にこまま さん プロフィール

  •  
にこままさん: プレママ・新米ママのための妊娠出産育児情報サイト
ハンドル名にこまま さん
ブログタイトルプレママ・新米ママのための妊娠出産育児情報サイト
ブログURLhttp://nikomama.net/
サイト紹介文出産準備や出産・育児に関する情報や体験談です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/11/22 00:44

にこまま さんのブログ記事

  • はしかは赤ちゃんでも感染するの?症状や予防は
  • 2016年9月関空ではしか(麻疹)の感染が広がり、赤ちゃんを連れて関西空港を利用予定のある方は非常に心配されているのではないでしょうか。尼崎市の保育園でも集団感染しているといいますし、はしかは感染力が強い為、感染が色々な所に広がっています。国立感染症研究所によると、感染力はきわめて強く、麻疹の免疫がない集団に1人の発症者がいたとすると、12〜14人の人が感染するとされています(インフルエンザでは1〜2人)。はし [続きを読む]
  • 赤ちゃんに果汁はいつから与える?離乳食と果汁の関係について
  • 「さあ離乳食!」ママがやる気になったところで、「果汁が先でしょ?」と意見するおばあちゃま…。そんなシーンは日本中どこでも見られます。離乳食が先?果汁が先?そもそも赤ちゃんに果汁でどうやって与えればいいの?と悩んでしまうママも多いですよね。私もそうでした^^赤ちゃんに果汁はいつからあげても良いのか?実母や義母はなぜ赤ちゃんに果汁を与えたがるのか?離乳食期の赤ちゃんの果汁の考え方についてまとめてみまし [続きを読む]
  • バナナは離乳食いつからOK?生でそのままあげるのは
  • 「おかゆは嫌がるけど、バナナなら食べるのよ…」と離乳食初期で悩むママは少なくありません。それくらい赤ちゃんに大人気で、離乳食に便利なバナナ。でも実際どうやって使えばいいかわからない人も多いと思います。今回はバナナは離乳食のいつから使えるのか?と、離乳食に便利なバナナの使い方についてまとめてみました。バナナは離乳食のいつから使える?バナナは離乳食の初期から使うことが出来ます。おかゆと同様に離乳食の初 [続きを読む]
  • 妊娠かも?兆候をチェック|初期症状まとめ
  • もしかして妊娠したかも…と思ったらまずは以下の症状をチェックしてみてください。妊娠すると女性の体は色々な変化があります。そして気になるようなら産婦人科を受診しましょう。自分で事前に妊娠検査薬でチェックすることもできます。妊娠初期に現れる兆候・症状についてまとめました。またよく現れる初期症状をピックアップしています。妊娠したかも!チェックリスト生理の遅れつわり症状胸の張り、乳首がチクチク痛む、敏感に [続きを読む]
  • 離乳食に便利なヨーグルトいつから大丈夫?アレルギーの心配は
  • ヨーグルトと言えば離乳食によく使う便利な食材。毎日食べさせています!というママも少なくありません。でも離乳食に使えるヨーグルトは種類が限られますし、乳製品はアレルギーをおこすこともあります。便利なヨーグルトの性質と特徴を知って、上手に離乳食に利用しましょう。ヨーグルトは離乳食にいつからOK?乳製品のアレルギーさえなければ、ヨーグルトは離乳食開始の5ヶ月〜6ヶ月くらいから与えて構いません。もしほんの少し [続きを読む]
  • 赤ちゃんの牛乳、いつから与える?アレルギーをおこさないためのポイント
  • 牛乳はカルシウムが豊富で、子供の成長には最適な飲み物。離乳食が進んでくると、赤ちゃんに牛乳を飲ませたくなってきますよね。とはいえ気になるのが「アレルギー」。ショック症状で死亡した小学生のニュースはまだ記憶に新しいところです。アレルギーに注意しながら、赤ちゃんに牛乳を飲ませるにはどのようにすればいいのでしょうか。そろそろ牛乳デビューいいかな?と思うママの為に、赤ちゃんの牛乳はいつから飲める?牛乳の飲 [続きを読む]
  • これ大丈夫?妊娠超初期の下腹部痛の原因と痛みのタイプについて
  • 妊娠4週〜6週の「妊娠超初期」。この時期に時折みられるのが下腹部痛です。生理痛とは少し違うこの痛み、一体何が原因なのでしょうか?今回は、妊娠超初期の下腹部痛についてまとめました。妊娠超初期の下腹部がチクチクするのは大丈夫?下腹部がチクチクする、ずきずきする。その程度の痛みなら、ほおっておいても問題ありません。ただ痛みの感じ方には個人差があるので、一概に大丈夫とは言えません。下腹部が耐えられないくらい [続きを読む]
  • 妊娠している?していない?妊娠超初期の基礎体温の特徴まとめ
  • 妊娠しているかが検査薬ではっきりわかるのは妊娠5週目以降。それまでは妊娠しているかどうかドキドキしながら待つことになりますよね。こんな時、排卵の指標になる基礎体温から妊娠を判断することは出来るのでしょうか。妊娠超初期の基礎体温の特徴をまとめました。受精時期(妊娠2週目)の基礎体温は妊娠二週目というのは排卵、受精が行われる時期です。それまで女性の基礎体温は「低温期」と呼ばれる低い時期なのですが、妊娠二 [続きを読む]
  • 妊娠前に葉酸はいつから?一日の摂取量は?
