aya さん プロフィール

  •  
ayaさん: もしも彼が野良猫なら
ハンドル名aya さん
ブログタイトルもしも彼が野良猫なら
ブログURLhttp://ameblo.jp/ns-504302/
サイト紹介文拾って帰りたいけど、彼はよそのお宅の「飼い猫」です。
自由文長年の片思いに終止符を打たせてくれた9歳年下の彼は今までの私の考え方や生き方までも変えてくれた。なのに彼は既婚者です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供555回 / 365日(平均10.6回/週) - 参加 2014/11/21 07:20

aya さんのブログ記事

  • 不意を突かれて
  • 20日、木曜日。 会社のみんなが出払ってしまうとその日はほとんど彼と二人だけだった。 お昼休みに彼はカーディーラーへ。 応急処置で場所を入れ替えただけのリレーを新しく3ケとも注文していたらしい。 帰って来るなりさっさと交換も済ませた。 エアコンの修理に出したらそれなりの工賃を取られるだろうに。 どうやって調べたのか尋ねたら。 まあ!知らなかった クックパッドの車版みたいな便利なサイトがあるのね。 そこ [続きを読む]
  • どうしても話せなかった
  • 確認はしていない。 F1がある週末で土日月の三連休は果たしてまだあるのか。 怖くて先のカレンダーが見られない。 どんな些細なことでもこれが最後だと思うと感極まりそうだから。 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 朝帰りをしていた以前と違い三連泊をすることは滅多になくなった。 金土は泊まっても日曜日はF1を観て帰ったり。 だから今度みたいに月曜日も休みなら三日続けて一緒に朝を迎えられる。 楽しくて [続きを読む]
  • 私の中を通り抜けて
  • 17日、月曜日朝の続き。 未だに歌もダンスもしないつんちゃん。 やっぱり女の子なの?^^; タマ子さんと仲良くなれる気配も一向にない。 でもタマ?本当は気になってるんでしょう? つんちゃんはタマ子の上に着地しようとする。 見方によっては乗ろうとしてるように見えるからいきなりはマズいでしょうって。 だから彼がつんちゃんを上下に揺らしながら。 『ピ〜ヨ!ピ〜ョ…』って求愛ソングの真似をして聞かせる [続きを読む]
  • 車が好きな彼だから
  • 17日、月曜日の朝。 私より先にトイレに降りて行った彼がなかなか戻って来なかった。 そしたら何やらスマホを見ていた。 私もトイレに行ってその後はブログを読んだりして過ごしたけども。 まだ7時過ぎだったからもう一度ソファーで二人一緒に横になった。 *・。.????.。・*゜*・。.????.。・* 滅多に見ない平日朝の番組を見ながら遅い朝ご飯を食べた。 私が洗い物を始めると彼はいつものように「お願いします」 [続きを読む]
  • 乱れていく自覚
  • 暗い部屋が。 その感情を煽るのかいつも以上に淫らになりそうだった。 彼から先に裸にしてしまったけど。 私が脱ぐ頃にはすっかり準備が整った彼に後は任せることにした。 奥行きのあるソファーに前後して座った。 背中を撫でる彼の両手が前へ回って来るとその先がもう待ち遠しくなる。 後ろの彼に寄り掛かり身を委ねた。 だけどやっぱり待ち切れなくなり彼の片手を下に導いた。 「 …こっちも して  」 快感の波に [続きを読む]
  • 朝とは違う妖しさに
  • 16日、日曜日の夜。 晩ご飯がいつもより少し遅くなり急いで後片付けをした。 9時からは決勝レースだから。 テレビ中継は8時半から始まりレース前のドライバーの様子など映し出される。 焦っていた私はバカなことを口走った。 「 止めといて! 」 「 ?… 止められないよ 生だから 」 そうだ、録画じゃなくて生放送で観るんだった。だから急いで片付けてたのに^^; 幸い、5分前には歯磨きまで終り梅酒も用意して [続きを読む]
  • 壊れたら地獄
  • 16日、日曜日の夕方。 彼は土曜日から車を洗いたいと言っていた。 日中は暑過ぎる。 夕方でもまだ十分暑いだろうけど洗車した後にそのまま私を迎えに来てくれた。 首にかけたタオルで流れる汗を拭う彼。 この季節に車のエアコンが効かないなんて地獄だよ、壊れたかもって お昼に私を送ってくれた時にはあんなに暑くてもあっという間に効いたのに。 ホントだ、全然涼しくなって来ない( ̄  ̄) 「 エアコン以上に 熱 放出 [続きを読む]
  • 戯れ事
