまうと、寄生されても見た目が変わらない。3組のカップルが織り成 [続きを読む]
  • ■日記:明日読みたいBL漫画7冊。
  • ここ数日BLが摂取できていないせいで禁断症状(仕事中の妄想が激化する)が出て参りましたが、眠気や酔いが強い時は初読み作品を読まないというマイルールに則って今日も読まずに寝ようと思います。朦朧とした状態で新刊を読むと、後で読み直した時に微妙に記憶が残っているのが嫌なんですよね〜。過去の自分にネタバレされてる感が。頭をクリアにして明日読みたいのは、こちらの新刊7冊と既刊1冊でございます↓↓絶頂ポルノスター [続きを読む]
  • ◆感想:ラベルド・タイトロープ・ノット(緋汰しっぷ)
  • この切なあまエロ3拍子のさじ加減…!!本心を隠して肉体的快楽に縋る2人の両片想い+10年愛にイタ気持ち良く揺さぶられました!!ビッチドロドロえろ系は好みじゃないのでこれはどうかなぁ〜と思いながら読み始めましたが、2人の気持ちは至って一途。相手の幸せを願うからこそ相手の気持ちに応えられなかった学生時代の夏生(なつき)と、現在の榛臣(はるおみ)。両想いになるわけにはいかないー。いかないけれど、少しでも触れて [続きを読む]
  • ◆感想:悪魔を憐れむ歌1巻(梶本レイカ)
  • レイカさんはどこで描かれてもレイカさんでしたね!!「作家活動休止」という残念なお知らせから程なくして届いた、「青年誌で活動再開」の朗報。私はBLにしか興味がないので好きな作家さんでもBL外作品まで追いかける事はあまりしないのですが、これは読まねばなるまい! と意気込んでおりました。私がBLに求める要素のひとつに「みんなと違っても幸せになれる」という救いのようなものがあるのですが、レイカさんが描かれるキャ [続きを読む]
  • ◆感想:リモコン彼氏2巻(志々藤からり)
  • がっつき気味に買ってきた2巻。期待を裏切らない面白さだったばかりか、同時収録作品もすごく好きなやつでした!!散々そっけ無い態度を取られた後にちょっとだけ優しく手を出されるという、このイタ気持ち良いトキメキ。なかなかラブラブな雰囲気になれない年の差ケンカップルの甘辛なさじ加減が絶妙なんです!自分は可愛いと信じて疑わないナルシスキャラの来夏(らいか・19歳)と、社交辞令は言わない映像制作ディレクターの田伐 [続きを読む]
  • ◆感想:今日のBL漫画3冊。
  • 本日購入してきたBL漫画はこちらの3冊。購入予定だった他5冊は電子化を待つ事にしました〜。■バカに恋とか正直ムリじゃね?(高比良りと)おバカ明るいラブコメが読みたかったので購入。4コマ風の1ページ漫画がちょいちょい入っていて、期待以上のおバカ楽しさに萌え笑いました!親友のヒナに5年間片想いしてきたモッチーと、恋人になるつもりは無いけど友達として大好きなヒナと気持ち良い事はしたい! という、欲望に忠実なヒ [続きを読む]
  • ◆感想:澪つくし1巻(扇ゆずは)
  • これがBLの王道も王道、スーパー攻め様?スーパー受け様によるスーパーBLでございます。ハードボイルド調でありながら甘えろく愛の予感が漂ってくるあたりもBLならではの宇宙論でございますよね。王のオーラを持つ有能議員秘書の南雲と、オーラが視える天才プログラマーの澪。未だ多くの謎に包まれているミステリアスな2人が繰り広げる頭脳派サスペンスバトル(時に肉体交戦あり)に、ワクワクが止まらない1巻でした!信頼という言 [続きを読む]
  • ◆感想:野田家の教えにより(碗島子)
  • 変人風変わりなキャラクターを生き生きと描かれる碗さんの新刊。今回もエキセントリックな世界観が広がっております!表題作はお父さんが熱血暑苦しいキャラになっておりますが、その教えは至極真っ当なもの。息子である航太がさじ加減を誤ってしまったがために喜劇となってしまったものの、結果、パパ・グッジョブ! なのでございました。父の教えに則って同性からの告白を受け入れてみた主人公の航太。それを知った時の聡の複雑 [続きを読む]