  • 妊娠中に葉酸を摂取するといいという情報は最近だいぶ浸透してきましたが、妊娠前にも葉酸を摂った方が良いという事は知っている人も少ないかもしれません。妊娠を考えるまではあまり栄養についてもそこまで気にしなかった人も多いと思いますが、妊娠を希望するなら妊娠前にも取ってほしい栄養素が葉酸です。今回は、妊娠前に葉酸はいつから取るといいの?摂取する必要性、効果と一日の摂取量についてまとめてみました。 葉酸 [続きを読む]
  • 母子手帳を紛失したらどうする?再発行の手続きまとめ
  • おなかの赤ちゃんの記録や、予防接種の記録が残っている母子手帳。妊娠や育児の忙しいさなか、その母子手帳を紛失してしまう…という方は少なくありません。もし母子手帳を紛失したらどうすればいいのでしょうか。母子手帳の再発行や、記録を復活させる手続きについてまとめました。母子手帳紛失した場合、再発行はしてもらえる?母子手帳は、もともと発行してくれた市役所や保健センターなどの窓口で再発行をしてもらえます。再発 [続きを読む]
  • 初節句 女の子のお祝いはいつから?雛人形や衣装はどうしたら
  • 娘が産まれて初めての雛祭りのお祝い。子供が産まれると行事がたくさんになりますが、初節句も大切な思い出の一つです。初節句ってどうしたらいいの?初節句っていつになるの?初節句の雛人形は誰が買う?衣装は何を着させるといいのかな?などについてまとめてみました。初節句とは?赤ちゃんが生まれてからはじめての節句が初節句になります。女の子は3月3日のひな祭り(桃の節句)です。初節句はいつ祝うの?初節句はいつ祝うか [続きを読む]
  • 出産祝いの相場は?【親編】
  • 初孫が産まれるのは楽しみ…!でも、出産祝いの相場とかどれくらいの金額を包んだらいいのか…?物もあげた方がいいのかしら…とお悩みの方の為に、出産祝いの相場【親の場合】についてまとめてみました。出産祝いの相場 金額はどれくらい?これは各ご家庭の親御さんの経済状況にもよりますが…出産祝い:10万円里帰りのお礼:5万円お宮参り代:5万円といった金額が多いです。それでも中には親からの出産祝いは5万円だった。逆に [続きを読む]
  • 七五三 母親も着物で素敵に♪レンタルも人気
  • 子供の七五三、お参りに写真撮影にと楽しみなイベントですよね。2015年の七五三はいつかというと、11月15日(日曜日) 先勝です。七五三は子供用は着物を購入または写真スタジオでレンタルという人も多いですが、母親の服装はどうしたらって悩みますよね。着物というとやっぱり少しハードルが上がる…と思いがちですが、最近では七五三は子供と一緒にママもお着物という人も増えているんですよ。七五三で母親も着物のレンタルが結 [続きを読む]
  • 【妊娠初期】つわりはいつから?気になるつわりの症状
  • 「これってつわり?」妊娠初期に気になる「つわりの症状」と「始まる時期」妊娠初期に妊婦さんが一番つらいと感じるのが「つわり」。つわりは8割以上の妊婦さんが経験すると言われますが、その程度や症状は千差万別です。ほとんど感じなかったという人もいれば、入院するほど重いつわりの方も珍しくありません。つわりはどういうもので、いつから始まるものでしょうか?今回は妊娠初期のつわりについてまとめてみました。妊娠初期 [続きを読む]
  • 湯冷まし(白湯)っていつから必要?昔と違う湯冷ましの新常識
  • 「お風呂上りには湯冷ましをのませなさい!」と実家の親に言われたけれど、湯冷ましって何?って思ったことはありませんか。昔は当たり前だった湯冷まし(白湯)ですが、最近は知らない方も少なくはありません。湯冷ましっていったいなんでしょうか。今回は湯冷ましについてまとめてみました。湯冷まし(白湯)はいつから必要?湯冷ましは生後すぐから飲ませても構いません。ただ、赤ちゃんへの水分補給としては「母乳で十分」とい [続きを読む]
  • インフルエンザで子供がタミフルを嫌がる場合の飲ませ方
  • 子供がインフルエンザに…!タミフルを処方されたけど嫌がって飲まない場合の飲ませ方のコツについて今回はご紹介します。インフルエンザの特効薬「タミフル」。A型でもB型でもインフルエンザと診断された5歳以下の子どもには処方されることが多いですよね。でもこのタミフルは子どもが嫌がるので有名な薬でもあります。嫌がる子どもにどうしても飲ませたいタミフル。どうすれば飲んでくれるのでしょうか。タミフルの味についてタ [続きを読む]