  • 16日、日曜日朝の続き。 洗濯物を畳み終わったらもう一度寝ている彼の隣に戻った。 前夜 “お預け” にされたから。 決してその仕返しでも焦らしているつもりでもなくて。 ただ気持ち良くしてあげたいだけなのに。 暴発しそうで 堪えている彼はまるでこの私に虐げられているみたいで。 やっと私の中に迎え入れたらひと休み …も、そこそこに。 動いちゃダメと言われたら微笑みながら彼の上で反抗してみる。         [続きを読む]
  • 彼のためには何よりも
  • 16日、日曜日の朝。 目が覚めたのは7時頃で彼を起こさないようにロフトを降りた。 一人でやっておきたいことがあった。 土曜日のお昼に私を送る時着替えのTシャツを持って彼が尋ねた。 「 シワくちゃで おかしいかな? 」 「 着たら 伸びるんじゃない 」 とは言ったものの。 乾いた洗濯物が無造作に積み重ねられていてその中から引っ張り出したのだろう。 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 思った通り [続きを読む]
  • すっかりその気にさせて
  • 15日、土曜日の夜その後。 ほろ酔いは少し醒めて来てまだ眠気も感じなかった、よしっ! 照明を落とすとタマたちは自分でカゴに戻る。 扉を閉めてソファーで横になり彼を待った。準備万端(笑) 戻って来た彼は意図を察して一服するとすぐに後ろに添い寝してくれた。 向き合うよりも密着できるしそうすることで彼の反応も直に伝わって来る。 彼の中に完全に包み込まれるような感覚。 その手が二つのふくらみを弄び始めると下 [続きを読む]
  • …と、思った話
  • 15日、土曜日夜の続き。 彼のお母さんの梅酒を飲んで予選レースはほろ酔い気分で観ていた。 でも2杯でやめておいた。 せっかくの夜なのにまた眠気に負けてしまうのはイヤだから(笑) F1を観終ると彼はタバコを買い忘れたとコンビニへ出かけた。 車が出て行く音は部屋の中に居ても案外良く聞こえている。 歯を磨こうと洗面所へ行って気付いた。 もしも隣のアパートに住む会社の人が車が出て行ったのに灯りが点くのを見ていた [続きを読む]
  • 伝えられない言葉
  • 3月の入院以来。 特に制限されていた訳ではないけどもお酒は飲んでいなかった。 15日、土曜日の夜。 9時から始まるF1の予選レースはあれを飲みながら観ようと思っていた。 先月彼が実家へ帰った時に もらって来た梅酒。 ガラス瓶の赤い蓋には二年前の日付を記したラベルが貼ってあった。 さすが自家製は違う。 市販のパック入り梅酒は飲み易いように甘味はあるけど味が薄い。 彼が出張先で買って来た一升瓶入りの梅酒は本 [続きを読む]
  • その朝の交歓は
  • 15日、土曜日の朝。 意気込みはあるのだけど前夜はやっぱり眠気に負けてしまった。 金曜日の夜はほぼそのパターン。 彼も慣れてしまったようで 私がちょっと眠そうにしていると寝ようかと言うのが早くなった気がする^^; *:..。?*゚¨゚゚・*:..。?*゚¨゚゚・*:..。?*゚¨゚・* 朝からと言っても。 もちろん起き抜けそのままはいくら二人の仲でも気が引ける。 私は良く目が痒くて擦るので朝はけっこう目ヤニとか付いてるし( ̄  ̄) [続きを読む]
  • 見応えがあった
  • 14日、金曜日の夕方。 迎えに来てもらった車の中でさっそくF1の話になった。 『 F1 LIVE LONDON 』 12(水)にロンドン市内でF1史上最大規模のファンイベントがあったらしい。 ネットで読んだ話をすると彼は知らなかった。 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 晩ご飯を食べながら。 いつものように金曜フリー走行の録画を観るのかと思ったら。 「 えぇー 3時間もあったんだ! 」 彼は何か良く分からずにタイ [続きを読む]
  • 同じ繰り返しで良いから
  • 今週末はF1のイギリスグランプリ。 三年前、初めて彼の部屋に行った のが7月最初の日曜日で。 ちょうどイギリスグランプリの決勝レースがある夜だった。 初めて一緒に観た思い出深いF1だけどレースの内容はあまり覚えていない。 きっと慣れない場面にドキドキして。 迷いや葛藤もありながらでもどこかでは期待みたいなものもあって… 本当にごくありふれた恋の始まりだった。 彼が既婚者であることを除けば。 もしあの頃に戻 [続きを読む]
  • 彼にはお見通し
  • 9日、日曜日の晩ご飯は。 茄子があるから何か作って来るよとお昼に伝えたら。 彼も餃子を焼くと言った。 朝の情報番組に餃子が出て来て急に食べたくなったらしい。 水溶き片栗粉を入れ過ぎたと言ってたけどパリパリに焼けて美味しかった。 *・。.????.。・*゜*・。.????.。・* 8時半からは。 F1オーストリアグランプリの決勝レースを観た。 国歌斉唱などのセレモニーの後にレースは9時にスタートした。 彼が [続きを読む]