  • ■5月のBL漫画感想リスト
  • ■5月の購読メモ ≪≪4月■5月21日(日)先輩に繭とオレ(九重シャム)★★★★★異型人類ファンタジーオムニバスラブ様々な事情を抱えた2種間の友愛ストーリーにしんみり胸キュン。自分だけのか見つかるドリームに癒やされハッピーな気持ちになれるオムニバス作品!感想ページ≫≫絶頂ポルノスター(東野裕)★★★★☆ゲイビ俳優No.1対決ラブエロコメ無愛想執着攻めと敵対心剥き出し受けの甘すぎないやり取りがツボ。あから [続きを読む]
  • ◆感想:先輩と俺(山本夜)
  • あああ大好き!! これは大好物のセンチメンタルあまあま路線です!!油断していたら鋭いパンチが次々と飛んできて闘争心に火を付けられるような、地味に熱い気持ちにさせられる青春ラブストーリーでございました。自分に嘘をついて生きるのはやめようと決心した高校生の玲二と、未だ自分自身と向き合う事ができずにいる先輩。迷いながら自己を確立していく2人の姿がほろ苦くも甘酸っぱくて、イタ気持ちイイ胸キュンが止まりませ [続きを読む]
  • ◆感想:赤のテアトル(緒川千世)
  • お色気男子の華やかラブストーリーかと思ったら、なかなかに強かでソウルフルなお話でございました!ゴーストデザイナーのアダムと、母が立ち上げた女性靴ブランドを継いだ若社長のユーリ。デザイナーとその同性パートナーの生涯を描いた映画「イヴ・サンローラン」のような世界観で、きらびやかな社交界の裏側にある影と天才の苦悩が描かれています。お互いに魅せられた2人の、恋愛だけでは割り切れない危うい関係。あらゆるもの [続きを読む]
  • ★4月のBL漫画ベスト5
  • 4月は何度も読み返してしまう作品が多くてなかなか数がこなせませんでしたが、1冊一冊が濃密で満足度がかなり高かったです!何度も読みましたが、それでもまだ読み返したいベスト5作品がこちら。GWの3連休に読もうと思ってまとめ買いしていた既刊本は、夏休みに読みます?(?´0`?)?★1位★…甘えるって どうやんの偲べば恋 (2)/ゆくえ萌葱 (GUSH COMICS) Amazonこの2人はもう、一生両片想いごっこしてればいいです [続きを読む]
  • ◆感想:IN THESE WORDS3巻(咎井淳/Guilt|Pleasure)
  • 氷の女王(アイスクイーン)と呼ばれているインテリ精神科医のムッツリ淫乱ぶりが最高すぎるので多少の流血沙汰は我慢していただきたく存じます。絶対に靡いてくれなさそうな男が突然ガードを緩めたかと思いきや逆ハントする勢いで誘ってくるとか、一体どこで覚えるんでしょうかそんな魔性技を。歴代の男達が今どうなっているのかは知りませんが、皆きっと幸せだったに違いありません。そろそろ浅野先生にも幸せになって頂きたいとこ [続きを読む]
  • ◆感想:にいちゃん(はらだ)
  • はらださんのこういうところが大好きなんです…!!誰からも見放されて当然だった「にいちゃん」に、こんな結末が用意されていようとは。小学生のゆいと、優しい近所のお兄ちゃん。ハピエンなど到底想像できない苦く痛々しい展開ながらも、読後の感想は「神様、ありがとうございます」という気持ちでいっぱいでした。「にいちゃん」は被害者なのか加害者なのか、犯罪者だったのかそうではなかったのか、ふつうだったのか異常だった [続きを読む]
  • ◆感想:スリーピング・バグ(京山あつき)
  • 「人はどこで恋をするんだろう」ハートじゃないですかと言ったらじゃあ心はどこにあるのかという議論が始まってしまいそうな理系男子の面倒くささが最高でした!直接は関わりたくないけれど、見ている分には大好きな理系男子。冷めているようで頑固な拘りがあって、合理性を突き詰めようとするあまりに非合理的になってしまうような、頭が良いんだか悪いんだか分からないあたりが面白いんですよね!今回は二人ともがそんな調子なの [続きを読む]