  • 知っておきたい基本の基本。赤ちゃんへの薬の飲ませ方
  • 小さい赤ちゃんはよく病気にかかるもの。咳、鼻水、中耳炎、発熱…。苦しそうで早く何とかしてあげたいと思ってしまいますよね。でも小児科で処方された薬を嫌がって飲まない!、ということが多いのも赤ちゃんならでは。では赤ちゃんにはどうやって薬を飲ませたらいいのでしょうか。シロップの薬の飲ませかた月齢が低いうちは、シロップの薬を飲ませるのは簡単です。哺乳瓶の乳首に規定量のシロップを入れ、授乳する直前に赤ちゃん [続きを読む]
  • 夜間の授乳、いつまで続くの?ぐっすり眠りたいママへのアドバイス
  • 夜中2,3時間ごとに起こされて授乳…そんな生活を繰り返していると、「ぐっすり朝まで眠りたい!」と切に願うようになりますよね。この夜間授乳、いつまで続くの?と御悩みの方もいるでしょうが、ご心配なく。夜間授乳はそのうち終わります。出来るだけラクに夜を乗り越えるために、夜間授乳のあれこれ調べてみました。夜間の授乳はいつまであるの?ほとんどの場合、卒乳するまで夜間の授乳は発生します。ただ、2歳以降の場合は、昼 [続きを読む]
  • 子供にすんなり薬を飲ませたい!子どもに薬を飲ませるコツについて
  • 子どもが体調を崩して受診すると、必ずと言っていいほど処方されるのが「飲み薬」。おっぱいやミルク、ジュースなどと違って人工的な味のする薬は、嫌がる子どもが多いですよね。薬はどのように飲ませれば、楽に飲ませることが出来るでしょうか。飲ませ方のコツ、お教えします。子供の薬の飲ませ方子どもの薬は、なるべく少量で飲めるように調整するのがコツです。味の濃いジュースや、大好きなミルクなどに混ぜて飲ませる人もいま [続きを読む]
  • どうやって卒乳する?卒乳の方法と進め方について
  • 子どもの1歳の誕生日が過ぎると、そろそろ「卒乳」という言葉が頭をよぎりますよね。まわりが卒乳を始めると、ますますあせりが加速して、「うちの子おっぱいやめられるかしら?」と不安になることもあると思います。でも、大丈夫。まずは「卒乳」について、基礎知識を頭に入れていきましょう。卒乳と断乳の違いについて子どもが自らおっぱいから離れていくのが「卒乳」。お母さんが無理やり授乳をやめるのが「断乳」。卒乳と断乳 [続きを読む]
  • マタニティ服はいつから着るもの?授乳服との違いは
  • お腹が大きくなり始めると、デザインによっては普通の服がきつくなってきますよね。そうなると気にしなくてはいけないのがマタニティ服。わずかな時期しか着ないのにもったいない…、太って見えそう…、などマイナスイメージもあるマタニティ服ですが、妊婦さんにとっての快適さはピカイチですよ。今回はマタニティウェアについて調べてみました。マタニティ服はいつから着る?必要?妊娠4〜5か月位でおなかが大きくなり始めると、 [続きを読む]
  • 産後お尻が痛い!原因は骨盤の歪み 対策について
  • 出産後のママはさまざまなトラブルが多くなりますが、多いのが骨盤周りの痛み。骨盤の歪みによって引き起こされているお尻の痛みは寝返りをすると痛い歩こうとすると痛い立ち上がったりしゃがんだりすると痛いお尻の尾てい骨の所が痛いなど、しょっちゅう痛みが出るので産後の疲れもあるのに辛いものです。今回は産後のおしりの痛みの原因や対策についてまとめてみました。出産後のお尻が痛い原因は骨盤の歪みお尻の痛みは右側や左 [続きを読む]
  • 戌の日の安産祈願、服装はどういうのがいいの
  • 妊娠初期が無事に過ぎ、安定期に入る頃に気になるのが戌の日の安産祈願。無事に出産を願って安産祈願に行く場合についてまとめました。戌の日っていつ?戌とは犬のことを意味し、「戌」の字は干支など使われる特別な書き方です。犬はお産が軽いため、昔から安産の象徴とされてきました。ですからその犬にあやかるため、妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日に、安産祈願を行うようになったと言われています。実は年だけではなく日も十二 [続きを読む]