  • 追究は続く
  • 9日、日曜日のお昼。 朝ご飯の前にシャワーを浴びたばかりだったのに。 つくしが入った袖口から手を入れて。 じゃれ合っているうちに上へ行こうと先に誘ったのは彼だった。 「 さっき したばかりだよ?! 」 「 うん また ire たくなってきた 」 「 元気なのは 良いコトだねw 」 「 ^^; 」 彼は正直だし変に見栄を張ったり強がったりもしない。 殊にSEXに関しては。 「 ねぇ もっと奥まで 」 「  [続きを読む]
  • 彼のいたずら
  • 9日、日曜日朝の続き。 それぞれにシャワーを浴びてから一緒に朝ご飯の準備をした。 ミルクスチーマーで泡立てた牛乳。 こうやってコーヒーの上に乗せると牛乳嫌いの私でも飲めるようになった。 〜*〜?〜*〜?〜*〜?〜*〜?〜*〜 朝食の後は放鳥タイム。 つんちゃんが彼の手にいる時私は会社の人にメールの返信をしていた。 着ていた半袖のシャツは袖口が広めでゆったりとした作りだった。 いたずらな彼がつんちゃん [続きを読む]
  • 視線が合う度に
  • 9日、日曜日の朝。 彼のイビキで目が覚めたけどそれまではぐっすりと良く眠っていた。 寝返りも打っていない気がする。 何時だろうと思ったけどそのままイビキを聞きながらウトウトしていたら。 下で聞き慣れた着信音が鳴り出した。 目を覚ます気配が全くないから彼の肩辺りをポンポンと軽く叩いた。 彼は掛け直すつもりなのか気付いても慌てずにロフトを降りて行った。 迷ったけど電話が終わったら私も下に降りた。 ☆*:; [続きを読む]
  • それでも彼と
  • 8日、土曜日の夕方。 大勢の仲間と笑っている彼を見ているといつも以上に待ち遠しくなる 二人だけで過ごせる時間が。 彼も疲れているだろうから晩ご飯は簡単なものにしようと提案した。 茹でたパスタに温めるだけのソース。 業務用スーパーで彼がこの前買って来た玉ねぎスープにはクルトンと乾燥パセリを追加した。 あとはキュウリやパプリカを切っただけ。 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 金、土は歩き疲れた [続きを読む]
  • 七夕の夜を
  • 週末は社内行事で。 いつも通りとは行かないけども楽しもうと思う。 誰かがつぶやいた。こんな時に良いのかな…って。どうかこれ以上被害が出ませんように。 七夕の夜をみんなが静かに過ごせますように。 切なくても、哀しくて一緒にいたい ↓ ↓ 一瞬でも感じる幸せがある限りねブログ村-秘密の恋愛 このままずっと… [続きを読む]
  • 私からやめること
  • 5日、水曜日の夜。 翌日でも良かったけどふと気になることがあって彼にメールした。 数回のやり取り。 いつものことだけど最後は彼からのメールでないと終わらない。 たまには私からの送信で終わろうとそう言う内容で送っても。 彼は必ずまた返信してくれるから。 お互いに「おやすみなさい」と交わした後でも。 「また明日ね」だったり「メールありがとう」だったり短くても必ず。 それが分かったから最近はあえて深追いは [続きを読む]
  • 平日の夜だけど
  • 4日、火曜日の夜は。 前の日に決めた通り平日だけど一緒に晩ご飯を食べた。 もやしのピーナッツ和え、アスパラとトマト。 彼の冷蔵庫にあるショウガ入りポン酢で食べくてオクラの豚肉巻きにしたら。 お味噌汁にもキャベツと人参の他に豚肉が入っていた *・。.????.。・*゜*・。.????.。・* 話したいコトがたくさんあるのは。 私だけではなかったようでテレビは点いてたけどほとんど見ていなかった。 お互いの日 [続きを読む]
  • 遠くから届いた声のようで
  • 1羽で飛んで来るスズメがいる。 ほとんどがペアでエサを食べに来るのにそのスズメだけはいつも。 「そのスズメ」と言っても同じ個体かどうかは見分けが付かないけども。 でもその行動を見ていると私にはどうしても同じスズメに思える。 いつもどこから見ているのか車を停めるとすぐに舞い降りて来る。 他のスズメたちよりも近くまで寄って来る。 そして飛んで逃げずに駐車場をホッピングで走るように移動する。 彼も [続きを読む]
  • 猫まで腫瘍?
  • 3日、月曜日の夕方。 もし彼からメールが来ても明日にしてもらおうと思っていた。 なぜならば動物病院にいたから。 日曜日に彼とやり取りをした後猫の耳にイボのようなものを見つけた。 「 猫 耳 イボ 」で検索をすると怖い画像や病名がいろいろと出て来た。 やはり一番心配なのは腫瘍の類。 私だけじゃなく猫も?… どんな診断をされるか今日は一日そのことが頭から離れなかった。 幸い、先生にはイボだと言われた [続きを読む]