  • ◆感想:やたもも全3巻(はらだ)
  • あぁやっぱり可愛いこの表紙…!!1巻?2巻か1巻?3巻か、はたまた1巻総受けかと、妄想まで膨らみだすほどにお気に入ってしまったやたももの表紙。何ならあとグリーンとブラックを追加して頂きたいところですが、残念ながら3巻で完結でございます。中身は決して可愛い話ではなく、1巻は特にひどい内容でしたが、2巻で希望が見えてきて3巻で見事に夢を掴むというたちの悪いはらだマジックに、今回も完全に打ちのめされまし [続きを読む]
  • ■日記:今日のBL漫画9冊と美女と野獣。
  • 美女と野獣を観終えた同居人の感想。「アニメもやったけど、最後人間に戻るとこで冷めてしまうっちゃんねー」分かります…!え、誰…? ってなっちゃうんですよね。しかし重要なのは見た目ではないという話なので、一般論的に美しい姿になってしまった王子をも我々は受け入れましょうというややこしい結論に。何だかんだ言って大変美しい映画でございましたので、王子?野獣のビジョン(逆でも可)が脳裏に浮上してきた事は伏せてお [続きを読む]
  • ◆感想:レッドベリルにさよなら(みちのくアタミ)
  • 黒髪吸血鬼受けのセクシーさ!!いや、まだ事には及んでいないのですが、及んでいないのにすでに漂うこの哀愁と色気。血液製剤をすすってストイックに生きている彼が再び誰かを愛し、そして乱れる様を早く見たいという期待が高まる反面、脳天気にはぁはぁしてもいられない1巻でございました。吸血鬼といえばあの究極の命題、寿命の尺が違う問題を避けては通れないわけで。どう転んでも苦しく切ない展開になること必至の物語が、始 [続きを読む]
  • ◆感想:ブルースカイコンプレックス3巻(市川けい)
  • 私達の心を熱くさせるローテンション高校生コンビが、ついに卒業してしまうのですね…(´;ω;`)熱血だとか青春だとか、キラキラしたノリが苦手な2人が学友たちの目を盗んでちゃっかり青春している様子を楽しく追いかけてきたブルスカシリーズ。決してテンションは高くないのに内心のムラムラドキドキがアグレッシブに伝わってくるところが最大の魅力だったように思います。多感になるにつれ口数が減っていく思春期特有の秘めら [続きを読む]
  • ◆感想:恋だ愛だはさておいて(アマミヤ)
  • 爛れたエロコメかと思ったらピュア甘塩路線の胸きゅんエロコメでした!どちらにせよエロいのはエロいんですが、方向性が少し違って嬉しい誤算?諸事情により3冊購入してしまいましたが、マッサージ15分ぐらいのお値段でこんなに楽しませて頂けるのなら大変お得な話でございます。幸せになる事を半ば諦めながらもやっぱりちゃんと恋がしたいゲイの藤と、歴代の彼女達と付き合う事を義務としか捉えることができなかった仕事人間の太 [続きを読む]
  • ◆感想:きみとのドッグファイト(ゆうぎ)
  • ノンケ同士の初々しい恋模様が可愛くてソワソワです!!オンラインゲームで知り合い、お互いに相手が女子だと思い込んでいた二人。リアルで会ってみたら同じ大学の同級生で微妙に知っている同性だったという、微妙に気まずい雰囲気からスタートした二人の微妙な恋心が何とも絶妙でございました。二人ともノンケなので相手が同性だと分かった瞬間にあからさまに残念そうな反応を見せますが、オンラインで外見抜き&中身勝負の付き合 [続きを読む]
  • ◆感想:On Doorstep(CTK)
  • 表紙がかっこ良すぎるので私はハマれない系統の作品かもしれないなぁ〜と思いながらもやっぱり表紙がかっこ良すぎるので買わずにはおれず、渋々という体で買ってきたCTKさんの初コミックス。何故渋々かというと、かっこ良すぎる人にはあまり興味が湧かないからです。かっこ悪いけど頑張っている人の方が情熱的でかっこ良いと思うわけでして。かっこ良いとは、みたいな話になってくると色々と面倒なのでやめておきますが、この2 [続きを読む]